「東京足立区の特色づくり予算」……新自由主義の具現化

 朝、新聞を見て憂鬱になる。ほぼ毎朝の頭痛だが今日は特にひどい。(11/4朝日-1面)
 07年から東京・足立区立の小中学校で都と区が実施している学力テストの成績によって、支給する予算に差をつけるらしい。試験の結果によってABCDランクとしてAランク500マンからDランク200マンと金銭的差別をする。
 簡単に言えばテストの成績のいい奴には金を与え、悪けりゃやらない、ってことだ。
 ワタシが小中学校時代の偏差値がDランクだったこともあって異様にムカツク。だって学校の勉強って全く面白くなかったんだもの。なんて書き出すと個人的な僻みの主張みたいでよくないな。
 で、ネーミングが「特色づくり予算」だ。
 つまりコイツらの「特色」ってのは「学力テスト」の成績であり、それに偏向する学校づくりを支援する金のわけだな。学校間の競争を煽って、公立の小中学校間でも「格差」をつくりだし、いじめの要因の多発に煽っているわけだ。
 前の記事では、下らなさすぎて笑ってしまったが、もう笑えない。
 新自由主義が学校の現場で分かりやすい形で具現化してきた。
 数年前に聞いたマッドな奴らの言葉がそろそろ現実のものとして具現化されてきたのだ。


 Dランクの子どもは、従順に国家=Aランクの言う事に従い、国=Aランクの為に献身せーよ、と言っているのだ。そうでなければ、Dランクは切捨てるぞ、と言っているのだ。ここでいうランクってのは、下らない学力テストだってことだ


 この際、もう一度マッドな科白を晒して置こう。


斉藤貴男氏取材「ゆとり教育開始にあたって」
三浦朱門(作家 教育過程審議会会長)
「平均学力なんて低い方がいい。日本が平均学力を高水準に保ったのはできもしない落ちこぼれの尻を叩いた結果だ。その結果全体の底上げは出来たが、落ちこぼれの手間ひまをかけたせいでエリートが育たなかった。だから日本はこんな体たらくなんだ。したがってこれからは、限りなく出来ない非才無才は勉強などできんままで結構。勉強などせず実直な精神だけ養ってもらいたい。落ちこぼれに金と労働力をつぎ込まず、効率よくエリートさえ育てばいい」

斎藤貴男氏取材「大阪府高校再編で定時制高校が半分になる件につき」
井村雅代(女子シンクロナイズド日本代表ヘッドコーチ 大阪府教委)
「挫折した子どもに愛の手を差し伸べる必要がどこにあるの」

斎藤貴男氏取材「能力別教育に関しての質問」
江崎玲於奈(ノーベル賞受賞者、教育改革国民会議座長)
小学校へ上がる前に就学時検診ってのがあるでしょ。その時に血を採るんだ。血を採れば、人ゲノムまで解読された時代に「その子の脳力」があるかないかは解るんだ。「生まれもって脳力のある子」教育して、「それ以外の子」は切り捨てる。教育には「遺伝」と「環境」がある。「環境」を重視する奴は共産党である。「遺伝」を重視するのは「優性学」思想の持ち主である。

2004.5.15 松山市 教育改革タウンミーティング
毛利 衛(宇宙飛行士:毛利日本化学未来館館長)
昨年、ヒトゲノム、私たちの体をつくっている遺伝子情報が全て読み取られた。それは一人一人違う。一人一人の差は、残念ながら持って生まれた遺伝子の組み合わせの差である。ある環境においては、ある遺伝子の組み合わせを持った人が伸びるということで、教育は、機会均等にチャンスを与えるが、同じチャンスを与えても出てくるものは違ってくる。そこをどう埋めていくのかが習熟度別学習であり、もっと伸びる子を伸ばす、それから、今のままではついていけない子をどう救うかということが重要だと思う。

教育基本法改正促進委員会設立総会挨拶
西村真悟(衆議院議員 民主党(大阪17区選出) 
「お国のために命を投げ出しても構わない日本人を生み出す。お国のために命をささげた人があって、今ここに祖国があるということを子どもたちに教える。これに尽きる」
「お国のために命を投げだすことをいとわない機構、つまり国民の軍隊が明確に意識されなければならない。この中で国民教育が復活していく」

2005.4.24 朝日新聞特集 ゆとり教育「見直し」(2/24朝日新聞)
中山成彬(衆議院員 文部科学相)
─できない子より、できる子を伸ばせばと言う人も
「そうは思わない。皆せっかくこの世に生まれたんだから、それなりに幸せに生きていく権利がある。見放してしまったらワルになって歯を向いてくるかもしれない」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2006年11月04日 12:19
特色つくり予算が、バウバウという犬の鳴き声みたいなネーミングの”バウチャー制度”のことですね~
玲於奈さんとか三浦さんとか、世に言うところの著名人達は、恐ろしい思考回路を持っているんですね。どうして、国民はその辺のところを考えないのでしょうか?
数字的にレベルが高い人が正しい(国民の為の思いやり)思考をするわけでない事を・・
非戦
2006年11月04日 14:17
dr.stoneflyさんやunaさんに同感!
三浦とかいうエリート夫婦は、学力テストが出来ない馬鹿は、戦場でも行けば、と思っているんです。
実際、「落ちこぼれは、そのままでよい。それがゆとり教育の目的だ」と言ったというではありませんか。ほかの有名人の面々もすごいことを言っていますね。その思考から、足立区のような思考が生まれるんですね。普通の感覚からいえば、学力が下のほうの学校の生徒の学力を上げるために資金面から支援する、という発想が正しいですよね。世の中、さかさまです。
昨日、高橋哲哉さんが「教育基本法改正案」は、再び「軍国の母」(わが子の戦死を天皇が参拝する靖国に祀ってもらえるのだから、喜びと感じる)をつくる最悪の案だという講演をしたのに、朝日は、岐阜版にも1行も記事を載せなかったので、私も頭痛がしています。どうでもいい記事を写真つきで載せて、教育基本法の危険性を隠蔽するな!と私は怒っています。名古屋での石坂さんの講演はすごく小さく出ていました。肝心のことは書いてなかったけど。
非戦
2006年11月04日 14:22
とんでもない間違いをしました。上の文の下から4行目ですが、「教育基本法の危険性」ではなく「教育基本法改正案の危険性」が正しいです。頭にきていると、ミスも多くなるんでしょうか。(いいわけでした。)すみません。
華氏451度
2006年11月04日 19:49
私もこの話で怒り心頭に達して、自分ちで書こうと思ったところでした。三浦朱門らの発言もいやはや恐ろしい。でもこれが、エリート(だと思っている)人々の本音なんでしょう。勉強できる奴だけが大切。あ、そ。非才無才の人間としては限りなくムカつきますね。ほんと。そのうち彼らは、落ちこぼれには人権はないなんて言い出しそう……。
主義者Y
2006年11月04日 21:55
こちらでははじめまして。
「マッドな科白」強烈です。思わず私の記事でも使わせていただきました。ここまであからさまな選別思想には言葉を失いますが、やっぱり声を大にして怒らなければいけないのでしょうね。
足立区民
2006年11月04日 22:57
ただ一言。足立区の教育政策、むかつく!
二言目。それなら東京都全域で、成績順に教育予算配分するとなれば、足立区全体が最低やんか!23区内で一番貧乏人多いの、足立区やぜ!ここで再び吉田万三が立ち上がらなくてはいけないの、都知事選に格上げされた。当選無理なのに・・・理解に苦しむ共産党の戦略。
要は人材不足か。はぁ~、ため息。
村野瀬玲奈
2006年11月05日 02:28
こんなに人を馬鹿にした教育観から「実直な精神」が育つわけないでしょう。>三浦朱門

そういうことは自分が命を捨ててから言ってもらいたいです。>西村眞悟 <それから、弁護士名義貸しのスキャンダルの落とし前はちゃんとつけたのですか?
dr.stonefly
2006年11月05日 09:10
みなさま、コメントありがとうございます。
壷が盲目追従の「かの国」では、「勉強できんやつは、イラクへ送るぞ」みたいな本音がでて、2大政党っていっても所詮は一緒という感をもってます。で、ニホンの2大政党?、もねぇ。でも、とりあえずは、野党一党に頑張ってもらわなければならないのか???
“サメの脳”森やコイズミや壷の口から「道徳」って言葉でる度に、ムカついてます。
おのれらが、どうしたら「道徳」なんていえるのじゃぁーーー!!!!!!
教育基本法改正案にしても、今回の足立区の決定にしても、いま問題になっている「イジメ」や「自殺」や「未履修」を増加させることでしょう。
はっきりいって三浦、江崎をはじめバカばっかです。頭悪すぎます。壷、中川、麻生に至ってはバカ以下です。憂鬱です。
ということで、とにかく「共謀罪」「教育基本法改悪」の阻止および、「沖縄知事選」に向けて、気合いを入れていきましょう。
非戦
2006年11月05日 10:10
いやなニュースばかりで、紅葉も楽しめない!
教育基本法改悪反対のメールとFAX先をもう一度。

あと、トラックバックに、「共謀罪と教育基本法改正を同時強行採決」とあったけど、もうどうなってるの!?怒り沸騰!!
賛成者など永遠永劫に、名前を覚えておこう。


★メールなら、

与党議員、野党議員、政党、報道機関、テレビ局出版社、、、など、自由に選んで、
しかもこちらの個人情報を隠しても送信できます。↓「兵高教組」のHP

http://www.hyogo-kokyoso.com/webmail/kyoikukihonho1.shtml

★FAXなら、      

委員の名簿は、

「教育基本法の改悪をとめよう! 全国連絡会」

http://www.kyokiren.net/_misc/tokubetui


非戦
2006年11月05日 10:13
もう一度、抗議先を。
トラックバックに、「共謀罪と教育基本法改正を同時に強行採決」とあるけど、もうどうなっているの!?そんなのに賛成した政党、議員は、永久に許さない!

★メールなら、

与党議員、野党議員、政党、報道機関、テレビ局出版社、、、など、自由に選んで、
しかもこちらの個人情報を隠しても送信できます。↓「兵高教組」のHP

http://www.hyogo-kokyoso.com/webmail/kyoikukihonho1.shtml

★FAXなら、      

委員の名簿は、

「教育基本法の改悪をとめよう! 全国連絡会」

http://www.kyokiren.net/_misc/tokubetui


この記事へのトラックバック

  • 【転載】共謀法・教基法同時強行採決へ? !

    Excerpt: 次のようなメールが配信されてきました。 Weblog: 散策 racked: 2006-11-04 13:22
  • 日本国憲法公布60年

    Excerpt: 日本国憲法が公布されてから昨日11月3日で60年になり、日本各地で憲法(特に9条)に関するイベントが行われたそうです。広島では7000人、そして兵庫では7500人が集まったのだとか。 ここのとこ.. Weblog: 薫のハムニダ日記 racked: 2006-11-04 17:53
  • 学力テストで小中学校に予算格差

    Excerpt: 学力テストで予算に差 足立区教委、小中学校4ランクに(11月4日:asahi.com) 新自由主義は社会のあらゆる領域を侵食しつつある。「競争こそは善」と呼号する強者の自由が、いよいよ教育の分野.. Weblog: ++つぶやき手帳++ racked: 2006-11-04 18:29
  • 「学力テストで予算に差」……ニンジンぶら下げて競争させる気らしい

    Excerpt:  東京都足立区の教育委員会が、来年度から学力テストの結果に応じて、公立小中学校に配分する「特色づくり予算」に差を付けることを決めた。この問題については dr.stoneflyさんがいちはやく書かれ.. Weblog: 華氏451度 racked: 2006-11-04 20:22
  • 「共謀罪」強行採決か?

    Excerpt: ■学力テストで予算に差(足立区教委)小中学校4ランクに(11月4日 asahi.com) 「特色づくり予算」だとさぁ~。格差社会の拡大を行政が推し進めるとは・・・何とも凄い話しで、言葉を失う。 内閣.. Weblog: 競艇場から見た風景 racked: 2006-11-05 00:59
  • 改正介護保険法とベッドはがし・・どの政党?(中編)

    Excerpt:  前編で、自民党・公明党と民主党による「改正介護保険法」が昨年(2005年)6月に成立し、その内容が公明新聞で明らかにされた。その内実が「自立」や「予防」であった。  それに対して、この法案の危険性を.. Weblog: 関係性 racked: 2006-11-05 01:50
  • 「善」の主張は止められるか?

    Excerpt:  これは「夜警国家」といわれるような国家のありかたとはどう違うのでしょうか? 「夜警国家」は、国家は経済的市民社会の“自由な”利益追求活動を守るためのものであるべきという考え方です。 国民(人々.. Weblog: 晴耕雨読 racked: 2006-11-05 17:29
  • 小中学校の「特色づくり」?

    Excerpt:  既に皆さん御存知で、唖然としておられるのではないか。学力テストの結果に応じて公立小中学校に配分する予算の一部に差をもうける、という話。昨日はそれに関する簡単な感想を書いたが、さらに続けて考えてみ.. Weblog: 華氏451度 racked: 2006-11-06 03:12
  • 佐久市子ども未来館に行ってきました。

    Excerpt: わが家の3連休のメインイベントは佐久市子ども未来館です。といっても、家から車で15分の近場なんですけど...佐久市子ども未来館の場所未来館は3階建てで、各階テーマに沿った展示をしているそうです。一階・.. Weblog: しろたん家族のPhotoDiary! racked: 2006-11-12 04:02
  • 格差社会(その2)

    Excerpt: 前述の本の受け売りだが、日本の経済政策と労働政策は基本的にアメリカのやり方を真似ている。これを本の中では「新自由主義」と紹介していた。一方、EU諸国に代表される福祉国家を目指すやり方を「社会民主主義」.. Weblog: 期間工から資格取得、社労士開業 racked: 2007-07-27 09:10