「青年会議所リターンズ」……これは許されることか!!

 ワタシのまわりをハエが飛んでいる。
 ハエといっても既に病原菌に侵され、伝染の媒体となっているハエなので非常に質が悪い。
 本来ハエ自体は無思考、無意識なのだろうけど、一旦病気の媒体になると厄介な存在になるのだ。
 そのハエに病原体に侵されているという意識がないのが問題なのかもしれない。
 ハエは奔放に飛び回り、病原菌をまき散らす。
 病原菌をまかれた方が発病するかどうかは解らないが、抵抗力の少ない子どもには大敵だ。
 発病せずに、病原菌に抵抗する力を身につければいいのだけど……
 しかしながら無意識に病原菌にまき散らすハエ自体に罪があるのかどうかは解らない。

 最近ワタシのまわりで飛ぶ「青年会議所」を検索したら2chにスレッドが立っていた。久しぶりに2chをみることになる。曰く、
 女体盛り好き、ノンポリの若旦那、小林よしのりの駆け込み寺で、2代目経営者の巣窟で、ぼんぼんたのめの保育施設で、飲み屋ではとんでもない額に値切り、会社崩壊家庭崩壊の元凶で、わんぱく相撲で、JCの常識は世間の非常識で、“やりたい放題”の“やりまくり”で……
 しかし、まあ、なんともボロクソだな。まあ2chだし、話半分で読み流すことにするが、話半分でもねぇ。これでは青年会議所自体を責めるのも哀しい。というか虚し過ぎる。こんなボンボンを利用しているヤツラが問題であることは解っているのだけど……


 ちょっと前のエントリーに「青年会議所、学童にせまりくる」というエントリーを挙げましたが、その続きです。
 と、そのまえに前のエントリーに戻りたくない方のために大筋を……
 ある日突然、青年会議所というところが、ワタシの子どもが通う学童保育所に青年会議所主催の祭りへの参加依頼があった。参加依頼というよりは、ほとんど手続きをせずに「学童保育所は参加する」という内容の通知がされた。
 学童保育所の会長は、その強引さに怒りはしながらも、共催である商店街の理事の顔をたてるために一程の協力をしよとしていた。
 青年会議所が「誇り」という戦争美化、靖国美化のDVDを作成した右翼団体ということを知っていたワタシは、各役員に猛烈に説明をし、参加しないことを呼び掛けた。結局、(思想ではなく)青年会議所の強引な進め方を理由に、学童保育所はその祭りに参加しないことを決めたわけだ。
 後日、青年会議所の担当の上司のような人から参加確認があり、拒否したら、それ以降連絡がなくなった。つまりは完全に参加しないことが決まった。(詳しくは前エントリーを読んで下さい)

 さて、学童保育所が参加しないぐらいで青年会議所主催の「イベント(祭り)」そのものが無くなる訳ではないことは解る。また「子どもに『神社の歴史の紙芝居』をつくらせ上演させる」という企画も無くならない。
 さて学童保育所が断った後どうなったかというと、なんと、トワイライトスクールに目をつけやがったのだ。
 トワイライトスクールというネーミングは名古屋だけかもしれないが、厚労省が行っている放課後児童健全育成事業のことを指し、厚労省いわく、児童福祉法第6条の2第2項の規定に基づき、保護者が労働等により昼間家庭にいない小学校に就学しているおおむね10歳未満の児童(放課後児童)に対し、授業の終了後に児童館等を利用して適切な遊び及び生活の場を与えて、その健全な育成を図るものです というものだ。(トワイライトについて語りだすと長くなるうえで、今回のエントリーの核ではないので省略する)
 さらに公立中学校の吹奏楽部もその「祭り」に参加することになっているではないか!!
 いづれにしても形態がどうあれ、学童もトワイライトも中学校も子どもが対象で、子ども達に青年会議所が何かをさせる事に非常に激しい怒りを覚える。自分の子が対象じゃないからいいや、という問題ではなく、学童で他役員に力説したのも「自分の子を守る」ためだけじゃなかったはずだ。
 さらにさらに公立の中学校がこんなんに参加していいのかよ!!!!!!!
 と、言っても既にとき遅しで、トワイライトが毒牙にかかったと知ったのは「祭り」の前日だった。もっとも、もっと早く知ったからと言ってそこに乗り込んで抗議はしたかどうかは解らないな。

 てなことを考えていたら、息子が学校から貰ってきたのが、このビラだ。

画像



 こんなの「公立」の学校で配っていいのかよ!!

