「武装兵隊が町なかを闊歩」…となり町で戦争ですか?

 花の都の街中で来月からPAC3の訓練が始まるなんてエントリーあげてる場合じゃないや。すでに名古屋のとなり町、瀬戸や尾張旭では地上戦を想定して訓練がはじまってるじゃないか!!
 おーい、自転車の姐さん、危ないでっせ。
 引き金に指をかけ迷彩服で闊歩。「地形把握のために昼間約40キロの市街地訓練をした」だって? なんで迷彩服に小銃なんだって!? 地形把握なら40キロ匍匐前進でいっとけや。ってそういう問題じゃないな。 
 森のなかでの迷彩で、町なかじゃ目立つすぎ。こんなもんアピールでしかないだろ。幼稚園児に手を振ってったて話まで流れてきてる。ざけんなよ。
 市民をビビらせて、防衛利権をうやむやにしようってか?
 それとも瀬戸で地上戦が想定か?
 敵はどこの誰だってなんだ?
 仮想敵は空想か?
 目的はなんなんだ?

 もしや……、市民運動を鎮圧する訓練か?

画像

朝日新聞11/28【名古屋】


 詳しくはこちら











♪武器をかついだ兵隊が
南へいこうとしてるけど
サーベルの音はちゃらちゃらと
町の空気を汚してる♪




関連記事
「武装兵隊の街なかの訓練」…仮想敵はワープアの暴動?
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

nobu
2007年11月30日 09:58
ものすごく左に行っちゃっている人が訓練(?)を妨害ってことになっていたら全国ニュースで流れていたことでしょうね。(その事件が自衛隊にとって良いことか悪いことかわかりかねますが。)
一つ救いなのは、日の丸の旗を振って応援している人がいないことでしょうか。(ってマラソン応援かい!)
kuroneko
2007年11月30日 13:40
五星紅旗振って応援したらうけ…ないか。

その後をみんなで思い思いのコスプレで行進しても、別に違法じゃないよね。
dr.stonefly
2007年11月30日 17:17
nobuさん、左翼ゲリラが潜伏していたら撃ち合いになりますかね。そういう光景が他所の国ではみられるんですよね。こんな写真みせられたら、国家の挑発だと思えてしまいます。
dr.stonefly
2007年11月30日 17:22
kuroneko兄さん。
あれって実弾が入ってるのかな?
コスプレってので、20人ぐらいで、どこぞの国の軍服着て水鉄砲をもって、後からついていくってのを思いついたのだけど、ときどき水鉄砲を発射したくなるだろうなぁ、って思うのさ。でね、報復として実弾を撃たれたらやだなぁ、とか。
BLOG BLUES
2007年11月30日 18:26
こんにちは。シャレにして、からかいたいんだけど。マジ、戦争国家へ向けての地均しでしょう。新自由主義・改憲勢力は、つねに心理作戦を用いるから。それも、深謀遠慮で以て。こうゆうデモンストレーションを繰り返すことで、国民の軍事アレルギーを殺いでゆく。人間馴れてしまえば、目くじら立てなくなりますもんね。企画立案した人間は、間違いなく、そこまで読んでいる。日本が経済大国の地位を死守しようとするなら、残された手段は、軍事産業振興しかありませんから。敵も必死ですよ。対して、僕らは、「経済大国や~めた」のカンターパンチ一閃!
dr.stonefly
2007年12月01日 04:35
兄貴お久しぶりです。貴ブログへはちょくちょくお邪魔するのですが、他の訪問客のコメントとのやりとりが面白く、読んでばかりで書き込みまではいたりません(笑)
>シャレにして、からかいたいんだけど
すみません、kuroneko兄さんに乗せられました(爆)。
兄貴が指摘するように「馴れ」を狙った行為であることは間違いないでしょう。とてもこれからの日本で「内地戦」があるとは思えない。いや外国とはなくてもあるかもしれない。nobuさんのコメントに答えましたが「左翼ゲリラ」じゃなくても、やつらの狙いは内なる敵、「馴らされるこの無い左派市民」かもしれない。いわゆるB庶民を馴らすとともに、挑発により直接行動を促する市民と対峙する。このあたりが狙いかもしれませんね。訓練も対国民向けってこと。
こうなってくると
>「経済大国や~めた」のカンターパンチ一閃!
もそうですが、「格差社会」への延髄蹴りが必要です。

dr.stonefly
2007年12月01日 04:37
あ、そうそう。現場において、力に対して力で対峙するばかりではなく、「コスプレ」を含め多くの方法を考えなければ、ヤツラの術中に嵌まっていきそうです。
ribon
2007年12月01日 06:16
はじめまして。KUMAさんのブログにTBされていたのでお邪魔します。
私も新聞の写真見てぎょっとしました。私たちのような9条の会などで騒ぐ市民に銃口向けているようで憤り感じました。写真頂いてよろしいでしょうか。説ブログにアップよろしくしたらTBさせてください。先日瀬戸に行ったばかりす。よろしくお願いします。
dr.stonefly
2007年12月01日 08:55
ribonさんはじめまして。 9条の会はじめ、左派市民への挑発はあると思います。どのように抵抗するかは思案のしどころですね。(写真に関しては、自己判断におまかせします)
非戦
2007年12月03日 10:07
ぞっとする写真だすね。市民を制圧する写真みたいに見えます。ビルマの治安部隊を思い出すし。
今日は、真喜志好一さんの沖縄講演で最新の辺野古などの映像を見ました。平良さんが 海上でさかんに海上保安庁のゴムボートに乗っている数人にいつものように話かけているのですが、みんな若くサングラスをかけて、無表情でした。冷たくて、仮面みたいでした。
dr.stonefly
2007年12月03日 10:08
非戦さん、おはようございます。
トークライブでも真喜志好一さんの沖縄講演のビラ配られてたけど、とても毎週はいけそうもなくて、申し訳ないです。
非戦
2007年12月03日 10:09
12月2日は、真喜志好一さんの沖縄講演で最新の辺野古などの映像を見ました。平良さんが 海上でさかんに海上保安庁のゴムボートに乗っている数人にいつものように話かけているのですが、みんな若くサングラスをかけて、無表情でした。冷たくて、仮面みたいでした。
こういう講演は、むしろ初めて基地事情を知る人に本当は聞いてもらいたいですね。
浅見さんも来ておられて 真っ赤なめずらしい沖縄の果物(名前がわからない)を試食させてくださいました。さっぱりした味。
浅見さんの写真はがきを買いましたが、このジュゴンと戦争中も人間の命を救ってくれた美しい海、絶対基地なんか作らせるものか!とあらためて思いました。
ribon5235
2007年12月04日 07:16
ご丁重にありがとうございます。今後もよろしくお願いします。気が付くのが遅くて申し訳ありません。
国連ネカフェ難民高等弁務官
2007年12月04日 11:32
チョウムベッケスムニダ/はじめまして、dr.stoneflyさん。事務総長に敬意を表して韓国語にてあいさつさせて頂きました。
ちょっと考え過ぎですよ、深刻になり過ぎですよ。たかが訓練すよ。そりゃ日本では迷彩服は馴染みないでしょうが、台湾あたりじゃ、駅前でも演習地へ赴く迷彩服の兵士を見かけますよ。主要駅によっては、憲兵隊の詰所まであります。にもかかわらず台湾は選挙で元首を選ぶ民主国家ですよ。迷彩服だけで判断しちゃいけません。
「市民運動を鎮圧する訓練か」とおっしゃる?あの安田講堂だって通常の警察に所属する機動隊によって陥落したんでしょう。わざわざ自衛隊が出るまでもないですよ。
dr.stonefly
2007年12月04日 12:55
ribon5235さん、回りくどい手紙ですみませんでした。
TBおくっておきましたので宜しくお願いします。



国連ネカフェ難民高等弁務官殿、はじめてでございます。
ハンドルからして新しい記事へのコメントかな、と思いましたが、元記事でしたね。
新しい記事では自衛隊vsワープア暴動という記事をかいてしまいました。
いずれもワタシの妄想で終わればいいかな、とは思ってますが、ほんとに考え過ぎでしょうか? 今、たまたま不可視で分断されているワープア、ニート、がこのまま行けば、ホームレスとなり可視化されていくでしょう。可視化され横の繋がりができた彼ら、また彼らと共に闘おうとする左派ふくめ一般市民、これが全国規模でおきたとき、どうなるのでしょう。
権力のほうも権力にとっての最悪の事態を想定していると思います。
来年、再来年にはなくとも、今、先を予見し深刻にならないで、5年後10年後を考えると、寒気が走ります。
ママがサンタに伝統行司
2007年12月07日 22:44
このお題目でも一本書きたかったんですよ、dr.stoneflyさん、遅レスすいません。弁務官閣下みたいに比較事例を海外に求めるのもいいですね。最新他記事のシンガポール行かれた人みたいに「これが世界標準なの?」なんて凹む方もいらっしゃいますが、それはそれ、世界に名だたる不戦憲法下の丸腰、もとい、"ペンは剣より強い"国民としての誇りを以て対処していただくのが最善策かと思います。ある意味ではペンは剣より強いでしょうが、シャーペンはあまり気合いを入れて書くと、芯が折れちゃいますから、気張り過ぎも考え物かと思っちゃいます。すいません、長い文章思いついちゃったんで、「続き」書かせて下さい。
ママがサンタに伝統行司
2007年12月07日 22:48
(続きです)
ボクも、閣下みたいに台湾も行ったこともありますし、米国にも行ってます。そこには日本よりも早い時期に、すでに乞食さんがいらっしゃいまして、物乞いをされていました。日本のワープアはまだいい方です。職がありますから。でも乞食さんの職業は物乞いです。レスペクタブル・デューティー(こんな英語あるか?)という点では、日本の現状の方がまだ増しかも知れません。しかし、二重構造のメッカ、貧困下層の本場米国で、市政府や州政府の庁舎が囲まれて、実力を以て首長が退陣要求されるなんてハナシ聞いたことありません。それどころかそんな事情を十も承知の上で、一部の人々はそういった暴動、クーデター、革命の温床と看做されちゃう国へ移住や、亡命を求めているんです。
日本のみに軸を置いて考えると、けっこう見落とす部分もありますから、色々な見方を持ちましょうよ。
dr.stonefly
2007年12月08日 18:07
実はワタシも遠い過去に一度だけ外国へ行った事があります。なんちゃってボランティア風の企画でフィリピンにワークキャンプってのにいきました。マニラあたりの交差点では赤で車が止まるたびに子どもがタバコを売りにくる。あの時の子どもの目は今でも忘れることができない。たしかに日本に比べ余りに酷い状況です。
ただ、状況がより酷い国と比べて「よりマシ」ってのは、受入れられません。国に関係なく救われなければならない。
万国のワープア、ホームレス、よ団結せよ!! と言いたいが、哀しいかな、団結の仕方も闘い方も、実際の「画」さえ浮かんで来ない。とりあえず日本のワープアと仮安定層、ワープア上がりの兵隊が団結ができればいいと思う。じゃあそれにむけてワタシに何が出来ると問われれば頭を抱えなければならない。
ブログで世の中を変えれないよ、と言われながらも出来ることをするしかないかな。

この記事へのトラックバック

  • 防衛省降格で防衛利権は?

    Excerpt: 防衛省を降格しろという議論があるようです。前事務次官夫妻が収賄容疑で逮捕されるという、あってはならない事態に立ちいたって、こんな議論があっても不思議ではありません。防衛省は以前の防衛庁に逆戻りさせよと.. Weblog: 花・髪切と思考の浮游空間 racked: 2007-11-30 09:25
  • カナダ下院も日本政府に慰安婦謝罪要求

    Excerpt: 国立でむぱ研究室櫻分室さんから「韓国国会超党派議員が決議案を提出」というトラックバックをいただいて、はや数週間。韓国の方はまだ提出しただけで、東京新聞から引用された記事以上の情報はまだ入っておりません.. Weblog: 薫のハムニダ日記 racked: 2007-11-30 09:41
  • 自衛隊の本質は何か

    Excerpt: 宮崎県知事は29日、「徴兵制あってしかるべき」発言について「徴兵制を容認していない。戦争に直結するものでは全然ない」と弁明した。同時に、若者に一定期間、強制的に農業を体験させる「徴農制」などの仕組みが.. Weblog: 再出発日記 racked: 2007-11-30 13:14
  • 「自己責任」と自己の「社会的責任」を区別できない赤木智弘さん

    Excerpt:  大津留公彦さんから戴いた記事で,赤木智弘,という名前を初めて知った.『希望は戦争』という衝撃的,というより挑発的なタイトルで論壇にデビュー?したお方のようだ.私の第一印象は,『ああ,内田樹とおんなじ.. Weblog: アルバイシンの丘 racked: 2007-11-30 21:10
  • 続・赤木智弘さん

    Excerpt:  前回の記事で赤木さんの『貧相な戦争観』を指摘した.つまり,赤木さんの戦争観は『硬直化した社会を再び円滑に流動させるため』の必要悪という観点と『戦争の方が尊厳を持って死ねる』という二つに集約されるので.. Weblog: アルバイシンの丘 racked: 2007-11-30 21:11
  • 続々・赤木智弘さん

    Excerpt: 3.赤木さんの指摘・糾弾と赤木さんへの質問  これまで2回にわたって赤木さんを批判してきた.そのスタンスは,『なぜ戦争はだめか』というよりも,『「希望は戦争」という言葉に値する論理を持っているか』と.. Weblog: アルバイシンの丘 racked: 2007-11-30 21:12
  • 東国原英夫宮崎県知事、徴兵制発言を釈明 徴農制を

    Excerpt: 東国原英夫知事は28日に市内で開かれた県民との座談 Weblog: ネット社会、その光と影を追うー racked: 2007-12-01 12:22
  • 名古屋市から瀬戸市まで自衛隊が歩行訓練

    Excerpt:   母の転倒、猫の手術でお騒がせ、ご心配かけました。ありがとうございました! 皆様のブログになかなか訪問出来ないというのは辛いです。 「何回も転倒しても今度が一番気分が悪い原因が分かった。」と母。 2.. Weblog: 薔薇・猫・映画・演劇・旅ファン racked: 2007-12-04 07:17