毒多の戯れ言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「オスプレイやら原発やら」・・・もしそいつが安全だったら

<<   作成日時 : 2012/07/24 15:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 28

 オスプレイ、なんだか懐かしい響きだなぁ。なんて言ってる場合じゃない。以前は机上の反対だったのについにリアルにやってきちまったよ。でも、なんだか飛行訓練コースが全国区になりちょっぴりよかったなぁ、と思っている。だって、全国区で反対運動が展開されそうなんだもん、、ってか、それでもこの辺りも含め、おっきめの都市の上空は外されているな。まあ、バカにされかたの順列なのかな。まず沖縄がバカにされ、田舎がバカにされみたいな。
 ところで「未亡人製造機」なんていわれているらしいけど、独身パイロット差別にはならないのかな? まあいいんだけど、つまりはそれほど危険で、それがゆえに反対運動が展開されている、、、のか? どうもねぇ、テレビでも「安全」であるか否か、ってことばかりがクローズアップされているけど、問題はそこなのかなぁ? なんか違う気がしてたまらない。そこが問題なら、つまり墜落なんかしない「安全」なものなら反対されないのだろうか?ってこと。 まあ、されないんだろうね。
 オスプレイってのは、どうやら「優秀」な輸送機で、いろいろなものを大量に場所を(あまり)選ばず輸送できるらしいんだけど、で、その大量に運んだもので何をするかっていうと大量殺人のわけだ。大量に兵器やら兵隊やらを輸送できるのに「優秀」ってことはつまりそういうことなんだねぇ。
 墜落にたいする「安全」うんぬんっていうか、人にとって「安全」かというと効率のよい人殺しに優秀ってことは、危険極まりない、ってことになる。
 まあ、損得で敵対するものは「人」じゃねぇ、ってことでいう人にとっては「優秀」であることが大切なのかもしれないが、、、、
 だから、つまり何が言いたいかというと、反対の理由が「安全か否か」ってのは、ちょっと違うんじゃないの? ってこと。

 これさ、「原発」でも根本的に問われることだと思う。
 脱原発の理由も「もし原発が安全なら」いいのかいな、ということ。ここがずっとひっかかっているところであり、考えどこではないのだろうか。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
細野原発相の「菅前首相が日本救った」は都市伝説か
『自衛隊の逃亡は許したが、東電の逃亡は阻止した管直人』 ...続きを見る
逝きし世の面影
2012/07/27 10:06
米海兵隊のオスプレイ日本配備の謎 原発やらスペースシャトルやらセグウェイやら
『何やら恥ずかしそうにセグウェイでエコ通勤するつくば市職員』  ...続きを見る
逝きし世の面影
2012/07/30 11:36

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(28件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。

お久しぶりでございます。
私もこの飛行物体の件では、「安全か否か」ばかり騒がれてますが、安全ならいいのか?という毒多さんと同じ疑問を感じました。
そもそも、オスプレどころか、やはり米軍の基地そのものもそろそろ撤退していただくのが、逆に日本の安全に寄与するのでは?
沖縄にしても、海兵隊なんていう「殴りこみ部隊」には早く出ていっていただくことです。

>脱原発の理由も「もし原発が安全なら」いいのかいな、ということ。ここがずっとひっかかっているところであり、考えどこではないのだろうか。

まさしく、そうですね!
えちごっぺ
2012/07/24 21:31
 安心安全な社会をつくるための各種の条件が一人歩きをしてしまっている状態ですね。手段に過ぎない物が目的化して、本来の目的が見えなくなっている人たちが一種狂信化している浮かれた状態です。
山路 独
2012/07/25 02:06
えちごっぺさん、どうもです。

そちらは訓練ルートになってましったっけ?上空にアレがみえる度に逃げ惑うなどという狂った風景が目に浮かび欝になります。
ある種の人々は、「交通事故に比べれば事故事例は少ない」というかもしれませんね。ふぅ。

脱原発についても、結局「現状の電力量を確保」という前提(現システム)にのったうえでの「安全・危険」「脱・維持」ではお話しにならない、ということなんでしょう。つまり反脱原発のあのブログも例のブログも現システム前提の反脱原発という意味では、現システム維持派の脱原発派と大差ないということです。
時間がかかりましたが、やっと、分かりました。

PS 弁当うまそうだ、、、笑






毒多
2012/07/25 11:51
山路独さん、こんにちは。

>一人歩き
>目的がみえない
はい、ともすると多くの意見(反対もふくめて)の表面的な部分のみで賛同、反対をいってしまいそうになります。
賛同、反対のむこうにある未来を考えたうえでなければ虚しい賛同、反対になりますね。
毒多
2012/07/25 11:55
オスプレイも原発も、安全だったら「関係ない」んだと思うな。正しい、正しくない以前に、関係ない。
愚樵
2012/07/25 12:11
良かったら、これ読んでみてください。
ttp://www.mammo.tv/interview/archives/no123.html

上記のインタヴューとオスプレイがどう繋がるかというと、この下りです。

>資本主義の社会を動かすには、欲望を拡充する必要がある。しかし、資源の問題から言っても無理なのは明か。デッドロックに乗り上げているのに、もっと欲望を増加させようというキャナライゼーション(運河化)が進みつつある。それになんとか対抗するには、倫理と道徳を持し(原文ママ)出しても無理だよ

オスプレイも原発も、池田がいう「欲望のキャナライゼーション」の脈絡にあると考えられます。
「イノベーションに対する欲望」です。
現代人は、産業革命以前のような円環型の世界観を今日殆ど手放してしまっています。
昨日より今日、今日より明日はより進歩がなされるもので、そうあらねばならない(よりましになる・ならねばならない)という、線的な世界観。

イノベーションは線的な世界観をそのまま具体化します。具体化された実例がオスプレイであり、原発です。「技術革新」です。
「オスプレイが安全に飛行できないから反対する」という見解の根底にあるのは、イノベーションが我々の承諾する段階に至っていないというクレーム。それ以上でも以下でもないです。かかるイノベーションが必要か?という視点が欠落している。それは至極当然なことです。

イノベーションが私たちの欲望そのものとなっているから。予め欲望(需要)があり、それにイノベーションが追随するわけではないからです。

オスプレイが私に突きつけるのは、オスプレイという機体の問題でなく、こういったものを生み出そうとする人間の欲望・執着心を否定しきれるのか?ということです。
私自身がイノベーションに囚われているから、です。
平行連晶
2012/07/25 14:03
>そちらは訓練ルートになってましったっけ?

バッチリなってます(苦笑)
新潟⇔岐阜を結ぶ、ブルーラインとかいう飛行訓練ルートです。下界の人間も危険ですが、乗っている兵士も危険であります・・・
えちごっぺ
2012/07/25 22:12
イノベーションの本来的な意味は「自己革新」。それを「技術革新」というふうに捉えていること自体が、線形的。

愚樵
2012/07/26 04:34
人間がテクノロジーによって環境を変え、今度は変化した環境からのフィードバックにより思考を変質させるというプロセスを生きるようになったことが、「イノベーション=技術革新」という捉えを定着させたのだと考えます。

愚樵さんが「イノベーションの“本来的な”意味は」と表現していることにも、その一端が現れていると思います。
平行連晶
2012/07/26 06:42
愚樵さん、おはようござます。
短いコメントありがとう(笑)。

「正しい、正しくない」はおいといて、「関係ない」と思うのは「誰が」関係ないと思っているのかなぁ。愚樵さんであれば、そうですか、、で終わってもいいんだけど。
「みんな」であれば、命題になるのかな?
「ワタシ・毒多」の名指しになれば、たしかに最近のワタシは原発にもオスプレイにも「関係ない」という態度(ネット・リアルともに)をとっているけど、こういうエントリーを挙げたくなる程度には関係あると思っているところもあります。という言い方をすれば、愚樵さんも「関係ない」とコメントする程度には関係あると思っているのかもしれない。

それにしても、「そんなの関係ない、オッパッピ」ってのが流行ったりしたけど、おそらく反語的・自虐的に受けたのかな? とっても哀しい言葉だと感じます。
安全、安心な里山計画も多数には「関係ない」となるのかなぁ、なんとなく哀しいなぁ。
毒多
2012/07/26 09:17
平行連晶さん、おはようございます。

ご紹介ありがとう。おもしろかった。好きになりそうです。
彼は生物学者ですねぇ。生物学者ってのは社会学者より大局っていうか上から見ることができるのか。しょせん「社会なんて」と言っているようですね。
まあ、現実には「社会」のなかでジタバタするしか、もしくはジタバタしないか、しかないのですが。
というふうに考えると、このエントリーは、ジタバタしろ、ジタバタの仕方を考えたほうがええんとちゃう? と語っているように読めますね。ところが、最近のワタシは「ジタバタせんでもええんとちゃう」に傾いています。という部分が、エントリーと矛盾する。おもしろいですね。

毒多
2012/07/26 09:17
えちごっぺさん、再レスありがとう。

やはりブルーですか。ブルーですねぇ。
何やら低空らしいですよ。超低空になると、墜落しなくても木がなぎ倒され、木の下敷きになるかもしれない、らしいです。ブルーです。

実は釜山から日本海を渡っているくると聞いたときに、神風が吹き輸送船が沈没すればいいのに、と思ったのですが、根本的解決法になってませんね。
やはり、全パイロットの乗車拒否・運転手が任務途中で乗り捨てるってのが根本的解決かもしれません。

毒多
2012/07/26 09:17
こんちゃ。

>実は釜山から日本海を渡っているくると聞いたときに、神風が吹き輸送船が沈没すればいいのに、と思ったのですが、根本的解決法になってませんね。
やはり、全パイロットの乗車拒否・運転手が任務途中で乗り捨てるってのが根本的解決かもしれません。

スケルッツオ楽章のようで、かつ詩的な妄想ですね。今朝のニュース、大阪市バスの運転手さんの話でしたっけ。
 原発が安全であるって、どういう意味でしょうね。運転中に事故を起こさなくても、核廃棄物は出るだろうし、それも安全に処理ができるってことかな。社会ルールを守る広域指定暴力団のほうがまだしも現実的な気がする。

 オスプレイの安全は、他の飛行体に比較しても事故率が顕著に低い、ぐらいの定義でいいでしょう。「絶対安全はない」なんてところで堂々巡りの議論してもしょうがないから。

 わたしの妄想は、中国がオスプレイの沖縄配備に賛成したらどうなるかな、ということ。輸送機ですからね。中国でも他のアジア諸国でも災害救助のときに、滑走路がないところに、人や物を運べるってとっても便利。最初から、海兵隊の主要任務は災害救助、って期待が国際社会に広まったら、かえってアメリカはやりにくいだろうなあとも思います。
まっ、その場合も安全性は前提ですね。民間でも、やたら事故りやすい救急車なんて、そのままにはしておかれないでしょう・

kuroneko
2012/07/26 10:12
「関係ない」の主体は「みんな」です。

この命題は、毒多さんが関わってこられた「運動」にも大いに関係することだと思うのです。

「運動」の目的とはなんだったのか。「正しい」ことを啓蒙することが目的だったのか。それとも「関係しよう」が目的だったのか。

多くの者にとって、必要以上のことに「関係する」のは煩わしいことです。感覚的に危険だと察知できれば、誰もが自発的に関係してきます。今、各地で広がっている脱原発デモもそういったものでしょう。
愚樵
2012/07/26 10:17
平行連晶さん

フィードバックにより思考を変質させたのなら、それな「自己変革」です。確かに、前近代から近代へと移ったときに、そうしたパラダイム・チェンジがあったのでしょう。

が、それ以降は、イノベーションが「技術革新」に固定されて、フィードバックからの「自己変革」は止まってしまっているように思います。資本主義的な欲望の拡張は、「生きる」ということとほぼ同義の「自己変革」に比べれば、退屈しのぎのようなものでしょう。
愚樵
2012/07/26 10:26
オスプレイはベル社とボーイングの系列会社による共同開発だそうですが、この2社は「ティルトローター」という航空機の新機構を軍用のみに用いることはない、将来的には同機構を民生用に転化した機体を必ず製造・販売すると私はみています。何せ、オスプレイは現用の米軍公式採用機である攻撃ヘリ・AH-64アパッチよりも時速200kmちかく速い速度で飛行できるのです。

憶測を重ねますが、民生用のティルトローター機開発・販売による航空業界の主導権確保のために政・軍・産が一致してオスプレイのブラッシュアップに邁進しているというのが、私の見方です。軍とは、常にイノベーションが集約される場です。

そして、そのための捨て石にされているのが末端の米兵さんたち。実験場に使われているのが米国内でありモロッコであり、そこに日本が加わるということです。

民生用のティルトローター機が完成すれば、救急医療の場で一刻を争うような傷病者が1人でも多く救われる日が来るかもかもしれない。イノベーションに対する欲望とは、そんな人間の切なる願いも含んでいます。それは、希望です。
私は軍用だからいけない、民生用だから良いという考え方はしません。

私が不快なのは、未来への切なる希望をも含んだ欲望ののために、今を生きる人の命を犠牲にしてもやむなしという考え方です。
米兵さんたちは今なお捨て石にされているじゃないですか。
これは怒りではありません。不快なんです。嫌悪を感じるということです。
平行連晶
2012/07/26 23:18
>愚樵さん

軍由来のテクノロジーが少なからず民生に転用されてきた歴史が、産業革命以降には存在します。
本来は人を殺すために生まれた技術が、人を生かす。そんな「パラドックス」が認識されるようになったのも、イノベーションによる思考の変質の一例だと思っています。

インターネットの原型は、米軍のARPANETだと巷間伝えられていますよね。インターネットの登場以前に、具体的にインターネットのようなシステム/コミュニケーションを需要していた層がどれだけ存在していたでしょうか(パソコンc通信を数に入れたとしても、です)。
イノベーションに対する欲望が無ければ、こういったものは生まれてこなかったでしょう。また、ネットの登場により人間の思考は幾らか変質したと私は思います。パラダイムチェンジのような大変革ではないとしても、です。

私がオスプレイのようなものを生み出す人間の欲望を否定しきれるか突き付けられていると書いたのは、例えばこんなパラドックスについて常に考えてしまうからです。
平行連晶
2012/07/26 23:43
・平行連晶さん

不快感を感じる、というのはいいですよね。それは「関係している」ということですから。

>イノベーションに対する欲望とは、そんな人間の切なる願いも含んでいます。

確かに。でも、その欲望とは、やっぱり「自己変革」を否定する方向の欲望、自分は自分でいたい、という欲望なんですよ。自分が自分でいるための欲望を満たすための「技術革新」。

切なる願い、というのはわかります。でも、これはあくまで私の考えですが、たとえ切なるものであっても、その手の願いは無条件で取り上げるべきではないと思います。

では、取り上げるべき条件とは何か。それこそ「関係する」です。私はここで散々【システム】を批判していますが、その心は「関係ない」だからなんです。切なる願いとは「関係ない」メカニズムでイノベーションが強制されている。それを「切なる願い」といったようなものを使って隠蔽しているだけに過ぎない。

原発や新幹線なんかもそうです。「夢の〜」。人々が夢を持ち、それを梃子に「関係する」のならいい。けれども、「夢」を【システム】の中に組み込んでしまっては、ダメですね。
愚樵
2012/07/27 06:40
kuronekoさん、おはよございます。

「原発が安全」ってのはありえませんね。廃棄物を棚上げして「安全」と言っていたのを、信じていた、事故以前の状態のような「安全」を問題にするってのは、何度もされてきたから今更ですが、そうではなく、どうやらワタシは、果てしなく電力を発生し、しかも表面上安全って装置が開発されたらそれにのっとって「やりたいほうだい」欲望を発揮させればいいのか、、、という意味での「安全ならいいのか」とふと思ったことを書いたようです。これはこれで、欲望を増大させることが「人間にとって安全」なのか否か、ということになれば「安全じゃないんじゃない」と、繋がるのかもしれませんが。

オスプレイがもともと災害救助目的であれば、安全飛行できるようしてしっかり開発しろ〜、なんてエールが贈られるのかな。いやいやこう言ってしまっては、「技術革新ばかりがすすめばいいのかよ」ということになり、エントリーと矛盾してしまうなぁ、、、、やっぱ安直にエントリーすると矛盾だらけになる。

災害救助で思いついたのだけど、昔「サンダーバード」って人形劇あったでしょ、あれ孤島が国際救助隊の基地になっていたやつ。尖閣諸島を国際救助隊に進呈して、すべての国家から独立させるってのはどうかな。オスプレイはサンダーバード2号とします。安全性を向上させたうえでね(笑)

それとそれと、市バスを放置してトンコしたのは「名古屋」ですから、エッヘン!! 残された乗客も唖然としただろねぇ。でも、大丈夫です、米兵が日本を放置してトンコしても残された日本人はちゃんとやってきますから・・・・って、こういう事書くと、いろんな人に絡まれるだろうなぁ。ブログを始めてからずっと堂々巡り。

毒多
2012/07/27 09:29
愚樵さん、レスありがとう。

kuronekoさんへのコメで書いたようにいささか安易すぎるエントリーだったかもしれないね。でも、

>「運動」にも関係する
これ考えてましたよ(笑)。煩わしいにもかかわらず、安全な青カンにみずから関係するヤツ←毒多、ってことで。ああ、関係した奴って過去形か。
そうそう、胡散臭い=危険だ、と感知した周辺住民および一般市民は青カンを攻撃したねぇ。攻撃するってかたちで「関わった」な。過去そうした表面的な感覚による関わりを安易だと、考えていた。
今、ワタシは直接的青カンに関わろうとしていない。あまり関わるつもりもない。
脱原発にも、反オスプレイにも積極的に関わろうとしていない。
でも、こういうエントリーを挙げたくなる。
なんだろうね。
毒多
2012/07/27 09:29
>愚樵さん
ps.南川、木島は実名ではありません。
毒多
2012/07/27 09:30
平行連晶さん、おはようございます。

なんで、軍用経由ではなくて、最初から救命(災害救助)目的で開発されないんでしょうね。おそらく、軍用は欲望を満たし、救命(災害救助)では欲望の満たされ方が少ないからでしょうか? 軍用と救命って両方やってマッチポンプみたいに両方とも儲けてやろうかんじかな。
技術が救命に役立つのだから、軍用目的も許されるという構図(物言い)は嫌ですね。
仕事がないから、兵隊という仕事をつくるってのも腹たつ。

ワタシがいいたいのは、欲望に支配されるのでなく、一旦切り離す、そのための反原発、反オスプレイってことですか??(訊いてどうすんねん!!、と最近の吉本のツッコミのようにツッコマれそうだな)
毒多
2012/07/27 09:32
人殺しの道具の『性能が良い』とは殺される側にとってこれ以上に悪い話は無い。
この記事は久々のタイムリーヒットですね。
根本的な真理の核心部分を突いています。
ヘリと飛行機のキメラであるオスプレイですが原発よりも、スペースシャトルと同じ種類の問題点がありそうですよ。
事故が発生した時に不時着出来る機能が備わっていない可能性が高いのでが、これはロケットと飛行機のキメラであるスペースシャトルとまったく同じ欠陥です。
飛行機にもロケットにも乗員を守る脱出装置があるがスペースシャトルは無い。
スペースシャトルもオスプレイもアイデアとしては素晴らしいのですが、根本的な弱点をカバー出来ない欠陥品。
そもそもスペースシャトルに飛行機のような(地球帰還時の5分間だけ必要な)翼がある原因とは米軍の要求だからで、第三次世界大戦が勃発した時にソ連の軍事衛星を破壊したり捕獲して、敵の攻撃をかわして無事基地に帰ってくるために必要だった。
世界最終戦争の為だった。
まったくの無駄だったのです。
ところが開発に何十年もかけ莫大な経費をかけたので今更『失敗でした』とは絶対にいえない。
アメリカの軍産複合体は日本の諫早湾埋め立ての無駄に大きい公共事業と同じ性格が有り『失敗』が明らかでも絶対に撤退は許されないのですよ。
オスプレイは失敗を隠蔽する目的で、事故を起こさないように工夫して運用実績を何とか出したいのです。

宗純
2012/07/27 11:19
>愚樵さん

仰る通りです。ロジックでは解っちゃいるけど…なんですよね。だから「イノベーションに囚われている」んですよ。
いまやイノベーションは経済成長という強迫観念を下支えする口実になっている。いやイノベーションへの欲望自体が強迫観念化している。現代社会のような人工環境は、こうした強迫観念と非常に相性がいいみたいですね。
イノベーションはかつては「目的」ではなく、変化を通して得られる「結果」だったのでしょう。思考の変質を通じて、倒錯してしまったのではと思っています。

>毒多さん
>なんで、軍用経由ではなくて、最初から救命(災害救助)目的で開発されないんでしょう

功利主義・エゴイズム・無関心で説明が付くと思います。
国土というものは、人間にとって仮想の肉体の如く認識されがちなもののようです。領海・領空が侵犯された際にしばしば見られる国民の苛立ち・不快感。あれは見知らぬ人や不仲な相手から出し抜けに体に触れられたのと似た反応ですね。「俺の体に触るんじゃねえ!」という感覚。

しかしその一方で福島が原発事故で汚染された時、私は土壌の汚染に耐えがたい不快感を感じましたが、これに対し我が身が毒に汚染されるような不快感を覚えている人は意外に少ない印象があります。
不快感を抑圧している可能性もありますが、むしろこの場合は「俺の体じゃねえし〜」なんでしょう。恐らく、TPOによって使い分けている。自分にとって損か得によって。
まあでも、倒錯の極みだと思いますよ。領海侵犯に比べたら放射能汚染の方が比べ物にならないほど深刻なのは論をまたないでしょう。
無関心なんですよ。他者の生命に対して。
だから人命救助よりも国防なんでしょう。ついでに軍事技術でパテント取って民生化すれば、一粒で二度三度美味しい!ですから。

自分で書いていて気分が悪くなってきましたよ。
平行連晶
2012/07/27 22:47
オスプレイに話を戻すと、私、「オスプレイはアメリカに帰れ〜!!」というシュプレヒコールがあまり好きではないのです。

オスプレイ配備反対という主張は、あくまでもオスプレイが落ちることを前提にしていますよね。つまりあれは、「うちとこでなくて手前の国で落ちてくれ(しんでくれ)」という呼びかけでしょ。

そういうのは心の中で呟くか、せいぜい飲み屋での放言に留めてもらえないかと思います。当事者に投げつける言葉ではないんじゃないかなあ。

>宗純さん

ティルトローターという機構自体が航空力学上無理があるという話もありますね。飛行中のローターの垂直方向⇔水平方向への移動そのものが無茶だという。
ただ、マシンというものは大なり小なり道具とレベルの違う「無理」を包含しているものだと思います。オートバイや自転車なんか停まったら自立も出来ませんし運転者を防護する構造も持ってない。

私はティルトローター機に関して言えば、それこそ民生用の商品化に堪える程度の信頼性が担保されるまでは開発者が自分で操縦してブラッシュアップすべきだと思いますよ。
現状は兵士にモニタリングさせて、死んでも「兵士だから」でうやむやにしてきたわけですから非道な話です。兵士を人間未満の捨て駒扱いしている。死んでから顕彰し英雄扱いしても意味なんか何もないんです。
平行連晶
2012/07/27 23:15
オスプレイですが機能的には横型二輪車のセグゥエイにそっくりですよ。
セグゥエイですが21世紀の初年に世界を変える大発明とのお馬鹿キャッチフレーズでアップルのジョブズ何かが宣伝していたが、安全性とか経済性とかでは既存の二輪車に明らかに負ける。
セグゥエイにサドルや買い物籠があった方が優れていると思いませんか。
そもそも車輪を横列にするメリットよりもデメリットが大きすぎるのです。
これはヘリでも同じで既存のタンデムローターの大型ヘリは昔から存在するが、オスプレイのような横の例が無い。
理由は極簡単で機能的に『危ないから』なのですよ。
セグゥエイ社オーナーの英国人富豪が一昨年に自分の乗っていたセグゥエイもろとも川に転落して死んでいるが、そもそもブレーキが装備されていないので、このような事故が起きて当然だったのです。
オスプレイは死亡など重大事故限定でも代替機である旧式に大型輸送ヘリCH-47チヌークの2倍。
事故全体では一番事故率が高いが、これは機能的に当然だった。
普通の二輪車ですが自動的に前後の車輪の回転数は同調するが、横型ではコンピュータ制御が不可欠。誤作動すれば必ず事故を起こす。
この致命的な欠陥が実はオスプレイにもあり、通常の縦型タンデムローターでは自動的に必ず同調するのです。
ローター軸の間隔よりも回転翼の半径の方が大きいので完全同調しないとぶつかるのですね。
オスプレイは左右のエンジンの距離よりもプロペラの方が小さいのでぶつからないが、同調させないと墜落する。
電子制御の誤作動は致命的な結果に直ぐさま直結するが、それ以外にも操縦性には大きな問題がある。
海兵隊は『程度の軽い事故の割合は確かに高いが、この2年で起きた事故の72%は操縦など人為的なミスが原因』と海兵隊自身がオスプレイの操縦性の困難さを認めているのです。
宗純
2012/07/28 10:14
宗純さん、コメありがとうございます。

>「失敗だった」と言えない。
原発しかり、戦争しかり、全てがこれですね。誰もが、理由をわかっている。「責任」であり「賠償金」になる。
毒が撒き散らかされようが、人が殺されようが、ムツゴロウが殺されようが「失敗でした、ごめんなさい」は言いません。責任の当事者がいなくなったころに「当時のヤツらは馬鹿でした、ごめんなさい」というのだから、なんともならない。
大衆は見て見ぬふりをしてきたため、ずっと繰り返していきそうですが、そろそろ限度にきているのかもしれません。このあたりでアホな繰り返し連鎖が断たれればいいのですが。

毒多
2012/07/30 10:24
平行連晶さん、おはようございます。

たしかに不快感の印象としては
無人島の奪い合い>フクイチ中心の汚染
なのですが、現実「脱原発」で多くの人が実際に行動しています。行動の原点は「反汚染」だと考えると、けっして少なくないのかもしれません。

>無関心なんですよ。他者の生命に対して。

安全ならなにをしてもいいのか、というもとに戻りますが、おそらく、安全であっても、完璧なまでに人間の欲望をみたされることが安全安心か、といえばやはり問題がありそうですし、完璧に満たされる欲望がないことを考えればけきょく非常に不安定になりそです。
そうでなくても人間にとって完璧に欲望がみたされるということは、他生物にとっては生きにくくなり、つまりは人間も生きにくくなる、、となるのかな?
毒多
2012/07/30 10:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
「オスプレイやら原発やら」・・・もしそいつが安全だったら 毒多の戯れ言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる