毒多の戯れ言

アクセスカウンタ

zoom RSS 社会環境の劣化に抵抗する + 再掲「ほんとうは9条さえもいらない」

<<   作成日時 : 2014/07/21 09:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

 「環境」にとらわれず人間の存在を俯瞰して、頑として人間・個人としての真理を追求するのもありかもしれない。・・・という場合の「環境」が自然環境の場合、その環境によって個人としての追求が中断させられることがあっても、その中断を受け入れることもまた真理と割り切ることができる。ただ、環境が社会環境の場合、しかも無謀で無思索な権力の暴走による危機に陥れられる環境の場合、はたしてそれもまた「人間の業」(イコオル自然)として、見つめて・思索していることができるのだろうか?出来る人もいるかもしれないが、私にはどうもそれができそうもない。人間の劣化による個人の中断は受け入れがたい。
 かといって今更、劣化する社会環境だけに目をむけて、本末転倒的な「劣化の修正ありき」こそが人間の真理、みたいなこともできない。そこを目的化することを、つまらないし面倒と感じる。でもでも、つまらなく面倒と感じてもやらなければならない時期があるとすれば、今かもしれない、とも感じていることも事実。
 あまりにも解りやすい劣化がリアル進行しつつあるものを、劣化に抵抗するのも「人間の業」(イコオル自然)ととらえて、少しずつ抵抗していきたいと考えるようになった。
 で、少しずつ抵抗するために、過去のワタシ、「劣化の修正ありき」こそが人間の真理、に近かったころのエントリーを読み直しつつ、部分修正し再掲してみることにした。
 「ほんとは9条もいらいない」というエントリーを加筆、再掲。
 


 現実に多くの人は戦争も殺しも望んでいないし、実際にもしない。平和でありたいと願っている。ここが原点だ。
 もともと戦争など自分から起こさない人間や人を殺さない人間にとって、ことさら戦争放棄やら平和など謳った「文」など全く必要がない。武器商人や武器商国やその利権にあやかる権力者、経済なんかも含めた侵略者、他人を殺してまで権利、利権を主張する人でなければ戦争など起こそうと思っていないだろう。ただこの国の歴史では、侵略を行い、戦争を行い、平和を乱す人間がいたから、わざわざ憲法に「戦争はいけない、平和であろう」と明文化されているわけだ。あたりまえのことを、わざわざ明文化しなければならないということで、原点からするとマイナス1となった。
 そして、本来不必要な憲法、それにさえ背き、自衛隊(軍隊)をもってしまった。マイナス2だな。
 軍隊を持ってしまっているからイラクへ海外派兵してしまった。マイナス3だ。
 常時、積極的に海外派兵するため、憲法の解釈を変える、マイナス4だ
 しかもアメリカと一緒に戦争をして憎まれる。 マイナス5だ。
 憎まれるためにさらなる防衛が必要といい、軍備増大する。マイナス6だ。
 「普通の国」として、普通に武力・軍隊を行使する、つまり戦争をする マイナス7
 ……このまま、もともとの原点を忘れ去って、マイナスのベクトルに邁進していいのだろうか?
 もともとの原点では平和があたりまえで、「平和憲法」さえ不必要である人々が多数をしめているはずなのだ。戦争にむかう一部の人間のエゴに一つずつ妥協して、一つずつマイナス方向に後退している。これが現状であり、現実だから仕方ないと迎合していく。妥協していく。あるいは自分を誤摩化して、それを平和としてしまう。
 マイナスである現状に妥協するのではなく、向かうべき、目指すべきはマイナスのベクトルではなく、原点に向かうベクトルだろう。そして到達すべきは原点だろう。現状がこうだから仕方ないではないはずだ。
 あたりまえ過ぎて忘れているのか? 原点は何か、本当は何を望んでいるのかを個々で確認して、個々がそこに向かうべきではないのか。 不可能と思われるから諦めるのか? 冗談じゃない!! 
 何故、平和という原点を望み実践する多数が、少数の戦争に進む愚者のマイナス思考にあわせなければならないのだ!!!
 
 考えてみればすごいことだよね。本当は9条など必要ない人々が「9条を護ろう」と叫び、その人にとっては不必要な9条を守ろうとしている。もともと一部の戦争にむかう人間にしか必要のない9条。これって一体なんなのさ、と思ってしまう。でも9条は、「全ての人間」がそれを要らなくしなければならない。「多数にとって不必要」では意味をなさないんだ。
 だから9条自身が「全ての人間」が9条を不必要とすることを目指すプロセスなわけ。今9条が必要ない人間の力でもって、全ての人が9条を捨てれるために、9条を守りさらに乗りこえていかなければならない。マイナスの流れを断ち切り、原点を目指さなくてはいけない。9条堅守などプロセスだ。護憲もプロセス。ほんとに目指すは捨憲!!


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
お元気なようで安心いたしました。
戦争に向かおうとする人間が少数でもパワフルということもありそうなので、捨憲というご意見には賛成できません。
っていうか、この日本国憲法をあちこちにお中元で配りたい感じなんですよね。
メゾフォルテ
2014/07/22 22:57
この日本国憲法がつくられたときのアメリカは
ひょっとして特別だったんでしょうか?
アメリカの平和への願いみたいなものがあったんではないかと思いますけどね。
メゾフォルテ
2014/07/27 00:29
おそらく、9条が不要になることは「人間の性」ゆえにないでしょう。だからといって、「人間の性」ゆえに、諦めるのか? そこを目指すことが意味ないのか?「本来なら9条はいらない」ことを忘れていいのか? 原点を忘れないように挙げたエントリーです。

アメリカの権力は特別エゴイストだと思っています。
「平和よりも国家」という意識が強い。
毒多
2014/07/30 08:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
社会環境の劣化に抵抗する + 再掲「ほんとうは9条さえもいらない」 毒多の戯れ言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる