アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「講演会」のブログ記事

みんなの「講演会」ブログ

タイトル 日 時
おとなの発達障害
 新聞の片隅にのっていたセミナーの案内にツレアイが反応し、ワタシも受講したいなも、と事情がマッチしたということで申し込んだ。デパートへの強制連行ではなくこういふデートができるから気楽なのかもしれない。  ところが、当日はタイフーンだった。やめとこか、という話もでたから、まあ、まだ雨風はさほど強くないのでいったわけだが、なんとも駆け足の三本立ての嵐のようなセミナーで、解ったのか解らないのさえ解らない。  で、なんの三本かというと「大人のADHD」「認知行動療法」「産後鬱」についてで1本40分!... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 10

2017/10/24 09:06
「屈することなき絶望」 ノーマ・フィールド氏講演会
 知人のなんちゃって教授から「いいよ」という言葉とともに講演会のチラシをもらった。  チラシによると、講演者ノーマ・フィールド氏はシカゴ大の元教授で「虐げられた人々」とともに「徹底的に現地に身をおく」文学者と書いてあった。  正直にいえばサピエンス全史を読了したすぐ後で、余韻にしたっているいま、当分こういう市民運動系の講演会に行かないような気がしていたにもかかわらず、雨のなか1時間ちかく歩いてまで行った自分がおもしろい。あ、雨に濡れながら歩いてるんだオレ、って感じが笑えてくる。  まあ、そ... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 1

2017/03/27 17:39
孫崎享 講演会
 どうやら有名人らしい。ワタシは知らない人。元外務省の役人で世界情勢に詳しいらしい。正直今のワタシには何も響かないだろう、と知りながらも「立場」で行ったのだが、やはりダメだった。  まず国家が大前提の話である。日本がどうの、アメリカがどうの、ロシアが、中国がどうの、、である、現実的で当たり前といえば当たり前なのだが、そこの部分には絶望というか、呆れて興味をなくしてしまったワタシには、もういいから、、としか言えない。  お決まりの領土問題から始まったのだが、揉めたら地球に返上、ちゅうか人間風情... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/05 16:48
「ヘイトスピーチ」・・・内田樹講演から
そう、あれだ、大久保あたりの対在日ヘイトスピーチのことだ。 内田さんは、西欧あたりの対ユダヤヘイト(スピーチ)について研究してきた観点から喋った。 まあ、ヘイトスピーカーも悪いのが在日朝鮮人じゃないことは解っているんですよ。 「在日朝鮮人が悪い」という「物語」をつくりだし、すがりつきたいんですよ。 社会が混乱してくるとこういう人々が出現します。 つまりね、社会の混乱によって「変数が増える」、変数が増えると何が起きているのか「主題化」できなくなる人がでてくる。 まあ、「主題化」しようと... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 28

2015/02/19 09:23
フランスが戦勝国なんていう捏造られた物語
さてさて、久々の講演録で、今回は内田樹さんね。 もうブログの更新もやめようと思っていたんだけど、こんな面白い(インタレスティングな)講演に出会っちゃったらとりあえず更新せざる得ないよな。 実はこの間も小森陽一や神田香織なんかの講演も行っているんだけど、いまいちエントリーする気になれない。神田香織ってのは講談師で講演部分に関しては内容的にもそないに書くことはないんだけど、小森陽一は知識と熱意wはすごいんだけど、なんだかわざわざエントリーする気になれなかった。ところが今回の内田樹は書きたいと思わ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

2015/02/13 13:27
「宇都宮健児はおいたちを語る」・・・貧困よりも問題は?
 さて、久々の講演録である。講演録ねぇ、やっぱ書くんだよねぇ、と自問する。講演録は書くのに苦労する割にアクセスが伸びないのでエントリーの意味があるのだろうか、なんて「苦労 対 効果」みたいなことは考えない。書きたいから書くのである。「対 効果」っていっても、そも「効果」って何? アクセス数なのか? 影響力なのか? アクセス数など知ったこっちゃない(嘘、やっぱ多い方が嬉しい、笑)。影響力など限りなく0ってのは、解っている。解っているけど止められない、もちろんこれが、やるべきことなんてこれっぽちも思... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 14

2013/03/05 08:29
「湯浅誠は語る」・・・クリエイティブに社会(運動)をつくる
 久々の講演録だなぁ。  ある日とつぜんメールを貰ったのは、「NPOささしまサポートセンター」が設立されるってのの記念講演会でFさんと湯浅誠の二本立てだった。今回の講演録は湯浅氏のほうね。  と、そのまえに湯浅氏は、ワタシが事務局をしていた運動体と交流があったようだけど、ワタシが運動で玉砕したあとのことなので「のじ連」の湯浅氏は知らない。その後は「もやい」やら「年越し派遣村」「内閣府参与」なんかで名前は聞こえてきたりブログでは「大脇道場」やら「秘書室」で観たが、深く知ろうとも思わず著書も読ん... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/09 16:06
「森英樹は語る」・・・改憲(壊憲)すすんでまっせ!!
 さて久々の講演会ネタである。  もちろんアタシはサヨっち系講演会しか行かないから、この講演録はきっと社会的にためになるに違いない(キリッ)。  で、今回の講演者は森英樹氏で、このブログの講演録で紹介した最初の人でもある。10年ぶりぐらいの再会かな? 10年前は感動しきりだったのが、10年後のワタシの灰色の脳では、ところどころで「?」がワルツを踊っていた。どういうわけかワルツは眠りを誘うのである。  この森氏ってのは憲法学者でいま70歳、名古屋大学の名誉教授なんだけど、ツカミで「名誉教授っ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 2 / コメント 2

2012/02/16 11:10
「河田昌東氏講演」・・・とりあえず落ち着いた
旧知のA子さんから、脅されて、、、もとい誘われて久々に講演会に行くことになった。 というわけで、久々のエントリーは講演録です。 とそのまえに、エントリーの書けない言い訳を少しするとやはりアレのためである。死の町をつくったアレであり、付けてやる!だの、伝染する!だの、来るな!だの、持ち込むな!だの、燃やすな!だの、撃ち上げるな!だの、騒がれているアレである。利用するだけしたおして発生したアレである。怯えて震え上がり右往左往してしまうアレである。 反だ、脱だ、クソ東電だ、ボケ政府だ、兎に角逃げ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2011/09/20 13:54
「年収500万でも貧困」…貧困な発想でフリーズジャパン
 さて、久々の講演録である。講演者は都留民子氏という広島大学の先生。  この人、大学の先生というよりズバズバと言ってのける活動家のような感じだったな。オイラなんか貧困のなかにこそ「ホント」があるんじゃないか、なんて、普通からすればトチ狂ったベクトルに走っちまったから完全合意はできなかったけど、、、、ちょっぴりの懐かしさとちょっぴりの違和感といろいろ入り交じったスッパイ気持ちを噛み締めながら聴いていた。歯切れが良くまあまあ気分はよかったけどね。  今回の講演のテーマはこのブログの核でもあったと... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 12

2010/12/24 06:37
「保坂展人は熱く語る」(2)…辺野古と小沢とアメリカと
 忙しさにかまけてブログ行為をさぼっていた。読むのも書くのものコメもレスも。サボタージュっていうか、時間がとれなかったのだ。そうこうしているうちに保坂さんの講演の記憶が薄れていく、前回イントロを歌い、講演を紹介すると宣言をし、期待しているとまでコメを頂いたので、陽水の「あかずの踏切」の後の「はじまり」という曲のように、(1)だけの、イントロだかサビだかのみで終わるわけには逝かないわけだ。  しかし、保坂さんの講演の紹介をするのは難しいな。この周辺では、人気の本家「どこどこ日記」の読者が多いのだ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 3 / コメント 5

2010/02/05 23:08
「保坂展人は熱く語る」(1)…とりあえず宣伝ね
「保坂展人は熱く語る」(1)…とりあえず宣伝ね  もう惚けの回り方にヤキが半端でなく入っちゃったよ。自分が恐ろしや。  ってのも、そういやMLで反貧困ネットワークの集会ちゅうか、講演会があるって回ってきたから、時間もあるし行くかな、と会場に向かったのさ。あの湯浅さんやら宇都宮弁護士やらも来るってんで、終了後のデモまでやってこかな、ってさ。  で、中区役所ホールの会場入り口までいったら誰も階段を降りてかない。なんだよ、この閑散とした雰囲気は。ちょっと早く着きすぎたっていっても15分前だぜ。で、5分ぐらい経っても人が集まる気配がない。おいおい... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/01/31 17:33
「九条原理主義」…達成すれば必要ない原理
 いきなりなんだが、どういうわけか(笑)「教条主義」をググってみた。 で、先頭にあったのが「はてなキーワード」だったので、素直なワタシはそれをクリックする。そんでもって、クリックしたままフリーズしたわけだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 3 / コメント 20

2009/12/01 15:32
「ホントの真相!?」…マジでハルマゲドンが現在進行中だって!?
 大抵の9条の会の講演会の聴講者は平均年齢高そうなんだけど、この講演会は顕著だったなぁ。きっと平均年齢もアラ還以上じゃなかったのか? ワタシなんぞ再若年じゃないかって思っちまった。ちなみに講演者はイスラーム研究の第一人者と紹介のあった鈴木規夫教授で、演題は「イスラームが求める平和とは〜、誰がイスラームを〈敵〉に仕立てたいのか」だった(笑)。  実質1時間強の講演の80%がイスラームの基本のこと。まいっちゃったなぁ。もっともね鈴木さんが言うには、イスラームの話をするとき、どのレベルから話していい... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 3 / コメント 24

2009/11/28 10:13
「益川博士、護憲を語る」…ノーベル物理学賞受賞博士の思考回路
 さて、お約束のノーベル物理学賞の益川博士の「なんちゃって講演録」である。  11.3名古屋大学の豊田講堂なんだけど、時間を勘違いしていてヤバいと叫びながら走って行ったときには、開演予定から10分ほど過ぎていた。息を切らして1000円を払ってパンフを受け取り建物のなかに入ったときは、まだ前振りで益川博士の講演が始まる前だったのはよかったんだけど会場(講堂)には入れずにホールにてモニター聴講。1,000円払ったのに場外聴講かぁ、という愚痴は言うまい。建物内のホールだから場外じゃない、っていうのか... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 5 / コメント 6

2009/11/07 10:12
「護憲ブロガーは護憲を訴えよう」…今、訴えずしていつ訴える!!
「護憲ブロガーは護憲を訴えよう」…今、訴えずしていつ訴える!!  やっと「3日に一本は書かなければならない」というブログ強迫観念から解放された。というか逆に、休眠中にエントリーをあげるのも如何なもんか、という気持ちさえ現れているが書きたいことは書かないと精神衛生上よくないので更新することにする。  この間、、、、コノカン、、なんて言い方をすると、またブログ主は元新左翼活動家? などという訳の分からぬコメントが付けられそうで鬱陶しいんだけど、まあいっか。そうそう、このカン、「死刑制度は感情だ」にコメント頂きました2児の父さん白鳥の詩さん、レスできずにいてすみ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 7 / コメント 7

2009/10/15 09:24
「高橋哲哉リターンズ」(2)…vs 麻生太郎
「高橋哲哉リターンズ」(2)…vs 麻生太郎  靖国に弥栄あれ!!  キーボードの「space」にちょっとだけ残っていた唾の泡沫から生成された小男が、精一杯背伸びをして口をひん曲げながら叫んだので、皆が振り返った。  spaceに一番近いoptionの毒多が話しかけた。これはアッソーソーリじゃありませんか。しかし、弥栄あれ!! ってなんて読むんですか? あ、そうですか、「いやさか」ですか? ご自分で書いたとは言えよく読めましたね。もしかして漢字に弱い人ほど裏返しで難しい漢字を使いたがるって、やつですか? あまり無理しないほがいい気がしま... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 4

2009/06/19 09:44
「高橋哲哉リターンズ」(1)…vs福沢諭吉
「高橋哲哉リターンズ」(1)…vs福沢諭吉 【警告】ここに挙げるエントリーは、高橋哲哉氏の講演内容を、講演会に参加したdr.stoneflyによって消化され吐き出されたdr.stoneflyの事実である。世間一般的事実はもとより高橋哲哉氏の講演内容さえも忠実に再現するものではない。よって、このエントリーを読み高橋哲哉氏を判断したりクレームを言うのは筋違いである。またdr.stoneflyによって消化された世界が嫌いな者はdr.stoneflyの消化器官や存在そのもを全否定したいほどに不快感を感じるかもしれず、そうした恐れのある者は、読まな... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 4 / コメント 20

2009/06/17 12:10
「高橋哲哉リターンズ」(0)…ドクタ哲哉の再生成の予感
「高橋哲哉リターンズ」(0)…ドクタ哲哉の再生成の予感  「旗旗」の草加さんから、京都三条で「在特会」デモへの抗議デモがあるってTBを貰ったんだけど、ちょっといけそうもないなと思ったので、はずかしいHN((C)主義者Yさん)で賛同署名をしたわけだが、署名名簿にのったはずかしいHNのdr.stoneflyが鶴見俊輔氏と並ばなくてよかった、と安堵していたら戸田ひさよし氏と並んでいたことを大笑いされたその6.13当日の午後に、京都までいけなかった代わりというのではないのだけど、高橋哲哉が名古屋に来るってんで、その講演会へいってきた。  高橋哲哉といえば、... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 2 / コメント 15

2009/06/15 08:41
「渡辺治が語る憲法の力」(2)…憲法25条の“そういう力”
 どうも、この講演録のアクセス数が伸びないな。やっぱり護憲やら改憲ってのは下火ってことかもしれない。それとも織り込まれるギャグが少ないのが拙いのかもしれないのか? まあ、ここの読者はギャグだけを期待しているわけじゃないと信じて、たまには真面目に書かなくちゃね。ただのアホと思われても悲しいしさ。というわけで続編です。  実際の講演では9条と25条、それぞれを基軸にする運動は密接に関係してきたと語られ、交互に話題にされた。ここの講演録ではなんとくなく別項目にしてしまったんだけど、やっぱ密接に関わっ... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 2 / コメント 2

2009/02/26 14:53
「渡辺治が語る憲法の力」(1)…憲法9条の“そいういう力”
 というわけで、近代史が専門の渡辺さんが9条と25条の歴史を語りながら「そういう力」(前のエントリー参照)の効用を説いたのね。その辺のとこを書こうと思うんだけど、歴史については、きっと、周辺政治ブログのブロガーさんにとっては既知なことが多いんだろうなぁ。まあ、いいやせっかく聞いたのだから毒多の咀嚼によって新たに生成された毒とともにリバースしてやるぜ。ぺっ、ぺっ、ぺっ、、っとぉ、きたもんだぁ、てやんでぃ。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 4 / コメント 2

2009/02/25 08:55
「渡辺治が語る憲法の力」(0)…憲法は絵に描いた餅か!?
 ほんのちょっとだけ準備をお手伝いした講演会に行ったのだけど、とりあえず講演録よりまえに「国民投票法」は死んでいないことを確認しておこう。  「自分の任期中に憲法を変える」なんて歴代の21総理が誰も言わなかったことを簡単に言って退けた坊ちゃん安倍壺が「お腹が痛いよぉ〜」と言ってとっとと辞めてくれたお陰で、改憲論が下火になっている。福田も、麻生も、そして…、ここが肝心なのだが、小沢も、管も、鳩山も、改憲の「か」の字も言わない。で、なんとなくブログ周辺も以前のようにエントリーが挙ることも少なくなっ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 4 / コメント 2

2009/02/24 09:15
「天木直人リアルで語る」…ヒラリー来日に注視せよ
 とういうわけで、2.11集会へほんと久々に行った。これも20年振りぐらいかもしれないが、別に「20年ぶり」ってのをシリーズ化するつもりはない。  ところで2.11集会ってのは周知の集会なのだろうか? もしかしたらキリスト教関係だけの集会かもしれない。今回もywcaというキリスト教の団体主催で行なわれたものだからね。昔の2.11集会では、日本のキリスト教が戦時中、軍国政府に協力的だったとか、その総括ができてないとか、「反天」とか「靖国問題」とかの話をしていた。でもまあ今回は天木さんを講師として... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 4 / コメント 7

2009/02/12 15:10
「千石正一のミッション」(2)…外来種をブチ殺せ
 それじゃ(1)「なごや生涯学習フェア2008 みんなで考えるスペシャル講演会:なぜ、いてはいけないか〜外来種問題と生物多様性を考える〜」のつづきね。  人間が他の「種」を移動させたパターンってのはいろいろあるの。あるの、って別にワタシが偉そうに言わなくてもいいんだけど、全部、千石センセイが言ったことね。  アメリカザリガニが日本にやってきたいきさつは言ってなかったけど、もう今じゃ北海道を除いてニホンザリガニはいなくなってるんだって。ワタシが子どもの頃にはまだいたと思うんだけどね。でも、埼玉... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 7

2008/12/16 14:09
「千石正一のミッション」(1)…飛行機地球号の運命
「千石正一のミッション」(1)…飛行機地球号の運命  ツレアイに申し込んどいてんかぁ、と言われネットから申込、あっさり抽選に受かったのが「なごや生涯学習フェア2008 みんなで考えるスペシャル講演会:なぜ、いてはいけないか〜外来種問題と生物多様性を考える〜」ってやたら長いタイトルの講演で、講師はあの千石正一センセイ。で、ひさびさの「なんちゃって講演録」シリーズだ。  千石センセイって誰やねん、って人は動物バラエテェ番組の「どうぶつ奇想天外」ってのを見てご覧、たまにでてくるから。この千石さんとかは番組そっちのけで動物に向っていくのね、写真家の海野... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 3 / コメント 2

2008/12/15 08:33
「雨宮処凛トークライブ」(番外)…彼女についての違和感
 雨宮処凛のトークライブで感じた微妙な違和感をやっぱり呟いてみる。  ホントはスルーしようかと思ったのだが、いまだにトークライブで感じた違和感がひっかかってたり、その後エントリーを書きながら感じたことを愚樵さんとこにコメントしてしまったり、S君のところで胡散臭さを感じているフリーター当該のコメントをみたり、かとおもったら、前の記事に>ネット上で彼女に共感している若者をみたことがない、なんてコピペのコメントが残されたりしたものだからスルーする気分じゃなくなってきた。  ワタシが愚樵さんのとこに... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 11 / コメント 6

2007/12/09 10:59
「雨宮処凛トークライブ」(3)…自己責任ってなんだ?
特別ではない普通の人々がいう、 今あいつに金がなくニッチもサッチもいかないのは自己責任だと。 そんな声に雨宮処凛は自らの経験を語り、 そしてフリーターの代弁をする。 もともと受け皿のない社会でどうしろというのだ。と。 でも、さらに人々は言うのだ。 そんなことはない、やる気になれば何でもあるはずだ、って。 使い捨ての駒として位置づけらたフリーター。 政策により積極的に輩出させられたフリーター。 待っているのは過酷な奴隷労働と安い賃金。 体を壊すような仕事を押し付けられ、実際に体... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 7 / コメント 8

2007/12/06 23:40
「雨宮処凛トークライブ」(2)…スラム化するのは渋谷と名古屋だ
 雨宮処凛のトークライブはクールな表情のまま続く。  自己紹介を兼ねた履歴のあとは彼女が取材したワーキングプアの「現状」と「運動」の話になる。   「現状」は強烈だね。特にネットカフェ難民の話はつらかった。1週間居続けてフリードリンクだけで食いつないだとか、所持金が10円20円って人が多いとか、店のほうが「体調に気遣って」通報するとか、まあこの辺りのトークは著書「生きさせろ」と重複している部分が多いし、著書のほうが詳しいからここでは省く事にしよう。  さて、「運動」としてのトークだ。訴えて... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 8 / コメント 4

2007/12/01 05:23
「雨宮処凛トークライブ」(1)…やさしい右翼、難解な左翼
「雨宮処凛トークライブ」(1)…やさしい右翼、難解な左翼  なんとなく赤と黒のタータンチェックを妄想していたのだが、緑のチェックで登場した雨宮処凛は長身だった。と、この際、服やら身長なんぞどうでもいいのだが、表情が非常に硬かったように感じたのはワタシだけかな? 各地でトークライブを開き、テレビなんかにも出ている彼女が、まさか名古屋のちっぽけな研修室程度で緊張して硬くなっていることもないだろう。どちらかというと、なんかこう冷めているっていうのか、下手したら怒っているとも見えた。まさか130人しか集まらなくて怒っているってことはないとは思うが……。  ち... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 8

2007/11/29 10:05
「雨宮処凛トークライブ」(0)…とりあえず赤木君の宣伝をば
「雨宮処凛トークライブ」(0)…とりあえず赤木君の宣伝をば  行ってきました雨宮処凛トークライブ。  以前のエントリーのこと。130名の研修室が会場ゆえ、オーバーフローを恐れて部外者のワタシが紹介してよいものかどうかを勝手に悩んでいたわけだが、主催者のFさんに聞いたところ130部用意した資料が数部残っただけということだった。ということはほぼピッタシ〜!! ワタシが大大的に呼び掛けていたらオーバーフローは確実で、抑えめの紹介で良かったということだ。っなんちゃって(笑)。  前のデモでFさんあったとき「雨宮処凛よんで130名で足りるの〜?」などとに茶化し... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 3

2007/11/27 12:42
「辺野古からの訴え」(2)…安次富氏さらに熱く語る
 さて 「辺野古からの訴え」(1)にひきつづき、安次富さんの熱き講演である。  と、その前に(1)ではいきなり安次富さんの呼び方を間違えて紹介してしまった。直す前に読まれた11名の方「あしとみ」さんが正しいようです。ごめんなさい。記憶の訂正をお願いします。  えっと(1)では、辺野古の闘いではじめて「反基地・反戦運動」と「自然保護運動」が連なり大きな運動になったな、という話の「反基地/反戦運動」ってとこまでだった。つづきの「自然保護運動」のところから始めよう。(青字のとこが安次富さんの言葉で... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 8 / コメント 7

2007/05/24 14:42
「辺野古からの訴え」(1)…安次富浩さん熱く語る
 こんなハチャメチャな時代だから明るく笑って生きなければ、なんて思いつつ、もともとの内向的な性格がネクラなエントリ−を書かせてしまう。明るく笑おうと思っているのだが、「珊瑚の調査で珊瑚を壊す」とか「自然を守ろうとする市民が自然を壊そうとする権力側のダイバーのレギュレーターを外そうとした」などとネガティブキャンペーンがはられ、明るく笑おうとしたはずの顔が異様に歪み、ほとんど絶望的な捩じれた笑顔を醸し出す。  とりあえずは日本政府は国民にこんな醜い顔をさせていいのか!! 政府まるごとリセットしやが... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2007/05/23 14:26
「憲法改悪阻止にむけて」…復習の意味を込めて
 えっと、このブログがそろそろ一周忌、じゃなかった一周年を迎えるんですが、記念すべき最初のエントリーを再掲載することにします。憲法改変やら国民投票法案やら天皇制やらをテーマにした2年前の講演でヤバイじゃんと思い、テンションが低下しないように1年前に掲載したのですが、今、まさにその時を無理矢理迎えさせられんとしています。  最近読者になっていただいた方にも「取り敢えず復習のため」是非読んでいただきたいため、初めての試みとして再掲載ってのをやってみたいと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 23 / コメント 12

2007/03/09 01:10
「斎藤貴男は予言した」(3)…軍隊が先か企業が先か、この先は…
 こう見えても結構アクセス数を気にしていて、最近ちょっと来訪者が増えてきてなんだか嬉しい。記事が記事だけにこんなことを言ってる場合ではないのだが、やはり嬉しい気持ちが励みで書き続けている。  で、たまにgoogleやyahooなどで自分の記事の検索をかけてみる。昨日「斉藤貴男」とyahooで検索したら、この「斉藤貴男シリーズ」が2番目と4番目に入っていてたまげた。いくらなんでも書き始めてすぐにそんな上位にあるなんて、と考え、総記事数を見ると24300件でやけに少ないのだ。今をときめく斉藤貴男が... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 11

2006/11/14 12:04
「斉藤貴男は予言した」(2)…エリート選民という底流思想
 足立区は露骨に学校のランクづけをして、舌の根も乾かぬうちに「撤回、見直し」などと取り繕っているが本質は何も変わってない。こうした学習環境差別の実践は「ゆとり教育」のときに既に始まっていたのだ。もともと「ゆとり教育」は「ゆとり教育」以外に「発展教育」を認めていた。つまり「全ての子ども」が均一に「ゆとり教育」をするのではなく、一部エリートに力をいれるために、その他大勢は適当に「ゆとり」をもって手を抜くということだったのだ。  斎藤貴男は、ここから例の三浦朱門の言葉を引き出した。    三浦朱... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 9 / コメント 8

2006/11/12 06:12
「斉藤貴男は予言した」(1)…人民スレイブ化計画
 政府という仮面を被ったエセ権力者で利権(金)の傀儡である奴らが、教育基本法を捏造してまでやりたいことは、国家という偶像を利用した支配と権力に従順なスレイブの排出であることはもう周知だろう。「愛国心」という名の忠誠心をはかるバロメーターとしての「日の丸・君が代」は、今迄以上に有無を言わせずに強制され、「踏み絵」化するに違いない。  これまで東京都立の学校で、「公務員」という理由で「教師」に対し数々の処分をされていたが、すでに「親」にまで圧力が及んでいることを斉藤貴男は語った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 12 / コメント 10

2006/11/11 06:30
「斉藤貴男は予言した」(0)…“捏造後の予言と思考”の予告
 「花と散りましょ、お国のために…ですからっ!! 残念!!!!!…ではすみませんからっ!!」  なぜか「ギター侍」がいきなり登場した。 ♪斎藤〜貴男の講演会、教育基本法改悪の動きに合わせてタイムリーじゃ〜ん。席数も500じゃ足りないかもって、、、言うじゃな〜い♪ ♪でも蓋を明けたら、たった50人でしたから〜〜っ 残念!!♪ ♪世間の教育基本法改悪無関心斬り〜♪  袈裟懸けに斬られたまま、ふらふらっと外へでたオレは、いきなりM16アーマライトカスタムで胸を撃ち抜かれた。  「俺の後ろに立つ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 4

2006/11/10 03:32
頑張れ!保育士さん  -保育士という仕事の意義-
 昨年ふらりと聞きにいった講演会のメモがでてきたので思い出しつつupします。  「みんなで子育て、変えよう!子どもたちの未来」浅井春夫(立教大学コミュニティ福祉学部)  「わてが、太った赤井英和だす」。この人(=浅井さん)はどこの講演でも、この「掴み」を使ってるんだろうな〜と笑いながら聞きはじめる。まあ講演の内容の方は、次々にいろいろな話題に飛ぶので、なかなか「掴み」にくい。ほんとの訴えは違うのかもしれないが、ひとつの題材だった「少子化対策」の話しを紹介しよう。  「だいたいやね、国も行政... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 1

2006/04/18 08:44
「未来って何ですか」 郡山総一郎 2005.2.6
 正直いって、戦場にのこのこと写真を撮りに行って捕まった、お間抜けな若造がどの面さげて講演なんぞやるのかを「観察」しに行った、つもりだった。が、それは、彼に対する評価の認識違いだったことを知る事になった。勝手に悪評価しててすみませんでした。と、謝ったところで、いやいやいや、彼は、なかなかの好青年ですよ。しかもマカーだし、好感度アップ。  彼が、イランへ入ったのはアジア各地で大人の犠牲になっている子どもを「写真」によって社会に「訴え」ようとする彼自身のライフワークのうちの一環で、たまたまイランで... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/29 18:58
「保育所をめぐる状況と課題」 奈良女子大学 中山徹 2004.9
 ちょと昔の講演だが、今でも荀だと思うのでupしときます。  2004〜2005が保育行政の転換期であることは、子をもつ親の義務としては把握しておきたい。  把握すべき国(行政)の方針の大きなポイントは「保育園は公の手から離なし、企業にまかせる」ということである。児童福祉法の精神から明らかに反逆する方向転換をなぜすすめるのか? 金がないからである。いやいや、そこに金を使いたくないからである。幼保一元化も保育予算の一般財源化もその布石である。それでは保育の企業化は、具体的にどのように進められる... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/03/26 15:47
『今考える、憲法・平和・子ども」森英樹(憲法学・名大副総長)講演会
だいたい副総長なんて大変なことやらされてしまって、忙しいばかりなんですよね。嫌いな携帯電話まで持たされて、呼び出されたらすぐに大学に帰らなきゃならない。しかも出入りの保険屋がつけていったストラップ、これね、こうやると……♪よーく考えよ〜、お金は大事だよ〜♪……例のアヒルの声がマイクからスピーカーを通し、会場全体に流された。クスクス、ケラケラ…空気がほどよく和む。よーし、掴みはOKと内心思ったかどうかは定かではないが、とにかく会場の緊張感は払拭された。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/03/24 14:22

トップへ | みんなの「講演会」ブログ

毒多の戯れ言 講演会のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる