「“お国”で心の隙間を埋める」…つまらない大人にはなりたくない!!

♪ガラスのジェーネレーション、さよならレボルーション、つまらない大人にはなりたくない、さ、ワンモア キス トゥ ミー♪

 あー、相当意味不明な詞を歌いながら「つまらない大人にはなりたくない」と、いまだに思っている40過ぎのオッサンであるワタシはピーターパンなのかもしれない。いやいや、ホント「つまらない大人」が多い実生活のなか、「おもろい大人」であるブロガーやコメンテーターと出会えるブログは、習慣性のキツイ麻薬みたいなものだな。ピーターパンにブログを与えちゃ駄目ってことを自らが被験者になって、臨床実験をしているようなものだ。現実に大人としての振る舞いが強要される実生活が億劫で仕方なくなってくる。そんなピーターパンがモニターのむこうに座っているだろう、おもろい仲間に向かって叫ぶ。
 みんなぁ、愛してるよぉ~。さ、ワンモア キス トゥ ミー!! 
 もちろん比喩である。モニターからムニュムニュと顔を飛び出させて唇を突き出さないで欲しい。オンラインだから言えるのであってオフで出会ってもは「ワンモア キス トゥ ミー」などと絶対に言わない。どころか、オフで会っても自らをこれだけ晒していると、ろくすっぽ挨拶もできないかもしれない。ストリッパーが街角で出会った客に目を伏せるのと同じ心境だろう。
 ダメだ、駄目だ、病がひどくなる。そろそろ「ブログを捨て、街へ出よう!!」って、ワタシのなかのピーターパンに言わなくちゃ。というわけで街に出たピーターパンは…………、
 ひぃえぇっっぇぇぇー、妄想を綴っていくと前フリだけで終わってしまいそうなので本題にはいるとするか。
 で、何を書きたいかというと「ロスト・ジェネーレーション」である。……(短い沈黙)……はぁ? とモニターを見つめるそこのあなた、冷たい目で見ないで欲しい。はいはい、そうですよ。長い前フリの共通ワードは「ジェネレーション」だけだ。

 というわけで目の前に新聞の切り抜きがある。年始そうそうに 朝日新聞で連載された「ロストジェネレーション25-35歳」の8回目「愛国世代」である。正直に言ってこの記事は衝撃だった。あまりに衝撃だったのですぐにエントリーしようと思ったのだが、どう書いていいかわからず「切り抜き」がmacの横に放置されている。で、何か思索がまとまったか、というと未だにどう考えればいいか解らない。かといって、いつまでも放置しておくと「切り抜き」も無くなってしまいそうなので見切り発車だ。取り敢えず記事を転載してしまおう。朝日新聞さんごめんなさい。

 ■以下引用■
 64式小銃の銃声が、断続的に響く。
 12月上旬の日曜日、…(中略)…、予備自衛官補の実射訓練が行われていた。
 ぎこちない動作も無理はない。普段は会社員や学生なのだから。有事の際に後方任務を担う予備自衛官になるため、訓練中だ。
 「比喩的な意味でなく重いですね」Sさん(29)は淡々と話す。実際の銃の重み以上に、国防にあたる重みを感じている。
 「防衛招集に応じ、責任の完遂に務めます」
 後日、予備3等陸曹に任用され、そう宣言した時の使命感は忘れない。
 「日本が好き。日本で暮らす家族、友人が好き。自衛隊の一員なら国民や国土を守れる。そう思って志願したので」
 ■ここまで■


 最初にこの記事を読んだ時は、絶句した。そしてわけもわからず落胆した。これはなんなんだ。話にしか聞いた事がないが「戦時中に組織されたという婦人による竹槍部隊」を思い浮かべながら、やたら哀しくなった。このSさんが至って真面目で真剣であることが伝わってくるだけに、やるせなくて仕方ない。

 そも、ワタシは予備自衛官という制度があることを知らなかった。戦争がおきることを前提に敵国が上陸したことを想定し、会社員や学生にも「お国のために立ち上がり銃を取り闘え」という「司令部の意図」であろうか?
 失われたジェネレーションと呼ばれる年齢層の青年たちは、その状況追い込んだ権力に対するレボルーションではなく、権力の側に立ち権力に洗脳され銃を取った。

 「防衛招集に応じ、責任の完遂に務めます。お国のために、この与えられた64式小銃を撃ちまくり責め来る人間を殺戮しまくります。いや外からくる敵ばかりでなく、内なる敵「反日」も撃ちまくります。そして愛する国、愛する家族、愛する友人、そしてこの愛する土を守ります。愛する国以外のことを考えることなど私にはできません。何故ならご先祖様から受け継がれたユウキュウの歴史をもつこの美しい国に対する愛だけが真実であるからであります。これがたまたまではありますが、人為的な線引きに囲まれたニポンという国に産まれた私の使命であり責任であります。私がニポンに産まれたことは偶然ではなく運命だったと感じるのであります。お国こそが私であり、私こそがお国であります。お国が滅ぶとき私も滅ぶのであります。私が滅ぶときお国の土となり永遠の命を得るのであります。私はこの美しい文化と伝統をもつ美しい国家に産まれたことを誇りに思います。理由如何によらずニポンを責める内外の敵は既に人間ですらなく殺されても仕方がない存在であります。いやニポンの理由こそが真理であり、他国の理由なぞ嘘偽りに違いありません。これがやっと見つけた私の責任であり、これで私の心の隙間は埋められます……、いやもとい、今後はまっすぐにお国にすがりつき生きる所存であります……、いや、あれ?……」
 
 別にあんたの心の隙間を埋める理由でワタシャ守られたくないよなぁ、もちろん殺されたくもない。ほんとにもう~~、と言いたい。実践訓練してる暇と熱意があるなら、愛するお国のために戦争にならないように、いや平和になるように努力しなさいよ、とタメイキをつぎながらこれを「ロストジェネレーション」と括っていいのだろうか?という疑問が浮かぶが真偽は解らない。いつか喪黒福造に聞いてみたい気もする。
 おそらく「ロストジェネレーション」で括るな!! と言いたい25-35歳の人も多いだろう。「戯れ言」を読んでいる25-35歳の人ならなおさらかもしれない。なんでも「キャッチコピー」で括ればいいというものではない。マスコミの弊害だな。これが「ロストジェネレーション」なら70-90歳ぐらいの先の戦争体験者も当時は「ロストジェネレーション」と言えるのではないか。じゃあその世代の人達の多くが未だに「記事に登場する若い予備自衛官補Sさんのようなメンタリティー」かと言えばそんなことはないだろう。戦争がトラウマとなり、戦争を忌み嫌い平和を渇望しているのではないか、なぜここから学びとろうとしないのだ!! ……ちょっとまてよ、こんな展開の仕方は、ちょっと無理があるかな。またツッコマれるかな?
 まあいいや、「ロストジェネレーション」って言葉の「世代」の方は「?」だけど、「ロスト」の方はなんとなく解る気がする。何かを失っていて、いやどこかで踏まなかった(踏むことを阻害された)「発達段階」があるのかもしれない。ポッカリと心に穴が空いている人々がいるんだよな。そんな穴を埋めるのが権力の意図に嵌められた「お国」であり、上の科白のような、そのお国を中心とする与えられた価値観って気がするわけだ。思考停止である。
 なんだかなぁ~、つまんないなぁ。つまらんヤツラだ!!
 あ、そこの人、これワタシの感覚なんで、ツッコマないようにね。
 このブログでは、いくら論理的じゃなくてもワタシの肌感覚が物を言うのだ!!!
 とにかく、つまらんお方はつまらんぞよ!!
 最後にもう一回大声で歌うぞ。


 ♪つまらない大人にはなりたくない、

  さ、ワンモア キス トゥ ミー♪




 なお、喜八さんの提言に従い、つまらないお方のコメントはこのブログでは抹消することにしようかな……。
 大方、そうしたつまらないお方は、ダダをこねて心の隙間を埋めて欲しいお方とコメントにも現れている。本来お相手して癒してあげるべきなのかもしれないが、カウンセラーでないワタシには重労働で過酷すぎる。かと言って、その「ダダをこねる哀しいメンタリティー」を晒しておくのも気の毒なので、則、削除してあげたほうが優しいのかもしれない。


 あ~あ、言っちまったよ。
 
 
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

非戦
2007年02月11日 12:11
私も、朝日の予備自衛官の訓練を受けたというS
さんの行動や発言には、ぶったまげました。そして脱力しました。「家族や友人が好き」なら、dr.stoneflyさんが書かれたように、「実践訓練してる暇と熱意があるなら、愛するお国のために戦争にならないように、いや平和になるように努力しなさいよ。」と言いたいです。防衛しようとすればするほど、相手を殺し、自分たちも殺されるのです。今話題の「墨攻」という映画もそういうことをあらわしているそうです。
アキラ
2007年02月12日 13:44
え~っと、朝日新聞の「括り」というか「分析」のしかたが間違っちょるというお話ではないんですよね? (^_^;)
わたしは、世の中にはいろいろな人間がいると思っているので、「実際には可能性がないとは言えない実戦の訓練をしたい人」も「戦争にならないように、非戦状態でいられるように外交で努力したい人」もいていいと思っています。
わたしは「外交努力をしたい人」ではあります。
けれど、どちらかだけを「強要」するのは、強要していることでは「等価」だと思うんです。
太郎
2007年02月12日 13:54
Sさんの行動や発言は素直ですね。
世界で戦争が無くなったという話を聞かない以上、最悪の状況を想定して準備するのは間違ってないですね。
一方で戦争にならない努力もすればいいだけで、どちらか一方というのは、それこそ不健全だと思います。
「墨家」は「非戦」には違いないですが防衛の為の「圧倒的な軍事力」を持つという思想では?(汗
dr.stonefly
2007年02月12日 15:56
非戦さん、こんにちは。コメントありがとう。
おそらく、非戦さんはとてもワタシに近い感性なんだと思います。
dr.stonefly
2007年02月12日 16:15
アキラさん、こんにちは。
え~と、ややこしい展開の仕方をしてすみませんでした。時間がないなか思考を整理できずに書くと駄目ですね。いろいろ書きたくて全て中途半端になっている。おっしゃるとおり朝日への指摘ではありません。
で、>強要していることでは「等価」 というのは確かにそうかもしれません。この記事ではSさんの行動を責めている部分もあり問題かもしれません。ワタシも基本的にいろいろな人がいいと思って居るのですが、「いろいろな人がいてはいけない」というのが今の政権で、まさに「いろいろな人を否定する」政策に追従するように思えてしまうSさんの行動に対し、ついつい攻撃的な書き方になってしまいます。ほんとうに自己矛盾です。
ただ、「権力」に対しもの申すというは、「強要」でないと思うの「Sさんや同じ行動をする人に対しての行動の強要」が自己矛盾の原因なのでしょうね。
難しいです。
dr.stonefly
2007年02月12日 16:26
太郎さん、はじめまして、ですか? 違ってたらごめんなさい。
うーん、またしても考えさせられます。「現実」にはおっしゃる通りなのでしょう。太郎さんのように言われると、ぐのねもつけません。でも不健全で、非現実的かもしれないが「違う」と言いたいワタシがいます。人類の歴史のなかで一度も戦争がなかった時代がなく、今後もそうだとしても、全ての戦争と軍隊と武器を否定したい。実際に戦争になり殺されてもこの考えを変えることはないでしょう。では、Sさんのことを引き合いに出さずにそのことだけを言えばいいじゃないかと言われるかもしれませんね。ブログに書かずにオノレだけで思っとけばいいじゃないかと言われるかもしれません。やっぱりワタシは世間に不健全な考えを訴えてる奴なのでしょう。あれ、アキラさんへのコメントと矛盾するかなぁ? 困ったものだ。
dr.stonefly
2007年02月12日 16:40
追記のコメントです。
ご指摘の部分がひっかかりながら書いたため「つまらない奴」「おもろい奴」というあいまいな主観になったのだと自己分析します。なんとなく言い訳を追記したくなりました(爆死)。
アキラ
2007年02月12日 21:13
あ~、爆死なさらなくても・・ (^o^)。

>ワタシも基本的にいろいろな人がいいと思って居るのです
<
>「いろいろな人がいてはいけない」というのが今の政権で、まさに「いろいろな人を否定する」政策に追従するように思えてしまうSさんの行動
<
>今後もそうだとしても、全ての戦争と軍隊と武器を否定したい。実際に戦争になり殺されてもこの考えを変えることはないでしょう。
<
このあたりのニュアンスは分かりますので、是非論点を整理されて、改めてのdr.stoneflyさんの持論を伺いたいところです♪
life_is_beautiful
2007年02月13日 02:40
「ダダをこねる哀しいメンタリティー」グサッ!! 今回の遣り取りを閲覧させて頂いて、大江健三郎氏の『軍国少年』を思い出しました。アンチテーゼですが、今日の世論への説得力はあるのでしょう。しかし私も逆を生きたい。国家により暴力が認められる社会など、まっぴらごめんです。10年以上前の情報ですが何処だか忘れましたが南米には軍隊を持たない国家がある(あった?)らしいです。軍事予算を平和教育に。素晴らしいと思いました。そんな国家であれば『愛国心』は自ずと芽生えるでしょう。WWⅡで国内外を問わず命を蹂躙した私が生まれた国。同時に被爆国でもある(唯一の「被爆国」なのか疑念を抱いていますが)。こうした歴史から学び発信しなければ、人間は命を尊ぶ、と嘯き続けるばかりでしょう。
dr.stonefly
2007年02月13日 09:04
アキラさ~~ん、おはよ~ございま~す。
持論をお伺いたい~、と言われても、理論武装されてない肌感覚ブロガーの弱点でなかなか万人に納得してもらえる記事がかけないで苦しんでいるのです。徐々にということでお許しを……。
と、いいつつ過去の記事では06-7-1「日本の国防について」というUnder the sunのアンケートに応えた記事がありますので、時間があるときにでも読んでいただけたらと思います。ただ繰り返しますが、いろいろな考えを網羅して理論的に書いているわけではありません。また他の殆どの記事もあわせ簡単には現実不可能と思われる「ワタシの理想論」で書かれています。また一部から危険分子というコメントを貰ってます(笑)。こんなブログがあってもいいか、という開き直りですね。すみません。
dr.stonefly
2007年02月13日 09:09
lifeさん、おはようございます。
>グサッ って、違いますよ~。あんまりイジメないでください。
>国家により暴力が認められる社会など、まっぴらごめんです。
>軍事予算を平和教育に。素晴らしいと思いました。そんな国家であれば『愛国心』は自ずと芽生えるでしょう
そうなんですよ。まさにワタシの言いたいのはそこです。
現実的でない、と言われて揺らぐのが最近のワタシの駄目なとこかもしれません。
アキラ
2007年02月13日 17:18
あ、はい、そっちを読んでみます (^o^)。
太郎
2007年02月13日 22:28
確かコスタリカとかモナコとか現在でも軍隊を持たない国はいくつかあったんじゃないでしょうか?ただ実際は日本の自衛隊と同じく相当まやかしですが(笑
戦争は相手の都合で始まる場合もありますし国は国民の生命と財産を守る義務もあります。
この国の義務と責任を「軍事力なし」で担保できるなら素晴らしいことと思いますが現時点では不可能だと思います。なにせ相手のいることですから…
なので平和主義の理想を掲げつつ現実に対応するしかないのではないでしょうか?
理想は高く気高く個人的にはそう言うの好きですね。じゃなければ進化ないですから。
あとコチラにお邪魔するのは初めてでした。
dr.stonefly
2007年02月13日 23:54
太郎さん、こんばんは。
ワタシは個人的に、殺されても軍不要と思っているのでお話になりませんね(笑)。言われるように国の責任として「軍事力なしが不可能」であることを論破できない以上、ワタシは了解するしかないのかもしれません。ただ太郎さんも言われるように「軍事力なしが素晴らしい」ことであれば、それに向け努力してほしいものです。軍事産業やアメリカの為であることは論外であり、しかしこの国はそのために軍事力の強化(消化)、戦争の準備をしているように感じられます。すくなくともそうした現状にNo!!と言いたい。肌感覚でもうしわけないが、Sさんに関してはもう
一本エントリーをたてますので、もうちょっと抵抗させてくださいね(笑)。

この記事へのトラックバック

  • ロストジェネレーションを分析する

    Excerpt: 昨日の朝日であるが、正月から連載されている「ロストジェネレーション25~35歳」の特集があった。企業の就職採用率が向上するまでの「失われた10年」の世代だそうだ。とく特集面では「政治」「労働」「消費」.. Weblog: 再出発日記 racked: 2007-02-11 11:53
  • 「自分は給料分の価値しかない」のか

    Excerpt: 昨日の続きです。このあと、シンポジウムで労働者、若者からの簡単な報告がありました。JMIU(金属情報機器労組)の若者からは労組結成の報告がありました。彼の職場では99年に大幅な賃金カットが行われたそう.. Weblog: 再出発日記 racked: 2007-02-11 11:55
  • 通貨・物価変動論など 前編

    Excerpt: ■ 金の生産と「労働価値」 通貨というもっとも現実的な価値基準を考える前に、金を取り上げて、「労働価値」がどのようなものであるかを説明したい。 かつて貨幣として金が使用されたのは、非腐食性・分割容.. Weblog: 晴耕雨読 racked: 2007-02-11 16:13
  • 国を愛する心を養う日

    Excerpt:  今日は,建国記念の日です。  「国民の祝日に関する法律」によれば,建国記念の日は,必ずしも2月11日でなくてもよく,政令で定める日で良いとされています。  また,祝日の中で建国記念日だけ.. Weblog: 津久井進の弁護士ノート(ブログ) racked: 2007-02-11 20:52
  • 「ホームレス問題→自己責任論」に、うさキック!&署名のお願い

    Excerpt: 2007.2.11.15:20ころ 風邪をひいたか、熱っぽくってからだもだるい。 Weblog: 多文化・多民族・多国籍社会で「人として」 racked: 2007-02-11 21:13
  • 真偽を質せ、狼煙をあげろ

    Excerpt: 国民投票法案:二階・自民国対委員長「与党単独でも」 「憲法記念日までにやろうと我が党幹部は主張している。議論だけで空転するなら採決するしかない」毎日新聞 議論だけで空転するなら採決するしかない こ.. Weblog: そいつは帽子だ! racked: 2007-02-12 13:29
  • 米国との一体感

    Excerpt: 少なからぬ日本人が「米国との強い一体感」をもっているようだ。 「米国との強い一体感」。たとえば、米国によるイラク政策を批判する国内意見があると、これに対してきわめて感情的になって反論する日本.. Weblog: 喜八ログ racked: 2007-02-12 21:23
  • 語り継ぐ言葉

    Excerpt: 「空転してしまうようなことがあれば、採決させていただかざるを得ない」 国対委員長 あなたはいったい 何のためにそこにいるのだ 国民の金を食って 人海戦術の頭数 翼賛投票マシーンか カードゲームの中ボ.. Weblog: そいつは帽子だ! racked: 2007-02-13 07:58
  • 入管一元管理で賤民をつくろうとする策謀に、うさキック!うさキック!うさキック!

    Excerpt: 2007.2.13.10:00ころ 外国人登録:IC「在留カード」新発行 入管で Weblog: 多文化・多民族・多国籍社会で「人として」 racked: 2007-02-13 10:47
  • サヨナラ!石原都知事

    Excerpt: (当然といえば当然ですが)韓国でも評判がヨロシくない石原東京都知事の三選に関する記事が2月11日のハンギョレ新聞に出ていたので翻訳してみました。それにしても「右翼の中の右翼」って・・・。ププっ。ちなみ.. Weblog: 薫のハムニダ日記 racked: 2007-02-15 15:14