毒多の戯れ言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「雪が降る」・・・あたりまえのことに気づく

<<   作成日時 : 2012/01/30 15:52   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 10

さてと、、、、ふぅ、、、sigh。
 
どうやら北のほうや日本海側では雪が激しく降っているらしい。
目を見張るような雪の山がテレビに映し出される。
車も家も道も雪で覆われている。
毎日、いくども、いくども雪かきをしても虚しく雪は積もる。
きりがない、、、もっともだな、、、、、ふぅ。
テレビのなかで雪かきをしていた年老いた女性が言っていた
「雪のない国に行きたい、、、、」
なにやらその言葉に不思議なものを感じる。
「この辺は雪降りませんよ、来ますか?」
独り言をつぶやく。、、、きっと来ないよな。
そういえばこの辺は雪のない国なんだよな。
当たり前のことで、雪が無いなんて発想もなかったことを今更のように知る。
無いのが、あたりまえ。
あ、あれもそうか
「放射生物質の汚染のない国にすみたい」とどれだけの人が思っているのだろう。
だれも発想しなかった、汚染されていないことが当たり前だった。
米軍基地のない国にすみたい、基地のあるところ以外はきづかない
戦争のない国にすみたい、戦争のないとこ
飢餓のない国にすみたい、食い物があり
学校のある国にすみたい、学校も
言葉のある国にすみたい、、、etc.etc.
あたりまえに在る人々がいて、、、
あたりまえに無い人々もいる
おれが在ることも無いことも気づかないまま
いっそなにもかも雪に埋まって、
真白になり、、そしてリセットされればいいのだけど、、

発想もないこと、、
発想もなかったかぁ、、、あたりまえなこと、、、
発想もなかったこと、それは在ったことか?無かったことか?
当たり前だったこと、在って当たり前、無くて当たり前、、、
それに気づくことは困難かな。
重力なんて発想だれにもなかったのに、気づいたヤツもいる。
進化しているなんて、気づいたヤツもいる。
自分(地球)が中心じゃないって、気づいたヤツもいる。
自分が在るなんて、気づいたヤツもいる。
もうこの社会は終わりかけていること、、、、に、きづいている、、、か?

あたりまえで疑わなかったこと、
当たり前だと思っていることに気づくのは難しいな。
才能なのか? 感覚なのか?
気づくことは、あたりまえの否定か?
気づくことは、あたりえからの脱却か、、それとも進歩か、、
気づかないことは停滞か、それとも後退か?
気づかないふりは恐怖心か、思考停止か?
それともしがみついているのか?
なにがあっても自分が楽しけりゃいいのか
それとも楽しくなくなるのか、やっぱり、、、
気づくということは、、、

困ったもんだな、、、

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。

困ったもんですねェ。^^;

ここんとこほぼ毎日此処に来て、コメしようと思ってくるんですが、コメせずに帰ったりしてます。

そんなこんなで、今日は名古屋も大雪でしたね。
私は朝からチェーン掛けていつも通り出勤しましたが、毎度の事ながらノーマルタイヤで立ち往生する車を散見しました。

みんなが上手く行動するってのは難しいですよね。

すぺーすのいど
2012/02/02 09:43
すぺーすのいどさん、コメントありがとうございます。

どうも気を使わせてすみません。
幾つになっても感情をコントロールしきれないバカが、ネットでもリアルでも「ドン引き」されて自己嫌悪に陥ってますが、自己嫌悪に陥ることができるうちが花かな、とも思い、それに浸っています。

今日は朝一で遠方まで納品があり、ますますブルーな気分になりましたが、ノーマルチェーンなしで行って帰ってこれました。都心の大量に放出される「車の排ガス熱」による除雪はなかなか凄いものです(そんななか生活しているんだな)。

話は戻りますが、最近「あの花」を観ました、、またそれでエントリーしようと思っています。

毒多
2012/02/02 11:57
実は見ちゃったんですよね。削除された「前エントリー」。見たのは出先の携帯で。面白いと思って帰宅してコメントしようとしたら、削除されていた。

「前エントリー」を書いた理由は推察できます。まあ、当然でしょう。毒多さんにしてみれば。その「理由」を、ああした力業で吐き出すことが出来るのは毒多さんの底力だと思いましたよ。でも、削除された理由は推察できない。いえいえ、出来ますけど、それは正反対の2つの方向に別れて、どちらかの判断はつかない。

それで様子見だったわけです。だれかコメントしないかなとチェックはしてました(笑)

で。

気がつくことは困ったことですか。確かに。自分自身の利益を中心に考えれば。そして、社会にはそのように思っている者が多い。だからこそ、気がつくことは個人に社会的な不利益をもたらすんですね。
愚樵
2012/02/03 05:08
愚樵さん、こんにちは。

>面白いと思って

ありがとうございます。そう言っていただけると嬉しいですね。

前のエントリーを書いている時点で、既にワタシの感情は落ち着いていました。とはいえ、理性:感情=7:3ですね。ワタシとしては、“イカリなんざ、結局自分に怒っているんだよな、、なんて、誰しも思い当たるだろう”という前提として、「作品」として公開しました。(自分でも面白く書けたと思いましたが、なんとなく公開するのは悩みました)
おそらく誤読されるのが怖かったのでしょう。読者の感性を見くびっているわけではないのですが、誤読されたうえでのコメントが入った場合、感情3の比率は高すぎる、ちゃんと対応できるかどうか自信がなかった。また感情が8にUPし、支配される予感がしたわけです。ワタシの底力はその程度ですね。
それにしても「感情の底力」は果てしない、、、と、あらためて感じています。

>困ったものだ

自分自身の利益中心かどうかはしりませんが(現状でもさほど利益があるとは感じてませんが)、単純に「シンドイなぁ」という「困ったものだ」です。「シンドイなぁ」というのは、個々の時期的なものもあるでしょ。イケイケドンドンのときもあれば、なんとなくシンドイときもある。最近は、なんとなく色々なことに疲れている気がします。
「シンドさそのものが嫌で困ったもん」ってのも、(シンドくなりたくないという)自分の利益を中心に考えている、、、っていわれると、なんとも厳しいんだけどね。
そういえば、昔、サヨク活動家だったころ、動かないのは(考えないのは)権力に加担してると同じだぁああああ、と会うやつ会うやつを蹴りつづけたな、、、爆!!

毒多
2012/02/03 17:12
・毒多さん、おはようございます。

ええ、あれは間違いなく「作品」でした。でも、確かにかなりビミョーな作品ではありましたね。そのビミョーさが良かったんですけどねぇ(笑)

>自分の利益を中心に考えている、、、っていわれると、なんとも厳しいんだけどね

なるほど。言わんとすることはなんとなく察しがつきます。でもね毒多さん。「イケイケドンドン」もまた自分の利益中心でしかないんですよ。「イケテる自分」が中心なんです。ということは、シンドイかそうでないかはイケテるかイケテないかと比例する。

「自分の利益のため」と「自分のため」とは違うんですね。そも「自分」とはなんなのか。「自分」は自分だけで自分なのか。

「自分の利益」というときの「自分」には、はっきりとして境界線がありますよね。自分だけあるいは自分がアイデンティティをおく共同体だけ。そういった前提でないと「自分の利益」というものを想定できない。イケテるというのは「利益」と合致しているときでしょう。

ところが「自分」という前提に目線を向けてみると、途端に自分の境界線がぼやけてくる。樵とやり合ってムカツイタ。ムカツイタのは明らかに毒多さん自身でありムカツイタことを理由にそこで境界線を引いてしまうと「自分」が確定して、そこから「利益」になっていく。けれども

>結局自分に怒っているんだよな

というふうに目線を向けてみると、ムカツイタ相手もまた「自分の一部(これを〈霊〉と私は呼ぶわけですが)だということになって、境界線は不明瞭になってしまいます。
愚樵
2012/02/05 09:21
つづき。

このように「自分」を不明瞭なものだというふうに考えたときに、シンドイと感じるのは状況とはいかなる場合か。それは、私の感覚で言わせてもらうならば、「自分」の境界線が明確になってしまうとき。自分の努力が自分で設けた境界線で跳ね返ってくるときにシンドイと感じる。ゆえに「自分」の境界線が拡張していると感じられるとき(イケイケドンドン)、あるいは自分の境界線が不明瞭だと思われるときはシンドイは感じない。

「イケイケドンドン」は、結局のところ【闘争】です。オノレが勝つかアイテが勝つか。勝った方が境界を広げることが出来る。強者が弱者を支配する。対して、境界が不明瞭になるというのは「繋がる」ということですね。

では、「気がつく」というのはどういうことか。これもまた「繋がる」です。ということは気がついたのにシンドイというのは、繋がるはずなのに繋がらないということ。あるいはあるところと繋がったがために、別のところと繋がらなくなったということ。つまり境界線が露出してしまう。問題がまた元に舞い戻ってしまうわけですね。

生きるということは、多分これの繰り返しです。が、決して同じ場所に舞い戻ってくるわけではない。同じようなことをくりかえしてアーカイブこそが自己であり、そうしてアーカイブを更新していくことが「自分のため」なんですね。

そういうふうに「自分」を掴んでしまえば、シンドイことと楽しいこととは二項対立ではなく二項同体なんです。
愚樵
2012/02/05 10:01
愚樵さん、おはようございます。

これは僕が言う事じゃないかもしれないけど、どくたさんは最近疲れてるんですよ。多分ここに来る人はそれなりに気付いてる事でしょう。

愚樵さんの文章は私には響くし、納得もするけど、弱っているどくたさんにはどうでしょうか?
私はどくたさんではないから、勝手なこと言ってるけど、ちょっと厳しいんじゃないかな。
疲れている時には疲れている理由を考えるよりも「休む」ことが大事じゃないかな?

愚樵さんもどくたさんが好きで信頼しているから、良かれと思って助言されている、でも悪い言い方すると「かき混ぜている」と私は感じます。

でも「待つ」っていう信頼もあるんじゃないかな?まどかの母も言ってましたが「しんどい」選択ではありますけど。

どくたさんに対しても、愚樵さんに対しても、非常に失礼というか上から目線の言い方になりました。申し訳ありません。
すぺーすのいど
2012/02/05 10:29
愚樵さん、おはようございます。

コメントありがとう。おもしろいですね。というか、(かなり以前から)頭では解ろうとしているが、なんど本を読んでも、なんど聞かされても、なかなか実感できない部分でした。
それが境界ですね。これは考えるほど面白い。
愚樵さんのなかの「ワタシ」は、ワタシがワタシだとおもっているところのワタシがコントロールできない、もしくはしにくい、でもコントロールしようとしているかもしれない、、でも、そうしようとすることが境界侵犯なのか、シンドイと思う。アンタのなかのワタシに対して(ワタシだとおもっている)ワタシが「こうあってほしい」と望むことは可能なのか、、、それはワタシがアナタだと思っているアナタに分かってほしいのか、直接触れるのことのできない、アナタのなかのワタシを変えたいのか、、、たしかに、境界って、ワタシって、なんだ、ということになりそうです。

境界がなくなる(不明瞭になる)、、が、デフォになるのは、なかなか大変そうですね。
いま、腹立ちまぎれ(爆!!)に「感情」について考えているのですが、ちょっと繋がっていきそうな気がします。いずれにしても、、、

>生きるということは繰り返し

ですね(笑)。

毒多
2012/02/06 09:13
すぺーすのいどさん、おはようございます。

気遣いすみません。ただ、「厳しい」どころか愚樵さんのコメントで救われましたよ。ありがたいと思っています。
もし、ホントに手厳しいコメントであっても、思索をもとめるコメントはやはり欲しいと思っています。だから、気持ちはありがたいのですが、あまりこういう気の遣い方は好きじゃないです。
ワタシ自身が弱音を吐いてこういうことを言うのは混乱させるかもしれませんね。すみません。天邪鬼です。

気持ちだけ受け取っておきます。気持ちに応えられずに、すみません。

毒多
2012/02/06 09:14
どくたさん、こんにちは。

やはり、出しゃばり過ぎでしたね。^^;
ごめんなさい。

でも、またやっちゃうかもしれません。やってみないとわからないところもあるから。

とにかく、どくたさんが復活傾向にあるのは喜ばしいことです。
じゃあ、私もガンガン攻めようかな。www\(^o^)/
すぺーすのいど
2012/02/06 12:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
「雪が降る」・・・あたりまえのことに気づく 毒多の戯れ言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる