「九条と一条はセットだ」…苦悩する天皇!?

 もうだいぶ前の新聞なのだが、載っていた芹沢俊介さんのコラムを読み、印象的だったことを思い出した。憲法九条と一条との関係、ニホン国の象徴でありニホン国統合の象徴であるとこの『人間、あの人』についての記事だった。
 芹沢さんは、日本国憲法が制定されるあたって「第九条」と「第一条」はセットだったという。つまり敗戦国ニホンとしては、戦争責任者としての「あの人」と「あの人を祭り上げる制度(以降『あの人制』)」を維持する(第一条)ために、戦争放棄(第九条)を受け入れざる得なかったという事情がある、というのだ。

第一条【天皇の地位・国民主権】
天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く。

第九条【戦争放棄、軍備及び交戦権の否認】
1 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。


 ワタシは、つい、な~るほどね~と思ってしまったり、ん?と思ったしまったりする。ああ、そういうことだったのか、という納得と、もしその時に「あの人制」を放棄していたら「九条」もなかったのだろうか、という疑問である。このブログでも紹介した森さん(憲法学・名古屋大副総長)は 講演で「自民党は『九条改定』で軍隊を持つためにつくられた党(55年体制)」と言っていたし、いまの改憲論者からは九条は戦勝国の押しつけといわれたり、保守にとって戦後から今にいたるまで一環して「九条」は受け入れ難いものだったわけだ。そして今、保守は九条を変えるため必死である。しかし当時(今でも)何を犠牲にしても、どれだけ屈辱を受けても、絶対に譲る訳にはいかないものがあったわけだ。つまり、それが「あの人」のことだった。(ということは、当時「あの人」が軍隊を放棄させた、と考えれなくもないわけだ……ん~、、なんとも…)

 で、芹沢さんは、今日では、「一条」「九条」は「セット」だけあって共に「骨抜き」にされていくという。「あの人制」については、場当たり的に「女の子のお世継ぎ可能です」と言ってみたり、「あの人」の息子さんが「お世継ぎより、妻の人格の方が大切です」と一般市民的な発言をしたりと、ほっとけば「内部」から崩壊してくだろう、としている。もう一方の「戦争放棄」もご存知のように、保安隊(自衛隊)創設からイラク派兵への流れを見れば、なしくずし的に九条の理念が骨抜きにされているのは明らかである。

 芹沢さんのコラムは、有名な園遊会(2004.10.28)でのエピソードで締めくくられていた。将棋の米長邦雄(棋士にて東京都教育委員)が「日本中の学校で国旗を掲げ、国歌を斉唱させることが私の仕事でございます」と「あの人」にいうと、「あの人」は「やはり強制になるということでないことが望ましいですね」と即座に答えたという。つまり「あの人」は現憲法を遵守することだけが、「あの人制」が生き延びる道だと危機的に直感している、と締めくくられる。……えっ、なんとも微妙な締めくくられ方だな。「あの人」は保身のために九条を含む現憲法の遵守を望んでいるということか? つまり、九条が改悪されると一条にも悪い影響がでて立場がなくなる、と「直感」してるということか? コラムはなんか微妙なニュアンスで終わっていたが、ワタシ的には九条堅守で一条(一章)削除でもいいんだがな~。なんか問題あるかな~。正直に言って「あの人制」はいらないだろ。よく考えてみよう。「あの人制」など「あの人」たちにとっても、実に気の毒ではないか。まあ「嫁はん」は承知して嫁いだわけだから、あまり同情はしないが、「あの人」個人と「あの人」の子どもたちのことを思うと気の毒すぎて涙がちょちょぎれそうだ。生まれてから、いや、生まれるまえから異様に期待され、生まれてみたら制度でガチガチに縛られ、個人的な自由な意志をもつ機会もあたえられず洗脳されていく。何と言っても「思考して生きる」ことができない。そしていいように「利用」されるのだ。げっそりである。「思考することも許されず、利用される」あそこに生まれなくてラッキーだった。ワタシだけじゃないよな。おそらくほとんどの「普通の人」はあそこに生まれなくてよかったと思っているだろう。

 まあ、よく考えれば、それを受け入れている「あの人」たちは自業自得かな、いや「あの人」たちにとっても強靭な圧力によって、現状を受け入れるしかないのかもしれないな。そうそうワタシは「あの人」たち個について言及したいわけではないのだ。ワタシが許せないのは「あの人」と「あの人制」を利用して「君が代」などを義務化し「思想統制」しようと企てる奴らである。日本国民「統合」の象徴と憲法に規定してしまうことである。「あの人」を頂点とする「家制度」的支配がまかり通るのがハラタツのである。「あの人制」のせいで「排除される人々」がいることが、ムカツクのである。また、「あの人制」に莫大な血税が使われることがイラツクのである。………って、えッ、お、おまえたちは、、だっ、だれだ!!?? あっ、ちょっと、おい、な、何をする。う、腕を放せ!!…お、おまえたち、オレを、、ど、どこへ連れて行こうというのだ……放せ、腕が痛い、た、助けてくれ~、放せ~、誰か助けて!!? お、オレはなにもしてな……ぃ、嫌だ、車に載せるなっ、い、イヤダっ…、、痛い、ここから出せ!! く、クルッマを止めろ~。オレは無実だ~~~アアアアアアアアアアっ!!!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

life_is_beautiful
2006年05月27日 20:26
今晩は。仰る通りです。「あの人」や家族は大変ですよね。幾ら有機無農薬栽培の美味しくて安全な野菜が食べられても、自分は一飯ぴ~ぽ~として生まれたことに感謝しています。しかし、昨今の社会保障の放棄と強調される自己責任、勝ち組負け組みや愛国心議論などは国民として恥ずかしい限りです。何の為に税金払ってるんだか。イラクに派兵する為でも、官僚や政治家の私腹を肥やす為でもないんですけどねぇ。
P.S. これポインターの水色が背景の色に負けていて書き込みにくいです。自分だけかな?
dr.stonefly
2006年05月28日 03:12
life is beautifulさんコメントありがとうございます。
「あの人制」については多く意見が交錯するところですが、ワタシとしては、「あの人」が(前戦争の)戦争責任を真に受け入れ、「あの人制」を利用する体制に屈することなく、再び戦争に向かおうとしているニホンに対し「戦争はいけない」と明言し、世界各国で「戦争反対」と言いまくれば、「あの人制」反対という気が和らぐかもしれません。
まあ、この国を諦めないかぎり、「一飯ピ~ポ~」に主権があることを信じて、駄目なものは駄目と言い続けましょう。
ポインターの件ですが、このグログを制作しているmac+safariではわりと見易いデザインです。が、windowsで確認したところ少し見難いかもしれませんね。CSSが解らないため、提供されたデザインしかつかえませんが、次回の記事から背景のデザインを変えてみたいと思います。ご指摘ありがとうございました。また、お気づきの点がありましたらよろしくお願いします。
life_is_beautiful
2006年05月29日 22:08
 「あの人」はこの国の「象徴」とされました。「あの人」を「象徴」というファジーな立場にして「あの人の国」の再編を目論んだGHQ案に抗じた結果として現憲法があります。捉え方次第だと思います。失ったものを追う性は否定しませんが、この国の動向に多数の人々が警鐘を鳴らすのは当然だと思います。消去法でなく現憲法に誇りを持っています。最高法規での誇れない理念なんて、一飯ぴ~ぽ~の行く末はありません。奇麗事じゃダメですか? 
清造
2009年02月19日 23:52
日本の定義はその起源も重要である。
国家は「国民」「国土」「政治機構」で成り立っている。
日本のはじまりがいつか?
その最初は中国の「政治機構」を真似た律令制(大宝律令)が成立した時点である。
その律令制では天皇を中心とした国作りが定義されている。
これ以前は資料がないので判断がつかない。

明治政府はこの天皇を中心にした国作りを継承したことで、
明治政府より昔の時代の「日本」を継承した。
同様に、戦後の憲法でも天皇を象徴とすることによって、
それ以前の日本を継承している。
清造
2009年02月19日 23:54
日本国は日本民族による民族国家である。
しかし同時に複数の民族がよりあつまった多民族国家である。
民族とは文化を基準とする共同体である。
では、日本民族の文化とはなんなのか?
日本固有のものとしてよく挙げられる例は、
寿司・芸者・武士・忍者・歌舞伎・・・・・などなど
しかし、これらの文化が起こる前から日本は存在していなかったのだろうか?
その最古の文化が天皇であった。ということである。

この天皇家は世界最古の王家である。
国土の正統性は、その土地を誰が先に占有してたかが重要である。
世界最古の王家の領土を継承するというのは、かなり強力な正統性である。
清造
2009年02月20日 00:01
>「あの人」は「やはり強制になるということでないことが望ましいですね」

天皇陛下は政治に口を出さないようにしてるから、一般論でしかモノを言えないのは当然だろう。
というか、国旗掲揚や国歌斉唱は儀礼での礼儀だから、失礼にならないために礼儀として教えるべき習慣なんですけどね。
dr.stonefly
2009年02月20日 11:19
清造様
2009.2.20にupする予定の「村上春樹の言うsystem」というエントリーでもって、レスと致します。

この記事へのトラックバック

  • ���������(������ܹ��ˡ2.0�Ȥ�

    Excerpt: ������ˤdϡ���ɤ�̱�֤Ρ����ܹ��ˡ2.0��ȯ��פϾ�Ǯ�����ơ�̤��η�ˡ�����ܹ��ˡ 2.0�פ�ȯ��������2006ǯ2��6���ȯɽ�פ��ޤ����.. Weblog: ���ܹ��ˡ2.0��ȯ�� �� ������ racked: 2006-05-27 00:19
  • 天皇の政治利用・愛国心

    Excerpt: 天皇の政治利用・愛国心 【天皇の政治利用】 はてなブックマーク > Munchener Brucke - 天皇陛下を政治利用するな!という胡散臭さ http://b.hatena.ne.jp/e.. Weblog: 日本の呆守化を憂いつつキーワードを登録していくブログ racked: 2006-08-06 16:36