毒多の戯れ言

アクセスカウンタ

zoom RSS これが噂の「森友学園」かぁww、で、教育勅語ってどうよ?

<<   作成日時 : 2017/03/11 16:08  

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 5

 最近ほんとに時事に疎くなっている。つまらないからニュースバラエティも国会も観ない。
 本を読むか、身近なことを考えるか、写真をとるか、森や街を歩くか、ブログ近辺の話題を思索するか、ぐらいで最近のブログ近辺のキーワードは「虚構」であり「森友学園」なんて知らなかった。もっとも、どうやらインチキをして安値で国有地を手に入れた小学校があるというザックリした話はしっていて、、、
 飲み屋のママの口からとつぜん「教育勅語」なんて言葉が飛び出るからなんのこっちゃと、聞いてみると、国有地を手に入れた学園が「森友学園」でそこが運営する幼稚園が「教育勅語」を子どもに唱和させるとかなんとか、、、、
 そんなこんなで「ニュースバラエティ」をみてみたのだが、びっくりポンや。
 教育勅語ではないのだが、森友学園系の幼稚園の園児がネトウヨみたいなことを唱和している。ほんとびっくりだネトウヨがそのままリアルに飛び出したという感じ。中国韓国のヘイトやら竹島尖閣は日本の領土だとか歴史認識をあらためよとか、はては「安倍首相ばんざい」とか、、、、あらら。これが噂の褒め殺しか?
 まあネットがかなり浸透しているとはいえ、ネトウヨやブサヨ(笑、ごめんね)あれこれ口論しているような面倒なサイトにアクセスする割合はかなり少ないんじゃないかな。そこでとやかくやっているネット住民は多数と思っているかもしれないけど、そんなもんほんの一握りでなんの市民権もないのが実際だと思う。
 それが突然一般大衆のお茶の間に広がった。笑。
 しかもインチキ土地購入と怪しげな理事長さんとともに。
 「安倍首相ばんざい」と応援されているにもかかわらず、関係を拒否しているらしい安倍さんの態度がすべてを物語っているね。国民から反感を買うかどうかの嗅覚は働いているのかな?
 ワタシにとってはどうでもいいことなんだけどさ。

 じゃあなんでこんなエントリーを挙げるのか、というと、ママさんに「教育勅語ってどう?」と聞かれたから。「内容はいいんじゃないの、なんでいかんの?」というママさんに、第一感として「あれ、みんなで一緒に頑張ろうぜって、戦争に利用されたのがあかんのと違う」と答えたのだが、なんかスッキリしない。ほんとは「虚構による洗脳だから嫌い」いや「虚構による統一だから駄目」と言いたかったのだが、絶対に解ってもらえない、と思うし、その場で分かるように説明する自信がなかった。酔ってたし。
 で、次同じ疑問を振られたら、分かるような答えを準備するためのエントリー。
 ママさんは(ワタシのような非常識人とちがい)天皇に疑問をもつこともなく(むしろ敬い)、道徳を守り、親兄弟助け合い、争いをきらい、祖先を敬い、善良であろうとする一般的な日本人で性格はいいし、明るいいい人である。そんなママさんの質問だから、「戦争に利用された」という歴史で納得させようとしたのだが、新たな客がきて話題がとぎれた。
 内容に疑問がないのに、ママさんに反感が生まれたのは「森友学園」が悪いのだ(笑)
 そこには反感を感じているのはある意味いいのかもしれない。
 では、次の説明を考えよう・・・
 教育勅語がいい内容ならば、なぜわざわざ言葉にして唱和させ植え付けなければならないのか? 大人がいい内容を実践していれば子は見習うだろう。にもかかわらず、わざわざ洗脳しなければいけないのは、大人が実践できてないことの証左なのだ。あたりまえのことをわざわざ言葉にして教えなくてもいい。大人が実践できないことを子どもに植え付けるのは、そのいい内容も利用しようとしているのだ。つまり目的が「嘘」(虚構)なのだ
 嘘(虚構)の効用として特定の価値観を創作して植え付けて思いを統一する。教育勅語もまさにこれなのだ。しかも統一してなにをするかといえば、隣国を嫌いましょう、国に殉じましょう、権力者を敬いましょう、、、言われなくてもいい内容を実践しているママさんはその嘘を直感で見抜いたのだ。・・・・ママさんの違和感を説明するのはこんなとこかな。
 はてさて、納得するかどうか? いずれにしろかなり「森友学園」のイメージがこうした説明を補足している。という意味では、「森友学園」も悪くないかな。いやいや、そこで洗脳されている子どもに罪はない。そんな学園、はやく潰れたほうがいいぞ、とワタシは思っている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
ブログでは「説明」もいいでしょうし、ぼくがそれを否定すると自己否定になるので肯定しかないのですが^_^;

リアルな場面で「説明」が有効なのは、「先生」という立場があってのことだと思うんですよね。

確かに内田さんの本に『先生はエライ』とかいうのがありましたが、あれはそういう内容だったかな?

飲み屋さんで「先生」を演じるのもいいでしょうが、ママさんは、ホストする「立場」で受けてくれる可能性が大かと^_^:
愚慫
2017/03/11 16:55
はははは、おっしゃる通り!!大笑い。
まあ、結構ツレみたいな仲になっているので、ママも客という意識がうすめで遠慮なく自分の考えをいうので大丈夫だとは思うのですが、、、「先生」はいかんね、先生にならないようにします。アドバイスありがとう。


それとはべつに、「はやく潰れてしまえ」と言ってしまうことと、「消えればいい」と言われて凹むことはかなり矛盾しているな、といま思っています。


さらには、親兄弟と仲良くする(教育勅語)のは生物的特性だと思うのだけど、それを改めて言葉(虚構)で表すことが、虚構性を付帯するのか云々、、みたいなことをちょっと思いつきました。

とりあえず、、、
毒多
2017/03/11 17:14
参考に、どうぞ。

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/51185
愚慫
2017/03/15 14:21
おはよ、
いやいや、紹介の記事の内容といいタイミングといい絶妙だねぇ。
教育勅語にかこつけてこのタイミングでこれを紹介するのは、粋ってやつだな。思わず、「うまい」と言っちまいましたがな。
まあ難解になる可能性を避けないと予告する著者の言葉通り難解だとは感じたわけだが。
まさに個人と村の狭間で喘ぐおっさん、、、
道徳と理性の狭間にて迷えるおっさん、、、
言葉以前と言葉以後の狭間で揺れ動くおっさん、、、
こんなおっさんは、かなり刺激をうけましたよ。
毒多
2017/03/16 09:08
おそらく家族やら150人以下の集団やらで諍うことなく協力して生きていくってのは「ヒト」としての生物的必須だったんだろうねぇ。その生物的本能をわずわざ「言葉」にしちまって論議不可にしちまったことは、あかんやろ。
いやね生物的必須だったと過去形で書いたんだが、「金さえあれば一人で生きていける」と思い込んでいる現代のアンチテーゼとして、生物的必須を否定しちまっていいんかいな?
それを言葉化している「教育勅語」を完全否定していいいんかいな?そらあかんやろ。というわけだな。
しかしなぁ議論不可の言語化しちまった「道徳」ってどうよ、とか、さらには「教育」として、しかも内容以外の、例えば「統一」に利用されちまうんだよな、、、、、
てな具合にいくつかの問題を一緒くたにしてしまうとゴチャゴチャになってややこしくなるから、整理して考えんとあかんよ。
その「考える」ってのも言葉以後の作業なんだけどね、、、

と、とりあえずこんな感じの解読なんだけど、これを呑み屋のママにどう伝えるかは、このテキストを読み解くよりも難解だな、笑
毒多
2017/03/16 09:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
これが噂の「森友学園」かぁww、で、教育勅語ってどうよ? 毒多の戯れ言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる