「岩国市の苦悩は他人ごとか」…レイプを我慢する生活

沖縄の苦悩、そしてまた岩国市の苦悩をみつめて、
のほほんとしている自分をみる。
ワタシは、たまたまこの国の、この土地で暮らしている。
たまたまこの土地で、のほほんと暮らしている。
この土地にはたまたま米軍基地がなく、たまたま財政難でもない。
いや、財政難でもないため、米軍基地がなくてもいい、のだろうか?
そう、たまたま爆音に悩まされることなく、落下傘が降って来る事も無く、
軍用ヘリが堕ちることもなく……、
人を殺すための施設を抱えることを実感することなく暮らしている。
この国に他の国の殺人のための施設が作られることを実感せずに暮らしている。

たまたま、殺人のための施設を押し付けられた人々は苦悩する。
沖縄の人々であり、岩国の人々であり、多くの土地の人々が苦悩する。
その傲慢な施設に街ごと、生活ごと、自然ごとレイプされることに苦悩する。
この国にレイプの生贄として両手を縛られることに苦悩する。
レイプされるのを我慢すれば金をあげるよ、という言葉に苦悩する。
レイプを我慢しなければ生きていけないよ、という言葉に苦悩する。
生贄になれと言うこの国に、札束で頬を叩かれ苦悩する。
「尊厳」か、「金」か、で苦悩する。
レイプじゃなくて売春よ、と言いながら苦悩する。
生活のために売春して何が悪い、と涙して苦悩する。

人としての尊厳を棄てたくない。
そのうえで暮らしてゆきたい。
なぜこの国はそれを認めない。

ワタシがのほほんと暮らしているのはたまたまだ。
生贄として捧げられた人々が苦悩するのはたまたまだ。
はて、たまたまでいいのか?
たまたま生贄にさせられた人々がレイプされるのを見ていていいのか?
「レイプを我慢」か「生活」か、なんて言葉を聞いていていいのか?
生活のための売春、なんて言わせていいのか?
たまたま生贄が自分でなかった、で済むのか?
生贄を捧げようとするこの国を認めていいのか?
知らん顔していいのか?
見てみぬふりをしていていいのか?
生贄が自分でなかったとホッとしていていいのか?
「レイプ」か「生活」か、などと争いを見ていていいのか?
生贄にならず、生活もできるというのは当たり前じゃないのか?


ワタシは、たまたまこの国に生まれ暮らす者として、
このリアリティのない土地に暮らす一人として、
のほほんと暮らしている自分の顔をみる。


この国は、他の国がつくる殺人のための施設に積極的に協力しようとする。
この国は、他の国の殺人に積極的に協力する。
この国は、殺人に協力する。
この国は、殺人をする。
この国は、殺人に協力しないものは死ね、と言う。
そんな国に、ワタシはいる。



■以下、ブログ「みんななかよく」からの転載です■

 まさに岩国市の財政をこれまで以上に米軍基地に依存させ、受け入れざるをえない状況に追い込もうとしています。
 今回の岩国市長選挙は、単に岩国だけの問題でありません。住民の意思とは裏腹に軍事基地を受け入れる行政にさせていくという、全国の問題です。米軍再編による米軍基地の強化と自衛隊の一体化を許さないかどうかのたたかいです。
 今、厚木からの空母艦載機部隊を岩国基地へ移駐することに反対する岩国市民は、手弁当でがんばってきていますが、人手もお金も足りない状況です。手伝いに行かれる方、行かれないけどカンパできる方は、早急にお願いします。また、このことを多くの人に伝え、働きかけてください。

【カンパ送り先】
(郵便振替)口座番号:01510‐0‐19089
 加入者名:おはよう愛宕山新聞社
※通信欄に必ず、「岩国カンパ」と記入してください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

kuroneko
2008年02月01日 14:42
引用ありがとうございます。
 ちょっとね。この国の国家権力はプッツンと切れちゃったみたいです。
 こわいよ、こわいよ。(師匠の真似)
dr.stonefly
2008年02月01日 19:12
ほんと、なんだか頭の悪いうえに乱暴者のガキ大将のようです。厄介です。
すぺーすのいど
2008年02月01日 21:18
我が家は旧名古屋空港への着陸コースの近くです。セントレアが出来る前は着陸するのは大型旅客機が多かったんですが、開港してからは数が減って目立つのかもしれませんが、水色の自衛隊輸送機をはじめ、ほとんど自衛隊機になりました。あの機体はイラクでも飛んでいたのでしょうか?そんなことを思うと、見かけるたびにムカつきます。
×第二迷信
2008年02月01日 22:42
後世の人々が
「日本人は自分から望んで米軍に従属したんだ」というような歴史を作らないよう、しっかり自分の声をあげなくちゃ。
非戦
2008年02月01日 23:48
dr.stonefkyさん
先日のNHKスペシャル「日本とアメリカ 深まる日米同盟」をご覧になりましたか?見た人は、皆怒っていました。米軍再編を既成事実化して、解釈改憲の正当化もはなはだしい番組でした。登場人物は、日米政府関係者と米軍、自衛隊の幹部たちだけ。彼らが言いたいことを言い放っているのをただ批判なく報道しているのです。友人は「自分は安保条約に反対するが、『安保を守れ』と国に言わなければいけないくらいの状況だ」と言いました。こういうHKの番組に対して、山田朗・明大教授は「「マスコミは、過去の経緯を勉強していない。既成事実にマスコミの感覚が麻痺させられている。既成事実は正当化され、マスコミは疑問をもたず、批判能力もない。既成事実をもとにさらに既成事実を重ねている。過去にどういう議論があったのかきちんと伝えていくことが大切である。」と言いました。
非戦
2008年02月01日 23:51
dr.stoneflyさん
上のコメントで、お名前のスペリングを間違いました。ごめんなさい。訂正可能なら訂正して、このコメントを消してくださいね。お願いします。
2008年02月02日 04:37
 たしかに、米軍基地の負担は重い。できれば、駐留のない日米安保を実現できれば、それがベストなんだろうと、わたしは思う。
 ただし、安全保障政策そのものや、日米同盟そのものを否定するような議論には、違和感を感じます。戦後平和主義って、時代錯誤もいいとこだとは、気がつきませんか?
kuroneko
2008年02月02日 09:56
アメリカと軍事同盟を結んでいる国でも、日米地位協定ほど国家主権を放棄した制度デザインにしている国はないそうです。
 明日から日米安保をなくせないでも、日本の防衛に関わらず、日本を基地としてどこにでも米軍が出動できる戦略はダメ、という交渉は、やってやれないことはないと思う。
 政治は、0と1の中間をたどるし、目標に達するには行程がいる。
 でもブロガーも「日米軍事同盟反対!」「戦後の空想的平和主義」なんて旧来の図式から離れて闊達に議論するってことないね。それで「マスゴミ」なんて言っている。右派にも左派にもみんなマスコミの受け売りの議論しているのにさ。
2008年02月02日 10:14
 となりの韓国の地位協定は、どうなっているんでしょうかねえ?kuronekoさんの知識は、だれの受け売りですか?
ごん
2008年02月02日 11:15
あはははは、面白いひとめっけ。

>戦後平和主義って、時代錯誤

「戦前平和主義」っていうのがあうかどうかわからないけど、日米安保体制ってのが「戦後」の「平和」を支えているんだって考えてる人は多いと思う。それが「時代錯誤」なのかな。それとも日米安保体制を無視した平和主義が「時代錯誤」だというのかな。それでお隣の韓国は時代錯誤であるのかないのかどっちなんざんしょ。てか

>日米地位協定ほど国家主権を放棄した制度デザインにしている国はない

これに対して

>となりの韓国の地位協定は、どうなっているんでしょうかねえ?

ってのはなんだい。自分で調べなさいよ。あたしもkuronekoさまの知識の源泉がどのようにその無尽蔵の水を湛えていったかってのは気になるところですが。
kuroneko
2008年02月02日 11:45
在韓米軍の悪行は有名ですね。殺人事件容疑者も、本国へ帰って取調べもされないケースがあるみたい。日本ではそこまでひどくはないでしょう。
で、罵愚さまは、そうした韓国での米軍の振る舞いに憤っておられるのですね。是非、韓国の反基地運動への支援をお願いします。
やー、サヨクのお仲間を発見して嬉しいな。

わたしの受け売りしている先は人の話とか本とかです。書籍も広くいえばマスコミかもね。

ところで、罵愚さまは韓国がどれだけ「思いやり予算」をアメリカに出しているかご存知だったら教えください。

dr.stonefly
2008年02月02日 16:15
すぺーすのいど会長、今回は米軍のことしか書きませんでしたが、実は地元でもその問題を抱えているんですよね。ほんと他人事ではない。
>あの機体はイラクでも飛んでいたのでしょうか?
飛んできますね。この辺りでもずっと「反対運動」が続いています。ワタシも一度だけですが、集会・デモに参加し、申し入れに立ち会いました(エントリーしました)。知らないでいることも、目を瞑ることも殺人に加担しているのでしょう。ワタシのことです。
dr.stonefly
2008年02月02日 16:16
×第二迷信さん、そうですね。
沖縄の「集団自決」(この言葉が誤解を生んでいるというTBを『サブカル雑記帳』様からいただきました)のように、生きているうちに、>あんたたち全てが「自分から望んで米軍に従属したんだ」と言われないように声をあげ残していかないと。いやそうじゃなく、そういう歴史にならないように声をあげないと、いけない、がホントのとこですね。



非戦さん、>NHKスペシャル「日本とアメリカ 深まる日米同盟」、は見ていません。気になっていたのですが、所用で見れませんでした。随分な内容だったようですね。再放送でもあったら見てみようかな。精神衛生上見ない方がいいのかなぁ。スペルは気にしないでください。ワタシも見落としてました(笑)。
2008年02月02日 17:04
 在韓米軍が有名なのは、曲がりなりにも韓国は民主主義国で、それが報道されているからでしょう。東欧に駐留していた旧ソ連軍や、チベットの人民解放軍となると、報道の量に比例して関心が薄れる。アフリカで、なにが起きているのか?となると、報道そのものがなくなってしまうから、からきし闇のなかだ。
 自由な民主主義って、いですよねぇ。これを守るためには、アメリカ軍の庇護が必要だと思う……あれっ!!どこかへんだなぁ??
kuroneko
2008年02月02日 21:33
ほんとに,亡命者の情報やインドから中国ウォッチしている人の意見などを引用してでもチベットのことをもっと報道すればいいと思うのですが、日本のマスコミはだらしがないですな。
せっかく悪の枢軸国家だったのをアメリカに解放してもらって、民主主義になったのにねえ。
日本人はダルフールとかソマリアとかケニアとかもっと関心を持つべきですね。
2008年02月03日 03:28
kuronekoさま、
 そんなことをあからさまにしたら、岩国や沖縄で騒げなくなっちまいます。
ごん
2008年02月03日 04:24
>岩国や沖縄で騒げなくなっちまいます。

ご心配には及びません。どんどんやってくださいな。みんなでこの薄汚い「戦前軍国主義」を根絶させましょうや。
kuroneko
2008年02月03日 11:20
>そんなことをあからさまにしたら、岩国や沖縄で騒げなくなっちまいます。

何故ですか?
岩国で米軍増強に反対している人は、町内会長さんとか保守のおじさんも多いんですよ。
まさか、沖縄や岩国で機知増強に反対しているのは「左翼」だなんて、街宣右翼みたいなことは言わないんでしょ?
人生アウト
2008年02月03日 21:06
終戦直後には米ソ対立も大してなかったのが、冷戦の深化とともに日本もアメリカの橋頭保として固まっていきましたね。同時に国内でも右左対立が大きくなった。
それがさらに時代が変わり、アメリカの一国勝ちと民族紛争の時代になった。

果たしてこの60年を、一くくりにすることは無理です。終戦直後→冷戦→現在、で時代が違い過ぎる。

しかし凡庸な人は、自分が生きた2、30年を基準に考えることしかできないから(苦笑)、この変化が読み取れない。
「終戦直後から日本は平和主義だった」とデムパを撒き散らすことになる。
いや、頭が悪いって不幸なことだね。他人の不幸は蜜の味だけど。
2008年02月04日 04:59
kuronekoさん、
>米軍増強に反対している人は、町内会長さんとか保守のおじさんも多い

 そうでしょうねぇ。内情は知りませんが、想像はつきます。日米同盟関係に反対する勢力と、基地公害に講義するグループが混在するのでしょう。
kuroneko
2008年02月04日 09:52
罵愚さま

ただ岩国や沖縄の運動内部ばかりでなく、日本全体でも、保守は日米安保賛成、「革新」(戦後政治上の意味)は安保反対という二分法だけでなく、保守のなかにも「革新」の中にも多数のバリエーションがありますね。
 日米安保を政権の正統性と位置づけて絶対視する勢力、安全保障を国際関係の中で位置づけて日米安保をそれに生かそうという勢力、日米安保を拡大して海外への軍事関与をできるようにして経済権益を確保しようという勢力、日米安保を不安定な北東アジア情勢に対応するものに限定すべきだとする勢力、日米安保はアメリカの戦争の下請け化だから反対という勢力、日米安保がなければ日本の外務官僚がにわかに能力を発揮して外交交渉で安全保障ができるようになるという勢力…。なんか「勢力」ってことばは変だな。いろいろな考え方があると思います。だから、最初から政治は0か1かじゃなくて、と言っているわけですね。
2008年02月05日 04:48
 そうですね、あなたのいうとおりだと思います。ただ、最終的には、いまある政治課題に賛成か反対かのデジタル表示になってしまうので、結果的に呉越同舟の反対運動が、都合よく解説されるのでしょう。
 日米安保の必要性は感じつつ、米軍基地が隣に引っ越してくるのはどうも…という住民感情は理解できます。それが基地を「人を殺すための施設」という人たちに政治利用されているんでしょう。
kuroneko
2008年02月05日 09:03
罵愚さま

やー、意見があいますね。デジタル表示というのはうまい表現ですね。
「自分の身を守るための国防は必要だよね。日本は戦後、国際紛争を武力では解決しないという憲法の精神が根付いているから自分からは戦争仕掛けるわけじゃないんだし」という穏健、柔軟な保守主義や庶民感覚が、アメリカの権益にくっついていけば自分たちの利益になるぞ、という日本型ネオコン(「国際貢献」だの「安保再定義」だの言いたがる)に政治利用されているんでしょうしね。
2008年02月06日 04:52
 そこらあたりから、わたしとあなたのちがいが出てくるのでしょうが、日本型ネオコンなんてものの実在するのだろうか?むしろ冷戦時代の東側にコントロールされた平和運動の生き残りの〝たわごと〟だと思うのです。
 そして、かれらの前提になっている平和憲法そのものに、疑問符がついている。順番にたどっていくと、ながい道中になるから、途中をはしょって、水源から議論したいのですが、現在から近未来を視野に入れたときに、国際社会の安全保障をどうするかの話題です。
 国際秩序をどう構築するのかの構想が、この話題のもっとも根幹部分にあるのだろうと思います。
ごん
2008年02月06日 07:24
>東側にコントロールされた平和運動の生き残りの〝たわごと〟

ほう、それでその「戦後平和主義者」の「生き残り」の「たわごと」を殲滅せんがために日夜奮闘していらっしゃるわけですか。天晴れでございます。どんどんおやんなさい。

>米軍再編による米軍基地の強化と自衛隊の一体化を許さないかどうかのたたかいです。

コチラの管理人は明確に目的を絞って話をされているようにございますよ。そんな大仰な話でなく。それとも「米軍再編による米軍基地の強化と自衛隊の一体化を許さない」というのが、あなたのおっしゃる某残党の〝たわごと〟なのですか。まさかそうじゃないですよね。
kuroneko
2008年02月06日 10:54
罵愚さま
 アメリカだけをあげつらうのは不公平ですから「国際社会」といいますが、ダルフールの事態、ルワンダそのほかアフリカ諸国での虐殺などを、介入して防止しようとはしないのですよ。
 ウズベキスタンの独裁政権による人権侵害も見逃す。(チベットでの人権侵害を言う論者もその他の国はあんまり注意が向かないね)
 アメリカは人権のために戦っているのですか?
 アメリカは民主主義のために戦っているのですか。それならいくつもの軍事独裁国家を援助し、人権侵害を容認してきたのは何故ですか。
 アメリカは石油権益のために行動しませんか?
 ネオコンというのは比喩ですからタームとして使わなくてもいいですよ。
 でも、アメリカの戦争に反対している人は、世界中にいて、ヨーロッパでは何十万人規模のデモが起こりますよ。
 そしてそうした平和運動は、ヨーロッパの「左翼」だけが支持し行動しているわけではないでしょう。
kuroneko
2008年02月06日 10:56
 (続き)
 アフガニスタンが無政府状態になり、テロリストのベースになるのは世界中のリスクになるといって、NATO諸国を中心に治安部隊が入るのは国際的な公共性かもしれません。
 しかしイラクの政権をつぶして無政府状態を作り出したのはアメリカです。
 フセイン政権が人権侵害国家だといっても、人権侵害国家を全てアメリカが転覆させて民主主義をもたらしているわけではありません。
 いわゆる左翼政党の支持者などが、自分たちの思想によって現実を裁断したとすれば、今の政権を支持して何の留保もつけない保守主義者はアメリカ無謬説に立つのか、アメリカによる秩序は絶対に正しいとするのでしょうか。
 
kuroneko
2008年02月06日 10:57
(続きの続き)
ところが、日本のある種の「保守」の人々はアメリカのナショナルヒストリーである「非民主的な侵略国家“大日本帝国”をやぶって日本を民主化した」という点は認めず、戦争中の人道に対する罪の現代史的な意味も認めない。そして中国、韓国がアメリカに働きかけたからだといってみたり、「当時は売春は合法だった」などとアメリカの道徳的なピューリタン(保守派)の顔を雑巾で逆なでするような新聞広告を出して、日米同盟関係を傷つけている。
アメリカが全て道徳的に正しいわけではないけど(第二次大戦が「正義」と「悪」の戦いだというようなキリスト教カルトのような観念で考えることはないけど)、普遍的な人道観念にしたがって過去を検証はすべきでしょう。
 アメリカが世界侵略をする悪の帝国ではなくても、軍事力の利用に走りがちな政策で安定的な秩序をアメリカ自身が損なおうとする時は制止する。
 これからは、冷戦構造ではない国際関係下での思考と情報収集が必要だと思います。冷戦時に作られた言論商品缶詰を開けてそのままお皿に盛るようなレストランがごときメディアもありますけどね。
 
2008年02月07日 03:37
ごんさま、
 まさに、その〝まさか〟でございます。
2008年02月07日 04:01
kuronekoさん、
 そのとおりです。アラブにアブラがなければ、アメリカは、クウェートもイラクも見捨てたでしょう。日本もおなじです。きびだんごにつられて、桃太郎さんにくっついていった犬のような存在も事実だと思う。
 中国の行動パターンもまったくおなじで、インドとの国境紛争も、チベットも南沙諸島も日本との国境問題も、共産党政権が考える国益至上主義の結論であって、あなたのご指摘のように冷戦時代の思想のうらづけがはがれ落ちた分だけ、えげつない外交が展開されいる。
 そのうえで、にもかかわらず、人類は進歩しているとわたしは思います。共産主義と呼ぶ全体主義が討伐されてヨーロッパの近代が築いてきた国際社会のルールの定着過程は、あともどりはしないのだと考えております。
 国際秩序の構築作業は、あともどりすることはないと思う。
ごん
2008年02月07日 06:53
罵愚さま

リアルで持論を展開したことありますか。

>東側にコントロールされた平和運動の生き残りの〝たわごと〟

私にはこれが実際の議論の場をくぐり抜けてきた言葉とは到底思えない。

「地底人の襲来に備えて軍備を拡張せよ」

に匹敵するくらい。

基地にまつわる数々の事件、戦闘機の爆音(聞いたことあります?)、「イラク戦争の大儀」についての誤りを認めつつあるアメリカの今、連日流されるイラクの情勢を伝え聞いてなお、今回岩国市長選挙の一方の当事者から出された、この当たり前の主張に「某残党の〝たわごと〟」などと。

この脳内にはいったいいかなる危険分子が蠢いているのか。
kuroneko
2008年02月07日 10:28
罵愚さま
 中国の民主化は大問題だと思います。プーチン「独裁」傾向のロシアも民主主義的“気候”が定着しているのか疑念がある。西欧やアメリカの民主主義を絶対視するつもりはありませんが、現在、国際社会が到達した人権観念は各国に要請されるべき最低限の基準だと思う。(急にイスラム世界をヨーロッパ型の男女平等で裁断していいのかなど慎重さは必要だけど)
 ただ民主主義というのは「不断の努力」によって獲得・維持されるダイナミックなもので、一党独裁の共産主義や国家を至上の価値とするファシズムや日本の戦前体制などが討伐されたとはいえ、絶えず逆戻りする可能性があります。
呉智英氏の言い方を借りれば「ファシズムは民主主義の変種」ですから、現在の欧米や日本の民主主義体制の中でも、非民主的な契機は存在する。
kuroneko
2008年02月07日 10:31
 また、経済的利益のためには人道や諸国民の共存を脅かし、軍事的な手段に訴えたり、軍備増強を図って影響力を強めようとしたりする、覇権主義的国家の存在が国際政治の中で今後も大きなウェイトを占める。経済力1位だったり人口1位だったりする大国ですからね。
 その間で、普遍的な国際的価値と日本の国益とを追求する最適解はそう簡単に得られません。
 でも右だ左だ、「保守」だ、「革新」だというちまちました国内政治の枠に囚われて考えることはないじゃないか。ブログ言論は、というのがもともとのわたしの趣意なんですね。
2008年02月07日 14:53
ごんさん、
 やっぱり〝たわごと〟にしか聞こえない。
2008年02月07日 15:09
kuronekoさん、
 国際社会と呼ぶものに当事者能力もなければ、主体性もない。はたして、実態があるのかどうかさえも、きわめてあやふやです。
 同時に主権国家は、自国の国益を行動規範にしていますから、日本の中東政策からアブラを除外することなど〝きちがい沙汰〟と呼んでいいと思う。つまり、小沢一郎はきちがいです。
 アメリカ軍はアメリカの国益を擁護しているのであって、かれらの主張する国際秩序なんて、ご都合主義のまやかしです。だますほうも悪いけど、だまされるほうも、おりこうとはいえない。
 ここらあたりまでは、あなたの文章をなぞっただけだと思う。上品に書くか、本音で書くかの文体のちがいで、主張にそれほどの差はないと思う。
 でもねぇ。にもかかわらず、国際社会は国際秩序の構築に向けて、確実に進歩していると思う。それは、人権ではなく、もっと原始的な国家主権の確立とでもいうような時代遅れな段階にすぎないのだが、それでも、100年、200年単位でふりかえれば、着実に進歩していると思う。
ごん
2008年02月07日 19:46
教授殿

ち え つ く め い と で す

>星条旗を富士山に挿している日本を仮想敵国の方々に見せ付けて悦に入るような人の論

>でも情緒で考えているなんていったら、きれそうです。

>アーミt-ジやライスの受け売りで日米同盟を強調すればいいのに。

>某残党の〝たわごと〟

この人はアメリカの威光を借りて対外交渉をする気もなく

日本人の誇りをかけてアジアを先導していく気概もなく

テロとの戦いでアメリカと連帯する気もなく

世界で圧政にあえぐ人々を解放する気もなく

あげくの果ては、我が国で「安全保障」の礎となってきた人々の真っ当で切実な言い分を「たわごと」と切って捨てました
ごん
2008年02月07日 19:49
んで、教授のこのアドバイス

>日本の外務官僚がにわかに能力を発揮して外交交渉で安全保障ができるようになる

可能性について。この人は「交渉」の価値を知らないから無意味だったようですね、残念

んで、某残党のたわごとを殲滅するために日夜奮闘している理由は

>100年、200年単位でふりかえれば、着実に進歩していると思う。

だそうです。

リアルでの会話どころか、児童文学にすらふれていない。古典などという高尚なことはいわない。中学校の教科書レベル。末永く自らの王が復活するまで、ピラミッドを積み上げておくんなさいまし。ガンバレ。
kuroneko
2008年02月07日 23:11
罵愚さま
 あまりお好みではないでしょうが、いわゆる「護憲派」の議論でも、人類史は不戦条約など戦争非合法化の道を進んでいる、というのがあります。日本の護憲・改憲というのは、国内政治の対決構造に従属させられて「せこい」話になりがちですが。
長いスパンで考えると近代主権国家が成立した時代から比べれば、いろいろ国際的枠組みはありますし、少しづつ人類は秩序形成に向かっているのでしょう。環境問題など共通の課題もあるし、移民や難民など多くの人が国を離れ移動性が高まっています。コンフリクトも増えるけど接触することでの理解や共通利害も生まれる。
そうした、人類社会、国際秩序などの観念の形成は、前代のさまざまな思潮が止揚されて生まれるのですから、どんな思想や立場も馬鹿にしようとはわたしは思いません。
kuroneko
2008年02月07日 23:19
ごん さま
 わたしの物言いはときどき官僚的だったり、学者もどきだったりしますけど、議論を通じてなにか到達点があるか、という意味で前を向いて物言いしています。人生アウトさんじゃないけど、自分ひとりの智恵なんてたかが知れているから、対話で新しいステージにすすめればめっけものですからね。
「ヘイトコメントを哂え」だって悪態や嘲笑を相手にぶつけているのではなくて、矛盾や独善性を揶揄しているだけなんですけどね。
 でもえてしてブログ言論て「論争的」になりがちです。自分が利口だなんて証明しても面白いことないのにね。
人生アウト
2008年02月08日 04:01
呼ばれた気がする……。
>自分ひとりの智恵なんてたかが知れているから、対話で新しいステージにすすめればめっけもの

「人間は言葉を使って考えている」って言われますけど、実際は違うと思うんですね。人間の思考が、言葉に振り回されている。
言葉は切断するものだけど、それがインプットされるのは幼少時。幼少時に周囲から受け入れた切断様式によって、その人の思考形態が決まってしまう。
結果、同じ言葉を使っていても、その脳裏に浮かぶのは個別の幼少経験だから、「話がかみ合わない」ということがよく起きる。

大事なのは、言葉を使わないで考えること。言葉が氷山だとすると、水面下に隠れた膨大なイメージを直接操ることなのだと思います。
ネットが論争的になるのは、非言語コミュニケーションが全くできないぶん、氷山の水面下にアクセスしにくいからなんでしょうね。慣れた相手だと、行間を読むこともできるのですけれど。
人生アウト
2008年02月08日 04:04
だもので、私がネットで書く時は一種の歌舞伎と認識しています。斜に構えて悪ぶったり、オーバーで悲劇的だったり、文頭と文末で論理を破綻させたり。
とにかく、言葉を「ずらす」。詩や芝居には、既存の言葉を殺す力がある。
そこから、相手の人の反応によって波長を手探りしていく。

ちなみに今回のは、一・二行見て「言葉で堅牢な要塞を築いているタイプ」だと分かるから、詩も芝居も届かない。後は城門の前でおならをする位しかない。
もちろん本気で馬鹿にしている訳ではなく(する意味がない)、王様のご大層さを道化がコケにするのと同じですけれど。
水葉
2008年02月09日 10:20
>人生アウトさん

>大事なのは、言葉を使わないで考えること。言葉が氷山だとすると、水面下に隠れた膨大なイメージを直接操ることなのだと思います。

びっくり!私と同じこと考えてる!!これを言語化できるって、スゴイです。何者だ、人生アウトさん。(笑)
dr.stonefly
2008年02月10日 09:08
ごん師範代、不愉快な思いをさせてご免ね。このコメント欄を読みながらワタシが一番近いのは師範代かな、と感じてました。


kuronekoあんちゃん、願いを聞いてくれて感謝です。兄さんの見識と知識の奥深さと懐の広さと根気よさに感服です。またご指導よろしくお願いします。


人生アウト君、君はいったい幾つなの?って前に聞いたっけ(笑)。その達観は賢者と呼ばれる老人のような錯覚をするぞよ。自分を顧みるとちょいと恥ずかしかったり、悔しかったり……(爆)

水葉姫、瀕死のドラを脱して何とも脱力系ってのはいいですね。それにしても姫も賢者の老人だったとは、いやはや、追いつけるようにもっと修行しよ(笑)。
2008年02月10日 17:47
kuronekoさん、
 護憲と改憲の国内論争にもかかわらず、国際社会では法秩序の構築に向かっているという、あなたのご認識に賛同いたします。そのうえで、その構築作業に積極参加するためには、改憲が必須だと思います。
 ちがいますか?
ごん
2008年02月10日 21:19
>改憲が必須だと思います。ちがいますか?

ちがいません。

「法秩序」て何なのかわからないけど、国際的な立法による秩序なるものが存在して、その(新たな)構築がなされるということは日本はこれまでの「法の精神」のひとつの結晶である日本国憲法を変えろと言われる可能性はありますね。どこの国からかはわかりませんが。というのも、それが世界的な憲章の類からの要求ということはまずありませんから、個別のたとえば、軍事力が一位の国であったり人口が一位の国であったり、そんなところから強要されるということになりますが、それは有り得ます。そこからの要求に対抗するには、軍事力一位になるか、人口一位になるかしかありませんから、軍備増強、産めよ増やせよで対抗するしかありませんね。それにはまず、失業者を減らして税収を上げ、親たちがたくさん子どもを産みたいなと言う環境の中で、子どもたちをしっかり教育していくことですね。いっしょに百年、二百年先を見据えて頑張りましょう。
ごん
2008年02月10日 21:20
教授殿、stoneflyの兄さん、ごめんなさい。面白すぎる。この人。ほかに気になることいっぱいあるのにこんなことしてる自分がいやになる。でも、やめられません。お許しください。
kuroneko
2008年02月10日 23:01
罵愚さま
憲法の体系に詳しくないので、改憲が国際社会の中のポジションとして必須かどうかわかりませんが、いろいろな市民的権利を憲法に「国民」と書いてあるからといって国籍により制限するようなところは改定して、構築されつつある国際(一国を超えたという意味)秩序にアダプトさせるっ必要はあるでしょうね。
国際紛争の解決のために軍事力は使わないという平和主義は、日本はそういう国だと認知させればいいことなので、その点では改憲の必要はなさそうに思いますが。ただかなりな覚悟の国際貢献がいるでしょうね。
2008年02月11日 04:22
kuronekoさん、
 そりゃぁ、誤解って言うもんでしょう。国連憲章には、国際紛争の解決のために軍事力を使いましょうと書いてありますよ。自衛権も集団安全保障も、国連憲章が根拠になっている。
 日本の平和憲法は、国連憲章違反の欠陥憲法ですよ。
ごん
2008年02月11日 07:41
国連憲章って、これとか、

平和を破壊するに至る虞のある国際的の紛争又は事態の調整または解決を平和的手段によって且つ正義及び国際法の原則に従って実現すること。

これのことかな?

この協定は、安全保障理事会と加盟国との間又は安全保障理事会と加盟国群との間に締結され、且つ、署名国によって各自の憲法上の手続に従って批准されなければならない。
kuroneko
2008年02月11日 08:52
罵愚さま

>国連憲章には、国際紛争の解決のために軍事力を使いましょうと

こういうちょくな物言いの国連憲章は親しみやすくていいですね。
「使いましょう」と書いてあるんですか。現実に国際紛争の解決に軍事的要素があることは確かです。でも必ず軍事力を行使しなければならないとか、行使することが望ましいとかいうものなのですか。
まあ中国の憲法が国連憲章に合致した欠陥のない憲法で、中国が南沙諸島の帰属による紛争に武力行使しても国連憲章に合致する事態もあるのかもしれませんが、できうることなら武力行使をしない方法を追及することが望ましいのではないかしら。
 で「国連憲章の正確な文言」はどういうものですか。
2008年02月15日 17:38
 国連憲章第7章を読めば、平和憲法をかかえ込んだままで国連の議席にはすわれないと思うがなぁ、
ごん
2008年02月15日 20:57
>平和憲法をかかえ込んだままで国連の議席にはすわれないと思うがなぁ、

あははははははは、ははは、は
2008年02月22日 04:44
 平和憲法はねえ、素直に読めば完全非武装だと思うよ。自衛権を全面否定していて、自衛隊は、憲法違反だ。
 それに対して、国連憲章は集団安全保障の恩恵がおよぶ以前の状況下では、各国自前の個別的あるいは集団的自衛をもとめている。
 両者のあいだには、埋めがたい矛盾があります。
すぺーすのいど
2008年02月22日 21:41
平和憲法はどう読んでも完全非武装を主張していると思いますよ。
でも、自衛権は否定はしていませんよ。理由はどうあれ、問題の解決手段として「武力」の行使は否定していますけどね。「武力」以外の方法で自衛するのは否定してないですよね。

私から言わせてもらえば、矛盾しているのは「武力」で「平和」を維持できるとしている、国連憲章であって、平和憲法は何も矛盾していませんよ。

私も日本国憲法全部が完璧なんてまったく思っていませんが、平和を維持するために「武力」を使わないと宣言した9条はすばらしいと思います。

国連憲章と日本国憲法が相容れないと言うなら国連憲章を改正すれば良いでしょう。
日本国憲法を改悪する必要は全く無いですね。
2008年02月24日 05:56
すぺーすのいどさん、
 ところが、日本の現実は平和憲法の欠陥を実証してしまっている。空想論で、平和を招来できない現実からは、あなたの結論は逆転して、憲法のほうを国連憲章に順応させるほうが正しい。
 まぁ、あなたがどう理解するのかは別問題なんだが、国連憲章と平和憲法の乖離に気づいてくれれば、わたしの目的は達成できたことになる。
すぺーすのいど
2008年02月24日 12:47
罵愚さん、「現実」の状況が正しさの証明とはならないんじゃないですか?
私は平和は「武力」による威嚇で実現するものでは決してないと確信します。「武力」による威嚇で維持されてる「似非平和」は要らない。確かに戦争状態よりはマシかもしれないけど・・・
目標を「武力」依存型の平和維持にしてしまうと、永久に「真の平和」には到達できないですよ。
故に平和憲法の「完全非武装による平和維持」の思想は守っていく必要があると思います。
2008年02月24日 15:47
 国連憲章は自衛権と集団安保で侵略に対処しようと書いてあって、武力による威嚇なんて書いてないよ。
 誤解をもとにした議論なんて、ごめんだよ。
すぺーすのいど
2008年02月24日 17:19
誤解なんかしてないと思いますよ。
攻撃的な意図だろうと防衛的な意図だろうと「武力」の保持が威嚇でなくて何なんですか?
威嚇しない「武力」って何か意味があるんですか?
kuroneko
2008年02月24日 17:49
国連憲章は全ての国の武装を義務付けていて、常設軍隊を持たない国の国連参加を禁止するとする条文を、今、探しているところです。
南太平洋の島国なんか、国連に入ってないでもいいかもね。日本の属領にしてしまおう。おーっ。
すぺーすのいど
2008年02月25日 22:31
日本国憲法 前文 抜粋
・・・
日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。
・・・

決意したんですよ。
決意しましょうよ。
決意するべきですよ。

問題解決に暴力や威嚇を使うほうが、力を持つ人たちには簡単で早い。だから、力を持つ人ほど、暴力や威嚇の手段を手放すのは困難だ。
2008年02月28日 03:59
 現実を無視して、法律を語れば空想的理想主義におちいり、法律を無視して、現実を語れば〝いつか来た道〟になってしまうのかなぁ?
kuroneko
2008年02月28日 09:46
いつか来た道ではなく、全く新しいタイプの「戦争中毒国家」になるんじゃないかな。
今度の自衛艦の事故だって、社会資源である自衛隊がいい加減な組織であるってことに保守派のほうが慄然として厳しく批判するかと思いきや、ネットの中では「漁船のほうがよけて当然」と思いつきの自衛隊擁護が巻き起こるぐらいだから合理的に軍隊をコントロールする力がこの社会では未熟だと感じられます。
すぺーすのいど
2008年02月29日 01:12
罵愚さん、現実と真実は違いますよ。
現実ってのは良くも悪くも演出された虚構の世界でもあります。
よーするに大きな声の人に騙されてる。
だれが大きな声を出すか出せるか?どっちにしても演出なんですよ。
だからより多くの広い範囲の人が幸せを感じ安心して暮らせる演出、共有し譲り合い助け合う演出をすれば良いだけなんですよ。
それには、みんなの決意さえあれば十分です。
私は規則や規制法に縛られるのはイヤですね。自由に行動したい。
国家とか大きくて、サイズで騙されがちですね。
身の回りサイズで考え直せば良いんです。
隣の家人が少し意地悪してくるからって、銃を用意したり見せびらかして威嚇することはないし、ナイフを見せたり構えたりしながら、「何もしませんよ。仲良くしましょう。」な~んてナンセンスな行動は誰もしないでしょう?
人間同士ですから、話し合って、笑って、握手して、平和に出来るはずですよ。
出来ますよ。発想の切り替えだけなんです。
ものすごく現実的だと思うけどなぁ・・・
もー寝ます。おやすみなさい。
人生アウト
2008年02月29日 12:41
敗者は現実を知り、勝者は現実を導く。
弱者は現実を嘆き、強者は現実を作る。
dr.stonefly
2008年02月29日 15:30
人生アウト君、えっとぉ、現実を知り現実を嘆くオイラは、敗者で弱者……か…なぁ(爆)
すぺーすのいど
2008年02月29日 20:48
dr.stoneflyさん、いらっしゃいませ。
お宅の中で騒いで申し訳ありませんです。

人生アウトさん、私は勝者でなければ敗者でなく、強者であり弱者であります。
左派でなければ右派でなく、上でも下でもありません。
人々を色付けしてなんか良いことありますか?
2008年03月01日 03:53
 「現実ってのは良くも悪くも演出された虚構の世界であり、よーするに大きな声の人に騙されてる」としたなら、北方四島や竹島や尖閣諸島などのの領土問題や北鮮の拉致事件は、あれも「演出された虚構」ですか。これらのケースで、大声の主は誰で、だまされているのは、誰でしょうか。
 非武装中立で、それらが解決するもんでしょうかねぇ?
kuroneko
2008年03月01日 09:36
 沖縄の教科書検定をめぐる抗議集会が演出された虚構だ、と言っている新聞社もあるね。

ところで日米安保、また日本が重武装して韓国軍などを蹴散らすぐらい軍事大国になったとして、領土問題、拉致問題がどういう道筋で、少なくとも解決の方向へ向かうもんでしょうかねぇ? 

 ところで、アメリカは竹島の帰属問題はどういう態度なんだっけ?
dr.stonefly
2008年03月01日 09:51
すぺーすのいど会長
たとえばホームレスの人々をみていると、自分がその犠牲の上に保身にはしる勝者という色を自らつけなければならない思いでいます。
dr.stonefly
2008年03月01日 09:55
罵愚さん、竹島につていは、竹島があるのは現実だけど、その線引きは虚構だよね、みたいな記事を挙げたら、あるブログ集団から「反日指定」されました。だから、ワタシは「反国家」だっていってるのに(爆)。
dr.stonefly
2008年03月01日 10:22
人生アウト君、すぺーすのいど会長、すみませんでした。あまり考えずに言葉に表面的に反応してしまいました。気にしないでください。ごめんちゃい。
すぺーすのいど
2008年03月01日 14:18
罵愚さん、dr.stoneflyさんのおっしゃるとおり国家国境自体がまやかしなんですよ!そこにあるのは海であり大地なんです。
2008年03月01日 15:38
 でも竹島に韓国軍が常駐するのも、拉致された日本人が帰ってこないのも現実ですよ。
dr.stonefly
2008年03月01日 16:01
自然のものである島の取り合いと人為である拉致は別に考えたほうがいいような気がするんですけど、拉致はいけません。でもいずれも「国家(虚構)」を妄信する人々の弊害のような気がします。
すぺーすのいど
2008年03月01日 17:25
そうそう!
必要なのは「国家の存在は普遍だ」というまやかしから解き放たれることなんですよ。そーすれば、竹島問題どころか世界中で発生しているほとんどの国際紛争は解決出来ますよ。だって争う元ネタがなくなるんですからね(^^♪
争いたい(争わせたい)人はこの元ネタが無くなるのが怖い(困る)。だから虚構の国家にしがみつくんですね。
すぺーすのいど
2008年03月01日 17:37
その元ネタの元ネタの元ネタ・・・がマネーである事は補足するまでもないですね。
2008年03月02日 05:54
 国家や政府を否定して、ドロボーや万引きを捕まえる治安はだれが守るの?
すぺーすのいど
2008年03月02日 11:42
罵愚さん早起きですね。(^。^)
まず私達は国家や国家への妄信は必要ないと言っていますが、政府が必要ないとは言っていませんよ。(^^♪
そうやって重箱の隅の話にすりかえて本論をはぐらかそうとしてぇ~
治安維持は国家じゃないと出来ないなんて、それも妄想ですよね。確かにその地域が協力していかなきゃいけないとはおもいますけど、「国家」で無くても良いはずです。
私は警察権力自体は存在しても構わないと思いますが、警察権力でさえ武装することには反対です!
武力・暴力は人を増長させます。この世の中に「武力・暴力」は微塵も必要ありませんね!
こんなこと書くと罵愚さんから「じゃあどうやって治安を守るんだ!」な~んて反応が来そうですが、そこはdr.stoneflyさんのブログ内の死刑廃止関連のエントリの、私のコメントを見てください。大体私の考え方が書いてあります。どうぞよろしくお願いします。
すぺーすのいど
2008年03月02日 11:52
>たとえばホームレスの人々をみていると、自分がその犠牲の上に保身にはしる勝者という色を自らつけなければならない思いでいます。
dr.stoneflyさん、難しい問いですね・・・私も似た立場です。
でも「勝者」でなくて自分自身に対する「敗者」かもしれません・・・
kuroneko
2008年03月02日 12:09
お寝坊のkuronekoです。フファー(欠伸)
あたしなら「国家がなくて社会福祉は誰が責任持つの」って言うけどなあ。
所得再配分って、民間でできることではないし。

さて、国際連合憲章で、「全ての国の武装を義務付けていて、常設軍隊を持たない国の国連参加を禁止する」あるいはそれに類似した条文がまだ見つからないんですけど…。どなたかサジェスチョンを。
dr.stonefly
2008年03月03日 08:34
>「国家がなくて社会福祉は誰が責任持つの」
うまいなぁ~。
>ドロボーや万引きを捕まえる治安
でも別にいいんだけど、上の方がより心に響く人間がいることに気付くと罵愚 さんとも近い距離で話し合える気がするんだけどなぁ。

「国家」や「政府」が無くなればいい、ってアナーキーな主張を全面に言いたい訳じゃなくて、「なくても助け合っていけるんじゃないか」とか「なくても犯罪に走らずにすむ人と人の繋がり」ができるんではないか、という純粋お花畑的理想を忘れずに確認していたい、ってことを思っていて、現状で「国家」「政府」があるのは仕方ないと思ってます。でもそれらがあまりに下らない方向へ走ると一言いいたくなるわけで……。このグログ一貫性ないな(笑)。とはいえ、非ジョーシキなほんとのこと、とか、お花畑を追求するブログがあってもいいんじゃないか、とか………
2008年03月03日 13:41
 じゃぁ、暴力をつかわずに沖縄の海兵隊を追い出せばいいじゃん。70年間かかって、できなかったんでしょう?
 空想論って、つまらない、
kuroneko
2008年03月03日 15:24
>日米安保、また日本が重武装して韓国軍などを蹴散らすぐらい軍事大国になったとして、領土問題、拉致問題がどういう道筋で、少なくとも解決の方向へ向かうもんでしょうか。

という質問にすぐに答えられるのが現実論で、そうでないと同じく空想論じゃないかしら。

ところで、暴力をつかえば沖縄の海兵隊は追い出せる、って言いたいんでしょうねえ。前のコメントは。で、それは空想論ではなく現実論であると。
ふーむ。
すぺーすのいど
2008年03月03日 19:44
罵愚さん、とうとう子どもみたいな屁の突っ張りまで落ちましたねぇ。
じゃあ、ちょうど良いので、お隣さんが攻めて来る!な~んて、空想もつまらないので止めればいいですね!(^^♪
dr.stonefly
2008年03月04日 05:56
kuroneko兄さん、なんだかつまらない方向へ行っているのは、ワタシのせいですか? ワタシももっとちゃんと現実的として書くべきですか(笑)
ワタシは「理想論」のつもりで書いていたのですが、空想論っていわれちまいました。おそらく空想論=理想論=つまらない、なんでしょうね。
ああ、いつまでも夢を語っていたいのに…(遠い目)
dr.stonefly
2008年03月04日 05:57
罵愚さん、別に頼んで来てもらっているわけではないのですが、つまらなくさせてすみません。「そいつは帽子だ」のごんさんが現実的に丁寧に応えてくれてますよ。是非、飛んでいって「お話し」してください。
kuroneko
2008年03月04日 14:34
dr.stoneflyさま

どう書いても自分文脈にとれば「つまらん」と相手のことを切り捨てられますからねえ。「左翼が非現実的」って40年前から変わらない言論で、今から思えば、その非現実的であった実質が以前指摘されたものとは違うように思える。

今日あげたエントリがTBできなかったので、お知らせ。
http://ameblo.jp/kandanoumare/entry-10077298746.html
2008年03月05日 14:25
 けっきょく、非暴力で沖縄から海兵隊は追い出せないのだね?
kuroneko
2008年03月05日 14:30
罵愚さんは、けっきょく、暴力をつかって沖縄から海兵隊を追い出したいのだね?
わかりました。今後、そちらはアメリカとの戦争を望んでいる論者だという前提でお話をうかがいます。
すぺーすのいど
2008年03月05日 20:03
へぇー、暴力を使えば沖縄から海兵隊を追い出せるんですか?罵愚さん?
2008年03月10日 16:19
 どうして、こうも、本題から逃げるんだろうか…
kuroneko
2008年03月10日 20:01
 本題から逃げるとおっしゃるけど、あなたは 「国連憲章は自衛権と集団安保で侵略に対処しようと書いてあって」と記して、わたしがそういう条文が見当たらないのをほおっておいて、「ほらここにあるよ」と示しもせず、竹島や拉致問題を持ち出し、それから沖縄の海兵隊を非暴力で追い出せるか、と話を広げましたね。で、あなたは本題から逃げないで(って本題ってなんだ?)、何を主張しているというの? まず、国連憲章で自衛と集団安全保障をするべし、という条文を示してから、他人の議論のやり方の批判をするように。次々に話題を転換させていったのは罵愚さんです。他の人はそれに「どうして、こうも、本題から逃げるんだろうか…」などという頭の悪い当てこすりコメントをつけないだけです。
すぺーすのいど
2008年03月10日 22:02
私も主に話をはぐらかそうとしているのは罵愚さんの様に見受けしますが・・・
私たち(で良いですよね?)は、平和的な手段で平和を実現する必要がある、そうしなくちゃいけない、そして必ず出来ると確信しています。もちろんそれには長い道程が必要である事も知っています。
罵愚さんがどう思おうと、国家というものは人間の作った偶像に過ぎません。もちろん偶像を作ること自体が悪いのではありません。そのたかが偶像に心を奪われて、依存して、普遍的なものであるかのように錯覚し妄信し、会った事もない他国の人を憎んだり殺したり傷つけたり威嚇したりすることが問題なのです。
すぺーすのいど
2008年03月10日 22:04
罵愚さん。まずその偶像に囚われているあなたの心に気づきなさい。
それから、自分や家族や身の回りの人が本当に平和に幸せに過ごすには、何が必要で何が不要か考え直してみて下さい。そーすれば銃口を向け合いながら過ごす事が決して平和とは言えないことが理解できるはずです。
それが出来ないなら、あなたはココのブログに来て何をコメントしに来ても、何も得るものは無いでしょう。あえて言うなら、私たちに不愉快な気持ちを残すことは出来るかもしれません・・・
まぁココは私自身のブログでもないですし、何の権限もありませんから、これ以上はなんとも言えませんが・・・
なーんか、ヘボ宗教じみたコメントになっちゃいましたねぇ。はぁ・・・
2008年03月11日 05:20
 いや、戦後平和主義っていうのは〝ヘボ宗教〟そのものですよ。あなたたちの主張を全面的に受けいれたとしてですよ、自衛力や国家を否定して、米軍を追い出す方策がありますか?
 わたしは、武力も日米同盟も国家権力も肯定した主張をしているから、あなたたちと、議論の土俵がちがう。どちらの土俵で議論してもいいんですが、ここは、あなたたちのスタジアムだから、まずはあなたたちの議論をお聞きしたいと考えている。
kuroneko
2008年03月11日 10:28
とりあえず、自衛隊はダルフールで平和維持活動をすべきじゃないか、とエントリをあげているわたしは、「戦後平和主義がどうの」という設定の議論は、「ふーん、そんなもんですかいのお」と思うのみですが…それはともかく。
 武力、日米同盟、国家権力、と並べるけどそれを肯定する主張というのはどういうことかな。たとえば、戦後左翼というのは社会主義者だったり共産主義者だったりしたわけだけど、国家権力なんて否定していないよね。むしろ国家が生産を仕切るほうが計画的でうまくいくと言い張っていた。武力を肯定するというのも、国連軍の実力行使を否定する「平和主義者」は思い当たらないし、左翼にいたってはハンガリー動乱とかチェコへの介入などでの「武力」行使(それほどの戦争状態ではないけど、戦車で押しかければ武力でしょう)を「肯定」(容認というべきか)していたはず。

あなたたちの議論を聞きたい、というけど、どの議論が「国家を否定」した議論なのか、その説明がない。
 
kuroneko
2008年03月11日 10:31
(続き)
たとえば、竹島帰属に関して、係争中の領土は、双方の国が国家主権を留保するべき、という主張なら、別に国家を否定するわけではない。ただし、竹島みたいな「岩」ならそれですむかもしれないけど、世界中の地域紛争は現に住民がいるからやっかいです。
 国家がリアルな現実ではありますが、リアルな現実になると厄介な国家もあります。クルディスタンという国ができてイラクとトルコから独立でもしようものなら大騒ぎになる。クルド人にとっては、自分たち自前の国家権力を肯定しようにも、周辺からダメといわれる。しかたなくイラク国民だったり、トルコ国民だったりする。パプアニューギニアは独立すべきかどうか。国家であるべきか。世界を見渡せば、国家は「不変の実体」ではない。
kuroneko
2008年03月11日 10:36
(また続き)
 「近代国家」というのは約束事です。だから約束事として大事なのです。約束事だから将来どうなるかはわからない。
 日本が西と東に分かれて、それぞれが国連加盟して都合総会で2議席、なんてことになるかもしれない。日本人が望むならね。
 竹島の帰属も国連統治になるかもしれないし、そんなにもめるならとアメリカ軍が射爆場にして数年後には完全に破壊されるという「解決法」もあるかな。韓国と日本がそのために戦争するよりは平和的な解決だけど、このアイデアは評判が悪そうだな。

 「国家を否定する」というのはどういう議論を指すのですかね。フォークランド(マルビナス)戦争の時、BBCは「わが軍」とは言わず、「イギリス軍」と表現したのは有名な話です。竹島も、「別に韓国にあげればー」という議論だって国家を否定したことにはならないよね。
 「国家主権だと熱くなることはない」という議論だって、国家を否定したことにはならない。
 
kuroneko
2008年03月11日 10:50
(性懲りもなく続き)
 あなたたちの議論を聞きたいというからには、質問趣意が明白なことが肝要です。
 「自衛力や国家を否定して、米軍を追い出す方策がありますか?」
 という質問で、国家を否定してというのがどういう意味なのか。どういう主張が国家の否定にあたると罵愚さんが判断したのか確認することは、議論の基礎であって話をそらせることではありません。学問上の議論なら、必要に応じて、「用語の定義」や「議論の当てはまる条件」を確認することは自然でしょう。
 罵愚さんがその確認をするのはそんなに困難だとは思われないのですが、いかがですか。
 
すぺーすのいど
2008年03月11日 20:21
罵愚さん、米軍を追い出したって解決しませんよ。なくすんです。この世からね。米軍どころか世界の軍隊をね。
どこかの軍隊がこの世の中に存在する以上、本当の平和は訪れない。本当の平和を目指さない会話は私にとっては無駄です。
あ!そうか。罵愚さんは平和を望んでいるわけじゃないんだね!今気付いた!どーりでかみ合わんわけです。
大事なコッカちゃん人形を守りたいだけなんですね。可愛いコッカちゃんは絶対みんな欲しがってるはず。もしくは妬まれているはず。だからコッカちゃん防衛軍が無いと安心できないぞ。こんなにすばらしいコッカちゃんを守っている私ってカッコイイ!コッカちゃんを守らないなんて人間じゃねぇ!
ハハハ。罵愚さん、せいぜいコッカちゃん人形と仲良くしてください。でも気持ち悪いから出来れば私の見えないところでね。更に人に迷惑にならない範囲でやってほしいですね。あと、仲間も増やさないでくれませんか?
あ、そうか!あなたにとっては人形でなく人間以上のものでしたね。こりゃ失礼!
2008年03月12日 04:25
 なるほど、やっぱりこれは〝ヘボ宗教〟だな。
kuroneko
2008年03月12日 09:18
これというのは、最初のほうの非戦さまがあげている、NHKスペシャル「日本とアメリカ 深まる日米同盟」 のことかな。“これ”というだけではなんともわからないな。

この記事へのトラックバック

  • 脱「植民地主義」という鍵(その1)「不正を不正と見なす思想を」を読んで

    Excerpt: 2008.1.20.18:35ころ 前回の記事がその典型ですが、当ブログではエー Weblog: 多文化・多民族・多国籍社会で「人として」 racked: 2008-02-01 10:28
  • 岩国市長選挙について6

    Excerpt: 左の画像は、明日の集会のビラです。参加できる人はぜひご参加を。 岩国の様子を知り Weblog: なごなぐ雑記 racked: 2008-02-01 12:33
  • 生活を脅かすもの

    Excerpt: 昨日の怪文書↓これ↓の改訂版が出されたようです ↓改訂版↓ 以下に全文を転載します ================================ 今のままの市政が続かず米軍基地を.. Weblog: そいつは帽子だ! racked: 2008-02-01 13:06
  • 岩国はいろんな意味で端っこなのね

    Excerpt: NPJというのがあるんですよ。 ?http://www.news-pj.net/npj/maruyama/index.html 知っている人は知っている。知らない人はバナーもあるよ。↓ .. Weblog: みんななかよく racked: 2008-02-01 14:25
  • ええ加減にせえ! 警察・検察・裁判所 連続シンポジウムⅡ

    Excerpt: これで法治国家といえるのか! 分断・差別をあおり、くりかえされてきた弾圧に団結と Weblog: アッテンボローの雑記帳 racked: 2008-02-02 11:17
  • 大学版「学習指導要領」を文科省が企む

    Excerpt: "When the university turns away from its central purpose and makes itself an appendage to the Govern.. Weblog: ペガサス・ブログ版 racked: 2008-02-02 22:09
  • 岩国市長選、どうしても気になる「民主党は自主投票」

    Excerpt:  昨日の朝、以下のように書いたまま非公開にして、出かけてしまったのですが、夕方と夜、お話しした方も岩国市長選挙について、同じような危機感を持っておられたので、つなぎ法案は取り下げられたけど、書き換えず.. Weblog: とくらBlog racked: 2008-02-03 08:27
  • 住民の意思をくみ取らない政治家や議会だから、と橋下さんに伝えて

    Excerpt:  さとうしゅういちさんのところに、伊達純さんより、今日の岩国はまけない!市民集会のことが紹介されています。民主主義と地方自治を守るために 「岩国はまけない!」市民集会 岩国のこれからをきめるのは、私.. Weblog: とくらBlog racked: 2008-02-03 08:28
  • 話はそっちへいくのね(陰でこそこそ悪口大会シリーズ)

    Excerpt:  「ヘイトコメントを哂え」に収録するのは失礼と思うけど、なんか「ネットウヨ言論ってそっちへ流れていくねえ」という感想をもったやり取り。  前提として、わたしはこんなエントリを書くやつなんでござんすよ.. Weblog: みんななかよく racked: 2008-02-03 17:25
  • 今年、私の聞いたベスト・ソング/地方自治とICCで「戦争を抑え込める世界」へ、うさジャンプ!

    Excerpt: 2007.12.29.00:20ころ 今年もいよいよ終わりに近づいてまいりました Weblog: 多文化・多民族・多国籍社会で「人として」 racked: 2008-02-03 17:54
  • 日本という同じ船に乗っている、米軍駐留地に住む日本の同胞を苦しめるのは嫌です。

    Excerpt: 他の場所の住民の苦悩が、他人事だとは思えない。 他の場所の住民の苦悩を、見てみぬふりをすることはできない。 他の場所の住民の苦�... Weblog: 村野瀬玲奈の秘書課広報室 racked: 2008-02-03 21:18
  • 難儀やなあ、福田良彦さんも(苦笑)

    Excerpt: こんな事なら一人の「小泉チルドレン」として次期衆院選を戦ってた方がよかったかもね。岩国市長選にかつがれたはいいけど、応援団員にろくなのがいないから…。 まず、「ロクデナシ応援団員」の一人として、橋下.. Weblog: vanacoralの日記 racked: 2008-02-04 21:49
  • 難儀やなあ、福田良彦さんも(苦笑)

    Excerpt: こんな事なら一人の「小泉チルドレン」として次期衆院選を戦ってた方がよかったかもね。岩国市長選にかつがれたはいいけど、応援団員にろくなのがいないから…。 まず、「ロクデナシ応援団員」の一人として、橋下.. Weblog: vanacoralの日記 racked: 2008-02-04 21:50
  • わたしが保守オヤジになったら

    Excerpt:  むかし懐かしい歌のタイトルをパロって政治談議。  dr.stoneflyさんのコメント欄で罵愚さんというかたと、すれ違い漫才をして遊んでいるわけなんですが、こんなコメントをつけたので思い出したの。.. Weblog: みんななかよく racked: 2008-02-05 10:41
  • レッドカード

    Excerpt: 正直ヅラしてペコペコ頭下げて嘘をつく。何でもごまかす。どっかに戦でもありゃあすぐ竹槍つくって落ち武者狩りだぃ。 よく聞きな。百姓ってのはな、けちんぼで、ずるくて、泣き虫で、意地悪で、間抜けで、人殺.. Weblog: そいつは帽子だ! racked: 2008-02-05 15:51
  • 岩国市長選挙-候補者になったつもりの妄想

    Excerpt: 美味しいレンコンの産地、岩国の住民にとって、大変な決断を迫られる日が5日後に迫っている。両サイドの外野がわいわい喧しい状況は、わたしが住民だったらウザイだろうなあ... 自分の頭でしっかり考えて.. Weblog: ミクロネシアの小さな島・ヤップより racked: 2008-02-05 17:50
  • それ!質問主意書だ 

    Excerpt: Like a rolling bean (new) 出来事録   さんの記事から。 かわいらしいイラストを伴った、恐怖による支配のメッセージが撒かれ、井原さんを追い詰めることがもくろまれて.. Weblog: みんななかよく racked: 2008-02-06 13:40
  • がんばれ岩国、がんばれ沖縄

    Excerpt:  忙しくてなかなかゆっくり考えをまとめる時間もないのですが、心から岩国を応援しており、井原市長の当選(2/10)を祈っています。  岩国で起こっていることをわかりやすくdr.stoneflyさんが解説.. Weblog: リーフチェッカー’さめ’の日記 racked: 2008-02-10 17:40
  • かげでこそこそ当てこすり大会

    Excerpt:  dr.stoneflyさんの最近のコメント一覧で「ジョーシキ的多数に与しない」というエントリーについたコメントが表示されています。せっかっく盛り上がっているのに前のエントリの議論をむしかえすのも憚ら.. Weblog: みんななかよく racked: 2008-02-27 15:02
  • 希望をかじる寄生虫

    Excerpt: ばく(貘) 2 中国の想像上の動物。体形は熊に、鼻は象に、目は犀に、尾は牛に、足は虎に似るという。人の悪夢を食うという。 「大辞林」三省堂 bug コンピューターのプログラムにおける誤りの箇所。「―.. Weblog: そいつは帽子だ! racked: 2008-03-03 23:14