アクセスカウンタ

<<  2017年2月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
「サピエンス全史」 on the desk
 「ヤバイ」って言葉の意味の第一感が、危ない、危険って世代の人間なのだが、最近の若い衆は「カッコイイ」という意味で使うらしい。この本を読んでいると危ないという意味で「ヤバイ」と感じるのだが、かなりカッコイイとも感じるので笑えてくる。そうヤバイのだ。  結局はなにもかもが、そも「人間」であることが「虚構」で「物語」である、と、ユヴァルにこれでもか、というほど言われるので、思わずニヒリズムに走りそうになるのだが、現実にはそれほど純でもないし自己があるわけでもない。おそらく、このまま暮らしていくのだ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 13

2017/02/24 11:29
「サピエンス全史」 on the beach
「サピエンス全史」 on the beach 写真機と、、、本を一冊もって海へいってきました。 本は「サピエンス全史」、、、海岸で読めたのはほんの40ページほど。 少しページをすすめるたびに海を見つめていました。 本に飽きたり、難解で海を見つめていたわけではなく、感慨深く海の向こうに思いを馳せる感じです。 これまで解ったか、解らなかった、分からないようなことがとても解りやすく書いてあります。 誰のテキストよりも分かりやすく、理解力に難のあるワタシにも分かるように。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/02/21 14:28
「COCORA 2 思春期編」天咲心良著 (生と死)
やっぱりCOCORA2を開いてしまう。横に別の未読の本があるのに・・・ 1の小学校編では感じなかった感覚に支配され。かなり離れがたく感じている。 では、最初っから再読しようかと、読み始めるが初読でかなり頭に入っていて、全部読み直す気にはならない。で、パラパラとベージを捲るのだが、、、 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/02/17 10:56
「COCORA 2 思春期編」天咲心良著 (序)
 Kindoleで無料で読んだCOCORA1小学校編の続編である。  丸善では「人文・自閉症」という専門コーナーにあったが、もう「自閉症」を紐解くというような本ではなく、良質の小説であり哲学書という感じ。「小学校編」より自閉症の症状の解説が少なく自閉症を忘れる感じである。いやほんとマジ素晴らしい!! ただね、アマゾンの評価では「全編にわたり辛かった」で低評価という人もあるし、「障害」に苦しむ少女の物語にたいし、「素晴らしい」とは軽々しく不謹慎なのかもしれない。しかしワタシにはグリグリと響き一気... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2017/02/15 09:05
『日本の「アジール」を訪ねて 漂泊民の場所』筒井功著
 新聞の日曜版に載っていた推薦文を読み買った。  まあ、あれだ、「逝きし世の面影」で描かれたような、いいとこどりばかりではいけないと思いで読んだということもあり、国家のシステムに組み込まれなかった人々はどうだったのだろう、しかも最近までの日本で、という興味で読んだということもある。  いわゆる巷では「サンカ(山窩)」として知られる人々に関する本で、非常に真面目で特に面白おかしく書くこともなく、取材による伝聞とそこからの無理のない推理が書かれていた。  日本における、無籍の非定住民のことで、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/13 16:52
梅花に雪
梅花に雪 紅梅を飾る雪の喜び短し 陽のさす頃 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2017/02/11 15:40
その作文に心惹かれたわけ
 その作文は、とっても小さなコミュニティの要請で書かれ、数人だけに読まれたもので本来ならオープンにしてはいけないのだろうが、忘備録的なメモぐらいなら許されるだろう、と勝手に判断して私的な所感の覚え書きをする。  というのも、「良い作文」として小さなコミュニティのなかで共有できるものだと感じたワタシの思いが、どうやらワタシだけのものだったということが解ったから、そのことも思索するメモ。  要点を簡略化して書くと、作文主は ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2017/02/11 15:31
孫崎享 講演会
 どうやら有名人らしい。ワタシは知らない人。元外務省の役人で世界情勢に詳しいらしい。正直今のワタシには何も響かないだろう、と知りながらも「立場」で行ったのだが、やはりダメだった。  まず国家が大前提の話である。日本がどうの、アメリカがどうの、ロシアが、中国がどうの、、である、現実的で当たり前といえば当たり前なのだが、そこの部分には絶望というか、呆れて興味をなくしてしまったワタシには、もういいから、、としか言えない。  お決まりの領土問題から始まったのだが、揉めたら地球に返上、ちゅうか人間風情... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/05 16:48
梅花に雨
梅花に雨 陽気の誘われ咲いたばかりの花に今朝の雨の冷たき ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

2017/02/05 11:37
「発達障害の僕が輝ける場所をみつけられた理由」栗原類著
「発達障害の僕が輝ける場所をみつけられた理由」栗原類著  うーん、正直いまひとつかな。  赤裸々さがあまり伝わってこなかったと感じるのはCOCORAを先に読んじゃったからかもしれないなぁ。そういえば直前のCOCORAの冒頭で、あれだけの苦悩を「面白かった」なんて書いたのは軽率すぎるかな。ただそれだけ伝わってくるものがあったということ。類まれな文才を発揮して本をあらわした今は輝いてると想定して、「面白い」も許されるだろう。  類君は母がよかったねぇ、母がつくる環境もよかった。いろいろ苦労もあったに違いないし、困難を乗り越えてきて、輝ける場所がみつか... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/04 17:47
COCORA 自閉症を生きた少女「小学校編」
 面白い、と言えば、きっと不謹慎といわれるんだろうなぁ、、、でも、面白かった。超面白かった。心に染み入る、とても心に響く哲学書。  で、気がついたのだが、直前によんだ「自閉症のぼくが「ありがとう」と言うまで」のイド君とCOCORAさんではまるで違う。真逆である。  イド君の場合「出力障害」であって内面は定型発達だった。にもかかわらず内面も障害と決めつけられて苦しめられるのだが、COCORAさんの場合は内面に自由発達であるのに定型発達だとして育てられ、学校生活を送らされた苦悩が書かれている。ま... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2017/02/02 15:43

<<  2017年2月のブログ記事  >> 

トップへ

毒多の戯れ言 2017年2月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる