毒多の戯れ言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「9条の会」と「システム」と「村上春樹」と

<<   作成日時 : 2018/01/27 09:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

一端代表をクビになった某9条の会の新しい事務局からまた代表をやってほしいと連絡があった。正直に困惑する。若い子たちをまとめる能力のなさの自覚もさることながら、「9条の会」という「組織」に疑惑をだいているからなのだと、思う。
ボク自身はまだ9条護憲という立場ではあるのだけど、正直にいえば9条の真意にどこまで添えるか自信がない。街角で「9条護れ」とシュプレヒコールを挙げる人々のどれだけ9条が過酷なものなのか、解っているのだろうか?と多少シラけた目でみている。
というか、もしかしたら「9条の会」もやはり「組織」であり、システムのパーツとして組み込まれるのではないか、という疑い、というか「9条の会」そのものがシステムとして稼働しているのではないか、という疑念があり、それが本当の代表をご辞退したい理由かもしれない。

どんな「組織」であっても、たとえそれが社会正義だろうが、善意だろうが、無給ボランティアだろうが、組織が秩序をもって動き出すために理念があり、会則があり、せーやくしょがあり、システマティックにしなければなりたたない。システマティックに進行するということは、それだけで個人が滅却され、感性が取り残される可能性がついてまわる。当然といえば当然なのだけど。
既にほとんど多くの人が経験していることだ。国家という「組織」に居てシステマティックに時間が流れるなか、個人の感性とシステムとのギャップを意識、無意識にかかわらず内包しているだろう。だからこそ、システムのなかにいても人の感性を取り戻そうとする「人生フルーツ」なんかに惹かれるのだと思う。
国家となると大きすぎて、無意識すぎて縛られ感が少ないかもしれないけれど、もしかしたら小さな組織ほどシステムによる縛りが強く、縛られたくない感性が強いものはシステマティックに疎外されるのかもしれない。A町のように。
よほど個人(の感性)として「したいこと」「やりたいこと」「やらなければならないこと」と「組織の目的」が合致しなければ、システマティックに縛られることを誰がするものか。
ボクが今、9条の会の代表をしたくない理由はこんなとこかもしれない。
できることなら組織に属したくなく、できることならシステムに組み込まれたくない。それでも必ず組織に組み込まれる。だって、人間は社会的な生き物なんだもの。

ということを前のコメ欄を書きながら思っていた。
再度、村上春樹のエルサレムでの演説を再度もう少し長く抜粋したい。(全文読みたい人は、「村上春樹 エルサレム 演説」でググってください)

“以下抜粋”

もし、硬くて高い壁と、そこに叩きつけられている卵があったなら、私は常に卵の側に立つ。
そう、いかに壁が正しく卵が間違っていたとしても、私は卵の側に立ちます。何が正しくて何が間違っているのか、それは他の誰かが決めなければならないことかもしれないし、恐らくは時間とか歴史といったものが決めるものでしょう。しかし、いかなる理由であれ、壁の側に立つような作家の作品にどのような価値があるのでしょうか。
このメタファーの意味は何か?時には非常にシンプルで明瞭です。爆撃機や戦車やロケット、白リン弾が高くて硬い壁です。それらに蹂躙され、焼かれ、撃たれる非武装の市民が卵です。これがこのメタファーの一つの意味です。
しかし、それが全てではありません。もっと深い意味を含んでいます。こう考えてみてください。多かれ少なかれ、我々はみな卵なのです。唯一無二でかけがいのない魂を壊れやすい殻の中に宿した卵なのです。それが私の本質であり、皆さんの本質なのです。そして、大なり小なり、我々はみな、誰もが高くて硬い壁に立ち向かっています。その高い壁の名は、システムです。本来なら我々を守るはずのシステムは、時に生命を得て、我々の命を奪い、我々に他人の命を奪わせるのです−冷たく、効率的に、システマティックに。


“以上抜粋”

村上春樹の小説はほとんど読んだことがなくファンでもないが、この演説はずっと記憶に残っている。

システムは我々の命を奪うのです。システマティックに。

システムは組織とも読める、国家とも読めるし、会社とも、9条の会etcとも読める。
命は、魂とも読めるし、感性とも感受性とも存在とも読める。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
「医は医なきを期す」が医というのものの本道であるとするならば、

「政治は政治なきを期す」

もまた政治の本道だろうと思ったりするんですよ、アナーキストたるワタクシは。

でも、これはジレンマです。自己否定だから。
医師が医なきを期することができるためには、自己のアイデンティティを「医師であること」においてはできません。
政治家も同じ。

9条というのは、政治が政治をなきものに期していこうとするための道具。

庶民は、そもそも政治にアイデンティティを置く存在ではない。けれど、政治家であることアイデンティティである者がが9条を謳った瞬間、9条はそのアイデンティティを護持するための剣となってしまう。

予想するに、毒多さんが違和感を感じているのは、9条を政治にアイデンティティを置く者の護持の剣にしようとするその構えなんでしょう。

医者が医師であることに、政治家が政治家であることにアイデンティティを置くということは、それはすなわち〔システム〕への適応であり、帰属であり、隷属です。だから、人間はシステマチックに人間を殺すことが出来るようになっていってしまう――。

面白いんじゃないでしょうかね? 
イ・マ・サ・ラ、改めて9条の会とやらの会長をやってみるのも。
愚慫
2018/01/27 13:52
おはようございます。遅レス失礼m(_ _)m
>「医は医なきを期す」
はたしてどれだけの医がそれを思っているのでしょう?笑。
と、またしてもエラソーで上からなんですが、、、orz
同様にカウンセラーはカウンセリングなきを期す、、
傾聴者は傾聴なきを期す、、
おっしゃるようにジレンマであり矛盾なんですが、現実はなくならない。
本来なら。法律も必要ないが年々アホみたいに増えていく。
政治家なんて上にあげたどれよりもいらない。
もちろん9条なんか必要ないですよ。
ことさら9条を護ろうなんていわなくちゃいけないことのジレンマをどれだけの人が自覚しているのか?
こんなもんがアイデンティティなんてありえない。
「必要である」と疑いなくその立場であることに疑問さえ感じなければ、おっしゃるように「システム」への帰属であり、隷属でしょうね。システマティックな殺人の一端を担うことになるのかもしれません。
すくなくとも自分はジレンマを「自覚」したうえで生きていきたいとは思っていますが、、、^^。

昨日しかたなく某9条の会会長「代行」として2分ほどのスピーチをしてしまいました。せめてと思い用意した渾身のギャグにことごとく反応がなく、静聴されガックシするとともにヤサグレています。
どうも、うえみたいな感性が言葉のうえに浮かび出て反感を買ったのかもしれませんね。爆!!

というわけで、会長代行もクビになるかもね、笑
毒多
2018/01/29 10:45
いいじゃないですか。クビになったらなったで。

それもまた、ひとつの「答え」だろうと思います。
ぼくなんかは、そんな「答え」ばかりです...って、フォローになってないなww
愚慫
2018/01/29 10:52
いやいやいや、、、クビになりたいんです。
ワタシのなかで二律規範が踊りまくるのに耐えられない。
そんなこといったらなにもかもか?爆

>そんな「答え」ばかりです

あぁ、世のスタンダードから異端なんですねww
あれ、そうか、異端としてスタンダードに関わるのはありかな?
その関わり方でスタンダードに風穴が空くのは楽しいかもしれないし、そうすればダブスタになることもないわけだ、アハハハ。
毒多
2018/01/29 11:10
てか、そもそもが異端として関われ、という要請なのではないですか? 毒多さんが「9条信者」だとは、事務局だって思ってはいないでしょうに。
愚慫
2018/01/29 11:34
リアルでは、あまり異端な主張はしていません。
異端な主張はリアルでは???と理解されないことが多いので、9条、護憲に対してリアルでさほど何かを言っているわけではないので、普通の9条護憲という認識だと思いますよ^^
そういえば、もしかして、とおい過去は9条信者だったので、そのイメージが残っているのかもしれません^^;
毒多
2018/01/29 12:54
そもそも論として、「やりたい・やりたくない」では決められないのですか?
アキラ
2018/01/30 08:58
アキラさん、おはようございます。
ですね。そりゃそうだ、と、ちょっと笑ってしまいました。
この間いろいろなお誘いやご依頼を「やりたい、やりたくない」の2項でお断りwwしてきたのですが、今回はどうやら2項以外の思いがあるのかもしれません。人間はおもしろいですねぇ、笑。
毒多
2018/01/30 09:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
「9条の会」と「システム」と「村上春樹」と 毒多の戯れ言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる