毒多の戯れ言

アクセスカウンタ

zoom RSS 福一と同じ構造のペテンに騙されていては、あるいは自分を誤魔化してはダメだね

<<   作成日時 : 2014/07/31 09:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

 今ワタシが自覚がないだけに質の悪いペテン師安倍の妄想ニッポンちゃちゃちゃ完遂の阻止にやっきになっている理由が、「福一事故に至るまでのように安心安全詐欺に騙されたままでいて、あるいは自分を誤魔化したまま、結局は案の定、巻き添えを食うのは堪忍な」ということなんだけど、もう少し追及するなら「巻き添えを食って生活を、、つまりは“命”を貶す」のは、何かが違うとちゃうやろか。違和感アリアリやわ、という感じがするから。しかも自覚のないペテン師に自覚のない危害を加えられるのはワシャかなわんよ、と思うからなのである。相変わらず「巻き添え」がなければ、何を好き好んでつまらぬ土俵に降りていくかいな。好き勝手にやってればいい、とも考えるが、「巻き添え」が年老いたワタシだけならともかく、まだ何も思索していない我が子をふくむ子どもたちの命まで巻き添えにするのは、偲びないという理由だからである。
 少なくとも福一あたりで巻き添えを食って、現実に生活・命を貶した人々の悲痛な声をリアルに感じて、同じ構造にて巻き添えを食うにちがいない、ペテン「積極的平和」の嘘を暴いてペテン師に去ってもらわなければ、いつまでたっても何も学習できぬ間抜けというものだ。
 なんど騙されてもまたダマされる「お人好し」な自分が好きな人ならいいが、ダマされる相手がアタマの悪いペテン師の場合相当虚しくなることは間違い。
 現状、確かに「終わりの始まり」かもしれず、「一旦終わらねければ」目が覚めないのかもしれない。しかも福一の痛みでは「終わった」と認識できない傲慢な輩が「原発再稼働」などと言っている現実をみると第二次大戦なみに終わらないと目覚めることができないのか、人間の学習のできなさには呆れるばかりである。呆れた人間ばかりではないところを行動しておかないと仕方ない、という気分である。また、黙って指を加えて終わりを観ているのと、抵抗しつつ変化するのでは、きっと何が違うだろうと予感させることもある。

 ということで、当分リアルで、反「集団的自衛権」運動をすることにした。
 
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
第3次世界大戦は絶対阻止と考えると・・・・
日本の経験とかDNAとか小技、裏ワザ
総動員ということなんだと思います。
中国なんかでも大小の席取りゲームのようなところが垣間見えますからね。
中国からたくさんの渡来人がやってきたとき
の迎えた知恵というものが世界で役立つ?
どのように共存したのか
あるいはしのいだのか、ということを考えたりしているんですけどね。
メゾフォルテ
2014/08/03 06:28
一つ前のエントリーと併せて、なんだか毒多さんの「原点」に回帰した感じがしますね。

回帰したといっても、元の地点に戻ったのではなく。同じベクトルの先に進んだという感じですが。

社会を営む人間が、社会なしでは生存不可能な人間が、いったいなぜ自らの社会環境を悪化させてしまうのか。それも、自ら進んで。

ここのところをよくよく見つめていかないと、社会環境の劣化へ抵抗するための闘いが社会環境劣化の要因になってしまうという【善意】の悪循環から離脱することは不可能だと、私は確信するところです。
愚樵
2014/08/04 11:16
原点というと青カンと戯れていたころですね。
表面的行動としては戻っているかもしれません。ところがこれだけ長い間、いくどもいくども前後ろしながら思索した結果、行動としても原点に戻りきれない部分も多い。何かをやりかけようとしてすぐに立ち止まってしまう。
だからこのエントリーも言い訳だか、自己確認だかわけがわからなくなる。

>【善意】
は解っているつもりです。何十回も繰り返した課題ですからね。というよりもその何十回も繰り返した課題をもってのいかに実践に結びつけるのが今だと思っています。そういう意味ではまったく原点とは違う位置づけに在る。
ただ、課題を留意しながら、若い子に(高飛車な言い方ですが)教え、共に進もうとするのは、困難であることも実感しています。
【正義】は単純で解りやすいし騙しやすい。つい安易にそれを採用したくなる。そのたびに立ち止まるので、若い子は混乱する。ブログでの経緯と同じですよ。

毒多
2014/08/04 13:14
ああ、読み違えかな

>なんだか

落胆のコメントだったんですね。
ご期待に添えずに申し訳ありません。

毒多
2014/08/04 15:14
毒多さん、お疲れ?

>回帰したといっても、元の地点に戻ったのではなく。同じベクトルの先に進んだという感じですが。

どのように進んだかは、毒多さんがレスしてくれましたよね。それでいいのではないでしょうか?

仮に私が落胆したとすると、毒多さんが私の期待通りにならなかったためということになるんでしょうけど...、そういう期待って、たとえ【善意】であっても、傲慢ですよね。
愚樵
2014/08/04 20:46
遊び疲れています。
できれば遊び疲れて、もしくは呑み疲れて死んでいきたい。思索疲れでもいい。
間違ってもて抵抗運動づかれなんて嫌だ。
もっと嫌なのが、ペテン師や国家に環境を左右され破壊され疲れること。

遊び疲れて死ぬことを阻害するものは許さない。
と、いったとこです。

>期待

期待が傲慢というよりも、勝手に期待して期待が裏切られたと嘆くのが傲慢です。ただ
期待されると嬉しくなるのも事実。
期待に応えたくなるのも人間。
期待に応えられないと申し訳ないと思うのも自然の流れ。
というか、他者の期待が全くないなか、人は何かをやり続けることができるのだろうか?
それほど「期待」とは人の行動に密接なものかもしれません。

もっとも、期待するのも、されるのも、一歩ひいて俯瞰しなければコジレルことを何度も失敗し、何度も思い知らされますが、、、
毒多
2014/08/05 08:38
こんにちは、おひさしぶりです。

>自分を誤魔化してはダメだね

でしたらまずは、反省/自己批判から始めるのはいかがでしょう。

私がおすすめするのはこれ↓

「橋下クン批判」・・・ってそれも滑稽かも?
(http://dr-stonefly.at.webry.info/201204/article_2.html)

からの

「選挙を終えて、終った日本」・・・さてどうしようかな??
(http://dr-stonefly.at.webry.info/201212/article_6.html)

今から振り返ると、結局一番薄っぺらだったのは橋下クンでも橋下クン批判でもなくて、両者を「俯瞰」しようとする「高見派」だったんじゃないですか?
funaborista
2014/08/09 02:20
funaborista様

おはようございます。
どうレスすればいいのやら、、という感じです。
弊ブログ初めてのコメが「自己批判」の薦めですか?
うーん、なんだかなぁ。

ワタシはあなたのことを知らない。だいぶ前に秘書室のコメ欄で話したことがあるので、なんとなくの想像はつきますし、また、ここで「自己批判」すべし、ということで、昔ながらの真っ直ぐなサヨクというイメージはありますが、それが正しいのかどうかが解るほどの付き合いではない。
あなたがワタシのどれだけを知っていて、このコメントをしているのかも解らない。実はずっとromだったのか、ここでコメするために引用のエントリーを読んで頂いたのかも解らない。前と後ろではレスの仕方も変わってくる・・・。

しかも、あなたが今、直接弊ブログにコメントしてきたことに他の意図も考えてしまう。

とりあえず、あなたのコメントをそのまま受け取ってレスするなら、

ワタシは、政治に対する自分の態度に関して「自己批判」する気持は「今はもう」さらさらありません。また他者に対して「自己批判」を推奨・強要する気持も「今はもう」皆無です。

ワタシの感覚では「俯瞰」と「高見」では異なっています。一番おおきな違いが、「俯瞰」の見つめる中心は「自己」で、「高見」の見下す中心は他者です。

今回、このエントリーで、再びリアルで運動らしきことをしてみようと思ったと書いたのは、安倍に振り回され社会が崩壊するタイミングであり、リアルで要請があったタイミングであり、真っ直ぐなリアルサヨっちから一周したワタシがどのようにリアルにコミットするかを俯瞰するタイミングといったといったところです。
毒多
2014/08/11 09:25
もう一つの可能性へのレス

ここのあなたのコメが秘書室でのやりとりの続きを書いたことを伝えに来るきっかけのコメだとしたら(これは考え過ぎかもしれませんが、笑)、あなたのレスを読んだことをお伝えします。
ワタシがあなたへレスしたあと、数日間は気にしていましたが、公開されないこと、レスがなさそうなこと、その間にアップされる秘書室のエントリーのブレのなさに失望しきったことを理由にリーダーから抹消していましたが、「みんななかよく」のコメ欄経由であなたのレスがアップされたことを知り、観に行きました。
ただ、時間が経過によって当時の温度ややりとりの記憶が低下してしまったことや「レス不要」と書いてあったことなどでひと通り読んだだけで思索もせずに秘書室を離れました。
レスを頂き、読みながらなんの反応もしなかったことは申し訳ないと思っていますし、レスを頂いたその事自体には感謝しています。ただおそらく今後、ワタシが秘書室に訪れることはないと思います。ので、続きをあれこれすることはありません。(おそらく、あのやりとりに秘書室の読者、ブログ主を含め本気で興味をもった人もいないでしょう。)

ただ、せっかくの機会なので、

そのざくっと読んだとき、あなたが「解らない・理解できない」と書いたあたりが、このブログで愚樵さん、平行連晶さん、アキラさんとずっと長いあいだ語り合ってきたことで、バリバリの一直線のサヨっちだったワタシが「一周」したと書いた、その「一周」のことと思っています。その「一周」のプロセスを短いセンテンスで伝える能力がワタシにはまだありません。この力不足は認めます。

毒多
2014/08/11 09:25
毒多様
以前の記事を読ませていただきました。
ブログというものは、長く書いているうちに飽きてしまったり諦めてしまったりということがありそうなんですが・・・・・
こちらへお邪魔したのは「息の長い」つながりのつもりだったのを思い出しました。
「俯瞰」「高見」といった空間軸以外にも時間軸というものの分析がいるのかもしれません。
何周も同じところを回っている、ということは避けたいですよね。
婆を仲間にしたら何かが変わる、かもしれません。
お試しください。
メゾフォルテ
2014/08/13 19:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
福一と同じ構造のペテンに騙されていては、あるいは自分を誤魔化してはダメだね 毒多の戯れ言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる