毒多の戯れ言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「枝野と仙谷とお笑いと」…この国家戦略は支持します

<<   作成日時 : 2010/10/05 15:28   >>

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 2 / コメント 2

 「サヨちっくな愛国心」ってエントリーを書いている途中でつい見てしまったニュースに、国家なんて共同幻想だよ、なんていってるブログでも流石にワロタ。
 菅がだんまりを決め込んでいるなか、現内閣幹事長の枝野が「中国は悪しき隣人」だと、状況把握と自分の立場がまるでわかってない“まっとう”の対極にあるようなネトウヨ候の言葉を吐けば、仙谷官房長官が「侵略によって中国に迷惑をかけた」なんて時期が時期だけに、サヨでも言わないような言葉を簡単に言う。
 これが国家を代表する内閣の、しかも中枢のお二人さんの言葉。
 国家なんぞ共同幻想だよ、じゃなくて国家なんぞ喜劇だよ、ってほうがよさそうだな。
 これじゃウヨもサヨもやんややんやの大騒ぎするっての。
 みんな真面目にエントリー挙げて、いろいろ論じているのに、この人たちのこんなこと言ってんだもん。
 アタシャべつにいいんだけどさ、吉本好きだしさ。国家は喜劇ってのはちょいと楽しそうだし。
 こりゃこのさいだから、菅はじめ他の内閣の発言を聞いて楽しむってのもありかもね。
 状況把握も先読みもできずに初動をあやまった北澤なんか「しまったしまった島倉千代子、こまったこまったこまどり姉妹」って言ってると、さしずめピンぼけの菅なんかは、「なんじゃったかいなぁ」と言ったとこに後頭部を盆ではたかれ「三途の川がぁ〜」とつぶやきそうだな。
 そこへ「ごめんください、どなたですか、命令されたのに個人で来たことになってる細野がやってまいりました。おはいり(入国)ください。ありがとう」と一人芝居をしながら細野があらわれたかと思ったら、蓮舫がとつぜん「おのれらドタマかち割って脳味噌チュウチュウしたろけ」とキレるなり、怖かったわぁ〜、としおらしく温家宝に擦り寄るってのもありかもね。
 まあ、完璧にしてやられた前原なんかは、最後の最後に「これぐらいで許してやろう」って言って威張ってたりしてさ、あ、こりゃマジか!!。

 ここまでいければ流石の中国だって、マジで怒り出すのもアホらしくて笑いだすって。
 枝野の発言だけなら、中国政府もせっかく自国民も落ち着きだしたのに何を蒸し返すようなこと言ってくれるんだ、と困るかもしれないが、仙谷はじめここまでやってくれればまともに相手にしても仕方ない、ここは笑うとこだな、って思うかもしれないしさ。
 笑って誤魔化せ自分の失敗、じゃなくて笑いは人を愉快にさせるって作戦はいいかもしれない。
 そうか、そうだったんか、枝野と仙谷のやりとりは、そういう国家戦略だったんかぁ、、、なるほど、これは納得。
 ピエロ国家の生きる道は笑われてなんぼってとこだな。いいじゃないすか。
 笑いは世界を救う。世界の平和は笑いから、、、
 こんな喜劇団(内閣)は支持、しといてやったらどうや(アクセント後ろね)、、、ってことにしときましょか(笑)。
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
面白い 面白い 面白い

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「中国は悪しき隣人、法治主義なし」枝野幹事長代理
各種マスコミ報道によると枝野氏は、 『悪しき隣人でも、隣人だからそれなりの付き合いをしなければならない。だが、この国と、例えば米国や韓国と同じように信頼関係をもって物事を前に進めることを期待する方がおかしい。』と講演で断言。 日中の『戦略的互恵関係』についても、 『外交的な美辞麗句は良いが、本当に日本のパートナーになりうるのか。政治体制が違い、私たちにとって当たり前の法治主義がない』 『法治主義の通らない国だから、突然、身柄を拘束される。そんな国と経済的なパートナーシップを組む企業は、よほど... ...続きを見る
逝きし世の面影
2010/10/06 15:45
???????????????????????????(???)(???)(???)
???????????????????(??&)(??&)(??&) ...続きを見る
??????
2010/10/07 14:33

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
枝野の発言は「悪しき隣人」意外にもアホさ満開です。中国に進出する企業は「お人よし」で、「自己責任」(出たよー)でやってもらわないと困るのであって、中国よりモンゴルやベトナムとの関係強化すべきだと。
来日した元部下の皆さんを鋭意接待中の元駐在員として言いますが、こいつ日本企業がなぜ中国に進出するのか全然わかってない。今や、安価な労働力で作ったモノを日本に持って帰るっていう時代じゃない。そんなん15年ぐらい前の話。現在は、現地で作ったモノを中国人のお客とがっぷり四つに組んで、中国で売るのです。なんせ人間多いもん。
ベトナム、ましてモンゴルの市場はまだまだですよ。だから枝野みたいなやつの現状認識こそが、いわゆる「お花畑」なのです。
なめぴょん
URL
2010/10/05 23:12
おお、なめぴょんさん、おはようございます。

取り敢えず、楽しむ間もなく寝ている間に終わってしまったアレのお礼を、と。
ありがとうございました(笑)
それはそうと元部下さんたちは来日できたのですね、、よかった、よかった。

>そんなん15年ぐらい前の話
ふむふむ、そうですか、、、と、枝野と同じようにストップしていることを自省しながら、よく考えれば経済規模では日本を抜いて世界2位なんだよなぁ、と再認識するわけで、とはいえ日本のなかにいては実感できないことかもしれないな。
ワタシとちがって枝野が日本のなかにいては実感できないな、ってのはアカンやろと思いますが、、、
それにしても、安い労働力を搾取するだけでなくお客様でもあるのならば、日本企業も今まで以上に良い関係を保たなければならなくなるって意味ではいいんじゃないかなぁ。

それにしても、ウヨに散々叩かれている仙谷発言は、サヨっちにはいい事言ったとホメられるんでしょうかねぇ?
この内閣って、なんだか笑えますねぇ。
毒多
2010/10/06 08:20

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「枝野と仙谷とお笑いと」…この国家戦略は支持します 毒多の戯れ言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる