毒多の戯れ言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「人生フルーツ」と「ヤクザと憲法」

<<   作成日時 : 2018/01/08 16:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

正月に東海テレビ制作のドキュメント映画のいくつかが地上波で放送された。
いずれも劇場公開されたもので、ボクも映画館に観に行こうと思っていて行き損ねた2本も放送されました。この際なのでテレビ(録画)で観ました。
当然べつべつのドキュメンタリーなんですが、たまたま2本連続して観たものだからなんともギャップが…^^;
双方ともこの社会の主流から外れた生き様なのに大きく何かが違うのです。
もちろんヤクザと一般市民なので違うのは当然なのですが、それ以上に違うものを感じます。この違いを少し考えてみたくなりました。

「人生フルーツ」は、この社会の王道である高学歴、建築家の男と妻が、社会に対する違和感によりこの社会と一線を画す生活を営みます。
自らの手で庭に畑をつくり果樹園をつくり雑木林をつくり、落葉を集めて土をつくり、木のおもちゃをつくり、家の補修をしてスローな時間を過ごします。
こんな生活、そもそも田舎はこんな感じだったのかもしれません。
昭和の頃は、田舎の若者がこんな暮らしを毛嫌いして華の都に夢みてでてくる、というドラマがよくありました。そういえば華の都で仕掛けられた刺激に載せられてハンカチーフ一枚で田舎と絶縁した青年はその後どうなったのでしょうか?笑。
まあ今でも若人や都しか知らない大人には響かないドキュメンタリーかもしれませんが、捏造された価値観に脅迫されるかの喧噪に辟易とする年齢になると、そんな暮らしに憧れるものです。
草刈りと水やりと土作りと収穫と、そうして一日が過ぎていく。
瓶に水を貯め「小鳥の水、どうぞ」なんて小さな看板を立て、ほんの少し生活に色を添えて楽しむ。いいじゃないですか。
では、花の都への脱出を図った青少年たちと、人生フルーツの老夫婦はどこがちがうのか?
老夫婦は田舎風の暮らしにポジティブになり自ら暮らしそのものを創った。
青少年たちは田舎の暮らしにポジティブになれなかった。
青少年たちがポジティブになれなかったのは、自らの暮らしを自ら創れなかったからかもしれません。田舎の風習や伝統、継承と抑圧はそれはそれは強力だと聞きますから。それを押し付けられてはやってられませんね。
では、都へでてそこから自由になれたのか?
それは解りません。解りませんが、、、
田舎の圧力からは自由になれたかもしれませんが、やはり都で仕掛けられたものに乗せられ、それを自由を得たとして自らを誤魔化したのではないかな?もしかしたら自らを誤魔化すことに気づく以前かもしれませんね。
ああそうか、とすると「人生フルーツ」の中心世界は「田舎風の暮らし」ではなく、「自らの暮らしを自らで創る」ことなのかもしれませんね。
その精神世界は、誰かに与えられるものではなく、もちろん社会的価値を見出そうとするものでもなく、自らの感性のまま「自然に生きている」ものだと感じました。
「自然に生きる」ことが「自然な感性なまま」ならば、環境は田舎でも都でもいいのですが、それでも「自然に生きている」ということは「自然の近くで生きる」ことかな?と個人的には夢をみます。
90歳をすぎても毎日、自然に生きている老人はある日、庭で草刈りをして家に戻り、少し横になったまま永眠しました。
なんてステキなんだろう。
死が多くを物語っているような気がします。
自然に生きることとは、すなわち自然に死ぬことなのかもしれません。

と「人生フルーツ」の余韻に浸りながら「ヤクザと憲法」を観はじめました。
さて、ヤクザもこの社会の王道から外れた存在です。ヤクザ渡世も自ら責任をもって自らの生き様を切り拓いて、あ、いくもんだぁ〜、とは任侠映画っぽくなってしまいました。実際は、かなりこの社会からの縛りが強く、不自由な暮らしをしているように見えます。
まあ、一般社会からの縛りだけでなく、ヤクザ社会の縛りもあり、そのなかでの生活ですから、とても「人生フルーツ」のように「自らの暮らしを自ら創る」のではなく、縛りに則って道を歩く、という感じでしょうか。
まあ、田舎の伝統も一般社会の流行も本質的な違いはないでしょう。
違いがあるとすれば「暴対法」とかでさらに厳しい縛りがあること。
ヤクザ社会の権力よりも上をいく強力な国家権力によって縛られている。
この社会に組み込まれている、ということです。
だから「憲法14条」もでてくる。
暴対法で縛られているから憲法も適用されるべきだ。人種、信条、性別、社会的身分または門地により、、、差別されない、ですね。
そうでしょうね。
でもね、やはりなんだかなぁ〜、と思ってしまいます。
ボクはヤクザは嫌いですし、ヤクザがカッコイイとも思いませんが、こんなに格好悪くてヤクザが成り立つんかなぁ、と思いました。
結局ね、ヤクザは社会の外にいるようにみえて、完全に社会に管理されている。
「人生フルーツ」は社会に管理されているようにみえて、全く違う次元で生きている。
別にヤクザだけじゃないんですけどね。

ボクもすこしづつ「人生フルーツ」にむけて舵をとって行きたいと思っています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「人生フルーツ」と「ヤクザと憲法」 毒多の戯れ言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる