「ミャンマー軍事独裁政府」…これって日本の近未来じゃない!?

ミャンマー軍事独裁政府がデモ行進をする市民、僧侶に軍事力の行使をした。
また、独裁政府は情報統制も行い情報の遮断をせんとしている。
日本人ジャーナリストの長井健司さんが銃声に倒れ、死んだ。
許せない……
各国はミャンマー軍事独裁政府を批判する声明をあげた。
日本もしかり、声をあげている。
夜、福田首相はテレビで喋っていた。
……納まってほしい、はやく沈静化してほしい……。
えっ?なに?
この人はどこに向かって「沈静化して欲しい」言っているのだろう。
この人は「市民と僧侶がデモをしたから問題がおきた」と思ってないか?
業を煮やした政府が力で封じ込めようと騒動は深刻化した。
市民と僧侶がデモをやめれば「沈静化」はするだろう、って……
福田は、なぜデモがはじまったか、という根本問題を語らない。
福田という人は、とにかくデモが終わり「沈静化」すればいい、と思って居るのだろう。
そこにあるのは政府側から市民を見る視線ではないのか。
そりゃそうだ、この人の理想も独裁政府だからな。
民衆に突き上げられる側に立ってみるというのが己の危機管理だろう。

 テレビでデモの様子や実力行使をする軍隊の様子が映し出される。
 遠い異国の地の深刻な事態である。
 ここでもまたリアリティのもてない自分がいる。
 ニュースをみながらビールを飲み、怒りながらアテを喰い、
 次の番組がはじまれば怒りも苦しみも消え去る。
 ワタシはいったい何をしてるのだろう。

夜、寝床にもぐるとデモのニュースが浮かびあがる。
これってビルマのこと?
政府の視線から喋る福田、独裁政府、軍事実力行使、情報統制……
安保闘争まで遡らなくても、最近でも実力行使されてきたではないか。
プレカリアートのデモで権力行使されたよな、
大阪の国際陸上しかり、
いや防衛庁は省に格上げされ、
辺野古には軍隊が派遣され、非暴力の「デモ」に実力行使されているではないか!!
そしてインターネット規制の弾圧、共謀罪も消え去ってはいない!!

リアリティがない、なんて言っていていいのかよ。
このテレビに映る地獄絵は、辺野古ではすでにおきていて、
近い将来の日本の誰もがリアリティを感じる姿かもしれないんだよ。
……って、そうかな? もうひとつの不安がよぎる。
日本であんなデモができるのか?
どこまで騙されても、のほほんと騙され続けるお人好し。 
コイズミにだまされ、安倍に怒っても、またぞろ麻生だ福田と騒いだ。
このまま日本が民主主義の仮面をかぶった独裁政権になっても、
市民はこのテレビに映る国の様に行動できるのだろうか?
日本人は、ほんとうに怒り行動できるのだろうか?


  最近の日本はお人好しが多数だから……
  お人好しは嫌いじゃないんだけど……
  でも、そんなお人好しだから……
  ミャンマー軍事独裁政府は近い将来の日本政府の姿と重なる。

 

※また最近FC2にTBできなくなっています。
 なんどもトライしているのですが……。

この記事へのコメント

小川 靖則
2007年09月29日 18:14
ブログ 屋久島高平窯
本当に、政府のコメントがずれている。
沈静化で済むはずがない。
打倒軍事政権!
ゴンベイ
2007年09月29日 20:58
日本人ならば日本政府の対ビルマ政策に注文をつけることでビルマ軍政の民主化弾圧に抗議することに関心を持ちましょう。
外務省ホームページ(日本語)-ご意見・ご感想コーナー-
https://www3.mofa.go.jp/mofaj/mail/qa.html
非戦
2007年09月29日 21:27
私も,まったくdr.stoneflyさんと同じこと考えていました。
つまり
>ミャンマー軍事独裁政府は近い将来の日本政府の姿と重なる。
です。
「日本人のカメラマンが、死ななきゃ良かったのに。そうすれば、国民もビルマのことを忘れてくれて、軍事政権と手をつないでいられるのに」とでも思っている政治家か企業家に声が聞こえてきそうです。
そして、自衛隊の艦船と情報保全隊の事を思い出しました。彼らが辺野古で、治安部隊になって基地阻止で座り込みをしている人に、棍棒を銃で襲い掛かる姿を、想像してしまいました。軍隊になったら、ぜったいそうしますよ。恐ろしいです。
でも,あれは軍事政権ビルマの事であって日本はそうならないと信じている人は、けっこういると思います。それは、ノー天気すぎますよね。
村野瀬玲奈
2007年09月30日 12:36
dr.stoneflyさんからのTBが受信できたお祝いをしたいと思いましたが、ビルマのこの状況を前に、自粛...。

ビルマの現状は日本の近未来。
日本からのODAがビルマのこの軍政を後押ししているのではないか。
小川靖則さん、ゴンベイさん、非戦さんに同意します。
dr.stonefly
2007年09月30日 18:06
みなさんの仰る通りだと感じてます。
ビルマ市民、僧侶がミャンマー軍事圧力のまえに自粛(軍事政府にとってはデモ制圧)というニュースも流れました。
けっして屈服したとは思ってません。
市民/僧侶が軍事政権に実力行使させるまでに追い込み、国の現状を世界にしらしめた、ということです。
世界の市民にむけて共闘が呼び掛けられたということでしょう。
愚樵
2007年10月02日 05:26
ビルマの現状は日本の近未来。まったくです。そして近未来の日本は、国名が「日本」から「JAPAN」に変わっているでしょう、きっと。

ビルマをミャンマーたらしめたのは、中国です。となれば、日本をJAPANたらしめるのは、アメリカでしょう。もし日米安全保障条約破棄を日本が言い出そうものなら(一応条約には破棄の規定もあって、一年前に通告すればいいらしいですが)、アメリカは日本を武力を持ってJAPANにするでしょう。

では、このままアメリカと“良好な”同盟関係を続ければいいのか? 看板は「日本」でも中身は「JAPAN」になるだけですね。もう徐々にそうなりつつある。

ふうぅっ、鬱です。
Ladybird
2007年10月02日 10:28
 沈静化させる2つの方法:
(1) 良い国をつくる.
(2) 罰則と軍を強化する.

 あんたはどっち,福田さん?
dr.stonefly
2007年10月02日 13:27
愚樵さん、Ladybirdさん、お返事のかわりに新しいエントリーたてちゃいました。
やっさん(web屋久島高平窯)
2007年10月18日 06:38
私は20カ国を旅したが、ビルマほど悲惨な状況におかれ、明るさのない民衆を見たことがない。ビルマに対し特別な感情を持っている私は涙が止まらなかった。
今でも思い出すと涙が出てしまう。
仏教徒の悲しさ、すぐ耐え忍んでしまう民衆。またも火が消えてしまった。
私は何が出来るのだろうと考え込んでしまう。私のブログにも記載しました。
dr.stonefly
2007年10月18日 18:17
やっさん様、コメントありがとうございます。
なんとなくですが、お気持ちを察します。
でもね、なんの武器ももたない民衆が一度でも立ち上がることができたってのは、すごいことだと思います。火は完全に消えることないですよね。
ワタシにできることは知ること、考えること、訴えることしかないといつも感じてます。

この記事へのトラックバック