毒多の戯れ言

アクセスカウンタ

zoom RSS ノーベル賞やら選挙やら赤珊瑚やら・・・

<<   作成日時 : 2014/12/23 16:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

 なんとなくヤサグレて、ブログ更新をする気も起きないでいるうちに今年も終わろうとしている。
 ヤサグレていても何も考えなかったわけじゃない。例えば、たまたまスイッチを入れたテレビが豪華絢爛なノーベル賞晩餐会の席次がどうのこのとくだらないことを喋っていた。そのすぐ後に、マララの主張に場面を切り替える、ってな荒業は軽々とやってのける。このギャップに世間は何も感じないのかなぁ、、マララは豪華絢爛な晩餐会が何本の鉛筆と何冊の本になるのに、とか思わへんの?とかは、やはり考えてしまう元サヨっち。そういえば昔のリアルサヨっちのころは、豪華でもなんでもない「飲み会」や「スキー」や「テニス」や「芝刈」などの娯楽なんかでさえ、脳天気にやっていていいのだろうか?と、そんなことを楽しむ奴らを半ば軽蔑しながら横目で羨んでいたのだが、一旦ストイックからふっきれてしまうと「いいじゃないのさ楽しければ」なんて自虐的に娯楽する自分を許容。鉛筆何千本何億本の豪華絢爛な晩餐会を批判なんかできやしない。でもね、流石に晩餐会とマララを続けざまに見せられるとそのコントラストに何かしら異様さを感じてしまうわけさ。なけなしの「募金」やら「署名」をすることで自分を誤魔化しながら楽しくイキていくしかない、と言い聞かせているが本当にいいのだろうか???

 それからなんだっけ? そうそう選挙もあったな。
 まあまあ予想通りの結果になったわけだが、結果がでてからアベシが「アベノミクスも7.1閣議決定も承認された」みたいなことを言ってるのを見て大笑いしてしまった。こいつやるなぁと、というか、まあいつものごとく後付を言うアベシを許容する日本人(本土人)はまだまだ余裕のヨッチャンなんだろうな、という感想をもったわけだ。
 多分本土人も沖縄ぐらい、馬鹿にされて苔にされて舐められて棄民を自覚しない限り、変われないし、まだまだアベシと親和性のある人が四分の一ぐらいはいるってことなんだよな。選挙は、半分が知ったこっちゃない、ってなかの残りの半分を勝ち取ったら独裁ってことでばんざーい、ってことだもんね。まあ沖縄に関してはアベシと同様に馬鹿にして苔にして舐めている本土人が多いということがいえるわけで、沖縄をみて明日は我が身とか既に我が身と感じないなんだよな。福島あたりでもガッツリthe原発再稼働の自民党が勝っちゃうわけだから、本土人ばんざーいですね。とはいえ、共産党が伸びたってことで、少しずつ何を感じ取っている人も増えてきているのかもしれない。・・・まあ娯楽に身を委ねて楽しく生活しているオイラが何を言っても説得力はないってことなんだけどね。でも投票は行ったよ。例のごとくまた無駄死だったけどさ、爆!!

 それから何があったっけ? おぉそうそう赤珊瑚だ。
 あの「貧乏」漁師らには流石に頭にきたね。人間としてね。「金」のためなら何をやってもいい、というドラッグの売人やら武器の売人(もちろん皮肉込み)と同様にちゅうかそれ以上にムカついて仕方がない。この際「貧乏」だからという「社会的理由」は一旦棚上げ。このブログでも取り上げた千石さんの講演会ではなされた飛行機「地球号」の加速度的な部品の欠落を見ているようで、悲しくて仕方ない。ドラッグやら武器という人間同士の社会的愚かさと対比すると、物言わぬサンゴが不憫で、、、って、そこかい!! とツッコまれるだろうなぁ。ちゅうか、こうしたネタも書き尽くしたから繰り返しになっちゃうんだよね。
 じゃ、社会と則したネタとして考えてみるか。
 あいつら国境を越えてやってきたんだよね。で、今の社会では許可もなく「国境線」を越えて漁をしてはいけないんだよね。「普通の国家」だったら何をされても文句いえない、、となるんだろうね。オホーツク海あたりなら、ルーブル船に撃沈されても文句いえないがスタンダード、となるんだろうけど今回は日本は威嚇射撃のひとつもしなかった。(ニュースの限りでは)
 この辺りがまだ日本を見捨てられないところ。ウヨピーには、反日サヨっちは日本を貶してばかりで誉めないと拗ねられるので、今回の政府の銃撃しない対応はよかったよ、と誉めておこう。とはいえ漁船だもんねぇ。当然といえば当然なのか?なんとなく撃沈が国家基準じゃないの? と穿ってしまう。そうさオイラは反日というより反国家娯楽人だもの。日本だけじゃなく、中国も韓国も米国も、国家基準でものを考えるのが大っ嫌いなのさぁあ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時

ご無沙汰です。

ここで
http://d.hatena.ne.jp/news-worker/20141229/1419817515
みつけた
ここの記事
http://www.kyoto-np.co.jp/info/seiji/minni/
の中でも、特にこれ
http://www.kyoto-np.co.jp/info/seiji/minni/20141223_7.html
が考えさせられました。
kuroneko
2014/12/30 17:35
ご無沙汰です。

この記事
http://www.kyoto-np.co.jp/info/seiji/minni/20141223_7.html
が考えさせられました。
kuroneko
2014/12/30 18:14

kuronekoさん、あけおめです。
記事のご紹介ありがとうございます。
「特にこれ」の記事ですが、
選挙と政治についてなんとなく感じていたことを解りやすく言葉で表してもらえたな、という感想です。とはいえ解りきってもいないのですが、、、
そも「資本主義」も「民主主義」もなんとなくでしか把握してなくて、そも同者が結婚していたことも知りませんでした。アベシが資本主義を利用してナショナリズムを遂行するってのは自明。人々が民主主義とるか、経済をとるか?みたいな感じになるのかな。経済をとったことで表面上ナショナリズムも指示しているかのような、、、政治になっている。みたいなことでしょうか。
考えてみたいと思います。
毒多
2015/01/04 10:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
ノーベル賞やら選挙やら赤珊瑚やら・・・ 毒多の戯れ言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる