毒多の戯れ言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「君が代ふたたび」…やっぱりきたか(笑)

<<   作成日時 : 2010/11/19 05:35   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 11

 こないだテレビでバレーボールの試合をみた。
 まえから書いているようにスポーツとバンドエンソーはするのも観るのも好きなのだが、バレーは例のみんなで声を合わせて「ニッポン、チャチャチャ」がどうしても許容できなくて長いあいだ観てなかった。前にみていたのが30数年前の女子バレーで白井とか横山樹理とかいた頃で、その前の記憶が男子バレーの猫田、森田がいた頃。そういば江上とか三屋も名前は記憶にあるんだけど、ありゃいつの頃の選手だったんだろう? いま三屋は朝の反面教師的ニュースバラエティなんかに出てるのをたまに観るけど、ひどいコメントを恥ずかしげなく喋っているなぁ。聞いてるほうが赤面。
 ・・・いやいや、そうじゃなくてバレーボール。
 それにしても随分ルールが変わったんだなぁ。なかでもでかいのがサーブ権、え、なんでないの?って感じ。あれがゲーム終盤のドキドキワクワクのキーポイントだった気がしたんだけどなぁ。まぁいいか。しかし、技術や体格が進化したのかどうか知らないけど随分大味な感じがするよ。高さと速さと力だけがすべてって感じだもんねぇ。昔はなんとなくコミカルでよかったよ。ほれ、天井サーブとかドライブサーブとか回転レシーブとか一人時間差とか木の葉落としとか大ボールアタックとか三位一体とか・・・。
 でもさ、やっぱスポーツの国際試合のまえは君が代なんだよなぁ、ふぅ、ため息、、と、長い前振り。
 
 最近、子ども(小5)が「君が代」を歌っているのさ。それがヘタでさ。もともと音痴なのに歌うのが難しいと定説のある(?)歌だからワヤクチャ。世が世なら不敬罪で逮捕されるんじゃないかと思われるくらいヘタ。まあ発禁は間違いない、ってなんのこっちゃ。
 で、子どもが「教えてくれ」と言ってくるんだけど、ご存知のようにアタシャ大の「国旗、国歌嫌い」でさ。まえに「君が代ってやる気をなくす萎え〜な歌だよ」なんて話題になったとき、それはそれで面白かったんだけど、取り憑かれた嫌悪感はそう簡単にはお祓いできそうにない。それで黙っていたらツレアイが教えていた(笑)。
 ツレアイもアタシが「国旗、国歌」が大っキライってのは知っているのだけど、まあ教えたところで怒り出すことはないということは解っているのだろう。それに「教えてくれ」っていうのに教えないってのもおかしな話だしね。いやアタシもね、よっぽど清志郎バージョンを聞かせて教えてやろうと思ったけど、なんとなくやめといた。(ちなみにこの子どもは清志郎好き、笑)
 アタシのなかの問題は、アタシが国歌が嫌いであること、君が代で歌われる天皇制なんぞなくなればいいと思っていること、ついでに国旗もなくなればいいと思っていること、「旗振るな」(by 城山三郎)と言いたいこと、等をいまここで(「ここで」というのはこのブログでという意味ではなく、小学5年生が君が代を教えてくれと言っている「今ここで」ね、)言うべきか否か? である。
 結論は、とりあえず言わなかった。理由? 今、言っちゃ面白くない、と思ったから。ここで父の権力により刷り込まれたことが自由な思索の妨げになりガチ融通の利かないサヨ(或いは反動のウヨ)ちっくになって欲しくはない、ってのが理由かな。
 その数日後、とある「庭師」の説明をするテレビの番組で「石の上に苔がむすまで100年掛かる」と言われたのがきっかけでふたたび君が代の話題になり、息子は、君が代の意味は教えてもらってない、って言うから、「『君』の世の中が、1000年も8000年もずっとずっと、細かい石が大きな岩になって苔が生えるまで、、、って石の上に苔はたったの100年かいぃ!!」と説明しておいたあと、「『君』ってのは天皇のことだ」と付け加えておいた。
 はてさて、この子は「君が代とか日の丸」に何らかの思索ができる子になるのかどうか、、、楽しみだ。

 ところで、なんで急に君が代なの?と聞いてみたら、学校の卒業式で歌う、と言うわけだ。子どもの通う小学校では5年生が在校生代表として卒業式に見送るため臨席する。式のなかで君が代を歌う練習がはじまったのだ。
 そういや、入学式のときのサヨのアタシは、君が代斉唱ときいた瞬間にひとり着席したんだよなぁ、この子も来年卒業かぁ、、、卒業式ではどうしようかなぁ、アタシも随分丸くなったしなぁ。子どもも色々なことが見えるようになったし、いやいや子どもの思索のために着席ってのもありかなぁ、、、なんて、来年のアタシはどうするんだろう?我のことながら楽しみだなぁ。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
卒業式で「君が代」を歌う...は、まあいいとして、もう卒業式の練習ですか。 まだ年も明けないのに、ちと気が早過ぎはしませんか? 私の記憶だと、卒業式の練習はしましたけど、せいぜい1,2週間前だったような...。

と、ここで勘ぐり。あまりに気の早過ぎる「練習」の意図は? 卒業式とは別の「練習」、いや「刷り込み」をしようとしているのではないか、と。

ひっかかるのは、もうひとつ。なぜ、『君が代』を教えてくれ、と言ったのか? それは単に毒多さんちの御曹司が知的好奇心が旺盛だということかもしれないけど、いやいや、99%そうなんだろうけど、普通の子どもは教わった歌の歌詞の意味に興味を持つものかな、それも小学校5年生で、と疑問に思いました。もしかしたら、興味を持つ動機付けを学校で与えられてきた、たとえばテストをするとか、そのようなことがあったのではないか?

ま、根拠のない勘ぐりですけど。
愚樵
2010/11/19 16:14
愚樵さん、おはようございます。

書き方がまずかったかな。教えてほしいといったのは歌詞の意味じゃなくてメロディのほうです。確認したら学校で「意味」は教えてもらってないとのこと。で、息子も意味を教えてほしいとは言わなかったから、普通の小5です。

>早すぎ
そうだよなぁ、と再度確認してみたら、音楽の授業で「国歌だから覚えましょう」と言われたらしい。で、たまに練習しているというけど、まるで歌えてないです(笑)

いずれにしても放置。興味をもてば自分で考えるでしょう。

毒多
2010/11/20 09:10
お久しぶりです。
子どもの通っている幼稚園では毎年運動会で「君が代」が使われます。(「日の丸」の掲揚も)「幼稚園の運動会にいる?」と毎回苦笑いをしてしまいます。「日の丸」掲揚のときはもちろん保護者にも起立を促しますが、もともと子どもを見るために立っているって!

難解な歌詞では幼稚園の子どもはすぐ飽きるので、「君が代」のプロモーションビデオでも流したらいいと思うんですよね。誰か作りませんかね。さざれ石が岩になってコケが生えてくる映像と(CGで再現もしくはコケの生した岩を砕く映像の逆回し)天皇の世が長く続くことをひたすら祈り続ける人々・・・実写でやると変な宗教の洗脳ビデオみたいになるのでアニメで作ろう。あっアニメも「幸福さん」が作っているからやばいか。

ちなみに上の子は二年前にこの幼稚園を卒園しましたが、そのとき「君が代」が使われたかどうかは出席していないので不明です。
nobu
2010/11/20 09:51
・毒多さん

なんだ、そんなことですか。よくある日常の一段面、といったところですね。つまらん...と言ったら不謹慎か(^_^;

大切ですよね、何気ない日常♪

・nobuさん

プロモーションという発想はいいですね。私としては、“萌え系”がいいですね。「君が代」→「君代」という連想で、誰か作ってくれないかな?
愚樵
2010/11/20 10:07
nobuさん、お久しぶりです。

>幼稚園では毎年運動会で「君が代」が使われます。
いやぁ、これ凄いですね。めちゃ萎えそうです。
と、言われて思い出したんですが、ワタシが小学校のときの定番は「軍艦マーチ」でした。結構戦争色強いと思うのですが、今も定番なのかなぁ?

ビデオは、いいかもしれない。
愚樵さんのいうように日本鬼子のような“萌え〜”で逝きましょう。千年八千年生きる岩の化身が君代? なんか萌え〜なお岩さんを連想してしまった、爆!!




愚樵さん

>つまらん...
何気ない日常からネタを抽出するのはブログの楽しみなんですが、失敗もあり、成功もありといったとこかな、笑。
次回乞うご期待!! なんちゃってね

毒多
2010/11/21 09:28
こんばんは〜

つまらんことしか書けない私でありますが、子供が「君が代」や「日の丸」に対する認識って親の影響が大きいと思います。

>ここで父の権力により刷り込まれたことが自由な思索の妨げになりガチ融通の利かないサヨ(或いは反動のウヨ)ちっくになって欲しくはない、ってのが理由かな。

自分の場合でいえば、日本放送協会の放送終了後の日の丸がはためいて、君が代が流れる画面(今もこうなのか?)になると、父が「うわ〜、早く消せ!」と叫んでましたから(苦笑)
極めて私的ですが、私の場合はこんな家庭でしたので自然と刷り込まれていった気がします。(大笑)

えちごっぺ
2010/11/21 23:11
えちごっぺさん、こんにちは

いやいや、日常が大切ですね。ちゅうか個々には「日常」しかないわけですし、、、笑

NHKの最後はたなびく日の丸に君が代だったのかなぁ。結構深夜ですよね。夜の弱いワタシはほとんど見たことがないです。しかも子どもの頃見たことは皆無、、、かな。
ちなみに、ワタシの親は、日の丸、君が代を普通に受け入れ、昔は祝日や祭日に玄関先に小さな日の丸を立てていた、という記憶があります。

日の丸、君が代嫌いになったのは随分年をとってからです。
「日の丸、君が代」による実害はなかったので、観念嫌悪とでも呼びましょうか?(笑)


毒多
2010/11/22 11:18
初めまして。
君が代がお嫌いだとわかりました。
ですが、最初に作られたときはたしかに天皇賛美の曲でしたが、戦後では天皇賛美ではなく『君』を自らの大切な人(妻や夫、子息、子女など)と
考えている人々もいるようで、千代に八千代に私達の子孫が繁栄しますようにという子孫繁栄の歌と考えたら少しは良くなるのではないでしょうか?
フランスなんて敵を殺せとか血で田畑を満たせなどグロいので
それに比べたら幾分マシかと…

だらだらすいませんでした。
だる
2012/02/09 13:32
だるさん、はじめまして

コメントありがとうございます。
このエントリーの後も、このブログにおいても君が代についてはいろいろな方と話をしました。いわくあのメロディは「萎えの歌」で、スポーツの試合のまえに流すとヤル気を失うとか(笑)、戦争にはにつかわしくない(笑)、、とかね。
正直なところをいえば、今は嫌いでも好きでもなくなっています。おそらく嫌いだと息巻いていた頃も、「好きじゃないと国民としておかしいのではないか」と強要されることが理由で嫌いだったのだと思います。そうした意味でも、どちらでもよくなっています。
子孫の繁栄を望むか否か? それが国家目線の繁栄ならば、あまりしなくてもいいかな?と思ったりします。

近々また「日の丸・君が代」のエントリーを挙げるつもりでした。

毒多
2012/02/09 15:53
嫌いでなくなりましたかー

私も好きでも嫌いでもありませんw

国旗も国歌も誰も反対しないような物にするのがベストだと思います。

国歌なら
さくらとか
ふるさとなど日本を表すのがいいかと思います。

さくらなら国旗にもできますしね!

まぁただ嫌いだからしない、や
現在決まっているのだから強制する
こんなんだからちっとも良くならないんだと思います。
先ず相手の意見を聞いたうえで、話し合わなければ人間に与えられた『言葉』を無駄にしてると思います。

長文失礼つかまつりました
だる
2012/02/10 19:40
だるさん、こんにちは

全然長文ではないので、気にしないでくださいね。
国旗、国歌については過去にこんなエントリーもしてます。
もしよろしければお暇なときに読んでみてください。

『「日の丸」を変えたところで、旗は旗』
http://dr-stonefly.at.webry.info/200606/article_10.html

毒多
2012/02/11 17:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
「君が代ふたたび」…やっぱりきたか(笑) 毒多の戯れ言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる