毒多の戯れ言

アクセスカウンタ

zoom RSS だから死んではいけないのだ

<<   作成日時 : 2017/08/25 10:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

♪ドゥン ドゥン ドゥドゥンドゥん・・・♪

いつまでも【システム】を自覚せずに隷従しますか?
もとい、いつまでも【システム】の下僕として無自覚に他者を追い込みますか?
ダメ人間!
では質問です。
日本で【毒】に犯されて自殺する人は何人いるかしってますか?
35億・・・・
ウソ、、、21,987人・・・
2016年調べ・・・

細胞レベルで↗、、、生きてみる↘ 、、、with U(you)


画像


きっとこういうパロデイは顰蹙を買うんだろうなぁ orz
とにかくかくにもアンタッチャブルなのだ。自死遺族の気持ちも考えろよ、と、すぐにお叱りを受けることになる。
シリアスに深刻に書くならともかく、パロディにするとは何事か、となるわな。
でも、無自覚な人々への挑発なのだから仕方ないのだよ、、、
ウソ、無節操な性格だから仕方ないのだよ。

人間は社会というシステムをつくった。
それは虚構であるけれども、唯一絶対に必要なものであると盲信して隷従している。
虚構は妄想をよび、システムは「毒」を生成し【システム】となった。
人間は毒を内包し【システム】の盲信から隠匿した。
そも、社会は【システム】をベースにし「処世術」や「生き方論」や「人生論」の能書きを垂れ流す輩だらけなわけだ。
当然そうした輩は自ら拘束されていることに無自覚であることはいうまでもない。
虚構の上乗せである。にもかかわらず、そこに乗せられるのが流行の先端である、と無意識に思い込んでいる、さらなる虚構。お笑いである。

画像


そんななか、毒を隠匿しきれない人々がいた。
毒量が限界を超えたか、身体が正常に毒に反応しはじめたか。
毒を実感しはじめた人間は悩んだ。
毒を実感できることが正常であるという自覚は希薄だった。
いや、自覚できてその拘束板から脱皮できた人もいるだろう。
でも、自覚することもなく毒に犯されたまま自死する人もいた。
21,987人、、、、2016年調べ

ところが、毒を自覚できることはチャンスなのだ。
正常の身体、正常な感性の発露なのだから。
むしろ、毒を発症してからしか生きられない、とさえ思う。
自ら解毒することで、隷従していた【システム】を俯瞰できる。
自殺まで追い込まれた感性をもつ人こそがチャンスなんだ。
マイノリティではあるが、そうして【システム】から飛び立ち俯瞰したものこそ、【システム】を改善する可能性をもつトップランナーであり、救世主。

だから、死んではいけない、のだ。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
申し訳ありません。

冒頭のメロディが思い当たらないのですが、、、(^_^;)
愚慫
2017/08/26 06:46
週末バタバタしていました。
亀レスのうえに、月曜日の朝から話題にするような元ネタでもありませんので、忘れてください、
というより、バラエティすぎて恥ずかしいので追及しないでください、笑
(noteのほうの「スキ」の反応がみたくて、枕にしてみました。)
毒多
2017/08/28 08:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
だから死んではいけないのだ 毒多の戯れ言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる