毒多の戯れ言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「生物多様性COP10ラプソディー」…アリバイ作りにもなっちゃねぇ(追記’国内外来種のメモ)

<<   作成日時 : 2010/07/08 17:17   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 3 / コメント 10

 これさ、めちゃ書きにくいテーマなんだけどCOP10を名古屋でやるっていうからさぁ。気を悪くした君ごめんねベイベー。まあ、君にとっちゃ100も承知なことなんどうけどね。
 そのCOP10、生物多様性条約第10回締約国会議ってのが名古屋で開かれるってんで名古屋市は実行委員会をつくって狂喜乱舞のわけ。愛知県の騒ぎようはこんなかんじ。
 まあ、もちろんなんの反省もなく実をともわない一過性の乱痴気騒ぎってのは誰でも感じてて、誰もが呆れてるんじゃないのかなぁ、と思っている。といっても、街中の人々はそれほど盛り上がってるわけじゃないんだけどね。ちゅうか全く知らないかも。
 どうせやるなら表面だけでも、「これだけやってます」ってのを見せればいいのに、泡瀬は埋めたわ、辺野古は埋めるは、ヤンバルの森に砲撃するは、、、、全国津々浦々ダムだ、埋め立てだ、護岸工事だ、森をつぶして、公園をつぶして(あ、これ右下にある「壊された世界」っていう写真集ね。個人的な恨み)、、、、、国際会議でお祭り騒ぎ(誰も騒いじゃないけど)の地元でさえ「金」のために、相生山のホタルは殺されるは、TOYOTAはテストコースで森を潰す、なんてことやってんだから、アリバイづくりにもなっちゃねぇな。

 いやいや、オイラが一番いいたいのはテレビのCMでやっていた、「アリコロリ」に「クモコロリ」(商品名は不確かなんだけど)!! おーい、生物多様性の中核をなす蟻や蜘蛛を殲滅してどないすんねん。蟻なんて巣ごと全部抹殺ってんだから恐れ入りやの鬼子母神。なにゆえに「蟻」や「蜘蛛」を殺すんだよ、わけわかんない。まだシロアリや蚊なら分かるさ。家潰されるのも血吸われるのもめちゃ鬱陶しいもんね。でも「蟻」やら「蜘蛛」なんぞ理由がないだろうが。
 だいたい、ホタルやらオオタカやら珊瑚やらの「解りやすい」ものだけが「多様性」のわけないわな。「蟻」と「蜘蛛」も当然、多様性の一角をしめてるに決まっているではないか。(シロアリも蚊もなんだけど・・・)

 と、まあ人間様のいうとこの「生物多様性」ってのは、すっごくご都合主義で生物多様性ってのの一番の弊害は人間なんだよね。その人間が「生物多様性は大切です」、なんて言ってもさお笑い種だね。生物多様性が大切なのは言葉にする以前の問題で、、、というのも、ちょっと違うな。生物多様性って言葉を言った時点ですでに狂っている、ってほうが正しいのか。もともと何も言わなくても、多様な生物によって成り立っていたのだけど、あえて言葉にしなければならないほど生物偏向性がひどくなってきた。人間のご都合によってだね。
 もちろん生物多様性条約ってのも、人間が生物多様性を阻害している前提の条約なわけで大いなる矛盾を孕んでいる。完璧に生物多様性を保障するには人間がいなくなればよく、いなくなれば「生物多様性」って言葉も「条約」もクソもないわけだ。
 会議開催だ、条約だ、お祭りだ、と言う前に、まずそうした前提をしっかり認識するべきだ。
 認識できないから、会議開催だ、条約だ、お祭りだ、ってことになるんだろうけどさ。
 あ、条約読んでないんだけど、なるべくゆっくり生物多様性を殺していきましょう、って内容だったけ。それならそれでいいんだけど、「金」だけのために生物多様性をつぶしながら、キレイゴトで生物多様性を条約をむすぶことで守ってるつもり、ってのはやめようよね。

 とりあえず、「アリコロリ」と「クモコロリ」は販売禁止にしろ〜!!、、、ってそこかい(爆)!! 




追記;
 アクセスさえ少ないから追記でもするか、ってんじゃないんだけどタイムリーな番組をみたのでメモ代わりにかいとこ。
 番組はNHKのナビゲーション「国内外来種」って番組で、このあたりは金を払ってでもみたい、ってか報道の役割としてちゃんと放映するべきだ、、、てのは、別問題として、すっごく考えさせられたわけ。
 ようは、ブラバやギル、アライグマラスカルやマングースetc.etc.のように人間の都合で外国からもってきて生態系ズタボロってだけじゃなくて、国内から国内への移植も純血種の絶滅や生態系ズタボロの面からも問題になっている、ってやつ。
 番組では滋賀県のハリヨが棲む川に、イトヨだかトヨミだかの近似異種が放流され交配した結果、間の子であるとこの「モンスター」が増え、もともといたハリヨが激減している。ってやつと、岐阜県の蛍を守るために、餌であるとこの「カワニナ」を琵琶湖からもってきて撒きたおしている、って例。同じ日本だからいいだろ、って素人は考えるのだけど、イトヨなんかの川魚やカワニナなんてほとんど移動しない魚にとっちゃ、川筋が違えば外国みたいなもので別世界、独自の遺伝子をもっている、ってのさ。
 で、特に興味をひいたのは「蛍」のほうね。
 蛍の復活、カワニナの放流ってのは「自然保護団体」がやっているってんだけど、明らかに偏った保護でしょ。しかも人間からみて愛らしい情緒的な「蛍」だけの保護ってすごすぎないかい? とするとしょっちゅうニュースになる「移植」ってのも同様の危険性があるわけで、おいおいおいおいおい、って思っちまう。
 自治会の人は別遺伝子のカワニナを幼稚園児なんかにザックザクとこれでもかってほど大量に撒かせて「蛍をふやしたって思い出作り」とか「郷土愛につながるから」いいことって言ってるんだから、手に負えません(これは純粋に蛍を増やしたいってとこからも離れているのではないかい?)。
 「生物多様性」からほど遠いとこにある、「人間の都合」のいい例を見た気がしました、、、、ってことのメモ。




 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
シオマネキ・オフセット
 「新堀川」という本が出た.蓋をされ,道路になってしまった川の記憶を,近所の人たちが中心になって出版した. http://blog.livedoor.jp/uradowan/archives/51472438.html  この川にはシオマネキがいた.このカニの「保護」と称してとられた施策は最低だった.工事を推進したい高知県土木部は,この川とは別の場所に干潟を造成し,新堀川のシオマネキを捕獲して,その造成干潟のほうに「移植」した.こうしてシオマネキは保護されたのだ,という「美談」を土木部はでっち... ...続きを見る
へなちょこ自然保護
2010/07/10 03:09
投票日まであと2日,土曜の夜はドキュメンタリー
投票日まであと2日.土曜の夜は気分を変えてドキュメンタリーなどで過ごされてはいかが? ...続きを見る
静かなる革命2009
2010/07/10 21:16
でた〜!!!!!群馬鹿県眠(むればかけんみん)・・・(怒)。
なんだ!?この結果?隣人たちよ、なぜなんだ?なぜ自らの首に 自殺用ロープ巻くような投票 しちまうんだ(怒&悲)?そこまで な〜んにも考えてナイのかなあ・・・(涙)そこまでおひとよしなのか・・・(嘆)いいたくは無いんだけど、そこまでわからんちんで、そこまでバカなのか・・・この場所に住んでる事。この場所の少数者。ちろも含めて大変だ。大変な思いを抱えていく・・・。けど 絶望はしないから、ヘソは曲げさせて ...続きを見る
ちろの はねっかえりブログ
2010/07/11 20:28

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは^^

>これさ、めちゃ書きにくいテーマなんだけど

ええ、コメントもしにくいテーマのようですね。
で、私もまとまらないながら思い切ってコメントしようとしたのですが、やはり難しいテーマでした。w

>すっごくご都合主義で生物多様性ってのの一番の弊害は人間なんだよね。

これってみんな感じてるのに自分の否定につながるのか?言いたくないと。(笑)

最近こんなのを見て暗い気持ちになってます。
http://vimeo.com/12884758

【一寸の虫にも五分の魂】←これを思っててゴキブリは殺せない。
神が与えたもうたなどといって当然のごとくステーキを食べてるわけではない。うまい!と思って食べている。そのときはそんなことは考えない。
「とりさん、ぶたさん、おいしくいただきます」なんて教えるな!w

この地球上から人間が消えてしまえば・・・、というのは生物多様性に反する考えだろうしねえ〜
ニケ
2010/07/13 21:12
ニケさん、おはようございます。

紹介のvimeo見かけたんですが、一時間半もあるということであとで見ます。ただ、冒頭のとこを観ただけで全部みようと思いました。(こりずにエントリーしようかなぁ、笑)
ゴキブリを一匹殺すのとアリコロリで蟻の巣ごと殲滅するのでは同じか、違うのか、という議論(?)もあるかもしれませんねぇ、、ってやっぱりそこかい!!(爆)。
人間一種の存続で何万という種を絶滅に追い込んでいることを考えれば、人間がいなくなったほうが生物多様性は守られる、とも考えられます。でも、人間がいなくなったら「生物多様性」を考えるものがいなくなる。「生物多様性」という言葉がなくなり「生物多様性」という概念がなくなる。
人間以外の生物が「生物多様性」を考えて生きてるとは思えません。本能というか、自然の摂理でバランスを取っている。ということは「生物多様性」云々と言い、なんとかしようとする人間は完全に上から目線というか、神の目なんですよね。(紹介のビデオも完全に神の目線)

「欲」をもった「神」かぁ、、、こりゃ、なんともなんないなぁ〜、、、「生物多様性」ってのも「欲」を棚上げして考えるんだろうなぁ、とかなんとか、欲まみれのおっさんが上から目線だよ、と自戒。
毒多
2010/07/14 08:58
こんにちは。

>あとで見ます。
>ただ、冒頭のとこを観ただけで全部みようと思いました。

実は〜、「冒頭のとこを観ただけ」で私は紹介してしまったのですが、最初は18分まで、次は24分、今見終えたのが34分まで・・・。
いやもう見続けることが出来ないので切れ切れに見ています。

自分がこんな状態だからコメントを削除していただいたほうがいいのかなと後悔しています。

でも私は出来るだけ見終える努力をします。人に紹介しておいて「自分は見ない」では無責任というか・・・。

ただ、つくづく人間の殺戮行為というものは悪魔的だと感じます。それは同胞である自分たち人間に対しても同じような残虐さで殺人を行なう。
沖縄から飛び立ち、イラク・アフガニスタンで何をしているのか?その沖縄の基地を認めている日本人は虐殺の加担者。「それは言われなくとも分かっているよ」と私も言いながら現実の戦場の状況は想像でしかない。
頭でっかちの限界なんだろうな、これが私の。
ニケ
2010/07/14 14:22
こんばんは。

今、見終えました。
あれやこれやの思いと考えがめぐります。

とりあえず競馬をやることはやめました。動物虐待のことについては以前から感じていましたが、今回思い切ることが出来ました。
賭け事は好きなので動物虐待でないものに限ることとしました。(笑)


>人間一種の存続で何万という種を絶滅に追い込んでいることを考えれば、人間がいなくなったほうが生物多様性は守られる、とも考えられます。でも、人間がいなくなったら「生物多様性」を考えるものがいなくなる。「生物多様性」という言葉がなくなり「生物多様性」という概念がなくなる。

『「生物多様性」という概念がなくなる』けど悪魔的な殺戮はなくなるでしょうね、人間がいなくなるから。
人間が未来社会において他の生き物達と共存していくにはどのような社会システムが良いのか?
国家を否定し社会を否定し自給自足で食は近くにあるものだけで生きることが良いのか?それでも動物性たんぱく質を得るためには近くで生きる動物を殺さねばならない。その程度なら許されるのか?他の動物が生きるためにほかの種の動物に襲い掛かり食するのと同じように。それともベジタリアンで生きる?
ニケ
2010/07/14 22:43
>人間以外の生物が「生物多様性」を考えて生きてるとは思えません。本能というか、自然の摂理でバランスを取っている。ということは「生物多様性」云々と言い、なんとかしようとする人間は完全に上から目線というか、神の目なんですよね。(紹介のビデオも完全に神の目線)

結局、人間には動物のような生き方はできなくなってしまっている。だからおっしゃるように
>「生物多様性」云々と言い、なんとかしようとする人間は完全に上から目線というか、神の目なんですよね。
なのでしょうね。「人間は完全に上から目線というか、神の目なんですよね。」 同意!
しかし「生物多様性」への取り組みがまやかしだと思っても社会はこうした方向へと誘導していきますね。抵抗したくともなかなか出来ない。またそれに代わる考え方に出会えていない私です。出来ることは競馬ファンでなくなることぐらいか。

途中で日本の捕鯨やイルカに対する漁の話も出てきて、一瞬「これが目的だったのか」と頭によぎりましたが、最後まで見終わりそんな小さな魂胆で作られたものでないとの印象を持ちました。しかし苦痛でしたねえ〜、こういうものを見ることは。。。

ま、私は競馬をやめましたが、人に強制するつもりはありません。人それぞれに感じたときに行動を変えればよいと思っています。

それにしても人間は罪深い。改めて思ったことでした。
だから・・・、やはり人間はいないほうが、「生物多様性」を守る近道なのかもと。チラと思ったりしましたよ。(笑)
ニケ
2010/07/14 22:44
ニケさん、どもどもです。(なんちゅう挨拶だ、笑)
いや、実はまだ見れてません。観るのは恐らく週末になると思います。ぞくぞくするほど思索中枢をくすぐられる気がしています。

多分最初にこのエントリーを書いたときは、人間の欲を棚上げして「生物多様性」といいフェステイバルで盛り上がろうとする欺瞞を軽く茶化してやるつもりだったのですが、すごくヘビーになっています。

ニケさんは競馬ですか・・・
ワタシは「ギター」ですね。木目の美しいギターをみると背中がゾクゾクとしてやたら欲しくなります。でもそれは、木を殺し、その遺体を切り刻んだ断片を見ているんですよね。殺人切り刻み猟奇殺人フェチだぁ・・・ああ、でも吸い込まれる。

そういえば、昔テレビで「ペットの死をみて子どもに死を考えさせる」っていった母親に、「なんて傲慢な、人間は人間の死で考えればいいんだ」とカツをいれた坊主がいましたが、それを思い出しました。
人間がいなくなったら「文字通り」話になりません(話ができません)。だから人間は存在しなければなりません。ただ、人間は傲慢な存在だと思います。「生物多様性」について通り一遍何かをやればいい、、というのは欺瞞にしか思えません。(フェスティバルをやればいいという行政なんぞ論外)。
おそらく、まず自覚すべきは「人間は傲慢な存在なんだ」ということではないでしょうか? 

ああ、ギターが、、、遠のいて、、、い、、、くぅ・・・orz


毒多
2010/07/15 16:03
>カワニナの放流ってのは「自然保護団体」がやっている
 ひどい「自然保護」団体ですね.
 何もするな,とまでは申しませんが,じっと自然を見ていると,何もしないという選択肢が最良であることが多い気がします.
Ladybird
URL
2010/07/16 04:52
Ladybirdさん
なんだか、催促しちゃったみたいですみません。

放流ってのは相当やばそうですね。
町内会やらで川に鯉を放流するってのは全国にありそうですが、あれも国内外来種になりそうです。
汚れきった川をみんなでキレイにして、ある程度キレイになったらいなくなった生き物がコイしくなる(だからコイ)って人間の心情なんでしょうか。

おそらくテレビで言われた「自然保護」団体も町内会に毛が生えたもののような気がします。番組では他の自然保護団体も紹介されていて、放流するのに、専門家の意見を聞き、昔その種がその場所にいたかどうかの聞き取り調査をし、そのうえで放流するという紹介もありました。それもどうなんだろう・・・

Ladybirdさんのとこのブログの大きなテーマでもあると考えますが、「人間の介在」について考えさせられます。



毒多
2010/07/16 08:43
>何もしないという選択肢が最良

だからこそ、何をいまさらという感じですが以下のような声明を出したのですが。。。カンカラカン総理には(も)通じないらしいです。
「環境への最大の配慮」は辺野古につくらないこと(http://www.nacsj.or.jp/katsudo/henoko/2010/05/post-9.html)
さめ
2010/07/16 20:58
>何もしないという選択肢が最良
自然保護運動というのは、自然に何かをするものじゃなくて、自然を破壊しようとする人間の行為を阻止するものだったんですね。妙に納得しました。
毒多
2010/07/18 11:32

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「生物多様性COP10ラプソディー」…アリバイ作りにもなっちゃねぇ(追記’国内外来種のメモ) 毒多の戯れ言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる