毒多の戯れ言

アクセスカウンタ

zoom RSS 拝啓 村野瀬玲奈様

<<   作成日時 : 2014/04/14 17:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 22

いろいろ続きの関連エントリーしたいのですが、このタイミングで思いがけなく村野瀬さんから質問されたので、特別エントリーとして1本いっときます。
1ヶ月近くまえに、秘書課の「日本の出版界とは違って、憎悪を商品にしようとは考えていない中国の出版界」というエントリーに、軽い気持ちで以下のようなコメントを残しました。完全にスルーされていると思いましたが、レスをいただきました。こちらでもご意見を聞いてみたいと思いますので、転載します。

[22846] ちょっと違う気がします

 こんにちは、お久しぶり。しかしねぇ、、、、

 そも、日本の出版社・書展が嫌韓・嫌中の本を多々売っているということに対して、中国や韓国の本屋のことを持ち出す必要あるの? こういうことを言い出すと、例えば、韓国中国の本屋で嫌日の本が売られていれば、日本で売ってもいい(仕方ない)ということになる気がしますよ。
 もし、村野瀬さんが自分の感性(もともとの純粋な感性は嫌いじゃないけど)に基いてこうした本を排除したい、というならば村野瀬さんには出版統制管理官(そんな職はないか、笑)はしてほしくないな。結局、誰かさんたちがしたがっている教科書統制と同じでしょ。

 日本で嫌韓、嫌中の本が出版されているのは、単純に「売れる」からです。本そのものに意味はありません。言い換えれば本を排除しても全く意味はありません。もし、村野瀬さんが嫌韓、嫌中の人々を排除し口を封じたいならば、多少の意味はあるかもしれませんが、そういう方法で思想統制(この感性は嫌いです)することがお望みですか? 
2014-03-20 投稿者 : 毒多 URL 編集


に対して、村野瀬さんからのレスは、、、


[23162] >[22846]の毒多さんへのお返事
3月20日のコメントに対して今になって返事するというのもたいへんに間抜け(汗)ですが、ほかの方のためにも...。

> そも、日本の出版社・書展が嫌韓・嫌中の本を多々売っているということに対して、中国や韓国の本屋のことを持ち出す必要あるの? こういうことを言い出すと、例えば、韓国中国の本屋で嫌日の本が売られていれば、日本で売ってもいい(仕方ない)ということになる気がしますよ。

仮に、もし韓国や中国で今の日本ほどに嫌日の本(?)が売られるようになったらそちらも批判しますよ。仮にそうなったらそれを私が批判しないと思っているのかなあ、毒多さんは。


> もし、村野瀬さんが自分の感性(もともとの純粋な感性は嫌いじゃないけど)に基いてこうした本を排除したい、というならば村野瀬さんには出版統制管理官(そんな職はないか、笑)はしてほしくないな。結局、誰かさんたちがしたがっている教科書統制と同じでしょ。

「排除」って、私がそうできる「権力」や「権限」を持っているわけではないですね。逆に、「教科書統制」は権力や権限を持っている団体(文部科学省)がやっているから問題なのです。

私の意図は、そんなヘイト本がこれほど多く出されていることを異常であると批判しているということです。それらの異常な本への批判が高まって、売れ行きも悪くなり、出版社の企業イメージも悪くなるからということで市場から消えればいいと思いますが、それを「排除」と言って「排除」するなら、誰も何も批判できなくなりませんでしょうか。


> 日本で嫌韓、嫌中の本が出版されているのは、単純に「売れる」からです。本そのものに意味はありません。言い換えれば本を排除しても全く意味はありません。もし、村野瀬さんが嫌韓、嫌中の人々を排除し口を封じたいならば、多少の意味はあるかもしれませんが、そういう方法で思想統制(この感性は嫌いです)することがお望みですか? 

そのようにレイシズムやヘイトスピーチを放置してよいと私は思っておりません。

そのようなレイシズムやヘイトスピーチが異常であることに気づく人が増えてほしいと思います。そのために、こんなにレイシズムやヘイトスピーチの出版物があふれているのは私の知る限り日本だけであるという事実を知らせようとこの記事にしました。

毒多さんはそれを「思想統制」とおっしゃいますかねえ。

私は毒多さんに反感をもってこう返事しているわけではなくて、毒多さんの論理がよくわからないからこう書きました。ここを読んでいる人に誤解がないように...。
2014-04-13 投稿者 : 村野瀬玲奈 URL 編集




で、ここからが本文、ワタシの村野瀬さんへのレス。





拝啓 村野瀬玲奈様

村野瀬玲奈さん、こんんちは。レスがあったことにびっくり。

お忙しいなか、時間を割いてくれてありがとう。まだウォチしていてよかった。
それと、ブログ運営お疲れ様です。秘書課のようなブログの運営は特に大変でしょうね。ご苦労をお察しします。
すごく久しぶりにお話できると思うとほんと嬉しいですね。ワクワクします。
(もしかして、某なかよしブログの村野瀬さんへの酷評→挑発をご覧になりましたか? 随分酷い言葉をつかいました。もしご覧でしたら謝ります。ごめんなさい。)
ここのコメ欄は、言葉の選択や言い回しに厳しそうなので、なるべく慎重に書きますが、揚げ足取りでまるで違うベクトルに進むのは望んでいません。理解しようという気持ちで読んで頂けると大変、嬉しいです。

前置きが長くなりますが、もう一つだけ。
ワタシとて昔とかわらずサヨ傾向があり、村野瀬さんのエントリー、つまり村野瀬さんの「正しい」という感覚、村野瀬さんの「正義」に共感する部分は多いということは先に言っておきますね(このエントリーの外国の出版事情を持ち出すことには賛同できませんが、、他にも違和感のあるエントリーもありますが、、)。なので、ここでは村野瀬さんに向って話しかけますが、同時にワタシ自身にも問いかけていてもいます。もしワタシのレスに再度レスを頂けるのであれば、それはワタシのなかのもう一人のワタシの言葉として受け取りますので、率直なご意見・思索を頂けると嬉しいです。理解しあえたならさらにHAPPY!!

>韓国や中国で今の日本ほどに嫌日の本(?)が売られるようになったらそちらも批判しますよ

日本の嫌韓本ならば他国との比較ではなく、日本の嫌韓本そのものを言及するしかないのではないか、、という意味で書きました。が、あらたにレスを頂きましたので追筆、、、村野瀬さんのレスで感じるのは、「ほんとに日本の嫌韓本と同じように批判するのかなぁ」という疑問です。
具体例はあげませんが、韓国人、中国人の言動のなかには、やはり、首をかしげたくなるような言動もあります。そうした言動にあっても、その根本原因が「日本」の戦争責任に起因する場合、その根本にある原因(たとえば侵略戦争によるトラウマ)、を思考したり反省したりしますね。自省です。「日本」の反省をもとめる秘書課のエントリーでは、そこを基軸にしていると読めます。根本的な解決にむける試みです。ワタシも真の解決は、根本解決しかないと思っていますし、そこは共感します。つまり、侵略戦争を受けた韓国、中国に対して「ほんとに韓国・中国の嫌日「本」にたいしても、日本の嫌韓本と同様にするのかな??」、、と、感じるのは、こうした理由です。まだ秘書課には根本原因を追求する姿勢があると信じていますから。

にもかかわらず、「日本」の嫌韓本に対しての村野瀬さんのレスは

>ヘイト本がこれほど多く出されていることを異常であると批判しているということです。それらの異常な本への批判が高まって、売れ行きも悪くなり、出版社の企業イメージも悪くなるからということで市場から消えればいいと思います

やはり、日本で嫌韓本・ヘイト本が売れるのは、出版社・本屋が問題ではなく買う人になんらかの根本原因があるからではないでしょうか。真の解決をえるには買う人に対する根本治療しか無いでしょ?
対処療法では、根本的解決に至らないのではないでしょうか?、、、で、上に挙げた抜粋は対処療法ではないのですか? 売らなくなるから買えないだろう、は、買う人(買ってしまう人)への問題解決ではないですね。ちなみに「仮に韓国中国でヘイト本が出版されたときは、その批判をする」でも同じ構造で、根本解決になりません。
こうした対処療法は、ネトウヨや安倍さんと「やり方において」変わらない気がするんですよね。(suterakusoさんの言うネトウヨとの裏返しとは、suterakusoさんの見解とは違うかもしれませんが、ワタシもこのような理由でそう思ってしまった)
村野瀬さん(毒多)の「正義」「正しさ」があるように、ネトウヨにはネトウヨの、安倍さんに安倍さんの「正義」「正しさ」がある。安倍さんは現権力者であるので、対処療法的にオノレの「正義」に向けた社会に変えようとしています。自分とは異なる他者の「正義」を排除してですね。反吐が出ます。ネトウヨも然りです。ネトウヨもオノレの「正義」「正しさ」を通すために対処療法的にすすめようとコメ欄に乗り込んできます。で、村野瀬さんの例えば(上の本のようやり方)、また、ここのコメ欄における「他者の考える正しさ」を村野瀬さんの考える「正義」で、排除するようなやり方・対処は、ベクトルが違うだけで、ネトウヨのやり方、安倍さんのやり方と「やり方」そのものは変わらない、と感じますが、「これがネトウヨの裏返しで同じ構造ではないのか?」の理由ですが、如何でしょう。
そしてワタシはその「やり方」に疑問を感じています。

村野瀬さん(毒多)が「正しいと考える社会」が実現に向かうとします。村野瀬さん(毒多)は、権力者になっていってしまいます。いやなってしまっては村野瀬さんが「正しいと考える社会」と矛盾しそうですので、権力者にならないように社会の更生を進めるとしますか? ただね、現状、村野瀬さんが「正しいと考える社会」に向かうにあたって、村野瀬さんの「正義」を理由に権力を行使してしまう(しまっている)ような気がするんですよね。これはある意味、普通についてまわることでしょう(秘書課のコメ欄においては、村野瀬さんの意志とは別に何かが働いているのかもしれませんが、、、、)。この権力になってしまう、を如何に気をつけることができるか、は、非常に困難で、自分との闘いでもあると感じます。権力と化してオノレの「正義」だけで構成される社会をつくるのはある意味安易でしょう。
このブログは、、、オノレの「正義」だけが目的で、その「正義」に共感するものだけを囲い込み、形成されことが目的とか、、、オノレの「正義」に反する別の者の「正義」の批判のためのみに存在しているブログ(社会)を目指しているならば別ですが・・・そうではないと信じます。

>レイシズムやヘイトスピーチが異常であることに気づく人が増えてほしいと思います。

はい、この思いはワタシ(毒多)は共感します。しかしですね、では、レイシズムをヘイトスピーチを「異常」と感じてない人々はどうしましょう。「異常」どころか、「正常」と感じて行っている人、何かによって「正常」と思い込みたい人(正常だと洗脳されている人でもいいです)にどう対応しますか? 村野瀬さんやワタシ(毒多)の「正常」を叩き込みますか、「正常とはこういうものです」と取調室の警察官よろしく、無理やり自白させますか? 叩き込んで口先だけの「正常」を強要しますか? それでも納得しない者は批判、非難、(出禁に)して抹殺しますか? 権力のやり方そのものですね。それでいいのですか? ということ言いたい(自問したい)わけです。

現実問題として個人ができることなんかしれている。でも、だからと言って何かをしないわけにはいかない。解決にむけた何かをしなければ、と感じる。これは尊重します。そのためにブログ運営をする。はい賛同します。
ブログ運営においてコメ欄を設ける。いいですよね。
ブログコメ欄に安倍さん的「正義」を信じる人、ネトウヨ的「正義」を信じる人が来訪する。そこへ村野瀬(毒多)的「正義」のみを振りかざしての対応は、「敵対関係」しか産まない。むしろ敵対関係の補完をしているとさえいえる・・・
はたして村野瀬ブログはそこを目指していたのでしょうか? 違っていたように記憶しています。

と、ここに書いたことも毒多の考える「正しさ」を基に書いています。それを秘書室に押し付けるつもりは全くありません。あくまでも旧知のよしみでワタシはこう感じているよ、ということを書きました。旧知でなければ、他所様のコメ欄にこんなことは書かないです。そこは解って下さいね。

あ、村野瀬さんには、じゃあどうすればいいのか? が必要でしたね。
ワタシだって、どうしたらいいかなんて困難すぎて解らない、じっくり考えなければならないところだと感じています。ただ、批判、断絶、拒否、敵対、排除だけではなんともならない、とは思います。そしてやはりそこを見せられた、どちらでもない人は呆れて立ち去る、、、、ことになるのでは? というのは他のスレで誰かが言ってましたね。
村野瀬さん(毒多)の「正義」と違っていても、相手を尊重しつつ、どこまでも根気よく対話するしかないのではないでしょうか?(ああ、もちろんその対話は本題(エントリー)から離れないようにね、笑)

といいながらエントリーの本題から離れました。すみません。ワタシの前のコメの意図はこんなかんじです。長くなってすみませんでした。長いコメントは今回限りにします。敬具



マジ長いなぁ、ちょっと反省、爆!!


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(22件)

内 容 ニックネーム/日時
文章の長さと伝わる分量は反比例の関係にあるかもしれません。あ、私の場合ね。
部分的にでも箇条書きか絵文字をお勧めします
メゾフォルテ
2014/04/14 18:47
 こんばんは。

>suterakusoさんの言うネトウヨとの裏返しとは、suterakusoさんの見解とは違うかもしれませんが

 それにつきましては、毒多さんと村野瀬さんのやりとりが一通り終わってから、説明するかもしれません。違っていても、違っていなくても、お二人のやりとりに影響はないと思いますので。
suterakuso
2014/04/14 21:53
メゾフォルテさん
長文にも慣れましょう。
>絵文字
あっかんべー!!
毒多
2014/04/15 13:47
suterakusoさん

おそらく村野瀬さんとのやりとりはあれで終わると思います。だって反論の余地のない文章ですから、、、なんちゃって(笑)

個人的にはsuterakusoさんの言う「ネトウヨと裏返し」は興味ありますよ。どこかに書かれるなら教えてくさい。
毒多
2014/04/15 13:49
告知
えっと、仕事にほされて暇すぎたのでラストに一回として秘書課にコメントしたんですね。ずっとなんのレスもなくて「もういいや」と思っていたところ、きましたよ、funaborista氏!!

>[04/18]高学歴者、社会的成功者にも『ネトウヨ』は大勢いる。

興味のある暇な方はどうぞ、、、、でも、まあROMでお願いね。
毒多
2014/04/22 12:02
>毒多さん

某ブログで、funaboristaさんなるコメンターが毒多さんに対する何項目かの「質問」をしていますが、関わらない方がいいと思います。

毒多さんが某ブログのミストレスにコメントしたのは、ミストレスへの私信ですよね。「拝啓・敬具」がそれを示しています。
私信に答えるも答えないもミストレスの自由ですが、答えるのならばそれは彼女がすべきことで、横から他者が口を差し挟むべき事柄ではない。

しかも、彼の動機は「わからない」から純粋に知りたい、ではない。件の毒多さんのコメントの全体的な流れから毒多さんの思いを耳を傾けるのではなく、文章を細かく解体して論理的な整合性の穴を抽出し、そこを攻める意図がある。攻撃を始めるためのフォーメーションを敷いている状態です。「わからない」「質問」は、単に毒多さんを引っ張り出すための誘い文句です。

ああいう種類の人間には、最初から対話の意思はないのです。一見慇懃ですけれどね。最初から自分の中に正答があり、それを誇示するための具材として他者を利用したいだけ。今回は毒多さんが手頃なネタだということ。
あなたを与し易しとみて、公開の闘技場“コメント欄”でねじ伏せたいわけですよ。放置しておけばいいです。

はっきりいいますが、あのタイプのお利口さんは、もう見飽きしました。うんざりです。
平行連晶
2014/04/22 12:19
あ、コメントを書いているうちに毒多さんとかぶった。
まあ、いいか。

彼は、毒多さんを知りたいわけじゃないんですね。
対象への関心がない。
ただ、戦って論破したいだけ。相手をサンドバッグか皿の上の肉くらいにしか見ていない。
ネットステゴロ。
関わっても対話の楽しみが何も生まれません。時間の無駄です。
平行連晶
2014/04/22 12:26
平行連晶さん

アドバイスありがとうごいます。
でも、おそかりし、、、もうコメントしちゃいました。

実は彼とは2度目で、以前はsv400dracinさんや愚樵さんが矢面に立ちました(そのときもミストレス批判が発端だったなぁ、、、遠い目)。
まあ、その時の経験があるので、だいたいは解っているつもりです。既にコメントしちゃいましたので、余り書くと向こうのコメ欄に影響があるといけないので書きませんが。

ワタシのほうも【人為的発生】とか【思い込み】が、どんなものか、このあたりで実習にでてもいいかな、というのと、ラストチャンスとして村野瀬玲奈の反応が見たい、ということがあり、ちょっと掛けあってきます。
お利口さん相手に論破なんてしようと思ってませんので、安心してください。

毒多
2014/04/22 13:18
 どうも、こんばんは。コメ欄荒らしのsuterakusoです。でも、多分、有限実行で、あちらにはもう、行かないと思いますが…。って、そういうのに拘束されるのも嫌というか、そんな美学いらないみたいなところもあるのですが…。でも、少なくとも今はもう、行きたくない、知らない、みたいなところでしょうか。

 っで、やっぱり村野瀬さんの毒多さんへのレスがないようですので、そろそろ「ネトウヨの裏返し」の説明をしてもよいのですが、べつにもったいぶるほどでもなくて、書いたことそのまんまだと思うのですけど…。やっぱりmonさん同様、分かりにくいと思われるのかな?
 一つは、ナルシズムを満たすための手段になってしまっていない?ってことで…でも、まあ、それは、kuronekoさんのコメ欄で、毒多さんが指摘したように、私を含めブログやコメントを書く人にはみなあるのですが…それがために自分が敵と認定した人を攻撃していない? 自分でも気付かないうちに目的がずれていない?って感じですかね。あのコメ欄でも、小野哲さんは分かりやすいとして、その他にも、事実に関わることを「たかが」と言い放つ人や、論理的整合性もなにもない人がいましたよね。さらには、私の「ネトウヨの裏返し」コメントの後に、monさんが次の言葉を連発したり、狭い世界の数の論理で人格否定してきたりしましたよね。
suterakuso
2014/04/22 22:25
>「この質問が、いつも気になっているこのブログの問題点を浮き彫りにするかもしれない」が余計
>基本「この質問が、いつも気になっているこのブログの問題点を浮き彫りにするかもしれない」なんて思いながら質問なんてする人いない
>「この質問が、いつも気になっているこのブログの問題点を浮き彫りにするかもしれない」の時点で質問じゃない
>「この質問が、いつも気になっているこのブログの問題点を浮き彫りにするかもしれない」こんなことが頭にあったことがそもそもの口論の原因でしょうに

そして、その後に満を持して厭味ったらしく村野瀬さん登場と。もう、守りたいもの違うでしょう?と。

 それから、自分の主張のシナリオがあって、それに利用できるものならすぐに飛びついて、なんでも使おうと。

 具体例を思い出しながらあげていくこともできると思いますが、とりあえずこんなところでいかがでしょうか? 村野瀬さんあてなら、それをしていくことになるでしょうが。

 ところで、私もfunaboristaさんとは知らない訳ではない間柄なのですが…。funaborisataさんは、議論をするために、いろいろな条件のある実験室を設定することを好みます。しかし、その設定を解読するのに労力を要する上に、だからこそ、その設定の問題点を指摘するのにさらに労力を要することになるのですね。それと、あちらから話しかけてくる割には忙しいとかで、レスが遅くなることも多いんです。村野瀬さんの「のろい」とは違って、意図的なものではなさそうなんですが…。それで、村野瀬さんのところで、私から話を打ち切ったような形になったことがありました。
つづき
2014/04/22 22:36
↑HN間違えました! どうも、kuronekoさんのコメ欄になれたのか、ニックネームにタイトルを入れてしまいました。すみません。
suterakuso
2014/04/22 22:39
 やっぱり、一つ、「ネトウヨの裏返し」の具体例をあげておきます。

http://muranoserena.blog91.fc2.com/blog-entry-4339.html#comment19534

このコメントとそれを繰り返し承認した村野瀬さんですね。
suterakuso
2014/04/23 00:19
suterakusoさん、おはようございます。

いやいや、ワタシのほうこそ「あんな館に行くもんじゃない、、」といいながら、自ら逝ってしまう、愚か者です。

suterakusoさんの秘書室分析に、ワタシは同意します。
非常に分かりやすい分析で「ネトウヨの裏返し」という部分も分かりやすいです。(というか、同じことを言ったつもりですが、、、笑)
そして、取り込まれていない多くの人は同じように感じていると思います。実はネトウヨ同様、ちっぽけな館で、そこの住人以外からは斜に見られている。館のなかだけで傷を舐め合う、、、、という部分では、裏返しではなく、同じ、と言えるでしょう。


あ、この言い方はNANさんに叱られる!!(一緒にすなぁ、ってか?笑)

それでもいってしまう、ワタシはまだなにか秘書室に期待しているのかなぁ、、、
旧知ということで「気づいて欲しい」という思いがあるのかなぁ?
旧知ということがなければ、好きにしてれば、、、、となるのでしょうが。
このあたりの自己分析は必要かもしれません。
いずれにしろ今回が最期、ミストレスの態度次第(←まさに、suterakusoさんが分析した秘書課メカニズム、笑)では「RSSリーダー」からも消すことになるでしょう。
まぁ、あれだけ、尊重して、優しく、遠回しに、持ち上げたコメにしているのに、ご本人が逃げるような今の状況では、消去の可能性が高いです。
毒多
2014/04/23 09:32
funaborista氏は、平行連晶さんからも指摘がありましたが、お利口な議論巧者でしょう、、、いきなり、「人を殺してはならない正義」なんて書くところをみるとね、、、、まぁ、あまり彼の設定に乗らず、いつもどおりにやっときます。目的はfunaborista氏ではないので、ロンパーされようが痛くも痒くもない、、、むしろ、ロンパーされた後の村野瀬さんのお出ましの仕方のほうに興味があります。

毒多
2014/04/23 09:32
 こんにちは。
 お気づきのことと思いますが、村野瀬さんから毒多さんへ

>お返事しようとは思っておりましたが、いつものようにたてこんでおりますので、少しお待ちください

とのレスはあったものの、まだその「お返事」はありませんね。

 ところで、「たかしズム」さんのことはご存じと思いますが、ある意味、この人が「ネット人権派・リベラル」のリトマス試験紙になるのではないかと思います。村野瀬さんの従軍慰安婦についての古いエントリーのコメ欄に登場して、こんな↓コメントをしていますね。

>FKさん?どうしました?
>皇后が「赤の他人」の子供を産んでも、天皇家が「万世一系」なのはどうしてですか?
>これのお答えはまだですか?
>お待ちいたしております。たかし
http://muranoserena.blog91.fc2.com/blog-entry-4350.html#comment23325

答えても、無視しても、嘲笑の対象ということでしょう。ま、「FK」さんの自業自得ではありますが…。でも、本人はどうも大真面目なんですよね。

 っで、本題ですが、その「たかしズム」さんの最近のこんな↓ツイートを見つけました。

>韓国で客船事故にあった修学旅行生たちの高校の教頭が自殺したけど、どうして東電社員は一人も自殺しないの?
https://twitter.com/takashicyan/status/457082765888868352

この感覚ですよ。そして、この人を厭味ったらしく自己の批判者に対峙させる人の感覚ですね。
suterakuso
2014/04/29 17:58
suterakusoさん、おはようございます。

村野瀬さんの「そのうちレスする」のコメントは確認していました。
まあ、おそらくないでしょう。あの人、立ち止まっていろいろ思索ってのが出来そうもない。そしてfunaborista氏も、もとの「拝啓村野瀬玲奈様」を読めばアレ以上、書けないでしょうね。「拝啓村野瀬玲奈様」では、すべての予防線貼ってますから、論戦になってもロンパーはできないかも、ぐらいは感じるんじゃないのかな。多分、お二方ともその程度の保身的「賢さ」は持ち合わせているでしょうから。
ワタシにしても、つまらない議論したいわけじゃありません。

ワタシはこれまでに、村野瀬的な部分も、funaborista氏的部分も通過してきました。(さすがにたかしさんのツィートみたいな感覚はありませんでしたが(笑)。)そして今でも、村野瀬的な部分も、funaborista氏的部分に陥ることがある。反面教師です。秘書室の観方はそんな感じです。
幸い、ワタシの場合は「戯れ言」にコメを寄せてくれる皆様によって救われましたし、教えられました。ここのところ秘書室にコメしたのは、村野瀬さん落ち度を断罪しようとか、矛盾を明確にしようとか、ではありません。
ワタシが気づかせて貰ったように、ワタシも気付かせてあげよう、という思いです、、、、なんて言うとカッコつけすぎ、爆!!
毒多
2014/04/30 09:00
ようは、ワタシに気付かせる能力があるか試したくなっただけどのことです。(最近別件で失敗しましたが、爆!! いや成功かな?)
いずれにしろ、秘書室とは、ちがう土俵に立っているわけですから、話が噛み合わなくなるのは当然でしょうし、「気づく」「気づかない」は本人次第なのです。当分、秘書室にコメすることはありませんが、秘書室へむけてのメッセージ的エントリーはするかもしれません。(先方が気づくか気付かないかは別にして・・・)

余計なことかもしれませんが、ネトウヨとブサヨは「共依存」です。suterakusoさんにおかれましては、共依存スパイラルに巻き込まれないよう気をつけてくださいませ。俯瞰です。俯瞰。

毒多
2014/04/30 09:01
>suterakusoさんにおかれましては、共依存スパイラルに巻き込まれないよう気をつけてくださいませ。

 おっしゃりたいことは分かるつもりです。幸い、今回、あえて徹底して参与観察したことで、「憑きもの」もとれるかもしれません。当たり前といえば当たり前のことですが、あの人たちと「やりあった?」からと言って、とくに私の政治的態度が変容する訳でもなく、それはつまり、私が非難するほどあの人たちが「迷惑な味方」にはならないということなのでしょう。そして、私とあの人たちの、現実世界での結果としての政治的行動には、結局、あまり違いはないのでしょう。もし、そういうことまで見越して村野瀬さんがあの世界を守ろうとしているのなら、それはそれで大した使命感だと思いますが、実際のところどうなんでしょうね。
 多動な性分なんで無理かもしれませんが、dracinさんに言われたように、本を読んだりすることで、世界に対する理解を深められるとよいなぁと、いちおう、思います。
suterakuso
2014/04/30 22:04
suterakusoさん、おはようございます。

なんだか前のコメでは、偉そうに説教じみたことを書いてしまいました。すみません。

別スレで「辺境ラジオ」ってのを紹介してもらったのですが、そのなかで「反橋下も橋下を太らせている」(2年前の放送)という言葉があったのですが、2年後の今の橋下さんの元気のなさが物語っていますね。
秘書室を観ているみたいだなぁ、と感じました。もしかしたら秘書室からネトウヨが駆逐されたら、元気がなくなってしまうかも、と危惧しています(笑)

ところで、
>私とあの人たちの、現実世界での結果としての政治的行動には、結局、あまり違いはないのでしょう。

あそこの人たちって、リアル社会で運動なんかやっているのかなぁ、そうは思えないんだけどね。(あそこのネトウヨもしかり・・・リアルメインじゃない)
やっていたとしたら、ああした表面的な引用ばかりのエントリー(そしてコメ欄)ではなくなる気がします。リアル運動をしている人が真面目に係ることないんじゃないんかなぁ・・・

毒多
2014/05/01 09:12
 おはようございます。村野瀬さんが塩漬けにしていたコメントが公開されましたね。やっぱり、毒多さんのこの↓一言に気付かれるのが嫌なのかな?

>前スレに村野瀬さんがなんらかのレスを頂けると書いていて、それを読んでからでもいいかと思った

いじらしい人ですよね。あるいは、KITAさんという人や「川崎レポートを書いている通りすがり」さんという人のコメをそのまま公開したくなかったか。…ま、全部だと思いますけど。この人たちへのレスの仕方を見ると、やっぱり、う〜んと思いますよね。そのいじらしさを我慢できたらよいのにと。

 けど、

報道の自由度、ここ10年で最低水準

って、村野瀬玲菜政権に対する見事なブーメランになっているって自覚はあるのかなぁ…。ある人が、村野瀬さんには、その筋の人からのコメントも同様に荒らしとして扱ってしまう体質があるって言っていたけど、本当にそうだなぁと思います。それと、案外、村野瀬さんって、話がズレるんですよね。私の個人的な偏見ですが、外国語系が専門の学歴高い系の人って、論が立つようでそういう人が多い気がします。論理性より割り切りと惰性や即応性が重視されるようなところがあるからではないかと思うのですが…。
suterakuso
2014/05/11 10:44
 以上、不毛な愚痴、あるいは奇特な好奇心です。と、いうことでよいです。あと、前回の毒多さんの

>あそこの人たちって、リアル社会で運動なんかやっているのかなぁ、そうは思えないんだけどね

というコメへの亀レスになりますが、そのあたりも私とあの人たちは基本、同じではないかと。それと、「政治的行動」とは広義のもので、「運動」に象徴されるようなものとして用いる意図はなかったんですよね。例えば、政治的行動をしないというのもその人の政治的行動です。…行為かな? ただ、このへんから続く話は以下略で、毒多さんには通用するような気がします。

 今、私がこの界隈で関心が向いているのは、集団的自衛権です。政府、サヨクともに集団的自衛権として騒いできたことって、みんな集団的自衛権なの?集団安全保障が混じっていない?ってのがありまして、kuronekoさんのまとめエントリーなんか参考になりそうなんで、全部読んだらよいのかなぁとか思っているのですが、このコメントは、そういう大掛かりなものに取り掛かる前の、息抜きぐらいにご理解ください。
suterakuso
2014/05/11 10:45
suterakusoさん

確かに投稿したコメントが公表されるのに時間がかかりますね。公表されるとすぐに「NEW」もついていなかったのは不思議だったんですが、村野瀬さんのブログのコメ欄は村野瀬さんの意図が働くものですし、それはどうこう言っても仕方ないでしょう。

外国語系の高学歴の人の類型は、ワタシにはまるで解りませんが、秘書室のコメ欄は議論好きな人が集まっている気はします。論破を目的にしている。なので、コメ欄の意図も論議の意図にそってるんじゃないでしょうか?と邪推。

もう大丈夫だと思いますが腹を立てずに、好奇心ぐらいで割りきっておいたほうがいいかもしれません。

ワタシは旧知として、半分くらいは本気で村野瀬さんが気付き秘書室が良い方向に転がるといいのになぁ、と考えていますが。

安倍さんの進めたがっている集団自衛権というのは、この先もしかしたらリアリティをもたされてしまうかもしれませんので、今のうちからちゃんと考えていても良い問題かもしれませんね。

毒多
2014/05/11 16:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
拝啓 村野瀬玲奈様 毒多の戯れ言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる