「死に至る壷」…馬鹿が良識を駆逐する

 例えば安っぽい映画でよくでてくるバターンを思い出す。
 ジャングルで何人かが遭難する。そこで賢く良識のあるヒーローがその集団を助けるため導こうとするのだが、ヒーローに対抗する「頭が悪く打算的で感情的な脇役」がその集団のなかに必ずいて、ヒーローと別の方向へ導こうとする。たいていの場合ヒロイン+αはヒーローと行動をともにして助かるのだが、脇役についていく数名の愚衆は、底なし沼に嵌まるか、獣に襲われるか、宇宙人にやられるか、蛇に喰われるか、つまりは裏に嵌まり死ぬのである。そしてどちらにしようか迷っている数名も馬鹿な脇役の割を食い死ぬ訳だな。遭難でなくてもこのパターンがベースに造られている映画なんぞなんぼでもある。
 映画を見ているワタシたちは、もうこのパターンを認知していて、そんなシーンになると「頭の悪く打算的で感情的な脇役と運命を共にするこれまたちょっと抜けている者たち」にバカなヤツラだ、そいつと一緒にいると死んじゃうのに、という哀れみの眼差しでみているわけだ。そして案の定の結果が待っている。

 今、ニポンという遭難しかかった集団のなかでアベ壷シンゾーはあきらかに泥沼に嵌まり死に至るほうの「頭の悪く打算的で感情的な脇役」ではないか。国会で「今、権力の頂点にいる!!」と宣い、自衛隊の軍用艦の甲板で自衛官にむかって「我が国の最高司令官である私は~」と誇って自分を疑わない馬鹿さ加減。昨日の発言を今日ひっくり返し「ジョージ」に謝るというプライドも正義もない厚顔無恥。さらには何かを指摘をされ言い当てられると顔を真っ赤にして怒り出すあの幼児性。行動を共にする周辺も類友だな。お馬鹿発言をさらけ出し続ける稚拙な内閣。「床の間」につづき第2弾を発表する「教育再生会議」etcetc.
 多くの映画で必ず死に行く「頭の悪く打算的で感情的な脇役」とその馬鹿に連なる愚衆そのものである。そして国民のなかにもこの馬鹿な脇役を支持するものが少なからずいる。

 さてさて、映画なら誰もが解るのに、何故現実だと解らないのでしょう。

 すこし考えると、映画と違いこの国=集団には賢く良識のあるヒーローがいないことに気づく。いやいるかもしれないが、脇役がヒーローを、つまり馬鹿が良識を駆逐した状態なのだ。選択肢がなく「頭の悪く打算的で感情的な脇役」がただ死に向かって導いている状態なのだ。
 考えてみれば馬鹿とは最強のキャラなのだ。なんといっても 「我が国の最高司令官である私は~」などと宣う馬鹿は、隣の国の「将軍」と同様ではないか。ほーら、ほらよく似ている。頭の悪さ故に本質がみえない。本質が見えてない自分が見えない。そのうえ先が見えてない事も見えない。さらには「将軍」様には周囲からの言葉が通じないのだ。まさに救い様がない馬鹿。しかし故に最強。怖いものなし。ここに馬鹿が良識を駆逐する原因がある。
 あ~あ、どうしたものだろう。
 この集団は、映画とちがいヒーローと脇役の二つに分かれて歩むことができない。脇役とそれと共に歩むものが死に至ったとき、その結果は全体に及ぶ可能性が大なのである。ああ繰り返すが、ヒーローが不在もしくは駆逐された状態なのだ。あきらめなければならないのか?……と、「あきらめ」に続く言葉はもう解るだろう、そうやはりそれこそが「死に至る病」である。
 映画のように正しい道に導く特定のヒーローはいない。しかしよく考えればこの国は「主権在民」の集団ではないか。つまり国民一人ひとりがヒーローなのだ。しかも 「9条、平和に貢献、78%」と多くは賢く良識があるヒーローなのだ。馬鹿な脇役にひっぱられ死に至らなくてもよいではないか。ワタシたちが馬鹿に惑わされてはいけない。ワタシ達国民がヒーローで、あの馬鹿はヒーローを引き立てるための脇役なのだ。
 今は「死に至る病」にかからぬよう、国民がヒーローであることを自覚して、馬鹿に理解させ、引退して頂くという当然の荒技をやってのけるしかないかな。

 ♪ヒーロー、ヒーローになるとき、あっはー、それは今♪






参照 教育再生会議の第2弾

(1)子守歌を聞かせ、母乳で育児
(2)授乳中はテレビをつけない。5歳から子どもにテレビ、ビデオを長時間見せない
(3)早寝早起き朝ごはんの励行
(4)PTAに父親も参加。子どもと対話し教科書にも目を通す
(5)インターネットや携帯電話で有害サイトへの接続を制限する「フィルタリング」の実施
(6)企業は授乳休憩で母親を守る
(7)親子でテレビではなく演劇などの芸術を鑑賞
(8)乳幼児健診などに合わせて自治体が「親学」講座を実施
(9)遊び場確保に道路を一時開放
(10)幼児段階であいさつなど基本の徳目、思春期前までに社会性を持つ徳目を習得させる
(11)思春期からは自尊心が低下しないよう努める

 

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

非戦
2007年05月02日 20:50
日本中、
>馬鹿が良識を駆逐
しています。

『教育再生会議』の出した、
>有害サイトへの接続を制限する

って、こういう良識派のブログなども含むのではありませんか。
アベ壷の「常識」からいうと、dr.stoneflyさんなどの反権力ブログは、「有害サイト」になるのでしょう。それに圧力をかけるつもりかしら。どこまでも邪悪なアベ壷です。これくらい疑うことに私はします。


luxemburg
2007年05月02日 21:01
こんばんは
 映画で見ると奴隷のリーダーであるスパルタカスはローマ皇帝よりかっこよく、一目見ただけで「こちらについていこう」と思わせてくれます。しかし、奴隷である以上、本当は体中傷だらけで栄養も十分与えられなかったみすぼらしい男だったかもしれず、現実社会では、このみすぼらしい方が正義だと判断できる人は少数かもしれません。もちろん自民党の政治家はお世辞にも美しくありませんが、スポットライトを浴びて飾られているので、なんだか負け犬っぽい野党政治家が正しいと思えないように操作されているのでしょうね。正義の女神ユスティティアはだから目隠しをしているわけですが、私たちもそういう知性を身につける必要があるかもしれません。
dr.stonefly
2007年05月03日 06:19
非戦さん、うーん、このサイト間違いなく「有害」指定でしょうね。その基準でフィルターを掛けられたら子ども達にはみられなくなるわけですね。困ったもんです。
dr.stonefly
2007年05月03日 06:26
luxemburgさん、おはようございます。
容姿(表面)と正義ですね。まあ人間ってのは容姿(表面)に騙されやすいのはコイズミやイシハラで実証済みかもしれません。それにしてもアベ壷は容姿(表面)も愚かしく、何故、騙されるのか不思議でなりません。かといって野党政治家も?ですね。
やはり、この際、国民ひとりひとりがスパルタカスになるしかなさそうですね。
余談ですが、キューブリックの映画で唯一みてない映画です。今度観てみます。
XASIS
2007年05月04日 00:51
映画と現実との区別が出来ない人とか<
メディアから流された{壷}の話しとか鵜呑みにしちゃって、
良識とか語っちゃってる時点で相当イタイタシイ・・・
ヒーローねぇ(ぷっ
kuroneko
2007年05月04日 09:51
なんか護衛艦に乗って「閲兵」している某首相が、いちばん映画と現実を混同しているような気もするね。
障子破り知事と三代目ボケット首相のヒロイズムって相当違いそう。
〔安〕は礼服・シルクハット姿だし〔石〕は軍服って感じかな。
dr.stonefly
2007年05月06日 08:11
kuroneko兄さん、おはようございます。
三日間ほど山に隠ってました。
>障子破り知事と三代目ボケット首相のヒロイズムって相当違いそう。
確かにそうですね、ベクトルは違いそうでも、悲しい方々というカテゴリーだったら括ってもいいでしょうか。
それはそうと、XA何とかみたいなヘイコメ以下の「壷の隷属」はどうしたもんでしょうかね? ハンドルとはいえ可哀想だから削除してあげるべきか、見せしめで晒しておくべきか? 悩むところです。
wでしめる奴より、さらにブルーな「(ぷっ」でしめるお方は哀れ過ぎるから削除してあげるべきかなぁ……。
AS
2007年05月09日 12:15
愚か者が何か言ってるけど、「理想の女性上司」人気投票で篠原涼子(「ハケンの品格」の大前春子)に入れちゃったりする人辺りこそが“映画と現実の区別がついてない”んじゃないかと。
ブログ主氏が現状を映画のプロットに喩えてるのは、全く別の次元の話だ。
dr.stonefly
2007年05月10日 05:14
フォローありがとうございます。
XAS○○のように、実際に「頭の悪く打算的で感情的な脇役」に追従する国民がいることを証明するようなコメントを貰うと、背筋が寒くなる思いです。この共同体の将来がおもいやられる。

この記事へのトラックバック

  • 憲法60年―「平和省」があったら

    Excerpt:  私も生まれて60年、憲法と共に生きてきた。  しかし、憲法のありがたみを感じないままに過ごしてきた。私の家庭がそのまま憲法であったからなのかもしれない。唯一つ、憲法が守られないまま好戦的な方向に徐々.. Weblog: 関係性 racked: 2007-05-02 17:15
  • 憲法9条は平和に貢献--78%

    Excerpt:  朝日新聞社の世論調査で、憲法第9条(平和主義・軍備不保持・戦争放棄)が平和に貢献しているとする回答が78%に上り、改憲すべき(58%)の中身の多くは「新しい権利や制度を盛り込む」という見解であること.. Weblog: A Tree at ease racked: 2007-05-02 21:02
  • 「国民の生命財産を守る政府」(不定期連載『決まり文句を疑う』)

    Excerpt: 年間三万人の自殺者。貧しさから配偶者を死なせてしまった高齢者。健康保険料が払えず病気を悪化させて亡くなった女性。射殺された長崎前市長への冷淡な最初の安倍首相コメント。加藤紘一の実家が放火されたことに対.. Weblog: 村野瀬玲奈の秘書課広報室 racked: 2007-05-03 00:11
  • 「それってどうなの」と「文句垂れ」と

    Excerpt: 今日は朝から、NHKのニュースでもようやく国民投票法案について報じていた。 Weblog: あしたはどっちだ! racked: 2007-05-03 01:55
  • 主権をめぐる攻防

    Excerpt: 第24条 婚姻は、両性の合意のみに基いて成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本として、相互の協力により、維持されなければならない。 2 配偶者の選択、財産権、相続、住居の選定、離婚並びに婚姻及び家.. Weblog: そいつは帽子だ! racked: 2007-05-03 18:23
  • 行ってきました。5・3 ☆9条改憲阻止! 国民投票法案粉砕! 関西集会

    Excerpt:  一昨日の記事で参加の決意を表明した 5・3 ☆9条改憲阻止! 国民投票法案粉 Weblog: アッテンボローの雑記帳 racked: 2007-05-03 21:44
  • 映画「バベル」で照明による体調不良計7名

    Excerpt: 映画<バベル>を名古屋で上映中に6名の人が体調不良となり、 四日市でも女性1名が体調不良となった!( 点滅シーンに注意!!) 名古屋駅前の映画館「ミッドランドスクエアシネマ」で、映画「バベル」を鑑賞し.. Weblog: 考えてみよう時事問題 racked: 2007-05-03 23:46
  • 特別な意味をもった「憲法記念日」

    Excerpt: 憲法施行60年「お坊ちゃん」の談話 談話では、今の憲法について「基本原則は広く国民に浸透し、わが国の今日の姿を築くうえできわめて大きな役割を果たしてきた。恒久の平和を念願し、国際社会で名誉ある地位を.. Weblog: 競艇場から見た風景 racked: 2007-05-04 01:54
  • 共同声明 『私たちは現日本政府の体制変革(レジームチェンジ)に反対します』

    Excerpt: この共同声明文は、私、世界平和の野望と村野瀬玲奈さまとの共同作業によるものです。前回4月22日に発表した文案に、呼応のエントリーを立ち上げてくださったみなさん、ご助言くださったみなさん、コメントにより.. Weblog: 私たちは現日本政府の体制変革(レジームチェンジ)に反対します racked: 2007-05-04 02:51
  • 前言撤回、改憲論も参院選の争点に。

    Excerpt: 昨日、東京の日比谷公園で行われた護憲の大規模な集会に、仲間と一緒に参加してきました。 安倍の無軌道な行動に対する、危機感を募らせてか、今の主催者になって、7年目で、過去最高の7000人の参加者を集.. Weblog: 平和のために小さな声を集めよう racked: 2007-05-04 11:50
  • 憲法記念日に寄せて

    Excerpt:  さて、現日本国憲法が施行されて60年の記念日。「還暦」を迎えて憲法のあり方を考える上では非常に重要な節目であることは国民にとっても理解できると思います。何しろ、イラクへの自衛隊派遣問題、北朝鮮脅威と.. Weblog: 高野 善通のブログアネックス racked: 2007-05-04 12:28
  • ネオコンでも左翼でも「世界革命」が生み出す世界は同じ

    Excerpt: 宇佐大神宮さんが書かれていることは、通説であることを私も知っているつもりです。 美辞麗句や空虚なスローガンで多数の人を騙しながら目的を達成しようとしている勢力を考えるときには、それが生み出す現実世界.. Weblog: 晴耕雨読 racked: 2007-05-04 17:12
  • 国家転覆を許すな

    Excerpt: 「売り上げ低迷の安倍グッズ=支持率反映?東国原知事にも及ばず」 2007/05/04-15:31 時事通信 発売後しばらく爆発的な人気を呼んだ小泉純一郎前首相のグッズとは 「比較するのがかわいそう.. Weblog: そいつは帽子だ! racked: 2007-05-04 23:05
  • 憲法あれこれ

    Excerpt: 日本国憲法はきのう60周年を迎えた。各地で憲法記念日をめぐる行事が行われ、アベシンゾーはわざわざこの日を選んで壊憲をぶち上げたそうだ。ようやるわ、まったく。 世の壊憲論者の「現行憲法はGHQに押.. Weblog: ミクロネシアの小さな島・ヤップより racked: 2007-05-05 00:40
  • ワナはすでに仕掛けられてる

    Excerpt: 今朝、国策番組の誉れ高いフジテレビの報道2001を観てみた。 ホレホレ、サッソク始まったよー。 ゲストは 「単一民族だけど俺の眉毛だけアイヌかな」の中曽根康弘・元首相 「ススメススメ、ヘイタイス.. Weblog: Saudadeな日々 racked: 2007-05-06 13:29
  • イラクの自由作戦の酷さ 自衛隊はどうなる?

    Excerpt:  明日で連休もお終い、と思うと憂鬱になる。 月曜の朝になると、さらに憂鬱は深まる。 休み明けブルー。マンデーブルー。 なにも、もっと遊びたいわけでも休みたいわけでもない。 休みが明けると、国会が動き始.. Weblog: とむ丸の夢 racked: 2007-05-06 13:34
  • 対米従属いずこへ?

    Excerpt: 写真は、3年前の台風で壊れたままになっているベチヤル村の公民館の軒先で、不安定に揺れている木彫りのグンカンチョウ。この鳥は、星、風、波を頼りに航海していた時代には大きな指標とされた。 きょうは、.. Weblog: ミクロネシアの小さな島・ヤップより racked: 2007-05-06 14:02
  • 簡単に「正しい答」が出せない人のために―――『告白』

    Excerpt: ここ2週間ほど、電車に乗る機会が多かった。 電車の中ではたいてい本、それも物理的にも内容的にも軽い本を読むことにしている。 それで、『へらへらぼっちゃん』『正直じゃいけん』と 2冊たてつづけ.. Weblog: かめ? racked: 2007-05-06 17:29
  • 5.3憲法集会&1万人パレード報告

    Excerpt: 5月3日、日比谷公会堂で行われた憲法集会&1万人パレードに参加した。 【ムービー... Weblog: 今日の出来事 racked: 2007-05-07 04:36