「知ったかぶり用語辞典」…保育園・学童・育児編〈た行~わ行〉

〈た行〉

待機児
保育園への入所を申請したのにもかかわらず、定員オーバーなどを理由に入園できない子どものこと。常に多数存在し、常に行政交渉の要求項目のひとつになる。まあ単純に行政の怠慢でしょ。待機児数をカウントは、行政の把握が現実よりすくないのも常。

たて割り保育→異年齢保育

男性保育士
その昔は保父と言われていたが、1999年の名称変更で男女とも「保育士」に統合される。実情については〈継続調査〉。

注意欠陥多動障害
ADHD。どうも注意欠陥障害と多動障害にわかれるらしい。定義を簡単に書くと注意欠陥障害は
1.ケアレスミスが多い 2.作業や遊びの集中力の持続欠如。 3.話しかけに対し聞いていないように見える。 4.指示に従えない。 5.作業や活動の組織化ができない。 6.持続を要する作業を嫌う。 7.作業や活動に必要なものをよくなくす。 8.過度の刺激に気が散りやすい。 9.忘れっぽい の9項目のうち6項目にあてはまり、6ヶ月以上つづく人。で、多動の定義は、1.手や足をもぞもぞ動かすことが多い。 2.着席を要求される場面で席を離れる。 3.過度に走り回ったり、登ったりする。 4.静かに遊んでられない。 5.常にゴーの状態。 6.過度に話をする。 らしい。(とっても簡単にかいたからほんとに疑いの方は、ちゃんとした資料調べてね。というか、専門医へどうぞ)。私なんぞ発達段階の低い子どもつまり年齢の低い子どもは解らんだろうと思うのだが、ベテランの保育士は解るらしい。

手足口病
最初に耳にしたのは息子が保育園に入園してから。不謹慎にも笑ってしまった。なんともベタなネーミングだよな。手のひら、足の裏、口の中の発疹と水泡が特徴で発熱をともなう軽い病気。まあ1週間から10日間で自然治癒するとのこと。主にコクサッキーウイルスA16が原因らしい。コクサッキーウイルスA16を暗記して、どっかで知ったかぶりしたろうかしら。

途中入所予約事業
産休明け・育休明け保育所入所予約事業のこと。妊娠中から保育所入所の予約をすることができる事業。基本的にはこれによって安心して出産・育児に専念できるというが、実際は予約自体が詰まっていて予約待○番目となり余計に心配事がたまる。

〈な行〉

ならし保育
ならしとは慣らしのことで、保育所に入所するという環境の変化に子どもがすこしでも順調に対応できるよう、母親と一緒に保育の時間をすごしたり、時間を短くしたりする予行演習的な保育のこと。親が保育所の様子をしることができたり、子どもがパニックに陥りにくく保育士の手間が省けたりと副産物は多々あると想像できる。ただ実施している保育所としてない保育所があり事前に確認は必要。

日照権闘争
だいたい保育園の南側にマンションなんぞ建てる計画をする時点で良識を疑うよな。金のためならなんでもやるという根性が腐っている。で、余儀なくそういう状況に追い込まれた保育園が建築主とか行政とかと闘い子どもたちからお日様を守ろうとする運動。親と職員と関係者が共に闘うことが多い。全国の同じ問題を抱えた保育園が連帯し共闘することもある。

二重保育
親がなんだらかの理由で2カ所の保育所に預けなければならない状態。例えば夕方6時までしかやっていない保育所しか入園できずに、夜は別の施設に預けなければならない状態。金銭的負担もさることながら、子どもも大変だよな。

日本赤ちゃん学会http://www.crn.or.jp/LABO/BABY/

乳幼児突然死症候群
SIDS。原因不明で乳幼児が突然、特に寝ている間に死に見舞われること。またまた厚生省の定義を書き出しておこう。「それまでの健康状態および既往歴からその死亡が予測できず、しかも死亡状況および剖検(解剖による死因の検査〉によってもその原因が不詳である、乳幼児に突然の死をもたらした症候群」。つらいよね親は。日本でも600~700人ぐらいの乳幼児がSIDSによって死亡しているらしい。原因不明なんだよ。おっと、医療ミスや保育ミスの事故死は原因があってSIDSでないのでちゃんと確認しようね。つーか悪意でSIDSのせいにしていると少しでも思ったら徹底的に追及しようぜ。

認可保育園・認可園
国の最低基準を満たして地方自治体より認可された保育園。その基準ってのは保育園の施設、園庭や調理室があること。職員の数や資格、保育内容の審査もある。で認可されると一定の補助金が国と地方自治体より支給される。のだが2004年以降「特別財源」から「一般財源化」されるため補助金の増減に注目しなければいかんよね。

認証保育園
2001年から東京都が独自に基準で無認可園に対し「認証」をあたえ都から補助金を出す制度。表向きの背景には待機児解消で、実は新規園を建てる金を惜しんだと推測する。認証にあたり、第1号は企業園である「Jキッズルミネ北千住保育園」で開演式には石原都知事が訪れた。評価はまちまちのようだな。ん、私?もちろんーーー。

ネグレクト
育児放棄。子どもを家に閉じ込めて保護者が外出したり、失病しても病院へ連れて行かなかったり、乳幼児を車に閉じ込めたり、食事を与えなかったり、下着など汚れても取り替えなかったり、書いててやになるな。


〈は行〉

ハイハイ
「這う」を重ねてできた言葉と思われる。生後3ヶ月を過ぎて首が据わった以降であれば、「身体的」にはできる移動手段で、健常児ならば、両手両腕、両膝両足をつかい四肢を前後させて体を移動させる方法である。生後半年ぐらいたつと多くの子どもができるようになるらしい。「ハイハイ」が遅いといって悩む親がいるが、「運動脳力的」にはできるが、「外界への興味」が薄いため、興味のある物へ向かって「移動」しないという認識をまず持つできである、らしい。つまりハイハイは「手段」であって「目的」ではないのだ。つまり大人のように、「体が訛っているから運動でもしようか」という感覚ではなく、「あそこに有る物を触ってみたい」という興味が先行して、そのものに辿り着く移動手段として「ハイハイ」があるのだ。

パターナルリーブ政策
スウェーデンで1994年から始められた、父親が育児のために有給で30日間仕事を離れて育児にかかわる政策。父性の復権だ、くそだ、屁だ、というより父親不在解消にはずっと効果ありそうな気がするのだが、素人考えなのかな。スウェーデンの場合は、子どもの誕生の前から父親になるための体験トレーニングするプロジェクトを始動させてる。1ヶ月に2,3日父親教室をもち親になる構えをつくるらしい。 
→本/「世界に学ぼう!子育て支援ーデンマーク・スウェーデン・フランス・ニュージーランド・カナダ・アメリカに見る子育て環」(汐見稔幸,大枝桂子/フレーベル)

母親語
1966年にアメリカの言語学者チャールズ・ファーガソンという人が最初に使った言葉。母親が小さい子どもに話しかける時、1.声のトーンがあがり、2.抑揚がおおげさになること。これは全国どこの国でもあるらしい。最近は「母親」だけという差別感で、「育児語」と言いなおされている。

はやお迎え
通常の迎えにいく時間より早く迎えにいくこと。親の都合で早い時間に迎えに行く場合のことをいう。子どもの発熱や気象警報発令による予定外の早退は、はやお迎えとは余りいわない。どちらかというと子どもとコミュニケーションをとるときに使う言葉。わが園ローカルかもしれないが、午睡の前にお迎えにいくのが「寝ない子お迎え」昼食の前が「食べない子お迎え」と言う。

病児保育
病気療養中や回復期の子どもを預かる保育のこと。どうやら医療機関がやったり、保育所や保護者が自主的にやったりする場合があるらしいが、ほとんど実施されていないらしい。本当に困るんだよね子どもの病気って。みんなどうしているのだろう。息子の場合は、どちらかの親が仕事を休むか祖父母に頼むかして切り抜けてきたけど、頻繁に発熱する子どもや近くに祖父母がいない家庭は本当に困ってたよな。また保育中に発熱するということが特に乳児時期では、ちょくちょく予想もしない時間に保育園から仕事場に「発熱です、お迎えお願いします」というお迎え依頼コールがかかってくる。

保育士
保護者にかわって保育に欠ける乳幼児の保育をするための資格。資格をとるためには厚生労働大臣指定の大学(2年)か短大(2年)または専門学校(2年)を修了していること卒業すれば試験免除。国家資格。管轄は各都道府県の児童主管課。それなりに勉強しないと取れないと想像できる。か?コメントを差し控えよう。

保育に欠ける
行政用語。法律用語。で保護者が共働き、病気療養中、学生等の理由でその子どもを保育する人がいない状態をさす。最初にこの言い回しを聞いたときは意味がわからず、欠けるという言葉のイメージで非常に不快感を覚えた。そんなヤツは私だけかな?

母性愛
あの有名なルソーが考えた「キャッチコピー」らしい。18世紀末のフランス特にパリでは、育児放棄が常識で、年間21000人生まれる子どもの中で「母の母乳」で育てられるのが1000人、住み込みの「乳母」に育てられるのが1000人、残りの19000人は周辺農家に里子にだされ一生親とは会わず、全体の5800人が捨て子となり、死んで行く子どもも多数にのぼった。そうした状況を嘆いたルソーが「母性愛」というキャッチコピーとともに「子へ愛情を注ぐのは母親の特権」として一代キャンペーンを行った。現在では、人間の母はもともと子どもに愛情をそそぐものだ」という認識が一人歩きして物議を醸し出している。母性愛神話日本の社会の根深いところから発する思想で「子育ては母親(女)の役割、責任」「母親(女)であれば子どもが可愛く子育てに専念してあたりまえ」といわれること。先にいった根深いところを解体してしまえば安易に覆される神話だと思うのだが、これがホントになかなか根深い。母親自身も洗脳されて、子育てのときに起きる不安やつらさは自分の愛が足りないのだ、と自らの首を絞めることがあり、こうなると心身ともに泥沼化していく。まあ0才から保育園に預け共働きのうえ母親の仕事の方が忙しいうちのような家庭には縁がない。 
→三歳児神話 →本/「母性愛神話の罠」(大日向雅美/日本評論社)
→本/「メディアにひそむ母性愛神話」(大日向雅美/草土文化)

びゅんびゅん駒
息子が通う保育園ではやっている遊びのひとつ。適度な大きさの円や四角などの厚紙の重心を中心に2つの穴を開ける。穴の間隔は10mmぐらいかな。その穴の一つに凧糸を通し、通った凧糸をUターンさせ、反対の面からもう一つの穴に通す。凧糸の端と端を結び輪にするのだが、輪の大きさは両端を左右の指でつまんでひっぱた時に肩幅ぐらいにするのがよさそうだ。両手でそれぞれの端をつまんで、最初はぐるぐると反動をつけてまわし、糸がよじれてきたら両手を開いたり、胸の前で併せたりする動作を繰り返す。開くときは力をいれて、閉じるときは糸がよじれる力を利用して、自分の力は抜く。それを繰り返すうちに中央の厚紙がびゅんびゅんと音をたてて回りだす、というわけだ。わかるかな?わかんねえだろうな。

父母会
保育園に通う子どもの親でつくる会。どの保育園にもあるかどうかは不明。息子の通う保育園には存在し、親と保育士でつくる保育を目指しているので会議が多い。親同士の交流も盛んで、けっこう楽しい。まあ楽しいと感じるかどうかは、個々の気の持ち方次第だろう。しんどいことも多いが、「子どもと同じクラスの親の顔なんて、送り迎えが同じ時間帯の人しかしらないよ」なんて話をきくと、やっぱり父母会はあった方がなにかと楽しいかなとも思わなくもない。

ポストの数ほど保育所を
1960年代保育所明瞭期の保育運動のスローガン。子どもができても働きつづける女性を中心に保育所を作る運動が繰り広げられた。

保育所徴収金基準額表
保育園運営費負担のうち国が決めた保護者負担が書かれた表。見た瞬間に目眩し、5分ほど開いた口が開かず、その後やっと「ふざけるな」と叫ぶほどの高額。実際にはこの表を参考に地方自治体が別表をつくり差額分を地方自治体が負担する。まあ行政交渉などをすると役人が「国の基準の52%で、大変お安くなってます」などと涼しい顔でいってくれるが、もとが高すぎるためこのまま保育料負担を保護者に請求する自治体は皆無だろうと想像される。

ベビーホテル
厚生省は「1:24時間預かっている。2:夜間保育を行っている。3:時間単位の一時預かりをしている、のいずれかに該当する施設」(1980年)と定義したらしい。営利を目的にした子ども預かり業のこと。保育室は店舗の2階やビルの一室が多そうだ。1980年代から特に問題なったのが「無資格保育士」「狭い部屋につめこみ」「目が行き届かずに」「死亡する」ということが度々おきたことだ。はっきり言って「隙間産業」で隙間だらけの保育行政がそこにあることは言うまでもない。どの親も高くて保育所とは言えないような所に子どもを預けたくはないのだ。

放課後児童クラブ→学童保育

〈ま行〉

マザーリング
子ども特に乳児にたいして母親及び母親替わりの者が「見つめたり」「話しかけたり」「抱いたり」する行為。子どもの発達上でけっこう重要な行為であるらしい。→アタッチメント

○保(まるほ)
息子の保育園の連絡ノートでよくみかける。実際には「○」の中に「保」と表記される。おそらく保育士という意味だろうが、稀に保育をさすこともあるようだ。ここでもまた、保育士は忙しく、いちいち「保育士」などと書いていられるか!という主張がみられる。

〈や行〉

夜間保育
1991年に厚生省にが制度化した保育事業。夜10時までの8時間?としている。が、一般が夜間保育と呼ぶのは結構まちまち、最短7時30分ぐらいで夜間保育を謳っているところもあり。

指しゃぶり
乳幼児が指を口に入れしゃぶる事。離乳の進行や自己鎮静作用があるらしい。まあそこそこで辞めていれば問題ないということで、辞められないと大人になりタバコで代用することになる。

幼稚園
学校教育法第77条にとって規定される園。

予防接種
病気にかかる前に軽く病原菌を注入して抵抗力をつけておこうとするもの。「勧奨接種」として、ジフテリア、破傷風、百日咳、ポリオ、麻疹(はしか)、風疹、日本脳炎、結核があり、「任意接種」には、インフルエンザ、おたふくかぜ、水痘、B型肝炎などがある。注射ってね、上手な人と下手な人で全然痛みが違うって知っていた? 息子の場合泣く、泣かないで上手い下手を独断と偏見で判断していたな。

幼児虐待
虐待の内容によっていくつかに分類されている。解りやすいのは「身体的虐待」殴る蹴るというやつだな。死に至ると新聞にのる。「性的虐待」子どもへの性交、性的暴力などや「心理的虐待」言葉やよる虐待や無視や拒否的態度。「ネグレクト」育児放棄。ほんと嫌になるよね。ここんとこ舌の根が乾かぬうちに新聞に載る社会ってなんなんだろう。新聞に載らない潜在的な虐待が数えきれないことは、素人でも想像がつく。この問題は根が深いことは解るのだが、解決法は混沌としているな。

幼保一元化
幼とは幼稚園、保とは保育園のことでこれまでは、それぞれの役割の違いを認め規制していたが、国が子どもなんぞに金をかけるのはもったいないという観点から「総合規制改革会議」というのをもち規制緩和の重点のひとつにあげている。つまり基準を低い方に統一し、施設運営の安上がりをはかったり、管轄省庁を一本化して軽費の削減を狙いとしているのである。だから保育園と幼稚園では役割がちがうんだから無茶するなよって。
→本/「幼保一元化ーその現状と課題」(中山 徹/自治体研究社)

〈ら行〉

臨界期
早期教育、(超)早期教育で持ち出される常套句。その時期に「教育」しないとその「力」は身に付きませんよ。という期間。学力競争を勝ち抜くことを熱望する親の無知につけ込む似非教育産業の「殺し文句」。「バリンガルになるためには生まれてすぐ」とか「絶対音感を得るためには生まれる前から」とか「3歳からラケットを握らないとだめ」とか、数え上げたら切りがない。ローレンツ、ヒューベル、ハッテンロッカー、グリーノウ、レネバーグなどの科学者の動物実験をもとに「人間」に当てはめることで「科学的根拠」を得ているという。いわく「刷り込み:インプリンティング」や「シナプス密度」であったりする。結論から言えばすべて人間の早期教育にあてはめた場合の「科学的根拠」がないらしい。
→本/「子どもの脳の発達 臨界期・敏感期」(榊原洋一/講談社α新書)

連絡ノート
息子の通う保育園だけなのか、どこの保育園でもあるものなのかは知らない。要は、親と保育士がコミュニケートするためのノート。親は、子どもにあった出来事子やら相談事なんかを書き、保育士は保育園での子どもの様子や単純な連絡事項をかくことが多い。息子の場合はツレアイが過去の連絡ノートを全て(6年間分)保存しているのだが、はたして読み返すことはあるのだろうか。はなはだ疑問である。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

すぺーすのいど
2007年08月11日 23:18
お盆休みに突入しましたね。
dr-stoneflyさんのお仕事は片付きましたでしょうか?
8/7の防衛施設庁が辺野古のアセス方法書を一方的に提出した事件は適当なブログ記事が出ないので、またまた防衛省からきた返事をここに転載します。
以下転載。

Subject:RE: なぜ国を守るための防衛省が国民の気持ちを踏みにじるのか?答えてください!

防衛省広報課です。

御意見は承りました。
沖縄県における米軍基地問題につきましては、地元の皆様の負担を軽減す るとの観点から、昨年5月に日米で合意した案を基本に、地元の皆様の御 意見を聞き、よく御説明して理解を得ながら移設・返還を実現してまいり たいと考えております。
御理解の程、よろしくお願い致します。

=======================
  Ministry of Defense Public Affairs Dev.
      防衛省大臣官房広報課
    Mail : infomod@mod.go.jp
=======================
すぺーすのいど
2007年08月11日 23:23
> -----Original Message-----
> From: XXXXX
> Sent: Wednesday, August 08, 2007 10:48 PM
> To: infomod; info@dfaa.mod.go.jp; koike@yuriko.or.jp
> Subject: なぜ国を守るための防衛省が国民の気持ちを踏みにじるのか?答えてください!
>
> 安倍内閣総意大臣殿
> 小池防衛大臣殿
> 防衛省の全ての方々
>
> 8月7日午後、防衛施設庁は「普天間基地移設に伴う環境影響評価の方法書」を沖縄県に一方的に提出しました。
> 沖縄県内の新聞などの報道を見ればわかるように、沖縄県民はあなた方防衛省のやり方に激怒しています。
> 沖縄県民の気持ちを無視するやり方に、県知事をはじめ全ての沖縄県民は激怒しています。
> 何故、国を守るための組織であるはずの防衛省が、日本国民である沖縄県民の自らの安全を求める訴えを無視するのですか?
すぺーすのいど
2007年08月11日 23:24
> 同じ日に沖縄県内の学校に再び米軍車両が不法侵入し沖縄県民は恐怖に慄いているのも関わらず、何故防衛省は沖縄の米軍に文句一つも言わず、米軍の新基地建設の為に県民の気持ちを無視してまで行動しているのですか?
> 沖縄県は沖縄県民は日本、日本国民ではないのですか?
> あなた方は胸に手をあてて、自らの存在意義を思い出してください。
> あなた方は何を守るために存在しているのか、あなた方のその権力が誰に由来するものであるか、本当に本当によーく考えてください。
> そして、あなた方の本当に行うべき仕事をして下さい。
> 今、あなた方は苦しい立場なのかもしれない。
> でも、平和憲法を掲げる日本国の公務員として、50年後、100年後それ以降も全世界から賞賛される仕事をしてください。
> 是非是非よろしくお願いします。
>
> XXX市 XXX XXXXX
dr.stonefly
2007年08月12日 15:36
すぺーすのいどさん、こんにちは。お疲れさまです。
また報告ありがとう。
結局仕事は終わらないまま、息子は入院するわ、付添い病院泊中に新たなFAXは送付されているわ、ワヤクチャな夏休みに突入しました。
辺野古のことも気になっているのですが、じっくり緊急報告などをじっくり読む時間がなく、ちょっと現状が把握、整理できないでいます。
そんななかの報告感謝です。
今後共よろしくお願いいたします。

この記事へのトラックバック

  • 無意味な小池訪米は、日本人の恥

    Excerpt: (「猫の教室」は夏休み中です。【宿題】は、http://heiwawomamorou.seesaa.net/article/51007672.html をご覧ください。提出期限随時です。) さて、.. Weblog: 「猫の教室」 平和のために小さな声を集めよう racked: 2007-08-11 18:24
  • 集え、ぬりかべファン!?『鬼太郎の見た玉砕~水木しげるの戦争~』

    Excerpt: 2007.8.11.23:00ころ NHKスペシャル 鬼太郎の見た玉砕~水木しげ Weblog: 多文化・多民族・多国籍社会で「人として」 racked: 2007-08-12 01:48
  • “右”か“左”か

    Excerpt: 前回、『「情」が分離された時代』というエントリーを書いた。これは、瀬戸智子さんがうまく表現してくれたようにベートーヴェンを縦糸「知・情・意」を横糸に組み立てたものだが、私はこれを単なる「お話」として書.. Weblog: 愚樵空論 racked: 2007-08-12 07:44
  • 結婚前に同棲は必要か? あのー「足入れ婚」とか・・・?

    Excerpt: アメブロさんの「みんなのテーマ」に、結婚前に同棲は必要? というのがありました。 いまや結婚前提なら同棲してもいい、というのではないんですね。世の中すすんだというのか。 それにたいしていろいろ.. Weblog: みんななかよく racked: 2007-08-14 11:18
  • おでかけ。

    Excerpt: 9月17日。 3連休の最終日、とはいえ来週も3連休なので何となく心は軽い♪ 休み... Weblog: 寝ない子育児をがんばるパパ奮闘記 racked: 2007-09-17 23:04
  • 同棲は本当に必要なのか。

    Excerpt: Weblog: 同棲の手引 racked: 2007-09-28 09:40