毒多の戯れ言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「拝啓、小沢一郎様」…体調不良につき削除しました

<<   作成日時 : 2010/09/06 17:44   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 12

この度は、ご来訪いただきありがとうございます。

大変もうしわけありませんが、

このエントリーを読み直しブログ主が反吐をリバースするとともに、

頭痛、目眩など、体調不良をきたしましたので、

エントリー本文を削除しました。

安易にupしてしまったこと、

また愚樵空論様にTBを送ってしまったこと、

愚樵様より思慮深いコメントまで頂いたうえでの削除を

大変申し訳なく思っております。

愚樵様のご意見はこのエントリー本文の有無に関わらず、

削除することなく、

実行できるかどうかとは別に、心に留めておく所存でございます。

(未読の方は是非お目を通しください。)



今回の不細工な行為を反省しつつ、今後にいかし

ブログ運営は、細々とつづけていきたいと思っております。




毒多拝














テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
菅首相、薬害業績にヤジ 小沢氏への禅定示唆?
≪禅譲ほのめかす!?≫ ...続きを見る
逝きし世の面影
2010/09/07 09:59

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
  「小沢幹事長」の時代の鳩山政権が
・「よーく勉強したけど、辺野古しかない」
・「最低でも県外、はマニフェストではない」

  で決まっちゃったものを、「間違いでした」と言う勇気があるならねえー・・・。

(そんなことは、党内の論点にゃなってないんだろうけど)
×第二迷信
2010/09/06 20:09
TBありがとうございます。

>いま、辺野古への基地移設を回避できるのは、辺野古埋め立てを回避できるのは、あなたの言葉しかございません。あなたが言ってしまった「再考」しかございません。

皮肉として仰っているんでしょうが...、そうじゃないでしょ! と思わずうめいてしまいましたよ。

たったひとりの人間の思惑で全てが決まるなっていや、それは独裁以外のなにものでもない。小沢に期待しているからといって、小沢独裁がいいと思っているわけじゃないんですね。

辺野古への基地建設を行方を最終的に決めるのは、民意でしょう。辺野古に関していえば、もうすでに足元の名護でその民意がぐらついているじゃないですか? 12日の名護市議会選の結果次第では基地容認決議が出そうだという。

仮にもし、基地容認決議が出たとしてです。私はそれが積極的な意味での民意だとは思えない。毒多さんのいう「よりマシ」な方を選んだだけのことでしかないと思う。じゃあ、なぜ、そうなるのか。

利権構造ですよ。基地建設にまつわる利権が沖縄の経済を左右している。辺野古埋め立て案なんて言い出したのは、アメリカじゃないでしょう。日本が自ら言い出した。それもアメリカのためじゃなく、一部の者の利益のためですよ?

小沢一郎支持者が期待しているのは、そういった利権構造を壊すことなんです。その一例が、一括交付金ですよ。補助金は廃止して市町村が自由裁量で仕える一括金に切り替えると主張する。

沖縄の基地関連でいえば、基地関連の防衛予算からでる補助金の軛が断たれるということです。それこそがこれまで沖縄の「民意」を歪めてきたのではないのですか? 基地と関係なく沖縄が自由に使えるカネがあれば、どうなるか? 
愚樵
URL
2010/09/07 06:06
要するに、現在の菅vs小沢の戦いというのは、“民意を歪めようとする者たち”と「民意」との戦いなんです。なぜ、小沢一郎が「小沢一郎」という形の「民意」になったかというと、それは“民意を歪めようとする者たち”が小沢一郎を陥れようとしたが、ネット住民の多くはそのことを知ってしまったからなんですね。だから「歪められた民意」への反撥という形で「小沢一郎」という「民意」が浮かび上がってきた。別に小沢一郎が豪腕だからじゃないんです。清廉潔白だからでもない。

私が左がKYだというのは、そういった流れが見えていないことを指して言うんです。アキラさんところの議論でいえば、現在の「小沢一郎」は「流木」なんです。が、左派は「設計図」、それも劣った「設計図」としてしか捉えられない。それは自分たちが「設計図」志向だからなんです。

有り体に言えば「小沢一郎」は一種のブームなんですよ。だからこそエネルギーが集まる。その程度に思えばいい。危険なのは「流木」であったものが「設計図」に変わるとき。それは「民意」の繁栄である「小沢一郎」が独裁者・小沢一郎になるときでもある。ここは注視しておいた方が良いと思ってます。
愚樵
2010/09/07 06:44
×第二迷信さん、コメントありがとうございます。
でも、自分に対しレスができないほど吐き気をモヨオしております。
毒多
2010/09/07 15:28

愚樵さん、わるい。無理です。
言われてみて、とりあえず書いてみたものの無理です。
自分で書いたもを読み直して吐きそうになりました。
これ比喩じゃなくてマジです。気持ち悪い。
感性が完璧な拒絶反応です。
ジンマシンがふきでてきます。
議論以前の問題です。
皮肉とか設計図とか流木とかちょっと語れそうにありません。

心にもないことを理性でかいても反応できないことがわかりました。
マジごめん。

愚樵さんのコメントは読まれる方には有意義だと思いますので、ありがたく残しておきますが、ワタシの肌がディベートとしても拒否している状況です。お許しください。

サヨと呼ばれても、KYと呼ばれても、劣った設計図と思われてもかまいません。
二度と心にもないことを書かないことを誓います。
毒多
2010/09/07 15:28
こんばんは!

記事を読んだ時、正直?と思いましたが、毒多さんのコメントを読みまして、「やっぱ、そうじゃなきゃ!」と一人で頷いている次第です。

私もバカなKYの一人でいたいです。(サヨかどうかは分からん)
いつも理性的なこと書けなくてごめんなさい!
えちごっぺ
2010/09/07 22:23
愚樵さん

ホント申し訳ない。マジ失敗エントリーだと思っています。
名護市議会の民意も、「よりマシ」も、利権なんですよね。「システム内」の極みです。陥れよう、歪めよう、絶賛しよう、利用しよう、もすべてシステム内のこと。まずそこが鼻についてしまうワタシがいます。そして小沢一郎はその権化みたいな人物、ワタシの世界とはまったく別の世界の生き物のような気がします。

ワタシには「設計図」はありません。つまり政治的ではありません。
ここまでも「愚痴しかいわない」「希望しかいわない」でずっと来ているような気がします。政治から離れて、システムの縛りから離れて、ホントのことを思索してきたのかもしれません。ホントのことに到達するためにどうこう、ではなく、ただ思索するだけ。そんなもんです。

今回は本当に申し訳なかったと思っています。


毒多
2010/09/08 09:00

えちごっぺさん

ども、格好悪いとこみせちまって凹んでます。
オラには政治的エントリーは無理のようです。
政治的じゃないからサヨでもないんだろうなぁ。

毒多
2010/09/08 09:01
あれ〜、削除してしまいました? 驚きはしませんが、ちょっと驚いた(笑)

うん、なんだか自家中毒気味のエントリーでしたもんね。よかったかもしれません。

私も肌感覚というものを重視する人間ですから、毒多さんの気持ちは想像できなくはない。

ただ。肌感覚は万能ではない。肌感覚というのは、感覚が外向きに広がっていくときには信用できるが、内向きに、つまり、拒絶の方向へ働いているときは信用しない方がいい。むしろそういうときこそ、理性の出番だと私は思っています。

理性は己に向けた「自省」にこそ使うべし。他者に理性の刃を向けるのは、私は基本的に外道だと思っている(そういう私もよく外道に陥りますが)。

今回のエントリー削除は「自省」ゆえに、だと解釈しておきます。
愚樵
URL
2010/09/09 06:44
愚樵さん
もちろん自省ゆえです。
ということで、お手数ですが送りましたTBも削除していただけるとありがたいです。
よろしく哀愁。
毒多
2010/09/09 08:56
ご要望どうり、TB削除しておきました。
愚樵
2010/09/09 17:28
ありがとう。TBから訪れる人に悪くてさ。
毒多
2010/09/13 05:53

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「拝啓、小沢一郎様」…体調不良につき削除しました 毒多の戯れ言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる