毒多の戯れ言

アクセスカウンタ

zoom RSS セクハラおやじ東京都議員の憂鬱

<<   作成日時 : 2014/06/28 09:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

 例の東京都議会のヤジのことである。いつまでも、何度でも繰り返す「お笑い」だな。
 アホなヤジで窮地に追い込まれた議員も思っているんじゃないか? なんでオイラが批判され追及されなきゃなんないの? こんな当たり前のことが拙いちゅうなら、それを言わせるオイラに誰がした!? ってさ。
 早く結婚せーよ、できねぇ、女にゃ、何か問題があるんじゃねぇーの(ゲスな嘲笑)。これこそが染み付き、曲げることができない、The日本男根文化であり、The日本男根アイデンティティなのである。そうでなければ、こんなに何度もいつまでも繰り返すはずがない。
 突然、性差別やら、セクハラやらなどと言われても、「欧米かっ!?」とツッコむしかないだろう。嫌というほど染み付いている「The日本」が抜けることなんかできやしない。表面的に覆い隠すことさえできないわけだから。ある意味、「The日本」で出来上がってるくせに言葉にして表面的には言わない賢い議員より、アホな正直者という意味で信用できる。根底から染み付いた文化がそんなにあっさり変えることなど出来ないのだから。
 アホ議員がアホなのは、そんな「The日本」男児である自分を認めそこを問題にせずに、思っても居ない謝罪をしてしまうところである。堂々と言えばよかったのだ。
 「これが何百年も続いた日本の文化だろうが、誰もが思っているんじゃねぇのか、それとも日本文化をすてて、欧米化すればいいと思ってるのか? 文化を変えるなら徹底的に話し合い、議論すべきだろうが、なんとなくの空気でトカゲの尻尾切りで騒げば済むという問題なのか?」・・・もちろん議員としても、世間体としてもこの議員が終わることは間違いないか、のらりくらりと議員をしているより、ずっと根本的な提議をして死ぬことができるのだから、よほどいいのじゃないのか?

 セクハラだ、性差別だ、と欧米化して表面的に解った気になっている気取った文化人やブロガーのなかにも、表面的な言葉狩りをしても、謝罪しても、まったく意味がないことぐらい解っているヤツも多いんじゃないのかな。議員をみて自分を振り返れればまともだが、正直なアホ議員を叩いて自己を隠すぐらいはすぐ見破れる。まあ、好きにやってればいいさ。でもホントはそんなことでもなく、多分、多くは「自分の好きな世界」を創りたいんだろうな。そのためには「そぐわないやつ」は抹殺する、って感覚にちがいない。ま、この辺はワタシも他人のことは言えないんだけど、、、、爆!!

 ちょっと気になったのは、被セクハラ美人議員のほうである。・・・おっといけない、「美人議員」もセクハラだったっけ、正直もんのアホブロガーということで開き直っておく。で、この人、「東京の晩婚・晩産・出産・育児」で悩む女性支援の訴えをしていたのだよね。で、やっぱり女性は「晩婚」で悩んでいるの? (ヤジと同意で)早く結婚したいと思っているの? そこがよく解らないのと、この議員自身は早く結婚をして、早く出産をしたいと思っているの?
 こういうこと言い出すとセクハラブロガーだ、セカンドレイプだ、と、解っているのか解らないのか分からない、きどった文化人に指摘されさうだが、どうも最近、たとえば、以前水葉がいっていた「理解があるような男のフェミニストの胡散臭さ」のように、当事者性がない代弁主張の胡散臭さが妙に気になってしまうのだ。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
トンチンカンな発言を許してもらえるのであれば
上手に本音を語る技術を男女とも磨く必要があるんでしょうね。
最近、女性の声がか細くなっているのが気になるんです。一喝というのができない?
メゾフォルテ
2014/06/28 12:02
トンチンカンな発言だとは思いません。
「破綻ブログ」にコメントを頂けることに感謝します。

>上手に本音を語る技術を男女とも磨く必要がある

ワタシが偉そうに言える立場ではありませんが、たしかに言葉による表現を磨く必要はあると思います。

ただ、エントリーのオヤジ議員の場合は、そも「本音」という意識もなく、ヤジにポリシーも意図もなかったと思います。知らぬうちに染み付いた「日本文化」がそう言わせただけで、オノレの意識さえ喪失していたような気がします。
だから、今持って何が問題なのか、何を追及されているのか、全く分からないでしょう。

もし「本音」で言っているのなら、「晩婚で悩んでいる」という女性議員の言葉と一致している。価値観が一致している者どうし「問題」になるわけがありません。「若くして結婚するのがいい」という価値観同士ですので、それを阻害するものを一緒に考えればいい。オヤジ議員は本音ですらないから問題になったのです。そして誰も、本音ですらないヤジの本質を追及しようとしない。バカばっかです。

ただ、この女性議員自身が「晩婚で悩んでいる」かどうか、は解らない。なんとなく悩んでいない、ような気もする。だから、オヤジ議員がポリシーをもって、若くして結婚したほうがいいと思っているなら、「あなたは、結婚しない理由はなんですか?」と質問すればよかったではないでしょうか?
この女性議員の本音(正体)が見えたかもしれないのに。

毒多
2014/06/28 17:18
そもそも議会というのは議論の場なので
言論で応酬する力が必要なはず。
ひどいヤジを飛ばした人間にはその場で名前いうのはできないものでしょうか。
普段からヤジを飛ばす人間をチェックしておくとか
できると思うんですよね。
何事も、よくわからない、ということにならないようにしてほしいと思います。
メゾフォルテ
2014/06/28 21:02
>言論で応酬する力は必要なはず

はい、仰ることが「政治家たるもの完璧なロジックでもって発言するべきだ。ヤジであってもそうするべきだ」というご意見であれば、普通に正しいと思います。ロジックっていうものは、自分の意思と違っていても組み立てることができ、白を黒ということもできる。さらにそれが破綻していることを指摘することもできる。つまり、ロジック能力の高度さの問題で、本質とは違う次元にあります。それが政治、とも言えると思います。その能力が皆無でも政治家になれる、というのが現実です。そうした面でいけば、ヤジおやじ議員も、被ヤジ女性議員も同程度に無能力だと思います。まあ、彼らのトップの自称最高権力者が無能中の無能なので、仕方ないかもしれませんが、選んだのは国民ということを忘れてはいけません。

 ただ、どうしてもロジックが完璧ならばOK、ということで納得したくない自分がいます。だから政治嫌いになってしまうのかもしれません。また、代議士ということで仕方ないのかもしれませんが、代弁について当事者性が薄い訴えというのが、どうしても鼻について仕方ありません。あの女性代議士がどれだけ切羽詰まって晩婚の悩みをもっていたのだ、と追及したい。、、、すみません話がはなれました。代弁ということで、、、
 舛添氏も本音を披露したようですが、ワタシとて、福島の民の気持ちを解るなんていえません。全く当事者性をもてないからです。なので、福島の憂鬱というエントリーは絶対にできません。
毒多
2014/06/28 21:31
ロジックってもしかして私に対しての皮肉でしょうか
っていうか女性特有のロジックというものもあるんだと思います。
しかし、ロジックよりも気迫というものが大事ではないかとも思います。
党の方針とかどこかの組織の方針ではなく
個人の信念による気迫というものを持ってほしいですね。
メゾフォルテ
2014/06/29 08:22
皮肉という感覚は全くありませんでした。そう受け取れたならすみませんでした。

大声、気迫で押すのはワタシは好きではありません。リアルで、そういう方を見ると云うことに同意していても、ロジックによる意地悪をしたい気持さえ湧きます。
おそらくそれも好き嫌いの問題で、そこでの議論にあまり興味はありませんし、意見が交わることはないと思います。
なので、気迫論はここまでとしてください。
毒多
2014/06/29 11:45
このブログでは絵文字は使用しないで下さい。たんに管理人の好みの問題です。ご理解ください。
管理人
2014/06/29 11:45
気迫とか絵文字とかは、憂鬱症には薬になるかと思ったのですが・・・・
あまりすぐ謝らないほうがいいと思います。
私がいじめているような印象をもたれるので。

えっ、そういう戦術もありますでしょうか。
メゾフォルテ
2014/06/29 18:09
今の若い方とか女性とか。ここ一番、わが身を守る、自分の家族を守るというときのために気迫の出し入れを覚えておく必要があると考えます。
毒多さんが気迫よりもロジックとおっしゃるのでしたら、切羽詰まったときの相手を説得できるロジックの展開の仕方とかご教示いただければありがたいと思います。
個人で学ぶというのは限界がありますので、多くの人からコツを聞く、というのが私の人生のコツです。
メゾフォルテ
2014/06/29 19:45
ご察しのように、ロジックも気迫もともにワタシには欠けております。教えることはできませんし、ともに「コツ」でどうにかなるものではありません。

エントリーから離れてきていて、且つ、ワタシの興味とも離れていますので、ワタシにとって面白くありません。ここまでにします。
毒多
2014/06/30 07:08
>多分、多くは「自分の好きな世界」を創りたいんだろうな。そのためには「そぐわないやつ」は抹殺する、って感覚にちがいない。ま、この辺はワタシも他人のことは言えないんだけど

コメント欄というものはブログ主が言論統制可能?
できるなら、コメントに対抗するコメントをいただけるとありがたいと思います。
言論統制というものに神経質になる必要がないでしょうか?
メゾフォルテ
2014/06/30 14:52
一度は確認しておいたほうがよさそうですね。

>コメント欄というものはブログ主が言論統制可能?

コメント欄はブログ主の意志によって言論統制は可能です。
言論統制をするか、しないかは、各ブログのブログ主の考え方によってかわります。
このブログに関してコメント者の理性、他者へのリスペクトを信じて、言論統制をしないほうがベターである、という考えのもとに行ってきましたが、必ずしもコメント者にその感覚が備わっていない、また管理者に全てを受け入れる能力が不足していることが分かりました。
よってときには管理者の気分によって抹殺されるコメントがありますので、ご注意下さい。

以後、表面にあらわれてこないコメント、または抹殺されたコメントに関して、管理者が語り合いたくない、考える必要を感じない、興味がない、ピンぼけすぎる、と判断したコメントとご理解ください。ただし、エントリーに関連するコメントは、一応すべて受け入れるつもりです。

>できるなら、コメントに対抗するコメントをいただけるとありがたいと思います。

できません。全てのコメントにレスする義務はありません。語り合う義務もありません。

>言論統制というものに神経質になる必要がないでしょうか?

あなたも、多少、神経を使っていただけると管理者も神経質にならずにすみ有難いです。

毒多
2014/06/30 15:37
もともとの日本文化は男尊女卑ではありませんけどね。カカア天下が日本庶民の文化。「三行半」というのは女が男に突きつけるもので、女性の権利として認められていた。幕末から明治初期、日本を訪れた“先進国”の人たちは、日本人女性が自由に街を闊歩し、既婚女性の外泊でさえ自由だったことに驚いています。

今だってそうでしょう? 夫婦で財布の紐を握っているのは、嫁だというのが多いじゃないですか。家父長制を導入したはずの“標準的”されリーマン家庭がそうだったということは、表層はいざ知らず、深層の部分では、女性優位だということです。

男性優位なのは、日本ではマイナーな武家社会の文化です。これも諸外国と比べて特徴的ですが、日本では制度上の支配層の文化より、被支配層であったはずの庶民の文化の方がメジャーだった。それこそが日本の伝統だったんですけどね。過去形です。

「結婚しろ」なんてヤジは、欧米から輸入した価値観に依存するしかない情けない男の空威張りでしょ。そんなのにマジに取り合うのも、これまた情けない。そんなだから、空威張りの政治屋がますますのさばることになる。

話題になった女性議員も、炎上マーケティングが身上というような話もでていますが、どっちにしたって、情けない話です。
愚樵
2014/07/01 06:26
大昔は女性優位の時代もあったのかもしれませんが
近現代の日本では、厳しい一生を送る女性がいたのも事実ではないでしょうか。
嫁が介護を引き受け、しかし相続からは排除されるといったことなどがあげられると思います。
メゾフォルテ
2014/07/01 06:53
>もともとの日本文化は男尊女卑ではない

正直にいって、最初「日本文化」と書いて少し疑問にもち、検証する気がなかったので、「THE日本男根文化」と訳のわからない造語で置き換えたわけですが、オッサンが若いネーチャンを茶化す、ってのは文化ともいえないのだろうけど、なんなんでしょうね。
いつからの風潮なのでしょう? あ、武家文化なんですね。すると古いものになるのか、、江戸ぐらいからなのか?もっと古いのか、、女性上位を認めたうえでささやかな抵抗をしていたのか、本気で男尊女卑が身についていたのはいつ頃か?、、もともとが庶民の女性上位文化が本道とすると、オッサン文化はカウンターカルチャーになるのか? 武家も政治家もオッサンも武力(暴力・腕力)を根拠にした権力で上に立とうとしているわけですから情けない限りです。

THEセクハラブロガーとしては、女性議員も、受け流したり、無視したり、(皮肉を)言い返したり、笑い飛ばしたり、、、、することをせずに、キィキィ言うのも、オッサン(文化)を認めたうえで取り合っているということで、アホそのもの。認めている自分を認めたくないためのキィキィ・・・ああ、また叱られる。

>情けないはなしです

御意
毒多
2014/07/01 08:50
婆無用論について、今回の女性議員に対するヤジよりもよほど人権侵害だと思うんですが、マスコミその他はあまり取り上げられなかったようにも思います。半ば容認のような感じだったような・・・・

婆を役に立つ存在にするほうが、GDPに貢献し成長戦略になるんではないか、と思うんですよね。
(あまりGDPの数字は信頼しておりませんが)
長年財布を握っていて平均寿命が長い女性がいるんだから、高齢化社会では婆さんが持ち金第一位にくるはず。
それを無用だなんていったら、財布のひもが緩むわけがありません。
メゾフォルテ
2014/07/01 16:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
セクハラおやじ東京都議員の憂鬱 毒多の戯れ言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる