「ワーキングプア」…イス取りゲーム、負ければホームレス?

 NHKの特集「働く貧困層」-ワーキングプアを再放送で見た。ホームレスを強いられる若者や、切り捨てられ没落した「地方」の仕事がないなかで働く老人や家族。会社の倒産でアルバイトの掛け持ちをし子どもを育てる父親と教育を諦める子ども、貧困層の子どもに生まれたがゆえにホームレスを強いられる若者などが紹介された。まったく酷い状況は拡大している。

 昔からあるホームレス関係の運動体では、ホームレスが存在する状況を「イス取りゲーム」に例える。参加者の分だけの数がない「イス」の周りを回りながら音楽が途切れるとともにイスを争奪するというあのゲーム。もともと全ての人間が安定した生活ができない社会、全員の数だけ「イス」が用意されない社会で、「屋根のある生活」をかけた争奪戦を「イス取りゲーム」に例えられたのだが、今、さらにイスの数が恣意的に減らされ、過酷な「ゲーム」が展開されている。コイズミのハチャメチャ以降この社会はまさに「ゲーム」感覚で、従来ホームレス予備軍でなかった者さえ「ゲーム」による勝ち負けを強いられ、負ければホームレスを強いられるようになった。
「イス取りゲーム」をよしとする奴らは「負ける人が出るのは当たり前、自己責任である」(←コイズミ)だの、「再チャレンジ」(←アベ)など、無視をするか、高見の見物を決め込む始末である。こんな奴らが「この国」のトップで、「ゲームだ、頑張れ」とのたまうのだ。アホなのは政治家だけではない。番組中、小林よしのりに似た?関西学院の村尾という奴は「ゲームがあるのは当然、敗者を救う必要はない」と断言していたが、まったくもって言語道断!! フザケルな!!と糾弾したい。
 この番組では、ゲームに負けるのは「自己責任」であり、自分で解決しろ、できないなら死ねという「精神的に貧困な社会」を浮き彫りにされた。

 今迄もホームレスは数多くいた。これ迄のホームレスの排出は、日雇労働からの排出が多い。高度成長期に「地方」から「都市」へ「建設労働者」として人が集められた。「地方」では炭坑の閉鎖など失業するものが増えていたことも理由としてあげられる。番組でも取り上げられていた地方の没落による廃村につぐ廃村。都市への流入。まさに同じ状況である。番組では没落した地方にいても食っていけないことが取り上げられていた。
 日雇労働とは日々求職する仕事で、「究極の非正規雇用」である。これは雇う側(企業)の論理で、必要なときに必要なだけ労働力を得ることができ、余計な人件費を使わずにすむ。それで「景気の調整弁」などと揶揄されたわけだ。
 この非常に不安定な雇用形態により、やはり不安定な生活を強いられ、最後にはホームレスを強いられることになる。いったんホームレスになると「健康」「気力」「住所不定」その他などから、その状況から抜け出すことができなくなるという悪循環に陥る。

 番組で紹介されたホームレスを強いられている若者も、東北で職を失い、非正規雇用の安いペイの職で全国を点々とし、貯金も食いつぶしついにホームレスに陥った。働く意欲はある。毎日、職安(ハローワーク)で職を求めるものの、職がない状況である。やっと契約した「清掃会社」もホームレスという理由で契約が破棄された。住所不定ということで職は日雇以外得られない現状があるが、その日雇の仕事を得ることさえ過当競争なのである。しかも番組ではデズラ(日当)が7000-8000円と言っていたが、昔の半額ではないか。
 そんななか、彼は職安で必死に職を探しているのだが、遠くの会社に面接にいく電車賃もない。職安の職員がインタビューで「求職にくる人が所持金0円で…云々…」とヘラヘラ、ニヤニヤと笑って答えていたが、所詮こいつら役人の意識もこの程度なのである。あのニヤケた顔をみてやたら腹が立ったのはワタシだけだろうか。

 ホームレス排出の問題は、昔から今に至るまで一貫して労働構造問題で、問題は非正規雇用で便利使いされて捨てられることにある。番組をみていると、従来の日雇だけではなく、フリーターと呼ばれてきた人々が既に捨てられる時代になったことを知る。ここ10年で非正規雇用は増加し、現状1600万人、労働者の1/3をしめると言う。政府が何もしないどころか、格差を広げてノホホンとしているのだ。これからもホームレスは増加するに違いない。番組では労働の問題以外に貧困層の子どもがホームレスになるケースを紹介していて、もう絶望的な気分である。

 最後にナレーターが「個人の責任ではなくて、社会の責任として考えなければならない」と締めくくったが、まさにそのとおり。働きたいのに仕事がないく、ホームレスに追いやられ、人間の尊厳が奪われていく。若者をふくめこんな市民が増えていく「国」に将来などあるわけがない。

番組の詳細はsendoさんのブログへ


12月3日 NHK放映分「ワーキングプア2」をUPしました。
「ワーキングプアⅡ」(1)…“たまたま”の固定化を許すな!!
「ワーキングプアⅡ」(2)…野田聖子vs佐藤ゆかり
「ワーキングプアⅡ」(3)…クレームを言ふお方のメンタリティー


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

ヘンリー・オーツ
2006年07月26日 18:54
トラックバックありがとうございました。中流から下流へ追いやられた結果、収奪された富は大企業や銀行の莫大な利益を生み、アメリカへも多くを貢がれたのでしょう。それでレバノンやガザ地区、シリア、イランと中東において殺戮を繰り返しているのです。まさに悪魔の所業としか言えまえん。私は貧民層を税金で救えと言っているのではありません。仕事を求めれば働けるのがまともな社会です。30台の若者が働いても住むところがない社会は異常です。
sendo
2006年07月26日 21:27
トラックバックありがとうございました。
一時期、スパムのトラックバックが頻発してあった為に、設定を変えておりました。
お手数おかけして申訳ありませんでした。

ハローワークの係員の対応は、公務員の象徴のようなもので、自分の仕事の範疇を出れば他人事なんですよね、あたりまえですけど…
あ~、金八先生みたいな公務員がいたらなぁ…なんて地球が逆立ちしても無理な事を願ってやみません。
dr.stonefly
2006年07月27日 08:46
>ヘンリーオーツさん
コメントありがとうございます。
結局、収奪された富が戦争のためにつかわれる、許し難い現実ですね。さらにこの「国」は、戦争の準備のため、兵隊の確保のため、アメリカにおける貧困層の黒人米兵のように、恣意的に若者の貧困層をつくっている、というのは悲観的分析すぎるでしょうか。アベの言う「再チャレンジ」が兵隊かもしれません。
どちらにしてもまともな社会とは言えないでしょう。

>sendoさん
記事で番組のことを教えてくれてありがとう。危うく見逃すとこでした。
まったく公務員の意識の低さにあきれます。あのホームレスを強いられた若者にこそ、職安の職員になって欲しい。人の痛みが解っているあの若者なら、職安の職員として十二分な働きをすると思います。
ダメオヤジ
2006年07月27日 12:09
こんにちは。夫婦でTVみました。何か、我が家の将来像のようで、なんともいえない気持ちになりました。しかし、印象としてですが、「敵」の都合のよい、マスコミで垂れ流されたステレオタイプの議論の枠組み(土俵)に乗せられているような気もしています。稚拙な私の
言葉ではなんとも言えないのですが、私(我が家)としては、もっと「狡猾」な対応をしていく必要があると思っています。言葉の限界で気持ちが伝わらないかもしれませんが・・・。子ども達の成績表の基準に親が無条件に乗ってはいけないように。共有すべき前提そのものが、本当にあるのかないのか?自問しつつあります。
dr.stonefly
2006年07月28日 01:17
こんばんは。んー、そうですね、マスコミが番組にすることで意図が発生し、まずは疑ってみるという感覚は大切だと思います。この番組の内容の件について、ホームレスを見てきたワタシや今ホームレスに関わっている人達にとっては、「何をいまさら」的な内容です。実はワタシもずっと、薄氷の上を歩いていて「ヤバイ」と思っているのですが、なんとなく「狡猾」に生活していて、多くの人が「狡猾」かつ「工夫」してなんとか生活できるのかもしれません。しかし、昔きいたホームレスの言葉に「なんでホームレスになったかわからない、いつのまにかなっていた」ということもあり、そんなものかもしれません。
現実にいかんともし難い状況の人は増えており、やはりそんな「社会」はおかしいと言えるのではないのでしょうか。
↑運動的視点
「社会」以前に共有すべき前提? もちろん、あります。みなが「善く」生きることです。
↑哲学的?視点
ダメオヤジ
2006年07月28日 06:17
う~ん。言葉とは限界がありますね。
私の感覚としては、かなり危険ですが・・・、
例えば、災害時に日本では略奪がおきませんよね、この日本人の善良さが、日常生活においても都合よく利用されているのではないか、そんな感じをもっています。これまた言葉足らずですが。
ネット上の言葉のやりとりは難しいと痛感します。「思い」がそぎ落とされているような。
dr.stonefly
2006年07月28日 13:45
読解力がなく、恥ずかしい限りです。
「再チャレンジ=志願兵」とかでもありませんよね……、すみません、書けば書く程「思い」をそぎ落としそうで申し訳ない思いでいっぱいです。呑みながら、だらだらと話でもできたらいいのに、と思います。
ピピ
2006年09月17日 03:21
「こういった人たちに対して、努力が足りない、自己責任だという人がいますが、私たちが取材した中で、努力をしない人、働く意欲が無い人は一人もいなかった」というコメントが印象的でした。安部氏が「再チャレンジができる社会」と言っていますが、チャレンジすらできない人がたくさんいる現状はどう思うのでしょうか?「非正規社員こそが今の日本経済の好調さを支えている」という学者の言葉は心にしみました。
dr.stonefly
2006年09月17日 04:25
ピピさん、はじめまして。ご訪問ありがとう。
アベの「再チャレンジ」は、ワーキングプアと呼ばれる人々のことを考えてはないと思います。むしろ「非正規社員こそが今の日本経済の好調さを支えている」こちら。企業に加担して不安定雇用層を拡大させるでしょう。棄民政策です。
2006年10月11日 22:04
dr.stonefly様、TBありがとうございました。NHKでは、再々放送をすることになったようです。私は、「フリーター漂流」は見たのですが、これは、2回とも見損ないました。2ちゃんねるでは、ニュース板で、大変にぎやかで。...それを見ていて、TVを見損なうなんて。NHKに再三、再々放送を要請し、やっと実現しました。
長野県の田中県政の成果のブログをTBしておきます。これも、涙の出る番組でした。
dr.stonefly
2006年10月12日 15:27
Caro ldealeさんコメントありがとうございます。
うーん、残念「フリーター漂流記」も「田中康夫」も観ていません。こんど再放送されたら観ることにします。情報ありがとう。
かつ55
2008年07月16日 03:40
株主至上主義から脱却すべきであるし、ワーキングプアーは、現代社会の汚点であり、その輩出は、歴史的にも、軽蔑の対象となると考えるからである。
特に、経営者団体及び政治家は、軽蔑の烙印を押されないように、心すべきだと思う。法人税の減税について、高年齢者を雇用している場合に、減税するという法案を普遍化し、源泉徴収している従業員の税額が多ければそれだけ、国家に税金を納めているのであることに着目して、法人税を減税する方法など、税制の面からも、ワーキングプアーの輩出を防がないとだめだと思う。

この記事へのトラックバック

  • WTOドーハ・ラウンド凍結

    Excerpt:  難航していた、WTO ドーハ・ラウンドがSuspendされた。 WTO NEWS>「The Doha Development Agenda negotiations are to be suspen.. Weblog: 晴耕雨読 racked: 2006-07-26 19:41
  • ワーキングプア ~働いても働いても豊かになれない~

    Excerpt:  こんなのおかしい、こんな社会はおかしい。と、とむ丸さんが書かれています。私も昨日のNHKスペシャル『ワーキングプア ~働いても働いても豊かになれない~』 をみて、まったく同じ気持ちになりました。そし.. Weblog: とくらBlog racked: 2006-07-27 05:19
  • NHK「ワーキングプア ~働いても働いても豊かになれない~」での御用学者、経歴見ればなるほど。

    Excerpt:  バナーを作ってみました。  「ある仮説。若者のワーキングプア化とその固定化は意 Weblog: 雑談日記(徒然なるままに、。) racked: 2006-07-28 09:30
  • 社会の基盤さえ揺らぎかねない

    Excerpt: 朝日新聞が、7月31日、久しぶりに単独で企業告発記事を書いた。しかも一面トップ「偽装請負」労働が製造業で横行 実質派遣、簡単にクビ大手製造業の工場で「偽装請負」と呼ばれる違法な労働形態が広がっている。.. Weblog: 再出発日記 racked: 2006-07-31 23:48
  • ヒトラー第二の書

    Excerpt: 「我が闘争」よりも面白い「ヒトラー第二の書」:そこで開示された理性的な反ユダヤ認識 あっしらさんの投稿からです。 『自身が刊行を禁じた「続・わが闘争」 ヒトラー第二の書』(アドルフ・ヒトラー著/立.. Weblog: 晴耕雨読 racked: 2006-08-08 22:04
  • 日本版ワーキングプアー 働いても貧しい人たち(『週刊東洋経済』)と移民関連記事

    Excerpt: 2006.10.3.19:00ころ 「日本版ワーキングプアー 働いても貧しい人た Weblog: 多文化・多民族・多国籍社会で「人として」 racked: 2006-10-03 23:51
  • 障害者の就職:田中長野県政の成果、NHK福祉ネットワークから

    Excerpt: 障害者の就業状況2006年8月14日のNHK福祉ネットワークから、抜き書きする。非常に難しくて、対応の困難な問題であり、これを無視せずに対応してゆくことが日本に課せられた使命ではないだろうか。 これ.. Weblog: 青山はここにありました~社会批判がてんこ盛り!! racked: 2006-10-11 22:33
  • ワーキング・プア

    Excerpt: 最近、フリーター→ニート→ときて、表題のワーキング・プアがよく取り上げられている。 詳しい説明はリンク先で読んでいただくとして、ここに興味深い新聞記事を抜粋してご紹介したい。 1997年1月16日.. Weblog: へなちょこパディのリスニングライフ racked: 2006-11-22 02:05
  • 今夜9時はNHK(ワーキングプアⅡ)

    Excerpt: 番組予告です。 今夜9時は自宅でテレビを! 2006年12月10日(日) 午後9 Weblog: 大津留公彦のブログ2 racked: 2006-12-10 15:46
  • NHKスペシャル 「ワーキングプア Ⅱ」 を 観た!

    Excerpt: 「NHKスペシャル 「ワーキングプア」 - 働いても働いても豊かになれない」とい... Weblog: Shoulder.jp racked: 2006-12-10 22:30
  • ▼ ワーキングプアとは何か

    Excerpt: こんにちは,突然のトラックバックをお許しください。ワーキングプアに関する記事を書きました。貴サイトとの関連性を考慮し,トラックバックさせて頂きましたが,ご迷惑でしたらお手数でも削除してください。よろし.. Weblog: 最新ニュースから racked: 2006-12-25 07:17
  • 遥かなる不自由な平等

    Excerpt: 『日本とフランス二つの民主主義』 薬師院仁志著(光文社新書)を読んだ。 Weblog: NAGISA TAXI racked: 2007-05-29 06:05
  • 年金問題、おわびも素通り 社保庁が全国でチラシ配り (中日新聞,2007-06-08)

    Excerpt: 5000万件+1430万件の「消えた年金」問題ですでに我慢の限界に達している1億2千万国民の怒りがわずか紙切れ一枚でなだめることができるとでも思ったのだろうか?6月8日付け各紙が伝えるところによると,.. Weblog: エクソダス2005《脱米救国》国民運動 racked: 2007-06-09 16:21
  • ネットカフェ難民緊急対策

    Excerpt: 東京都がネットカフェなどに寝泊まりするいわゆる「ネットカフェ難民」のための救済策としてアパートの敷金などの無利子融資や正規雇用した企業への助成金給付を行うことを決めたようです。何もしないよりはマシでし.. Weblog: bonbonbontaの「好きにしてっ!」 racked: 2007-11-09 06:53
  • 景気の悪化いつまで続くの?ヤミ金相談が増加

    Excerpt: 出稼ぎ外国人、ホームレス餌食 ヤミ金相談、再び増加ヤミ金融に関する法改正で高金利契約などへの罰則が強化された平成15年以降、減少していた被害者支援団体への相談が、再び増加傾向に転じている。昨年、「大阪.. Weblog: さくっとニュース racked: 2009-01-07 18:37