 大問題だろうが!!!

 学校も解ってて結託してやってんのか?

 学校へ殴り込むべきなのか?

 特定宗教」「特定団体」への加担では文句言えるが、

 そんなことではないのだ。

 問題はその根に蠢くものなのだ!!




 って、はたしてワタシが意識過剰なのか? 
 
 
 

この記事へのコメント

すぺーすのいど
2007年10月08日 17:57
トワイライト自体にしても、今でこそ退職校長の再就職先作りがメインに見せかけていますが、この先は市の意図的な政策で徐々に学童の首を絞めて減少させていき、トワイライトの圧倒的勝利の後の最終目的は「放課後学級で教育勅語!」でしょう。じゃなければこんなに待遇が違うわけがない。金が回って来る事業にはそれなりの意味(意思)が必ずあるはずです。私は本気で恐怖を感じています。
でもそれも「そんなの考えすぎだよ。」ってのが一般的な反応ですよね。
じゃあ、私たちはどうすりゃいいんでしょうかね?
かつ
2007年10月08日 20:16
【郡山市熱海町のホテルで宴会中、一緒にいた八尾市内の男性会社員(38)の体にアルコール度数の高い酒をかけてライターで火をつけ、顔や腹、背中などに大やけどを負わせた疑い。男性は重体。宴会は日本青年会議所全国大会の参加者約20人で開いていた】(読売Web)

こんな事件もありますよ。
×第二迷信
2007年10月09日 00:29
どこかの「忠魂碑訴訟」とおなじように、
教育委員会も、「ただのイベント」だから特定宗教に加担しているわけでない、
という理屈を言うのだと思います。

そういう「イベント業者」扱いされて平気な「宗教法人」が情けない…。
(「イベント」なら課税対象なんだけど)
dr.stonefly
2007年10月09日 08:46
すぺーすのいど会長、おはようございます。
最近、各学童保育所で「学童か?トワイライトか?」みたいなテーマの座談会、会議、懇談会みたいなものが活発に話し合われてるだろう、と思いますが、おそらくここで会長が書かれた本質的な問題にピンとくる父兄は少ないでしょうね。弊学童保育所でも政治とはほど遠い普通の「父兄」が多いのが現実ですね。
ワタシもこのブログで書いているようなことが一気に理解されるとは思いません。学童だけでなく、(市民運動関係以外)の他の場では、異邦人か宇宙人あつかいです。(笑)
ほんと、どうしましょうねぇ~。
dr.stonefly
2007年10月09日 08:47
かつさん、いきなり笑いました。
いやいや、笑い事じゃないんですが、2chに妙なリアリティを感じてしまって……。
なんだか、JCの会議は「熱い」らしいですよ。与えられた正義に疑問ももたず、突き進んでいくボンボンたちって、感じなのでしょうか? マスコミに左右されるBよりも質が悪そうです。
dr.stonefly
2007年10月09日 08:47
×第二迷信さん、コメントありがとうございます。
「ただのイベント」がOKなら、学校で「9条の会のイベント」のビラとか「格差是正、貧困をなくせ!!」という集会の案内とか、ガンガン配ってもらうんですが、駄目って言われるんでしょうねぇ~。
多分普通の人。
2007年10月09日 16:42
率直に意識過剰だと思いました。
反対にこちらが意識してなさ過ぎなのかもしれません。

参加要請を強引に迫る方も、何かしら明確な意図であると判断し物事を処理しようとする方も、どちらも両極端です。

チラシですが、参加強制を呼び掛ける物であると判断しようがありません。恐らく「公立」と大きく目立たせている所を見ると憲法17条かそのあたりの解釈を用いたいのでしょうが、他社の精神的自由を侵すような表現をとられていたり、参加を呼び掛けるようには見えません。

・神社で行われる祭りに参加を呼びかけることが悪しと見ているのか。
・JCが絡んでいることが嫌なのか。
・公立学校で神社の祭りを宣伝したのが嫌なのか。
どの辺りに憤懣をお持ちなんでしょうか。

起きていない事を、起こりうる蓋然性が然も高いように語っておられます。どちらにも大義が見られません。JCがやろうとした事も、その右翼団体であろうと思われる団体がしようとする事は全て悪であると断罪するような方々も、両極に居られる方々はお互い同じような事をしているんだなぁ、と思うのが実感です。
長文失礼致しました。
Ladybird
2007年10月10日 05:35
 学童は元来が市民の自発的団体で,学校のように文科省がトップダウンで支配できるわけではない.その学童を殺すための刺客がトワイライト. トワイライト(呼称はさまざま)は官製なので支配しやすい.
 すべての,とは言わないが,学童によっては,官製学校教育の欠陥を補完したり,子供が心安らげる避難港的な役割を果たしているところもある.トワイライトはその避難港を子供から奪う可能性がある.これを警戒することには意味がある.
 DVD事件から判断する限り,青年会議所にも警戒が必要でしょう.stoneflyさんがされているように,警告を発し続けることが大切だと思います.事の重大性は世間一般にはなかなか理解されないとは思いますが.
dr.stonefly
2007年10月10日 12:03
多分普通の人さんは、おそらく普通の人でしょう。ただ
>反対にこちらが意識してなさ過ぎなのかもしれません。
と言われるところや、わざわざコメントをしていただくところが、「多分」なのかもしれませんね(笑)。
JCに関しては「誇り」という戦争美化のDVDをつくった団体であり、広島では教育再生機構のイベントを主催する団体であり、HPの会頭の挨拶を読めば、異常なワタシにとってはとても許容できる団体ではありません。また憲法を持ち出すまでもなく、あのビラを公立学校で全ての子どもに配るのに違和感を非常に感じます。

現実に権力や、それを助長させる団体、及び無関心な普通の人によって虐げられている人々と接した経験から、>起きていないことを、起こりうる蓋然性が然も高いように語っておられます、などと静観しているほどお人好しではありません。
そうした面では異常で結構、ものを言わぬ普通より、ものを言う異常でありたいと思ってます。
dr.stonefly
2007年10月10日 12:03
ただ、反省すべきは多分普通の人さんのような普通の人にも解るように語らなければならない。確かにこのエントリーはリアルに身に降り掛かったもので感情的に高揚した状態でかきました。
多分普通の人さんの、普通の人は「あっちもこっちも両極でどちらも同じ」と感じる、という指摘を真摯に受け止めなければならないかもしれません。
また継続して読んでいただいている人を想像し甘えて書いていると、一つのエントリーだけを読んで通りすがる人には、解ってもらえないこともありそうです。課題ですね。
dr.stonefly
2007年10月10日 12:04
Ladybirdさん、とにかくありがとう。
解ったときには時おそし、にっちもさっちもいかなくなるというのが普通ですね。年金しかり……、昔からおかみに逆らい「異常」扱いされるのは慣れてます。とっても普通にはなれそうにもありません。挫けずに語りつづけたいと思います。
今回の件では、トワイライトも注視していきたいと思いました。学童保育との違いが話題になりますが、今回のような視点は話題になりません。学童の親もやはり「普通の親」が大半だからでしょう。官製だから、例えば所謂ナショナリズム的な「愛国心」を浸透させる可能性もあり、うえですぺーすのいど会長が恐れるように、気づいたら「教育勅語」を教えていた、なんてことがあるかもしれませんね。気をつけよ.
愚樵
2007年10月10日 19:46
JCリターンズですか。映画のタイトルみたい(笑)って、そんな微笑ましい話ではないですね。

冒頭でハエの例えを出されていましたが、いつどこに出現してくるかわからないハエから身を守るのは、かなり困難なことですね。衛生管理の鉄則からいえば発生源を叩け!ですが、発生源は権力となると、難しい。

ハエは危ないと宣伝するにしても、ハチならともかく、たいていの人はハエなんて不潔でも危ないとまでは思っていないし。あ、でも「不潔」という作戦はいいかもしれない。陰湿だけど。

一般の人々はJCを危険視はしていないが歓迎もしていないのでは? もし、そうなら「JCは危険!」と叫ぶより、「なぜJCはあんなことをするんだろう? 何かたくらんでるのかなぁ?」程度の疑惑感を掻き立てる方が、効果はあるかも? そちらの方がゴシップ好きの一般人には染み込みやすいような。

でも、陰湿ですね。dr.stoneflyさんは嫌かも。私も実行するとなると、嫌だな。
dr.stonefly
2007年10月10日 22:32
ハエに巣食う病原菌が「穢れ」って感じですか? ハエの例は「穢れ」が疎ましいものであって、ハエ自身を責めてはいけないのかなぁ? という疑問を自問として書いてみたのです。ところで「穢れ」は疎ましい、という言い回しはよかったんでしたっけ?

まあJCに関してはリアルに迫り来たもので、辺鄙なブログで事実を羅列して、個人的に叫んでいるだけのことかもしれません。多分、リアルで関係しなければ話題にしたくない、というのが本音です。しかし例のDVDみたいな場合は糾弾しますよ。
かつさんのコメントによるとJCはある意味、危険なようですが、実際には権力に利用されている部分は大きそうですね。
今回は主催JCということがきっかけですが、そうでなくても公立学校があのビラを配ったことに引っかかっています。
すぺーすのいど
2007年10月11日 19:31
今日、下の子の保育園で「ファミリーデーなごや」なるチラシが配布されていました。10月20日に催されるイベントらしいのですが、このエントリの後だったので、関連団体の欄を見てビックリ!
「後援/名古屋市教育会・名古屋青年会議所」とあるではないですか!
主催は「ファミリーデーなごや実行委員会」でその構成は、市幼小中PTA協議会、市幼小中校長会、市教育委員会・・・。はぁ~...。
この方たちは、はっきりとお仲間なんですねぇ・・・。
これ学校でも配ってるはずですよね・・・。
お仲間だし・・・。
dr.stonefly
2007年10月12日 08:43
ううう納得のうえに絶句、くぅ~、JCとPTAと市教委と校長会はお友達なんですね。その配下にトワイライトがあり、まとめて「改悪教育基本法」一味に支配されているんですね。
よく、わかりました。こころして対応します。

この記事へのトラックバック

  • 4万2000人になら喧嘩を売ってもいいと思っている産経新聞

    Excerpt: 参加人数の問題じゃないだろう?(苦笑) って感じなのですが。 あまりの必死さにほだされて(ウウウ、頑張っているのねぇ:嘘泣) 魚拓を獲ってしまったので、一応ご紹介。 産経新聞です。 沖縄.. Weblog: かめ? racked: 2007-10-08 15:12
  • 『9条世界会議』にご賛同ください!

    Excerpt: 来年五月五日に幕張メッセに7千人を集めた国際会議をやろうという運動があります。 私も賛同しました Weblog: 大津留公彦のブログ2 racked: 2007-10-08 21:47
  • 安倍さんのお供え

    Excerpt: 8日に安倍首相が靖国神社の大祭で「真榊」奉納したことについてのコメント。「…国のために戦って亡くなられた方々のご冥福をお祈り…」(いつもの話題だが、) 靖国神社に合祀されている戦死者は、「軍神」として.. Weblog: ストップ !! 「第二迷信」 racked: 2007-10-09 00:36
  • 【おすすめ<新刊>入門書】『外国人・民族的マイノリティ人権白書』(外国人人権法連絡会編)

    Excerpt: 2007.10.10.07:50ころ ニホンで暮らす外国籍の人や民族的マイノリテ Weblog: 多文化・多民族・多国籍社会で「人として」 racked: 2007-10-10 07:58
  • ビルマ・オキナワ・国民監視

    Excerpt: 生活に追われ、更新もできないままに 国内外は激動の一週間が過ぎた。 郵政民営化賛美のプロパガンダの洪水。吐き気がする。 汗水たらして働いたカネがアメリカの国債買うのに使い込まれた 疑いが強い上、残り.. Weblog: Saudadeな日々 racked: 2007-10-10 21:37
  • ニュースペーパーの映像ありました

    Excerpt: ニュースペーパーの映像をyoutubeで探しましたらありました。 日本テレビのすっきりという番組に出たときのものです。 Weblog: 大津留公彦のブログ2 racked: 2007-10-11 00:27
  • きらりと光るダイヤのような日

    Excerpt: 10月11日(木)21:00 3年B組金八先生スタートスペシャルを見ました。 印象に残った金八先生の言葉は Weblog: 大津留公彦のブログ2 racked: 2007-10-12 00:08
  • きらりと光るダイヤのような日

    Excerpt: 10月11日(木)21:00 3年B組金八先生スタートスペシャルを見ました。 印象に残った金八先生の言葉は Weblog: 大津留公彦のブログ2 racked: 2007-10-12 00:15
  • 訂正と補足 「きらり」でなく「ぎらり」

    Excerpt: 昨日の金八先生の紹介した茨木のり子の詩の記事で間違いがありました。 詩の題が違っていました。 「きらりと光るダイヤのような日」ではなく 「ぎらりと光るダイヤのような日」が正解でした。 Weblog: 大津留公彦のブログ2 racked: 2007-10-13 00:44
  • 人生は自分が出した答えだけが答え

    Excerpt: 今日の金八先生で最も印象的だったには次の言葉 人生は自分が出した答えだけが答え Weblog: 大津留公彦のブログ2 racked: 2007-10-19 00:12
  • ライスショックの再放送を見た

    Excerpt: BSでライスショックの再放送を見た。 これほど日本の農業が危機に瀕しているとは思わなかった。 むしろ日本では一路に米が作れなくなりつつあるといった方が正確だろう。 Weblog: 大津留公彦のブログ2 racked: 2007-10-22 00:05
  • ライスショックの再放送を見た

    Excerpt: BSでライスショックの再放送を見た。 これほど日本の農業が危機に瀕しているとは思わなかった。 むしろ日本では一路に米が作れなくなりつつあるといった方が正確だろう。 Weblog: 大津留公彦のブログ2 racked: 2007-10-22 00:07
  • 日米年次規制改革要望書自動翻訳

    Excerpt: アメリカ政府の日米年次規制改革要望書が10月18日に発表された。 またまた日本の国民には難題が降ってきそうである。 (ビジネスマンにはここにビジネスチャンスがあるということでしょう) マスコミは全く.. Weblog: 大津留公彦のブログ2 racked: 2007-10-24 22:14
  • トルコの狙いはキルクック

    Excerpt: 私は嘗てイラクに住んだことがあります。 それもクルドの問題で話題になっているキルクックに。 前にその体験を講演したことあがりそれはブログ記事に残っています。 Weblog: 大津留公彦のブログ2 racked: 2007-10-31 23:10
  • 田んぼをつぶすな!

    Excerpt: nhkの番組ライスショックのショックが大きくて日本の農業はつぶれるのかと悲しんでいる。 そんなときに年間契約したあきたこまちの新米が届いた。 やはりうまい! Weblog: 大津留公彦のブログ2 racked: 2007-10-31 23:21
  • 田んぼをつぶすな!

    Excerpt: nhkの番組ライスショックのショックが大きくて日本の農業はつぶれるのかと悲しんでいる。 そんなときに年間契約したあきたこまちの新米が届いた。 やはりうまい! Weblog: 大津留公彦のブログ2 racked: 2007-10-31 23:58
  • 小沢さんと福田さんはどんな話をしたの?

    Excerpt: 小沢さんと福田さんはどんな話をしたのだろう? 国会審議や党首討論まで延期して開かれた「密室協議」 しかもお連れは冒頭と最後の役10分だけで二人だけで1時間も話している。 Weblog: 大津留公彦のブログ2 racked: 2007-11-01 00:34
  • お父さんとの最初の思い出は何でしょうか?

    Excerpt: strong>お父さんとの最初の思い出は何でしょうか?</strong> 今日に金八先生でみんなに投げかけれた問いです。 皆さんいかがでしょうか?思い出せますか? Weblog: 大津留公彦のブログ2 racked: 2007-11-02 00:36
  • 教訓1

    Excerpt: 加川良の教訓1という歌がある。 1971年の歌だが非常に現代的なテーマを持った歌だと思う。 Weblog: 大津留公彦のブログ2 racked: 2007-11-04 00:16
  • 落合監督は辞めたらどうだろうか

    Excerpt: 日本シリーズの優勝決定の試合で8回まで完全試合だった山井投手を落合監督が変えたことはどうしても理解できない。 Weblog: 大津留公彦のブログ2 racked: 2007-11-04 01:25
  • 「アベする」から「オザワる」へ

    Excerpt: 民主党の小沢一郎代表が辞任すると言う。 安倍晋三という人の辞任があったはずだがすっかり小沢一郎と言う人の辞任にお株を奪われてしまった。 「アベする」が今年の流行語になる予定だったようですが「オザワ.. Weblog: 大津留公彦のブログ2 racked: 2007-11-05 00:15
  • ナベツネとラックフェラー

    Excerpt: 当分小沢ネタが続きそうだ 2つ記事を紹介します。 1つは防衛利権の力学 もう一つは小沢辞任へのナベツネとラックフェラーの影響力の話 Weblog: 大津留公彦のブログ2 racked: 2007-11-06 00:54
  • 読売とナベツネは責任を取れ!

    Excerpt: 「大連立を持ちかけたのは小沢氏という「謀略報道」について読売とナベツネは責任を取るべきだろう。 これはどうも読売の全くの作り話だったようだ。 Weblog: 大津留公彦のブログ2 racked: 2007-11-08 01:08
  • 8・21山里会でのナベツネ講演

    Excerpt: 「年金問題や税制、そして憲法や安全保障など多くの懸案事項を一挙に解決するために、大連立が必要なのである」? Weblog: 大津留公彦のブログ2 racked: 2007-11-10 00:36
  • 「大連立」の真相ニコニコ動画2つ

    Excerpt: ニコニコ動画と言うものをはじめて見た。 映像にコメントがオンラインでできると言うのはなかなか面白い。 コメントを書いたらすぐに反応が来るのが面白い。 Weblog: 大津留公彦のブログ2 racked: 2007-11-11 00:24
  • ルール違反の言葉

    Excerpt: 今日の金八先生で自殺抑制ロールプレイングゲームと言うものをやっていた。 学校でこれをやらざるを得ない状況が悲しい。 Weblog: 大津留公彦のブログ2 racked: 2007-11-15 23:24
  • 平成のロッキード事件

    Excerpt: 私が最近真っ先にチェックする11・24付け週刊現代に「平成のロッキード事件」と小沢騒動の真相という特集記事があった。 民主党支持者も良く読むべき記事だろう。 記事は3本立てで その1は松田賢弥氏の書い.. Weblog: 大津留公彦のブログ2 racked: 2007-11-17 00:40
  • ナベツネが仕掛けた大連立は大増税の罠

    Excerpt: 11・24付け週刊現代に「平成のロッキード事件」と小沢騒動の真相という特集記事の二回目です。 Weblog: 大津留公彦のブログ2 racked: 2007-11-18 00:55
  • Madam i'm adam(金八先生)

    Excerpt: 駿の女形が美しかった。 なんだかすごみがあった。 この配役は最初からこの踊りを前提にしていたのだろう。 Weblog: 大津留公彦のブログ2 racked: 2007-11-23 00:37
  • 九条世界会議に参加して

    Excerpt: 幕張メッセで5月4-5に開催された九条世界会議に参加しました。 歴史的な会議になった事は間違いないでしょう。 Weblog: 大津留公彦のブログ2 racked: 2008-05-06 16:05
  • 九条世界会議はいかに報道されたか?

    Excerpt: 資料として九条世界会議はいかに報道されたかを記録します。 検索で得られた記事を紹介します。 Weblog: 大津留公彦のブログ2 racked: 2008-05-06 16:21
  • 「9条世界会議」 ・ 現場からの生中継

    Excerpt: 「9条世界会議」を学生がe-mobileでネット放送を行った。 経験豊富なジャーナリストの 桂 敬一さんはこう語っている。 Weblog: 大津留公彦のブログ2 racked: 2008-05-08 01:04
  • 非暴力が暴力に勝った

    Excerpt: 9条世界会議ネタが続きます。 会議の前に撮られた3人の出演者のお話をyoutubeから紹介します。 高遠菜穂子さん・雨宮処凛さん・堤未果さんの3人です。 Weblog: 大津留公彦のブログ2 racked: 2008-05-10 00:43