「言葉が全て」…ブログは人間自身を映す

 まだ引きずっている。
 「お水の件」である。
 我ながら呆れる。
 ワタシは「引きずり大魔王」かっ!!
 でも、仕方がないではないか、事実なのだから。
 こうなったら最後の一人になるまで引きずるか!?(爆)

 今回の「お水の騒動」は、驚くほど広がった。何人かが指摘するように、当人方の初期の対応によっては、これほどの騒動にはならず人知れず終わっていたのだろう。でも、騒動になった。それで普段からおつきあいのあったブロガーも自ら巻き込まれていくことになる。ところが「騒動」にならなければ聞かれないような「言葉」を聞くことができた。それぞれが、深く、あるいは苦悩して思索して絞り出した言葉だと思う。これは凄いことだ。不謹慎きわまりないが、騒動に感謝である。こうした仲間とのおつきあいがさらに深いものになることを確信する。また久しぶりの再開もあり、新たな親交の予感もある。ほんと感謝である(笑)。

 では、なぜまだ引きずっているのか?
 「言葉」そのものに引っかかっているからである。
 この騒動のなかで、jabber師は、「言葉の国の住人」といい、gege師匠は「言葉を用いた表現」で語った。bluesの兄貴は「(言葉を)語る以上は、性根を据えて語るべきだろう」と言い、姫は「…丁寧にことばにして共有していくことによって…」という。でもね、ごん師範代の「人間は何のために(言葉を)語り始めたんでしょうね」で、アレ?と思ってしまったからである。

 人間が言葉を語り始めたのではなく、「言葉を語って人間になった」のではなかったんだったっけ? と、この辺は、有名な本も出されている古い学者が言ってたことかもしれないが、ワタシはそんな本は読んでいない。読んでも絶対解らないに決まっている。キルケゴールとかいう人の「死に至る病」の本編の最初の頁を読み切らぬうちに頭が真っ白になって投げ出して以来、その手の本は絶対読むもんか、と深く決心したのだ。
 それにしても「言葉を得て人間になった」という言葉をどこかで聞いた、気がする。
 それを考えていると何かがみえてくる。
 以下稚拙な記憶と思索である。
 人間が動物ではなく、人間である根拠は「言葉」を持つからだな、と考える。
 ただのコミュニケーションとしての道具ではない。コミュニケーションとしての道具であれば、他の動物ももっているものもあるだろう。昆虫だって持っているようだ。
 伝達の道具としての言葉依然に、思考、思索するのも言葉によってしているのだ。論理も言葉で組み立てていく。感情さえ、言葉で置き換えてはじめて私のものになる。音楽や絵画の音や光の刺激も言葉によって反映し私のものになるのだ。「言葉にあらわせない感覚」ってのも「言葉にあらわせない」という言葉で表している。デカルトの全てを疑ってもそれを考えている自分がいる、っていう例のやつも言葉をつかい考え、言葉で表現した。言葉がなければその「疑っている自分」さえなかったのではないか。
 人間が人間である理由は言葉なのだ。言葉が全てではないのか?
 人間=言葉。言葉=人間。
 街では言葉が服をきて歩いているのだ。
 あなたが喋る言葉、それはあなたそのものなのだ。
 ワタシが書く言葉、それはワタシ自身なのだ。
 兄貴が「ロケンロール!!」と叫べば、それは兄貴が叫んだ「ロケンロール!!」という響きではない。服を着て立っている「ロケンロール!!」は兄貴そのものなのだ。
 言葉に責任を持てないというのは、自分自身という人間に責任がもてないということであり、適当に言葉を紡ぐ人は適当な人なのである。
 そうだ。jabber師やgege師匠が「言葉の国の住人」というのは、言葉=人間の自覚であり、兄貴のいう「語る以上は性根を据えて」というのも人間=言葉の決意だったのだろう。姫の「…丁寧にことばにして共有していくことによって…」もことばを共有していく、というのは人間そのものを共有していくことだな。そうだ、ごん師範代の紡ぐ詩は人間の魂そのものではないか。凄い。これに気づいたワタシは今、初めて言葉を得たヘレンケラーのように「うぉ~、うぉ~」と叫びたい気分である。

 思えばブログというのは、凄いツールである。
 ブロガーの背格好、容姿、髪型、服、装飾品、化粧、何に誤摩化されることなく、何もみえないところで言葉だけが綴られる。裸のワタシそのものである。裸のあなた自身である。言葉=人間そのものである。感じたことを言葉で熟成し、言葉をくみたてて考える、それをまた言葉で綴る。全て言葉である。表現されたのはワタシの言葉、つまりワタシそのものなのだ。
 言葉だけの繋がりというのは、純粋に人間としての繋がりである。

 思えば、恐ろしい世界だな。絞りだされる言葉で自分自身を知らしめる恐ろしさかもしれないな。でも、ワタシが人間であることを確認する空間でもある。
 

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ごんぱち
2008年01月20日 08:53
いいですかあ、みなさん
「信」と言う字は
「人」の「言」葉と書くんですね
信ずるために言葉をつむぐ

英語だと「believe」
これは「生きる」=「live」に似てるけど
英検3級なので言及しない
でも、生きることは信じること、ってのはいいな

西洋はとか東洋はとか言ってないで

人間として生きることは信じることで信頼はやはり言葉によってしか紡がれない。

と落とす。

この騒動の中で「信ずるものは、足元をすくわれる」という言葉がありましたが、私は、このタイミングでまったくつまんないギャグを言うね。センスなさすぎ。と思いました。

それから、自らの思いをみなに打ち明ける前についえてしまう、あるいは言葉を発する能力を奪われてしまった命があることも決して忘れてはいけないことでしょう。
abi.abi
2008年01月20日 20:10
>言葉=人間そのものである。

私もそう感じます。
この水云々のいきさつは殆ど知らないので、gegeさまや碧猫さまや水葉さまのところで、後日談(?)のような形で見かけただけなのでそれに関しては何もいえませんが・・・


言葉は人間。
その人の深~い所を顕わしてしまいます。
これ、後で転載させていただきたいのですが、良いですか?
dr.stonefly
2008年01月21日 06:14
ごんぱち先生、実はワタシは元ネタの○ぱち先生の尊大な態度が嫌いで……、理由「情」です(爆)。
それはさておき、コメントを読みながらさらに妄想は進化してしまいました。
もはや「人」と「言葉」があって「信じる」というのではなく、やはり「人間」というのは「言葉」そのもので、「信じる」よるというよりも深く「一つになれるもの」のような気がしてます。姫のひとつ前のエントリーの「カウンセリング」のくだりを読みなおしていて妄想は進化していきました。
「人」の側である肉体は決して一緒にはなれない。でも「人間」が「言葉」そのものであれば、まるで二つの「水が混ざりあう」ように一つになれる。他の「人間」の「言葉」を取り入れ同化していくんです。
dr.stonefly
2008年01月21日 06:15
>自らの思いをみなに打ち明ける前についえてしまう、あるいは言葉を発する能力を奪われてしまった命があることも決して忘れてはいけないことでしょう。

 本当に発しなかったか? 「みな」ではなく、隣の一人にも発しなかったか? もし誰かに発することできていれば、その「言葉」=「命」は、隣の「一人」=「言葉」と同化し生きています。そしてまた隣の人へと同化されていきます。最初の言葉は「生き続けます」。「言葉を表す能力」を失っても、その周囲のが「言葉を紡ぎ」そのものを生かしています。もちろん「忘れていはいけない」ことは多々あるのでしょうが……。
  言葉は水のように、解け合い、混ざり合い、肉体という壁を壊し、ひとつの生命をなしていく、そしていつか大きく美しい結晶が……(爆×1000)
すみません、ショートしてしまいました。
dr.stonefly
2008年01月21日 06:15
abi.abi様 「言葉」=「人間」という言葉を共有(混ざり合いが)できてうれしいです。
転載していただくのは、いっこうに構わないのですが、こんなエントリーでいいのでしょうか?
このエントリー自体が「似非科学」ということで批判の対象になったりして……(笑)
ヒゲ-戸田
2008年01月21日 08:30
突然の書き込みお許し下さい。私は自公政権打倒の前段階として府知事選で橋
下をボロ負けさせるためにネット選挙でも奮闘している無所属左翼の門真市議
ですが、このままでは「政党隠し・低姿勢ポーズ・知名度利用作戦」でずる賢
く立ち回っている橋下が当選しそうです。
 橋下の出馬表明時の怒りが、ネット運動的にも沈静化してしまっているよう
です。
 しかし橋下当選なんて事は絶対に許せません! 今から猛烈な勢いで「橋下
ボロ負け運動」(=そのための熊谷投票集中運動)を巻き起こしましょう!
 私の考え・訴えは当方のHPにて。
・府知事選挙特集(HP演説動画も)
 ・小沢党首への1/19公開メール:手抜き6割の大阪民主党にムチ入れを!cmd=one;no=2987;id=
直接メール送信が判らなかったので、府知事選と関係ない話題の記事の所ですがコメント入れさせていただきました。失礼の段平にお許し下さい。
BLOG BLUES
2008年01月21日 15:52
よーしっ!異議なしっ!いい総括ですね。言わずもがなですが、ひとつエクスキューズね。僕だって、いつも性根を据えて語ってるわけじゃない。呆けて遊ぶのが大好きだからね。でも、ブログシーンに向けて「日本共産党を日本共生党に」や「民主共産大連立構想」などを訴えるときは、覚悟の前だ。反論があれば、もちろん再反論する。もし、その論争に遅れを取ったならば、潔く旗を巻く。って威張るほどのことじゃない。当たり前のことですけどね。とにかく、貴兄のいい総括を得てよかった。これで、仕舞いにして。精進落しってことで、パーッと呑りませう。
三介『いわいわブレーク』
2008年01月21日 17:54
こんばんは。
言葉&人間。
NHKの象の話やアメリカかどっかのネズミの研究とかを見てますと、低周波高周波の違いこそあれ、一応彼らも言葉のやり取りはしているようですね。ただソクラテスのように(H.アーレント『人間の条件』に出てくる)『概念』化して、いろんな記号やその組み合わせで情報を圧縮して保存して解凍する[その過程で誤読や変読も生じる?]と共に、面白いイマジネーションも生まれるというのは、人間だけかも?という気はします。それでマンネリ化して『倦まれる』こともあったりするんかなあ?同じことをしつこくいると。そこには『驚き』がないから。
で、政権交代とか王朝転覆とか、煽動家なり革命家の出番が「やってくる」。
そういったことの繰り返しが、歴史のリズム≒RISE&FALL『死と再生』やないかいなあ?と思いませんか?
×第二迷信
2008年01月21日 21:29
そのへんの子が「あなたAB型?、じゃあ、・・・ね」「乙女座?相性いいわよ」
なんて言ってるのを、ふんふんと聞き流すか、
H木K子に「地獄に落ちるわよ」と言われてびびってる人を、ふんふんと聞き流すか、
まあ、そのへんの「境目」の問題なんでしょうねー。
言われたほうには同じかな。
(しかし、「AB型が・・・なのか否か」を検証するより、「地獄に落ちるか否か」を検証するほうが難しいなー)
dr.stonefly
2008年01月22日 12:06
BLUESの兄貴、賛同ありがとう。
エクスキューズも問題なし。ワタシもだけど、呆けて遊ぶ「言葉」も自身です。
このブログでもギャグなどを飛ばしますが、真面目な文章より時間をかけ練っています。もちろん、そのギャグによって誰かを傷つけやしないか、まで検証してます。もしワタシの思いもよばぬところで、誰かを傷つけていることを知れば、「軽いギャグだったので」とは逃げません。全ての言葉はワタシ自身です。逃げませんよ。過去の言葉もしかりです。

誰かが見せた「全身全霊の言葉」とは解け合いたい。今回はそんな「言葉」と多く知ることができて感謝です。
それにしても、この辺で引きずるのを辞めて、そろそろ、次に進もうかな。
dr.stonefly
2008年01月22日 12:07
三介様、ここのコメントでは初めてでしたっけ? ありがとうございます。
やはり、コミュニケート以外のことを考えると「言葉」を得て「人間」になった気がします。
なるほど、「言葉」のマンネリで驚きがなくなるわけですね。
それで、支配者の言葉、革命家の言葉、庶民の言葉……と歴史が繰り返す。
確かにそうしたことも言えるかもしれません。
ただ、マンネリ化したり驚きがなくなるのは、余りに「俗世的な言葉」かもしれないなぁ。「真理の言葉で追求」すれば、どこまでいってもマンネリ化しないし、驚きがなくなることもないと思いたい。
なんか、ピントがずれてますか?(爆)……すみません。
dr.stonefly
2008年01月22日 12:07
×第二迷信さん、えっと、ワタシAB型なんですけどぉ…(爆)
これで乙女座だったら大笑い。そっちはちがってて痛て座です(爆×2)。
この手の言説が、リアルの近隣から聞こえてくると、聞き流すことができずに無性に腹が立ってきます(爆×3)。
ただ、「地獄に落ちるか否か」は深い命題ですね。考え込んでしまいそうです(笑)。
アキラ
2008年01月22日 14:34
>人間=言葉。言葉=人間

さて、それでは「感情」の方はどうでしょう。
ヒトと同程度、あるいは同様に喜怒哀楽etc.を感じ、表現している動物はほかにあるでしょうか。
この「ヒトの感情」は、ヒトという動物独特とはいえないでしょうか。

あ、イヂワルじゃないですからね。 (^o^)
問題提起って感じです♪
dr.stonefly
2008年01月23日 05:49
アキラさん、イヂワルとは感じませんよ。もちろん腹も立ちません。あらためて足踏まずをみてみると、捩じれていないようです。まえ整体で歪んでいるとは言われたのですが……(笑)

人間=言葉ってのは、ワタシの思い(しかも完全に自信があるわけではない)なので賛同されなくても、それはそれかなと思ってます。

そうしたうえで、考えますが、
ヒトと同様に喜怒哀楽を感じている動物はいます。犬なんか喜怒哀楽があるようにみえる気がする。でもそれも人間の見方で、正確には感情かどうか解らない、ですね。ヒトの感情は「言葉」に置き換え自分の感情を認識し、「言葉」によって表現するから明確になるのではないでしょうか? 他の動物がヒト同様に表現できないのは「言葉」がないからでは? と考えますがいかがでしょう。
「感情」がヒトという動物独特と思えるのは「言葉」により表現するためです。(断言しているわけではないのですが……)
ごん
2008年01月23日 08:12
信じられぬと嘆くよりも、人を信じて~
ごめんなさい。嫌がらせじゃないです。
たとえば「かなし」という言葉があるのだけど、これは現在「愛しい」「悲しい」に分かれている。もともとは胸がぎゅーっと締め付けられる。という情動を表した言葉だと思うんだけど、今は状況に応じて分化されよほど味気ないからどちらも実際にそんな場面(「せつなくなるほど」いとしかったりかなしかったり)に遭遇したときにあまり使われなくなった。言葉が意味に偏って内容が空虚になっちゃった。やっぱり自らの心の声に真摯に耳を傾ける姿勢が大事かな。とか。
「人を信じて傷つく方がいい~」なんて歌ってた人が教条主義者に変化してしまうのもそのへんとかかわりがあるのかも。
愚樵
2008年01月23日 10:05
面白そうなテーマで早速コメントしようかと思ったんですけど、敢えて暫く静観してました。その甲斐あって(?)皆さんのコメントを興味深く拝見できました。

で、私はいうと「言葉=人間」とは考えていません。人間をPCに例えてみると、言葉はOS程度のものでしょうか。それがなければ動かないけれども後からインストールされるもの。別のOSをインストールすることもできる。これは別言語という意味でもあれば、音楽なんかも言葉とは違うOSだ、という意味もあります。

ヒトという機械は、メモリ容量が大きいのと使用できる外部インターフェース(身体)が豊富なために言葉という複雑なOSを走らせることができるというだけのことで、OSを走らせる機械そのものの論理体系は、実は動物と大差ないのではないかと思っています。つまり「感情」です。

単純に内蔵されているMPCの性能比較ですと、ヒトよりもイルカなんかの方が高性能らしいということが判明しているそうです。ただイルカの場合、インターフェースが人間より貧弱。それが機械全体のパフォーマンスとしてはヒトの方が勝っているようにみえる要因、ということらしいです。
アキラ
2008年01月23日 10:08
あ、もちろん記事の内容に賛同できないと思ってるわけではありませんから。 (^o^)
その意味では大賛成です!
dr.stoneflyさんの思っていることは、よく分かってるつもりです。
そうして、
> ヒトの感情は「言葉」に置き換え自分の感情を認識し、「言葉」によって表現するから明確になるのではないでしょうか? 他の動物がヒト同様に表現できないのは「言葉」がないからでは? と考えますがいかがでしょう。
<
僕も基本的にそう思います。
その上で、で思ったことがあったんですが、この記事の内容とはあまり関係ない気もしてきたので、やっぱやめときます。 (^_^;)
まぁ粗くまとめて僕が思ったことを整理してみると、多分、「言葉」という言葉でどのへんの範囲を指しているんだろう、というところですかね。
アキラ
2008年01月23日 10:13
あっと、ポチッと押したら愚樵さんのコメントが入っていました。
あぁ、やっぱり愚樵さんが多分似たようなことを想ってらっしゃる。
僕は、「言葉」はヒトという動物に 結果的に「ある結実したもの」として出てきたんだろうって気がしてるんです。
人生アウト
2008年01月23日 11:28
私は逆に、言葉というものを過大評価していません。言葉にできるのはほんの小さな仕事で、少なくとも自分の言葉なんて大海の一滴だと思っている。

何かモノを作る時、作業行程を数学的に記述することは可能だけれど、モノ作りのそもそもは「見て覚える」ものだった。
あるいは音楽、あるいは料理、といった人間の感覚に頼る部分を軽んずることは、好きになれない。手足の使い方や天候の感じ方をおろそかにしていては、ロボットのような人間しかできない。

集団を作り、社会の中で生きていく上においては「言葉」も重要だけれど、私は人間がまず動物であり、動物部分に多くのものを頼っているという事実をおろそかにしたくない、と思っています。
dr.stonefly
2008年01月23日 23:02
 みなさん、コメントありがとうございます。
 論客のみなさんにいっぱいカウンターパーンチを頂いてタジタジとしてます。KO寸前(爆)。
 個別に応えたいのですが、現状、個別に応えるほど皆さんの仰ることをつかめていないです。言葉としてはわかるんですが、それ以前の感覚なのかな。…それ以前の感覚? あれ、と、今思っているのは、例えば、みなさんのコメント(言葉)を感覚として掴むことのできないのですが……、と言ったときの「感覚」のことだろうか? たしかに、何かが「解った」とか「掴んだ」と言った時のあの「感覚」は言葉の下の階層の「感覚」かもしれない。その感覚は言語化するのは難しいな。同様に「感情」も言語化する元のドロドロした何かがあるということは解るのですけど……。と、こういうことでもないのかな?
dr.stonefly
2008年01月23日 23:03
 もともと、「人間=言葉」と思えたのは、「本」であり「ブログ」です。いずれも言葉が全てで、それを発しているものの実態は見えないが、何の問題もなく人間がみえます。たとえその言葉を発した実体が死に絶えていても、言葉が残っている限り、その人間は生きているように感じます。特に今回のブログでの騒動で、何人かの人が絞りだした「言葉」に、実体は全く知らないが、その人間そのものを見た気がしました。


 うーん、見た気がしたのは言葉で表せる部分だけだったのかな?
 言葉以前の感覚かぁ、確かにありますねぇ。もうすこし考えてみます。
dr.stonefly
2008年01月24日 08:17

アキラさん、「捩じれ」というのは言葉より深層のことですね。シリーズもう一度読みなおしてみます。


ごんさん、「かなし」という言葉の実際の個々の感覚(ニュアンス)かな。言葉から受ける「感覚」の違いかぁ。やっぱり「人間=言葉」は困難かな。


愚樵さん、言葉を操るための「感情」ね。うーん、どうも肌感覚で思索する詰めの甘さかな。これほど言われると、すぐに自信がなくなっていくなぁ。ところでMPCってなんですか?


人生アウトさん、コメントの最初の2-3センテンスの「言葉」というのを「人間」におきかえて、ニヤニヤしてしまいました。
そういえば、ワタシもよく「感性」という言葉をつかっていることを思い出しました(爆)
ところで、HNの使い分けってどうやってしてるの?
人生アウト
2008年01月24日 09:00
アメーバでブログされてる方の所に書き込みする時は、自分とこ(アメブロ)で記事書いた時のクッキーそのままなだけです。使い分けとかそんな大したことじゃないです(笑)。
水葉
2008年01月26日 10:05
「In the beginning was the Word」
・・・閉じちゃったブログのサブタイトルに使ってたものですが、これ、旧約聖書の冒頭。聖書は「はじめにことばがあった」から始まるんです。ステキでしょ?

私が関わっちゃったのはjabberさんの「言葉の国の住人」ということばに反応したからでもあります。人間は誰しも言葉の国の住人だし、ブロガーなんて尚更そうじゃん?自分たちだけ特化しないでよ、って反発を感じてしまった。だから私の「ことば」を書きたかった。こういう「言葉の国の住人」もいますよ、と。

ことばって、一言で人を傷つけたり、立ち直らせたりできる。だから、カウンセリングの場では一言一言にとても気を遣います。でも、私が何気なく言ったことばの方が影響があったりするんですよね。だから、ことばって面白いし、カウンセラーとしての姿勢を常に問われているのだと背筋が伸びる思いにもなります。

とても興味深くてTBエントリーを上げたいところのですが、今時間にも気持ちにも余裕がないので、書き捨てでごめんなさい。
dr.stonefly
2008年01月26日 15:07
姫、聖書の初めの冒頭、>「はじめにことばがあった」は、このエントリ-を書くにあたっても意識しました。なによりも先に「ことば」はあるんですよね。そこからどこまでも嵌まっていって「人間=言葉」まで言い切ってしまったのですが、やはりちょっと無理があったようですね。ワタシはまだ言いたいのですが、言葉の下にある「無意識」
というのは、やはり存在します。
 カウンセリングは、言葉をたよりに言葉のしたにある「無意識」を「解放」してあげるというイメージをワタシはもってますが、素人の思い込みかもしれませんね。いずれにして、姫のエントリーの「…丁寧にことばにして共有していくことによって…」を含むくだりには、深く感じるところがありました。
 「言葉」うーん、あらためて考えさせられます。

>今時間にも気持ちにも余裕がないので
大変そうですね。まあ、ゆっくりやってきましょうよ。ぼちぼちと。
水葉
2008年01月28日 13:31
あら、恥ずかしい。釈迦に説法してしまったわ。キリスト教だけど。(笑)

兄さんのエントリーを読んでいる間中「はじめにことばがあった」が頭の中をクルクル回っていたのは、そういうわけだったのですね。つくづく兄さんとは似ているなぁ・・・。(笑)
dr.stonefly
2008年01月28日 17:57
いやいや、釈迦でもキリストでもありません。
実は内緒にしていたのですが、ワタシの両親がクリスチャンで子どものころ教会学校ってのに行ってました。で、何故ワタシがクリスチャンでにならないかって? うふふ……。キリスト教だけじゃないのですが、宗教自体に引っかかりがありまして。
釈迦やキリストとう人物には興味はあるんですけどねぇ。

そう言えばちょっと見逃してしまいましたが、「はじめに言葉ありき」ってのは、新約の最初だったような気が……。
水葉
2008年02月03日 18:06
そうでした。ヨハネ福音書の冒頭。
元々アホーな上に、忙しくて脳みそが回っておりません・・・と言い訳。(T^T)
水葉
2008年02月03日 20:15
なんで旧約だと書いたんだろうなと、つらつら考えておりましたら「天地創造」という映画が「In the beginning was the Word」と、始まるのでございました。

まぁ、ヨハネの福音書も旧約の創世記を受けてのものですからね。^^
dr.stonefly
2008年02月04日 17:15
いやいや、姫がアホならワタシなんぞ……。
また、鋭い切り口のエントリーも期待してますよん。
(むりにとはいいませんが…)

この記事へのトラックバック

  • 脱「植民地主義」という鍵(その1)「不正を不正と見なす思想を」を読んで

    Excerpt: 2008.1.20.18:35ころ 前回の記事がその典型ですが、当ブログではエー Weblog: 多文化・多民族・多国籍社会で「人として」 racked: 2008-01-20 21:02
  • 【米大統領選】ネバダ州、サウスカロライナ州結果

    Excerpt: ネバダ州 民主党 (開票率98%)  Clinton 5,355 51% Obama 4,773 45% Edwards 396 4% Uncommitted 31 0% Kuc.. Weblog: 散策 racked: 2008-01-20 23:11
  • 揮発油税暫定税率の攻防とその他のこと

    Excerpt: ガソリンなどの揮発油の価格に課せられている暫定税率の維持が、当面の国会運営での争点化すると言う報道がある。 確かに、道路特定財源のうち、揮発油税の暫定税率が、この3月末で期限切れになるのに対して、.. Weblog: 「猫の教室」 平和のために小さな声を集めよう racked: 2008-01-21 03:50
  • ブッシュの置きみやげに要注意

    Excerpt: 1/18、ブッシュ政権はサブプライムローン(低所得者向け住宅融資)問題で悪化した景気浮揚策として、 最大1500億ドル(16兆円)を突っ込むと発表。 減税や利下げだけではスグにそんなカネは生まれないだ.. Weblog: Saudadeな日々 racked: 2008-01-21 04:08
  • 言葉=人間

    Excerpt: 今日は気になるこの記事の転載です。drーstoneflyさま&nbsp;はじめ。&nbsp; 「言葉が全て」&hellip;ブログは人間自身を映す .. Weblog: あしたはどっちだ! racked: 2008-01-21 21:59
  • 反粉骨砕身主義

    Excerpt: えーと最近こちらで自爆しました http://d.hatena.ne.jp/vanacoral/20080117#c1200749539 とりあえず誰も突っ込めないような空気だと思うので自分で >.. Weblog: そいつは帽子だ! racked: 2008-01-21 23:05
  • 不快に関する深くない考察

    Excerpt: ブログネタ:裸祭りのポスターが掲載拒否!? 参加中 本文はここから あれ?蘇民祭のポスターって最近にどっかで見たよ、と思ったのだけど、JR駅構内ではないか別バージョンだったのかもしれま.. Weblog: みんななかよく racked: 2008-01-22 09:32
  • 激情なくては生きられない

    Excerpt: イッツ・ロケンロール! 先週の日曜、近所の図書館へ行った。折よくリサイクル本 配布の日に当たった。「文學界」2005年5月号の背表紙が、目に入った。 「特集/文学のなかの危機」。ソッコー、ゲ.. Weblog: BLOG BLUES racked: 2008-01-22 19:09
  • 金がなるなるキンコンカン

    Excerpt: やたら長いし、落ちなんてありませんから ヒマな人だけ どうぞ 三国志で有名な 諸葛亮という人は 蜀侵攻の後 無駄に膨れあがった自軍の余剰兵力を削るために わざわざ「南蛮」の方まで出向いている ついで.. Weblog: そいつは帽子だ! racked: 2008-01-22 22:08
  • ネオコン橋下徹を叩き落とすために熊谷候補への支持を集中しよう

    Excerpt:  大阪府知事選投票日まであと五日と迫った。タレントで悪徳弁護士である橋下徹を叩き Weblog: アッテンボローの雑記帳 racked: 2008-01-23 01:22
  • リベラルと「似非科学」「陰謀論」

    Excerpt: 元日からいきなり家族の用事でハワイ(ハワイ島です)に2週間も行っていたので、まだ脳内がややボケムードなのですが、タイトルの内容は各ブ�... Weblog: みーぽんのカリフォルニアで社会科 racked: 2008-01-23 04:11
  • 親と子の相聞歌

    Excerpt: てぃんさぐの花や 爪先に染みてぃ 親ぬゆし言や 胆に染みり 天ぬ群星や 読みば読まりしが 親ぬゆし言や 読みやならん 夜走らす船や 子ぬ方星みあてぃ 我ん産ちぇる親や 我んどぅみあてぃ 宝玉やてぃ.. Weblog: そいつは帽子だ! racked: 2008-01-23 14:06
  • 「国民経済主義」について

    Excerpt: >そこであらためてお願いがあるのですが、今回つかわれた「国民経済主義」というものを、もう一度、なるべく平易な言葉でお話いただけないかと、熱望します。 >できれば、今の状態から移り変わる過程で、どういっ.. Weblog: 晴耕雨読 racked: 2008-01-24 18:01
  • 「集団自決」という言葉

    Excerpt: 「日本軍は自分たちが中国でやったこと、つまり虐殺と強姦 を、今度は自分たちが米兵にやられると思い込んでいた。だか ら米兵に捕まるくらいだったら自決しろと民間人を指導する。 それによってたくさんの民間.. Weblog: サブカル雑食手帳 racked: 2008-01-27 02:17
  • Heute in acht Tagen ist der Aschermittwoch !

    Excerpt:  ……と書いても 「ドイツ語だと分からん!」 と怒られそうなので(笑),英語で書き直します。来週の水曜日は "Ash Wednesday" 「聖・灰の水曜日」になります。  キリスト教ではイースタ.. Weblog: Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen racked: 2008-01-30 17:10
  • 創作!!!!!

    Excerpt: 私はまず「精神的に向上心のないものは馬鹿だ」といい放ちました。 〔 中 略 〕 要するに私の言葉は単なる利己心の発現でした。 「精神的に向上心のないものは、馬鹿だ」 私は二度同じ言葉を繰り返し.. Weblog: そいつは帽子だ! racked: 2008-02-07 09:08