「夫婦別姓は絶対に否だ??」…いなだともみ愛の劇場

 「なだいなだ」という作家がいて、一体どっちなんだ!? と、笑っていたが、しかし、どっちなんだ、という事もなく、いきなり「いなだ」と言われても……笑えない……、「いなだ・ともみ」である。ウソである、めちゃくちゃ笑える。腹を抱えておもいっきり笑ってしまった。笑いすぎて、く、苦しい、誰か助けてくれ~。
 今年こそおフザケはなしで全てを真面目にエントリーしようと思ったのに、もはや駄目だ。完璧に壊れた。書け~、か~け~、か~ぁ~け~ぇ~、と呪文を唱える「かめ !」のgege師匠が悪い(笑)。
 というわけで「いなだ・ともみ」劇場の始まりである。→元ネタ

 オーホホホホホ、アタクシたち夫婦の「愛」は完璧なんざます。何故ですって? あたりまえざんしょ、それは、法律で認められた「愛」なんですもの。それが証拠に、ほらね「姓」も夫と一緒。この姓が一緒ということこそが「真実の愛のか・た・ち」ざんすのよ、お分かり? 夫婦同姓こそが、「愛」がある夫婦、「愛」にあふれた家族の証しなんざますのよ。オーホホホホ。
 なんですって「夫婦別姓」ですって、穢らわしい。そんなもんが「愛」っていえるんざますか、キィー。
 「法律婚」で「真実の愛」を交わす前の彼氏はひどかったわ。二股三股四股五股とそのへんの女とやりたい放題。私に「愛しているよ」なんて囁きながら、何人の女とやってたんでしょ。キィー、悔しい。でも、いまはみてごらん一夫一婦を保障する法律婚のおかげで「真の愛」を得たのよ。世間に認められる夫婦の「愛」は法律婚だけなのよ。法律で夫はアタクシとだけしかしちゃいけないって決まってるんですもの!! 夫が浮気ですって、けけけ、法律なのよ、浮気なんかさせないわよ。事実婚の「愛」とは大違い。私たちにの愛は契約によって完璧なものになってるの!! なんですって離婚ですって、ずぅえーたい、許すもんですかぁぁぁ!!!!!! 裁判で、愛の真実を実証するざーます。
 え、「愛」がなくなったですって? 冗談じゃないわよ。真実の「愛」の契約は一方的には消えないよ。
 え、それは本当の「愛」じゃないですって? 何言ってるの法治国家の「愛」は法律なのよ。
 え、「夫婦別姓」ですって、そんなまやかしの「愛」は本物の愛じゃ、ありません!! キィキィ
 え、「愛」それぞれの自由じゃないですかって? 民主主義によって「愛のかたち」は決まってるの!!
 え、庇護されなくても、かまわないって? 絶対に駄目です。許しません!! 「愛」に例外はありません!!
(指摘しないでください。もちろんフィクションです、いなださんの実際など知るよしもありません)



 なんか、面白く書けないな。不調だ。防衛省発足のニュースなんか観てたからきっと鬱なんだろう。愛の劇場は打ち切りだ。でも、エントリーをあげた以上言いたい事は言おう。つまり言いたいのは、「法律婚」だろうが、「事実婚」だろうが、「同姓」だろうが、「別姓」だろうが、男と女が一緒に生活しているという「本質」とは、なんの関係もないってことなんだよな。gege師匠も言っているが、「本質」となんら関係ない婚姻制度をなくしてしまうのがすっきりしてよろしい。
 今時はそうでもないのかもしれないが、「バツイチ」ってのが社会的に罰ってハンディになったり、最近「戸籍」がなくてパスポートがとれない女子高生がニュースになったが、「法律婚」の弊害ってのもねぇ、子どもの例は、ちょっと見過ごせないとこにあるよな。
 いづれにしても「婚姻制度」など、結局は「国家」は「管理」のために、エサをちらつかせ「婚姻の届け出」をさせているだけのはなしだ。もちろん婚姻のエサだけじゃなく、別れ難いように離婚の罰も用意している。ようは国家による「管理」なんだよ。

 いなださんのように「法律婚」やら「同姓」をことさら重視して「本質」と関係ない部分に頼ろうとするのは、単に自信がなく、法律に縛られてはじめて安心するという心理ではないのだろうか。

 あれ、あれれ、これって「国家」に縛られて安心するメンタリティと似てないかい。ほら、「愛国心」を法律で謳わないと不安で仕方ないところとかがさ。



■以下引用■
毎日新聞 2007年1月8日 東京朝刊

◇家族像破壊を招く 例外認める必要ない--自民党衆院議員・稲田朋美氏
 夫婦別姓に賛成するかどうかは、法が理想とする家族像をどのようなものとすべきかという価値観の違いによるだろう。現行の家族法が予定する家族とは「同じ姓、そして法的手続きにより夫婦となったものと、その間にできた子供」である。
 私が夫婦別姓に反対する理由は、夫婦別姓は家族としてのきずなや一体感を弱め、法律婚と事実婚の違いを表面的になくし、ひいては一夫一婦制の婚姻制度を破壊することにつながるからだ。法律婚▽事実婚としての内縁▽重婚的すなわち違法な内縁--の垣根が失われれば、現行の婚姻制度そのものが崩壊する。これは法が理想とする家族像の破壊である。
 社会生活上の不便については通称使用の拡大で解決すればよい。
 私も5年間弁護士活動をした後に結婚した。当時すでに弁護士会では、通称使用が認められていた。私は通称を使わずに夫の姓に変えて弁護士活動を継続したが、今となっては記憶にないほどの不便しか感じなかった。結婚すれば独身の時よりも、そして子供の親になれば親でない時よりも、不自由や制約があるのは当然である。
 夫婦別姓推進論者はジェンダーフリー推進論者が多く、彼らは根本的に伝統的な家族の姿に価値を見いだしていない。夫婦別姓を推進している人は「すべての人に別姓を強いるものではない」というが、例外のために原則論を曲げることが問題なのである。
 「氏名は人格権」という主張はつまるところ、カタカナであろうが、ローマ字であろうが、自分勝手に姓を登録できることに行き着く。子供が親の姓に拘束されるのも、「人格権」の侵害だというのか。
 「多様な価値観」を突き詰めて、同性婚、一夫多妻、何でもありの婚姻制度を是としてよいのか。例外を法的に保護すれば、法の理想を犠牲にすることになってしまう。
 夫婦別姓が法制化されていないのは、まさに選良としての政治家の判断によるものだ。法制審は専門家の集まりではあるが、民主的な決定の過程は経ていない。その答申は尊重すべきではあるが、最終的な採否は国民の代表である政治家が行うのが民主主義だ。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

非戦
2007年01月10日 08:48
私は、「なだいなだ」が好きなのに、紛らわしい「いなだともみ」の元ネタを読みに行ったら、頭がクラクラしてきました。まさに、dr.stoneflyさん作の「いなだともみ劇場」は想像の産物ではなく、事実だ!ですね。良く描けています。この「いなだ」さんって、本当に若くて弁護士なの?「明治化石人間、保守反動、愛国の母」などのイメージが私の頭にどんどん浮かんでくるんです。ため息つくしかないですね。
非戦
2007年01月10日 08:53
↑「愛国の母」でなく「軍国の母」でしたね。でも、どちらにしても、やっぱり同じですね。
つくい
2007年01月10日 11:23
 この人は大阪弁護士会所属の弁護士さんですが,多様な考え方を認めずに,自分の考える「枠」や「型」に固執するような論調で,保守的かどうかという以前に,ちょっと付いていけないものを感じますね。
 この人も共謀罪の審議委員(衆議院の法務委員会の委員)の一人だと思うと,ちょっとがっかりします。
 せっかくの弁護士出身の議員さんなのになあ。
gegenga
2007年01月10日 16:39
>法律に縛られてはじめて安心する
そうか!
『家族プレイ』だけじゃなく、『緊縛プレイ』も好きだったのか!!
そまん
2007年01月10日 19:39
いや~稲田朋美アジュマ、ついにここにも登場ですね。山谷えり子アジュマに続いて時間の問題だと思っていましたが。彼女も私とほぼ同世代の40代半ばで、まあ同じような教育も受けたはずですが、なんであんな風になっちゃったの??おじさんにはわからないよ~って感じですが。なんか変な宗教にでも影響されてるのかな?
中学生くらいの子供が確か2人いるとか聞きましたが、こういう親をどう思ってるのかな?なんか可哀相・・できたら反面教師にしてほしいですね。
いずれにしろ、この人・・今後要注意のひとりですね。以前だったら、表舞台に立てないような人なんですが、やはり日本の政治自体が非常~におかしくなってるんですね。
そまん
2007年01月10日 19:56
本筋からはずれるかもしれず、申し訳ありませんが。
夫婦別姓反対派が一番に主張するのが「別姓にすると家族の絆が希薄になって、家庭崩壊する危険があるからダメ!キイキイ」ってことのようですが、それってどうも本当かなって疑問です。じゃ同姓だったら「明るく正しい伝統的な日本の家庭は完全に守られる」のでしょうか?なんか今でも崩壊寸前の家庭・家族は無数にあるような気が・・・
韓国は夫婦別姓ですが、日本より家族関係が希薄で、崩壊寸前の家庭が多いんでしょうか?私も韓国へ行く度に親しい友人の家に泊めてもらいますし、他にも友人・知人の家庭に随分お邪魔したことがありますが、う~ん・・やはり少なくとも今の日本の家庭よりはまだ遥かに家族間の絆も強いと思います。
(親族間も・・なんか相当遠い親せきでもいろいろ付き合いがありますね)
要は、姓の問題で家族の絆がどうかなるとか
基本的には関係ないと思います。
反対派は、反対の口実に使っているだけなのでは?別姓でうまくいかないような家族は、
たとえ同姓だってうまくいかないと思いますよ。
ただ韓国の夫婦別姓制度自体には、また別の問題もありますが。
kuroneko
2007年01月10日 22:43
TBさせていただきました。
男女別姓を望む人って、跡継ぎ娘などもいると思います。婿養子なんて無理でしょうから、せめて自分の代で、家名を守り、こどもを二人以上生んで、一人は母方の姓を名乗らせたいという、家意識の強い女性もいるはずです。

そうした家意識を、男女同姓絶対論者は払拭して、「姓なんて符丁よ」という「家」に対するアナーキーな態度を醸成しています。

と稲田議員を褒めてあげると喜ぶ…かな?
村野瀬玲奈
2007年01月11日 00:32
先ほどトラックバックした私の記事で革命的な提案を書いたのですが、もう一つの実証的な提案は、どこかの構造改革特区とやらで別姓希望者を募って希望者はその地区でだけ夫婦別姓とし、夫婦同姓のカップルと比べて家庭崩壊度を検証し、問題がなければ全国で選択的夫婦別姓を導入する...というものです。dr.stonefly師匠、どうでしょうね。

(「師匠」って呼びかけると、嫌がらせコメントとみなされて削除されたりして。笑。それとも、ここでは禁止ワードになってたりして。爆)

それにしても、「理想」を構想するのはそれぞれの人間であって、稲田議員ではないと思うのですが。ぜひ、この稲田議員インタビューは外国マスメディアにも取り上げてもらいたいな。
dr.stonefly
2007年01月11日 09:14
非戦さん、おはようございます。
いなださんは、きっと辛い過去を背負っているに違いありません。でなければ、こんな閉塞的な言説がでてくるとは思えない。ツレアイさんは是非こなん「トモリン」を救ってやって欲しい。と、思いました。


つくいさん、コメントありがとうございます。
そうそう、まず「枠」や「型」の解体、自らがそこから「解放」されなければならないんですよね。ワタシも気をつけなければ、と常々思ってます。
弁護士もひとつに括れませんね。


gege 師匠、しまったその手があった。
本文の妄想はそこにつづけなければならなかったんだ。「愛」は亀甲縛りなのよ!!……ん、あれ? 失礼しました。
dr.stonefly
2007年01月11日 09:15
そまんさん、おはようございます。
>韓国の夫婦別姓制度自体には、また別の問題もありますが。
そうなんですか? いずれにしても「国家」ー「家」ー「姓」ー「管理」という連鎖を想像させ、ぞっとします。

kuronekoさん、ごめんなさい。
実はTBいただいた記事を読まさせていただき、コメントしたかったのですが、その時は時間がありませんでした。法律に縛られたく、家に縛られたく、姓に縛られたい、イナださんは、単に「お家断絶」続出の事態を知らなかっただけで、これを知れば青ざめることでしょう。一度くらい「姓なんて符丁よ」と自らを全否定できればいいのでしょうが……。

玲奈さん、もしかして……。
こないだうちのつまらないコメントの応酬を読んでおられたのでは……(汗)。お恥ずかしいかぎりです。
「構造改革特区」で、別姓希望者ですか?、ははは、いいですね(笑)。でも、特区をつくらなくても統計はとれたりして。いやいや内面的問題だから統計はとれないのか。「離婚率」では「法律婚」を前提にしているわけですしねぇ。いずれにしても「野暮なお話」ってことで解決していですね。
そまん
2007年01月11日 18:32
韓国の夫婦別姓制度の問題点と言っていいのかどうか、これが男女平等のような先進的な思想に基づくのではなく、旧来の家制度(正確には同一姓の一族という制度)に基礎を置き、その伝統(純粋性?)を守るためのものなんです。そこのところが私たち日本人の誤解しやすいところだと思います。
要は、韓国・朝鮮の夫婦別姓というのは、たとえ結婚しても女性は男性の一族の一員とは認められず、(形の上では)仲間はずれにされるって事なんです。
たとえ結婚しても、女性はあくまでも自分の父方の一族の一員である事は変わらないわけです。それが日本と似て非なるところです。
それがいいのか悪いのか議論の分かれる所ですし、これを突き詰めていくと、韓国の同姓一族制度自体の議論にまで行き着いてしまいますが・・どちらにしろ急速に変化する韓国社会でも、まだまだ日本に比べても、一族の絆・団結意識は強いみたいです。
ただこうした制度に関連して最も問題になっていた「同本同姓結婚の禁止規定」はやっと民法から削除されるといった前進も見られますから、韓国社会は少しずつでも着実に前進しています。それに比べて日本は・・トホホって感じです。
dr.stonefly
2007年01月12日 05:00
そまんさん、おはようございます。
今回はいなださんがあまりに稚拙なことをいうのでエントリーしましたが、ワタシとしては家制度や姓名などの作り物は、どうでもいいと思っていて、ただ権力が家やら姓などでことさら縛ってくることに勘弁して欲しいと思ってます。と、そうするとワタシにとっては、「一族の絆・団結意識が強い」韓国の方がきつそうですね。
そまん
2007年01月12日 18:42
実の所、私も韓国に生まれて当事者だったら、やはり「濃密な日頃の付き合い」は疲れるだろうなって思いますよ。
特に皆が集まった時などの家事は女性に全面的に負担がかかりますし、男は男で先祖の祭祀をしなければならないですし・・・
人間関係が濃密ということは、それだけ軋轢が多くなる可能性もありますし。。
あの国も、先進的な面と保守的な面がないまぜになって、混沌としています。過渡期なんでしょう。私が今一番心配しているのは、今年12月19日の大統領選で、保守・右派のハンナラ党候補が当選したりすると、また逆戻りしかねないってことです。対北で過剰に強硬になったりすると、日本政府もますます増長してとんでもないことに・・・
特にパクチョンヒの娘が当選したら、どうなることやら。
ともあれ、この項はこのくらいにしておきましょう。
tetsu
2007年01月14日 15:41
こんにちは。初めまして。
わが家も事実婚です。
数日前、この稲田氏の新聞記事を読んで「けっ!」と放っていたんだけど、かめ?さんやこちらのエントリーを読み、久々に別姓について書いてみました。TBさせていただきました。どうぞよろしく。
dr.stonefly
2007年01月14日 17:14
tetsuさん、はじめまして。歓迎です。
事実婚ですか、すばらしいですね。
TB頂いた記事は読まさせていただきます。
今後共よろしくお願いします。
×第二迷信
2007年01月30日 09:06
>男女別姓を望む人って、跡継ぎ娘などもいると思います。婿養子なんて無理でしょうから、

 …という、「家制度大事主義」の残ってる日本の現状で、「ちょっと慎重に」という意見があってもいいと思うけど、私だけでしょうか。

「姓なんて符丁よ」で、長男の私が改姓しました。べつに養子縁組してませんし、誰に頼まれてもいませんが。男が改姓=養子、というのも偏見ですがねー)

dr.stonefly
2007年01月31日 03:24
どうもワタシは「家制度」と「強要」が嫌いなようです。
柔軟に対応できる社会であればいいのに、といつも思ってます。
理由はわかりませんが、改姓されたってのは、すごいですね。

この記事へのトラックバック

  • NATOと日本の新しい関係

    Excerpt: 今回の首相の北大西洋理事会(NAC))出席の露払いでしょう。 すでに昨年5月、私たちが連休に浮かれている間に麻生外務大臣が同理事会で演説をしたのは、「新たな安全環境における日本とNATO」です。 この.. Weblog: とむ丸の夢 racked: 2007-01-10 11:30
  • 夫婦別姓問題を考える

    Excerpt: 私のお笑いの師匠、gegengaさんの「かめ?」から。「稲田朋美さんて、すごい!」 (2007年01月08日)私は、夫婦別姓という選択肢が増えることに何の不都合も感じません。選択肢が増えれば増えるほど.. Weblog: 秘書課村野瀬玲奈です racked: 2007-01-10 14:40
  • 稲田朋美さんて、すごい!

    Excerpt: 毎日新聞、本年第一回の「闘論」。 お題は「夫婦別姓」です。 とにかく1度、読んでみてください。 とくに、後半の稲田朋美さんのほうを。 闘論:夫婦別姓の法制化 沼崎一郎氏/稲田朋美氏 .. Weblog: かめ? racked: 2007-01-10 16:28
  • 大石殿のご妻女  夫婦別姓か夫婦同姓か

    Excerpt: 駅などに貼ってあった番組宣伝のポスターを見て、ネタを思いついたときには、パソコンが壊れていたので、遅ればせの話ですが、「瑤泉院の陰謀」という正月時代劇がありました。テレビ東京(TX)系列です。 ht.. Weblog: みんななかよく racked: 2007-01-10 17:42
  • 伊吹文部科学大臣の疑惑

    Excerpt:  朝日新聞のスクープ記事ですが,伊吹文部科学大臣に,政治資金収支報告書に虚偽記載の疑いがあることが分かったそうです。 (→記事はこちら)  ところで,伊吹文明文部科学大臣のホームページ(→HP.. Weblog: 津久井進の弁護士ノート(ブログ) racked: 2007-01-10 18:35
  • ダルビッシュ選手と二重国籍

    Excerpt: 2007.1.11.11:40ころ ダルビッシュが22歳まで国籍選択せず(日刊ス Weblog: 多文化・多民族・多国籍社会で「人として」 racked: 2007-01-11 12:06
  • 「伝統と文化」

    Excerpt: 衆院で強行採決された「教育基本法改正案」で、ことさら強調されていることばが「伝統と文化」。(これが「愛国心」に結びつく流れなのだが)そもそも、いま「伝統」といわれているもので、明治以降に「押し付け」で.. Weblog: ストップ !! 「第二迷信」 racked: 2007-01-11 15:30
  • 2大政党制とはいっても

    Excerpt: Liberal Democratsとは、イギリスの自由民主党。略して自民党です。 保守党、労働党の2大政党に次ぐ第3の政党。   イギリス自民党の前身はグラッドストンで有名なかつての「自由党」。 20.. Weblog: とむ丸の夢 racked: 2007-01-11 21:48
  • 別姓でも大丈夫よ。

    Excerpt: 数日前になるが、毎日新聞で夫婦別姓の議論があった。<闘論:夫婦別姓の法制化 沼崎一郎氏/稲田朋美氏>1月8日 ---稲田朋美氏の主張より抜粋--- 私が夫婦別姓に反対する理由は、夫婦別姓は家族とし.. Weblog: おにぎり的生活 racked: 2007-01-14 15:31
  • 夫婦別姓論について----美しいゼロトレランス国

    Excerpt:  実は結構前に書いていたのだが、お玉さんのところでコメントしている間に、カビが生えた話題になってしまった。  しかも、今日こそ投稿しようなんて思いながら、ちょっとずつ書き足したので長くなってしまった.. Weblog: とりあえず racked: 2007-01-19 23:28
  • 人権的「夫婦別姓」慎重論

    Excerpt:  ことさら「伝統」(明治以後の伝統だが)を強調する安倍内閣の誕生によって、「選択的夫婦別姓」制度の実現が遠のいた、という話があった。「同姓でなければ家族の一体化を失う」という強い意見がある。 (同姓で.. Weblog: ストップ !! 「第二迷信」 racked: 2007-01-30 09:08
  • 「双系制」という文化

    Excerpt: ジャワ人には「姓(苗字)」が無い。「名」すなわち個人名だけである。ちょっと意外な感じがするが、そんなに珍しいことではない。ジャワ人に限らず、インドネシアの多くの民族がそうだし、マレーシアやビルマでもそ.. Weblog: 非国民研究開発 racked: 2007-01-31 07:08