毒多の戯れ言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「君が代とか、W杯とか」…嫌いな理由は?

<<   作成日時 : 2010/07/02 16:36   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 2 / コメント 37

 ちょっと前に某界隈で流行っていた話題が「君が代」。オイラもいろいろ考えていたんだけど、リアルな忙しさにカマケて周回遅れになっちまった。まあ遅れなくても大したエントリーがかけるわけじゃないんだけどね。
 で、オイラが君が代が嫌いな理由を考えていた。嫌い、ちゅうか身を引いて戦闘態勢にはいり構えるって感じだな。まあ某所で言われていたのは「君が代」は戦闘意識を削ぎ、脱力させるもんだってことだけどね(笑)。
 さてオイラが「君が代」を嫌いな理由を端的に言おう。
 それは、オイラがサヨクだから。
 君が代を強要することによってナショナリズムを鼓舞させ、国家に対する忠誠心を押し付けるなどとんでもない。ということで、これはサヨクの考えであり、オイラはサヨクだから君が代が嫌いなのだ。
 って、これは「君が代」そのものが嫌いな理由になってないではないか? 君が代を強要させるヤツが嫌いってことだな。これでは「君が代」が「イマジン」でも嫌いということになる。「強要し押し付けること」が嫌いであることと、そのものが嫌いとは別に考えなければならないのだろう。ちなみに某所では、君が代はナショナリズムを鼓舞させるには、あまりにも「なるい」歌詞でありメロディーであると指摘されていたが、確かにそうかもしれない。ありゃ、ナショナリズムの欠片もないな。サヨクのオイラは君が代の「君」が「天皇」と聞かされた過去があるが、その解釈も必ずしもそうではないらしい。「君」ってのを人類全部とか解釈すればイマジンに通じるものがあるかな(笑)。
 うん、ワールドカップなんかで「君が代」を斉唱する。
 その本意が、、人々の平和が千代に八千代につづきますように・・・だったら、好きになるかもしれない。ちゅうかそういう解釈をすればいいわけで、君=you allってね。サヨクだから嫌いというのは硬直していると自戒。
 こうして本質(君が代)への判断ではなく、周辺の理由(サヨクだから)で判断するのはことも見損じることがありそうだな。かといってことの本質である君が代が好きかどうかは別で、そのものを見なければ判断などできやしない。おいらも、そろそろサヨクじゃなくなってきてそうだ(笑)。
 

 というわけでナショナリズムを鼓舞するよなW杯なんか見ないよという人もいるが、サッカー(スポーツ観戦)好きなオイラは、日本列島が歓喜した、とか、日本全国が悲鳴を挙げた、などと騒ぐマスコミを無視してW杯を楽しんでいる。(日本がでる試合は無音で見ていた。)
 いやいやいや、いよいよベスト8も出揃い楽しくなってきたなぁ。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
サッカー・ワールドカップと『君が代』
『強者と勝者とが同一とは限らない』 ...続きを見る
逝きし世の面影
2010/07/03 15:24
参院選アンケート(東海3県)
NO BASE 辺野古☆名古屋で東海3県の選挙区の立候補者に対して、アンケートをお願いし回答を頂いたようです。 東海地方に住むみなさんに、責任&... ...続きを見る
すぺーすのいどの部屋
2010/07/06 21:17

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(37件)

内 容 ニックネーム/日時
毒多さんちに入り浸っている愚樵ですけど、この記事はコメントなしでは済ませられません(笑)

最近つくづく思うんですけどね。「キライ」はもったいないな、と。『君が代』はその良い例です。

『君が代』の「君」を天皇と解釈するのは右も左も同じですが、「君」=天皇ゆえにキライの排他的感情は、『君が代』が脱力系の歌だという「事実」にすら気がつかず、戦闘的に排斥運動を繰り広げさせることになる。

その点は実は右の方が正直で、戦闘的気分になりたいときは軍歌を歌う。『君が代』では盛り上がらないことを識っているから。

脱力系であれなんであれ強要は嫌なものです。でも、その「嫌」「キライ」を歴史的事実を背景に「正しい」とするのもこれまた強要なんですね。左は右よりも知能指数は高いかもしれないが、その分「アタマデッカチ」という病気に罹りやすい。

日本人が9条を受け入れたのも、『君が代』を受け入れるのも、その理由は「感情」にあります。「感情」と向き合うのに「正しい」は正しくない。正しい向き合い方は「自分自身の感覚」でもって。毒多さんの言葉でいえば「肌感覚」でしょう。この「肌感覚」を研ぎ澄ますには「正しい」に頼ってしまってはダメだと思う。

考えるということは耳を澄ますのとよく似ていると私は思うのですね。
愚樵
URL
2010/07/02 18:51
君が代は祈りの歌なのですが、祈りと呪いは紙一重で、信心の無い私が何かが扱うと『祟り』があるようです。
TBした『サッカー・ワールドカップと君が世』が元で何年も長い間付き合いがあった保守系ブログにマジ切れされ、『二度と来るな』と言われてしまいましたよ。一言長年のお礼と謝罪を書こうと思ってもコメント欄が閉鎖されている。トホホ。
何故あれほど怒ったのか。
誰にも見られたくない隠しておきたい部分はあるが、余程触れてはイケナイ弱点にほじくったらしいのです。
多分君が代は祈りなので人前で歌う歌ではない。それが証拠に『全国の子供に君が代を歌わせる』と言っている米長邦雄でも自分では絶対に歌わない。(歌えない)
嘘だと思うなら御自分で結婚式の披露宴であるとか何かの宴席で歌わなければならない場面で『君が代斉唱』を行って下さい。そうすれば私の言葉が真実であることが誰にでも分かるでしょう、と書いたがこれがマジ切れした原因でしょう。
『君が代』とは人前で歌うことは、何かの災いが生まれるのかも知れません。
逝きし世の面影
2010/07/03 15:45
8年前は、いろんな国から応援団が来て、
大分の中津江村みたいにカメルーンの応援で盛り上がったりしたもんだけれど、
 今年は、一部のスター選手以外、日本が勝つか負けるか、の話題しかない。
 グローバルの時代に、貧しいことだなあ・・・。

 「君が代」が世界の平和を願うものなら、
まっさきに「天皇家」の人々が歌えばいいものを、
皇族が歌う姿を見たことがない。
(開会式に出席してても歌えない)
×第二迷信
2010/07/04 10:39
音痴には歌いにくいんですよ。
歌詞がどうこうより音痴な私は人前で絶対に歌いたくない。
そーだ、私は音楽弱者だぞ。
遠近両用
2010/07/04 21:37
こんばんは〜

錚々たる論客の皆様の後からはお恥かしいですが、一言言わせていただくと、そもそも歌なんて強制されて歌うものじゃないという思いがありまして、ましてや国が強制するなどもっての他と・・・
そもそも、「国歌」なるものが必要かどうかから考えてしまいます。

単純、稚拙でごめんなさい・・・(思索が足りんか?)
えちごっぺ
2010/07/04 21:49
ういす。昨日従弟の結婚式に出たんだがねー、キリスト教?の神前結婚式で、神父さん?が「アーメンといったらみんなでアーメンといってくれ、これは神の意志です」とか「賛美歌をみんなで起立して歌いましょう、二人を祝福するために」って言われたんだけど、仏教徒の俺はどーしても「アーメン」なる言葉を口に出しがたくて口をつむいでしまった。結婚に異議があるわけでもなく祝福する気マンマンなんだけど、普段仏前で線香上げてる身でいきなり結婚式でアーメンって言え!って言われてもちょっとねー。オマエ(従弟)ん家も仏教じゃん!!とかひそかに悶々としちまって。隣の従妹からは「賛美歌は誰でも知ってる曲だから、曲に合わせて歌詞を見て歌えばいいのよ」って歌うのを促され確かに聞いたことある曲だったんだけど、それでもちょっとねー。

という逡巡をサヨクの人々が君が代斉唱のときに感じていたのではないかなー、と思ったりした。
「日本代表を応援!」との掛け声に異議を唱えることはないんだけど、それでもそこに「君が代」や「国旗」を持ち出すのは自分のスタイルじゃない、信条に反する・・・って気持ちがあるんじゃないかと。日本に住んでて日本人じゃないけど日本のチームを応援したい!って人がいたら、そこに「日本国の国旗・国歌」を通して「日本人」として応援するという名目には「自分は当てはまらない」って感じるんじゃねえのかなあ。

んまあ、なんにせよ、「みんなやってんのになんであんたらやんないの?」的な空気の醸成は忌むべきところだと思うのですだよ。
DoX
2010/07/05 00:26
みなさんコメントサンキュベリ。
いろいろ考えているうちに思考のベクトルがあっちこっちに飛んでしまうので今回は「本体」と「属性」ってことで考えレスしてみます。
エントリーでいくと「君が代」が本体、国歌が属性、、、「サッカー」が本体、「ナショナリズム」が属性、、、、で、属性が嫌いだと本体も嫌いってことへの再考かな。坊主憎けりゃ袈裟まで憎い、、、じゃなくて袈裟が嫌いなら坊主の嫌なやつ、、、になるのか(笑)?
毒多
2010/07/05 09:19
 
愚樵さん、気づかせてくれてありがと。
確かにオイラは国歌という「属性」が嫌いで「君が代」も嫌ってたね。「君」が天皇って解釈も属性かもしれないなぁ(この辺は微妙だけど)。冷静になれば君が代が脱力系ってのはその通りだね。まあ、脱力系だからどこそこで歌うと面白いってのも「属性」重視になるかな?
ただ、「理で「正しい」だから嫌い」って染み付いたものを、一旦白紙に戻す作業はなかなか難しいと実感している。頭で白紙に戻さなければと考えるのと、肌感覚で(考えずに)白紙に戻すのは微妙に違う気がします。肌感覚で白紙に戻すことを解放というのかもしれないね。
天皇が本体で天皇制が属性とすると、、、今の天皇ケは脱力系だけど・・・なかなか解放されないな(爆)。

それはそうと前にエントリーした「正しい」ってのは、サヨクの正しいとか歴史的事実による正しいとは違います。勘違いする人がいるといけないので一応書いときますね。
 
毒多
2010/07/05 09:20

逝きし世の面影さん
おお、君が代が「祈り」とは、、、おもしろい。さらに呪い、、に、祟りですか? ゾクゾクしますねぇ。まるで宗教のようだ。とするとDoXさんのコメにもありますが、祈りの歌が人前で歌われることはありますよね。キリスト教における讃美歌。(あれは神を賛美するのであって祈りではないのかな?)。まあ似たようなものだと思うのですが、多分、全員がキリスト教徒という人前で歌われるのは違和感がないのだろうなぁ。とするとここでの属性は「宗教」かな。宗教が嫌いだから讃美歌が嫌いってのも、一旦解放されなくちゃならないかもしれないねぇ。
ちょっと、まてよ、その前に、君が代っていう祈りの歌が人前で歌われる「国」(特に日本国)ってのは宗教と類似するのか? キリスト教でいうとこの讃美歌が日本国でいうとこの君が代???? 類似しているような気がするからいろいろ妄想してしまいます。

毒多
2010/07/05 09:20


×第二迷信さん
やっぱ天皇家も君が代の「君」は「天皇家」だと考えているのでしょうか? とすると流石に自分の家が千代に八千代に、コケの蒸すまで、、、と自ら歌うのは小っ恥ずかしいのかもしれません。

>日本が勝つか負けるか、の話題しかない
今回のW杯でいけば、サッカーという本体、日本という属性、、、勝負という本体、ナショナリズムという属性、、、、いろいろ妄想が広がっていきます。





遠近両用さん、はじめまして、、、かな?
どうもこういう意味深なHNだとリアル知人じゃないか?と思ってしまいます。
えっと、歌が本体、音痴が属性、、、歌が楽しいが本体、他からの評価が属性ってことで、どうどうと歌いましょう(笑)






えちごっぺさん、まいど。
えっと自分の発言が本体、、そうそうたる論客のコメが多い、が属性ってことで肌感覚にまかせて言ってみましょう(笑)。
「国歌」という属性が本体になることに嫌悪感があるということでは、ワタシもえちごっぺさんと同じです。
このあたりの肌感覚は鍛えたいなぁ。


毒多
2010/07/05 09:20

DoXチン、おはよ。
オイラのばやいは親の意思で、幼少のみぎり教会学校へいってたくちで、好きな娘がいたという不埒な理由(属性)でかなりの年がいくまで行ってました。そのうち教会のなかにある人間のドロドロ(属性)を垣間見て、キリスト教(本体)などクダラナイと考えると同時にサヨクに走った口です。だからセレモニーでは仏式のほうが違和感があるのだけど、キリスト教式では嘘っぽさを感じています。
ただ、こういうのも属性(教会)が嫌いだから,本体(キリスト教)も嫌いってのを反省すべきかもしれない。でもね、そも宗教がってことを考えると肌感覚で受付にくいものを感じています。

サッカー(スポーツ)観戦好きでサヨクのオイラはテレビなんかの「君が代」斉唱ではチャンネルを変えたりしてましたが、試合中も必勝日の丸鉢巻とか、国旗をふるスタンドは目に入るわけで「自分はこいつらとは違う」とはいつも思ってます。かといって観戦好きという本体を犠牲にはできないのですがね。

>「みんなやってんのになんであんたらやんないの?」的な空気
これね、教会で違和感をバリバリもった部分でもあるの。ま、ひとつの教義をみんなで信じこむ教会では当たり前なのかも知れませんが、この空気が「日本列島に歓喜の渦が・・・」とか「日本全国が涙した・・」と言われると、やっぱ日本国ってのも宗教っぽいなぁ、と感じる次第です。


毒多
2010/07/05 09:21
>毒多さん
 こんにちは、流浪のサッカー好きsv400s_dracinです……意味不明…恐らく、いろんなところから石が飛んできそうな気もしつつ、コメントします…私は、歌います…起立します…歌えよとも、起立しろよとも申しませんが…今回のワールドカップも当然ですが、日本戦は全戦、みっちりスカパーで見ました…というか、スペインワールドカップぐらいから、ほぼ全試合見てます…テレビの前では歌いませんが、日本戦では、「君が代」をTwitterに入力しながら、スカパー見てた…会場にいたら100%起立して歌います…鈴鹿サーキットでも、「国歌斉唱」があったけど、周りは立ってなかったが、私は立って歌ってた…言ってみれば、条件反射だ…
 私は国歌も国旗も、スポーツから見た象徴として必要だと思うんですけど…私としてはノリが違う…もっとも、日の丸や君が代でなくてもいいとも思ってますけど、象徴として何かあればいいわけです…だいたい、政治・思想で国歌や国旗をみたり、感じたことがないんですよね…日本の国歌のときは、起立しないとして、他の国の国歌の時はどうするの?って聞きたい…そんときも、すわってるんですか?
 自分の国歌(認めてないかもしれないけど)を信念として、歌わない、起立もしないのは、立派なのかもしれないけど…礼儀として、大人として、どうよ?っておもうわけです…他人を敬わない人に「平和」とか「正義」とか言われても、正直ちょっと、嫌だな…
sv400s_dracin
2010/07/05 16:30
sv400s_dracinさん、書きにくいだろうコメント書いてくれてありがとう。
大丈夫です。きっとこのブログでは、国歌を起立して歌うことに反対してやめろよ、という人もいなければ、もちろんも石は飛んできませんから(笑)

ワタシもまあまあサッカー好きですよ。一番嵌ってたのが、あれ、いつだろう? アルゼンチンが優勝してケンペスが得点王になったとき。当時ビデオなんてありませんから夜中にむくむく起きだして目をギラギラさせて観てました。とうぜん日本はでてませんでしたが、メチャクチャ興奮してみてましたよ。最近のワタシはワイドショーが騒ぐと白けて見たくなくなる、という天邪鬼になってしまいましたが、、、というわけで騒ぎが引いたベスト8から集中して見ています。

えっとちゃんと書いてもらったので、ワタシも思うとこをちゃんと書こうと思います。
実はワタシも昔は何を考えることもなく起立して日の丸を歌ってました。はっきり記憶しているのがレインボーホールに畑中のタイトル戦を観に行ったときです。
その後、市民運動に関わるにあたり部落出身(解同じゃないよ)の人とか在日の人とか超貧乏の人とかと友人になるんですよ。で、知らなかった話をいろいろ聞くことになるのですが、「国体」とか「植樹祭」とかで天皇が地方にいくことになると、部落とか貧民街などは「見てくれが悪い」と解体され出て行け、ってことになるという話なんかを聞き、一気に嫌いになりました。そうした「君(天皇)」の世が千代に八千代にという君が代も同時に嫌いになりましたね。サヨクへの第一歩です。
君が代、日の丸に「戦闘的に」嫌いになったのは安倍内閣のときで、まさに「強要」であり、「強要」による教育です。強要の否定は、「立って国歌を歌うこと」の否定もしません。
でもまあ、ここにきてそうした属性で、本体を判断することは反省してますが・・・
毒多
2010/07/05 17:53

それでですね、同じスポーツ(観戦)好きとして、、、

>スポーツから見た象徴として必要だと思うんですけど

ここがよく分からないんです。スポーツだから勝負を楽しむのは分かるんです。また勝負を楽しむんだから贔屓のチームがあったほうがいいことも分かる。でも何故「象徴」が必要なのかがわかりません。ワタシは象徴はむしろないほうが、純粋にスポーツそのものを楽しめる気がしてるんですが・・・・

>他の国の国歌の時はどうするの?って聞きたい……、他人を敬わない人に「平和」とか「正義」とか言われても、正直ちょっと、嫌だな

えーと、ちょっと信じがたいかもしれませんが、共同幻想であるとこの「国家」自体が解体されればいいと思っているワタシには他の国の「国歌」もやっぱりどうでもいいことなんですね。でね、国歌に敬意を払わないことが「他人を敬わない」ということにはならないと思うんです。
このエントリーでいけば、他人が本体で、その他人が国歌(国)を歌っている(慕っている)ことが属性。sv400s_dracinさんが本体で、sv400s_dracinさんが起立をして国歌を歌うことが属性。まだまだsv400s_dracinさんがどういう方か未知な部分が多いですから、起立をして国歌を歌うという属性によってsv400s_dracinさんに石を投げることも否定することもありません。というか、むしろそんなことはどうでもいい部分なのかもしれないなぁ(ちょっとサヨクから脱皮気味)。

国歌を歌う歌わない起立するしないで、他者を敬意をはらっているか侮辱しているかを判断されるのは、正直ちょっと嫌だな、、、(笑)
あ、それと「正義」ってのは最近指摘されて、それを根拠に意見を振り回さないように気をつけています(それまでもそこだけを根拠に論をふりまわしていたわけじゃないけどね)。


毒多
2010/07/05 17:53
>「理で「正しい」だから嫌い」って染み付いたものを、一旦白紙に戻す作業はなかなか難しいと実感している。

そりゃそうでしょうとも。白紙に戻す、これは孔子様の言葉でいうと「耳順」です。「六十而耳順」。あの孔子様でも60にならなきゃ出来なかったことが、凡人の我々においそれと出来るわけがない。

では、できないといって諦めるか? 「思索」は「生きること」と言ってしまった私は、言った手前もあってそうもいかない(苦笑) もとより特定の「理」を普及させよう、啓蒙運動をしようなんてのはガラではないということもあって、そちらの方にしか方向性はないようなんですね。

で。やってみようと思ったのが「共感」です。「白紙」は無理だし「理」はダメだから「情」でいこう、と。「共感」とは「情」の理解のことですからね。
愚樵
2010/07/05 19:15
ふたたびおういっす。国旗国歌問題に宗教感なんぞを持ち込んですんまそん。どくたんの「嫌いだから」っていうのもあると思うんですが、俺が賛美歌やアーメンを言えなかったのは「ちゃんと信じてる人に対してニワカなキリスト教の真似事はわりいなあ。」でした。俺は真言やお経を呪文みたいに使ってるアニメ見たりすると不愉快になるし、某幸福の偽科学(某じゃないじゃん)やナンミョー大作に釈迦如来を騙られるのが不愉快なのでー。マリッジセレモニー(笑)のロマンチックなイベントとして使われることにキリスト教のガチ信者の人は不愉快だろうなあ、俺がうかつに口に出してのんきに歌ったり言ったりしていいもんなんかしら・・・つう。

だから形だけの国旗国歌への敬意表明も「そんなもんで団結とか常識とか応援する気持ちとか計っていいの?測れるの?」って思うんですよー。どくたんも言ってるけど。
sv400s_dracinさんには悪いんだけど、そうやって「周りに見える行動」で他者の礼儀だとか常識を測っていったら、いきつくところは権力に対するおべんちゃらに過ぎないような気がします。他人に見える行動に出さなくても心から国を憂い国を想う人もいるじゃあないですか!(俺だ!!あ、スポーツの応援の話からはずれたな
DoX
2010/07/05 20:30
連投スマヌ。
国旗国歌への意識といえば、アニメ・シンプソンズのエピソードで「我々アメリカの国歌は戦闘的だからカナダの国歌を歌おう」っていうのがありますた。
http://en.wikipedia.org/wiki/The_Bart_of_War

they not sing a "hymn to war, like our National Anthem, but a sweet, soothing hymn like Canada's National Anthem".

前にどくたんに見せた動画がこのエピソードの冒頭で、サウスパークが出てくるやつな(偶然
http://vision.ameba.jp/watch.do?movie=614370
(これなら日本語だからダイジョウブであろう)

意外と「国歌を歌わないなんてー」っていうのもニホンジンだけの内輪での圧力に過ぎないのではないかと思います。
DoX
2010/07/05 20:34
ちはちは〜。W杯めっちゃ見てましたよ。仲間内でTwitter実況しながら盛り上がってました♪ もちろんウィンブルドンもね! つか行きて〜。南ア。
日の丸振る人は別にいいと思うよ〜。ファッションだし。私だったらオタクらしくコスプレして応援かな?日本人だしね。

えっと、君が代?ごめん、曲忘れた。てか歌詞覚えてないwww だってつまんないんだもの。
でも外国の国歌とか好き〜。みんな楽しそうに歌ってるもんね。すっげえ楽しそうに♪
今アタシがはまっている音楽と言えば、何と言っても「けいおん!」かな。それとエンジェルビーツ! サッカー見てる間はエンドレスでアニソン流してましたよwww
やっぱり、好きなスポーツは好きな音楽で楽しみたいものね♪
人生アウト
2010/07/05 21:44
dr.stonefly様
ご挨拶もなしにいきなりコメントしてすいませんでした。
当方、音痴、運動音痴、方向音痴の悲しい中年です。
君が代を人前で歌うのはほんとに恥ずかしいです。2拍子でトッテチッテタ〜といけば音痴でもごまかせるんですが、スローで朗々と歌い上げるなんてことは音痴にはとてもできません。これ「君」を「人民」に変えても同じです。
でまあ、国歌が流れるような場では、歌いはしないけどメロディが流れている間は一応神妙にしています。
でも、それじゃあ許してくれない人たちがいるんでしょうねえ。
遠近両用
2010/07/06 09:59
再び、ただのサッカー好きのsv400s_dracinです
 私のサッカー好きはサッカーを小学校4年生から高校までしてただけのことです…その後、社会人になってから、同級生を中心にチームを作ってましたが、今から12年前に解散しました…同級と上下1〜2年が中心だったので、30代前後の結婚&子供ラッシュとともに練習時間が取れなくなったのと、見る間に体力が落ちてきたのが理由ですね…これは属性?…
 私は単に儀礼の問題だと思ってますので、属性と言われても、ほとんどピンときません…歴史や背景を考えるほどの事なのか、わかりません…
>「そんなもんで団結とか常識とか応援する気持ちとか計っていいの?測れるの?」
 測るとか、考えた事がないので、わかりません…なぜ、測らなければいけないのかが、わかりません…スポーツに政治や思想が無関係とは申しませんが、そこまで意識しなければならないものなのか…応援の仕方がいろんな形があることはわかりますが、「いきつくところは権力に対するおべんちゃらにすぎない」っていうのは、多様性を重んずると私が勝手に信じてるサヨクの方にしては、君が代憎しのあまり、それを支持する人への…以下省略…もっとも、思想をちっとも考えない私としてはお好きなようにとしか考えられないけど…っていうかめんどくさい…
 私は「六甲おろし」のようなものだと思ってるといえばいいのかな…っていうと、今度は「君が代」好きな人から石が飛んでくるのかな…
続く
sv400s_dracin
2010/07/06 11:28
再び、流浪のsv400s_dracinです…
>スポーツから見た象徴として必要だと思うんですけど
 共同幻想の国家にどうして結びつくのか、知識のない私にはよく分かりません
 答えになるのかどうかわかりませんが、ラグビーアイルランド代表では象徴がチームの強い力になってると(私は勝手に)感じてます…日本に当てはまるかどうかはわかりません
 ラグビーのアイルランド代表はサッカーのようにアイルランド共和国代表」と「北アイルランド代表」というように区別されていません…武力紛争の絶えない南北アイルランドが、ラグビーのアイルランド代表として統一するのは、並大抵の努力ではないと思います…ラグビーのアイルランド代表では試合の際にはアイルランド共和国内では三色旗が、それ以外の場所ではこのIRFUのものとは異なる4紋章旗と三色旗が並べて掲げられます…同様に試合前のセレモニーで斉唱される国歌も相手国での試合であればアイルランド側の国歌斉唱はしないというルールがありました…1991年のワールドカップでは、ダブリンで行なわれた試合に限って敵味方両方の国歌斉唱を行わないませんでした…そこで“Ireland’s Call”が生まれました…かっこいいんです…この歌…youtubeで拾えますし、この歌を歌ってる時のアイルランド共和国内では、“Amhrán na bhFiann”(アイルランド共和国国歌)が歌われた後、“Ireland’s Call”が歌われますが、このときの場内の一体感といったら…一体感嫌いの方々に嫌われそうですが…感動物です…気持ち悪いとか言われそうですが…一体感とはあーいうものをいうのでしょう
続くかな…
sv400s_dracin
2010/07/06 11:47
「国際的マナー・プロトコール問題」と認識するとシンプルになりますよ。
「公けの場で、国旗掲揚、国歌斉唱がなされる場合は、起立、正対、脱帽など礼を現わす」これは、自国の国旗国歌に限った話ではなりません。例え嫌いな某国の国旗国歌であっても公けの場では敬意を払ってみせる必要があります。

キリスト教も現在ではたいがい慣用になってまして、例えば日本人キリスト教徒が戦時中に亡くなられた方を慰霊するために靖国神社を参拝することに対し、バチカンは公式に「他宗教の儀礼式典を尊重する」という立場でこれを認める表明を行っています。
「エホバの証人」くらいですね。私生活でもガチガチに反対するのは。(んで、エホバの証人がアメリカで授業前に宣誓をしなくても良いって判決を勝ち取ったりしてますが)

国旗、国歌に対するマナーと、日の丸、君が代が日本の国歌、国旗に相応しいかどうがか別問題とすべきでしょう。
後者は、法律を変えれば済む話。
えまのん
2010/07/06 15:29
愚樵さん
オラの代表的なエントリー(爆)に「死刑制度は感情だ」って(村野瀬玲奈に無視されたヤツw)のがあるんだけど、そこでは「理」で考えられるときに考えないと「感情」に流され道を誤る、って主旨のエントリーなのね。愚樵さんのコメ読んでいてそれを思い出しちまったよ。
多分今、空論で書かれているハラスメントの話と関係があるんだろうけど(まだちょっと読み込めてない)、
>「情」でいこう、と。「共感」とは「情」の理解のこと「情」でいこう、と。「共感」とは「情」の理解のこと
ってのは、例えば、こどもを殺された感情に共感をして、あの殺人犯を殺してしまえ、、、ってことじゃないんだよね。
「肌感覚」ってのは「理」を乗り越えたうえでの「感性」って(ハラスメント3で言うとこの「強者」の感性って)気がしてるんだけどどうだろう?




DoXチン、ふたたびコンチは。
>国旗国歌問題に宗教感なんぞを持ち込んですんまそん。
いやいやいや、国家ってのは宗教っぽいよなぁ、というネタが浮かんでエントリーでけへんやろか、って考えているとこです。

DoXチンのコメ読みながら、考えてるのが、オラのヨメの実家にある仏壇。それはヨメの父でオラの義父の仏壇なんだけど、その実家へいくと「爺ちゃんに挨拶する」ためにみんなが仏壇の前で手を併せるのね。でもさ、オラはできないのさ。これはDoXチンが言うように「失礼」だと思っているからなのか? 別に思い出すとき思い出しているからいいと思っているのかと、自分の心理が分からない。まったく仏教が分かってないからかもしれないね。
それと、オラが、なんだか解んないけど周囲に合わせて、、とか、できないタイプなのかもしれない。ちなみにヨメの実家はオラが仏壇に向かわないことを許容していてくれるよ。だから一緒にいられる。


毒多
2010/07/06 17:25


人生アウト君、久し振りブリブロッコ、、、やめとこ。
楽しけりゃいいさ。
音楽もスポーツも楽しむものだからね。
楽しむかたちがどうであれ、ノンプロブレム。
そのてんサヨクってのは痛いよなぁ、いちいちなにかが引っかかっちまう。
ある意味、可哀想だ。
ってオラか(爆)
最近のオラのスポーツの楽しみ方は、「解説と実況」を消して静かに一人で観ることかな。
それと、サッカーよりウィンブルドンのほうが観たい度はちょっと上だったかな。
元ボルグ、現フェデラーのオイラとしては。




遠近両用さん
挨拶はあったほうが気持ちいいけど、それほど深く拘ってないので別にいいですよ。
すみません。って最初にあやまっとこ。オラは音楽センス抜群、運動神経ビシバシ、方向は、、、ベクトルだけは左やら天やらとフラフラなんですが、、、そんな中年で、申し訳ないです。もちろん、やろうと思えば君が代もカッコよく歌いこなせます、ガハハハ。
とはいえ、前回「君が代」と遭遇したのは息子の小学校の入学式で、サヨクの流儀(ファッション)として着席してやりました、エッへン。・・・そろそろそういうの辞めて神妙にしてようかなぁ〜。


毒多
2010/07/06 17:26

sv400s_dracinさん、ふたたびありがとう。
>続くかな…
と締められているので、続きを待ってたほうがいいのかな?
えっと、国旗国歌が「儀礼」と思えたり、「六甲おろし」のようだと思える人が国旗をふったり国歌を斉唱したりできるのは別にいいのです。いや「六甲おろし」だったら何の問題もありません。
国家に苦しめられ、その象徴であるとこの国旗国歌とトラウマなしでは対峙できない、という人々がいる事実を知っているワタシにはそこに乗ることはできない。ということです。ホンマモンのサヨクは「わからない」では済まされない、総括しろ、と言うかもしれませんが、脱サヨクのワタシはそんなことはいいません。でも「わからない」で終わるのではなく、いつか知ってもらえると嬉しいとは思ってます。
そうしたトラウマと、好きなスポーツ観戦がなぜセットになって押し付けられるのだ? という苛立はワタシにはあるんですね。
>スポーツに政治や思想が無関係とは申しませんが
スポーツ観戦好きなワタシとしては無関係であってほしい。必死で関係付けようとしてる権力やマスコミに堪忍してください、と言いたいです。「わからない」から無関係だと感じている人は知らず知らのうちに結果的に「権力におべんちゃら(権力に加担)」を使ってることになるのではないか(基本的なサヨクの言説ですが、笑)、、、ってのは思います。でもね、この前提は国家にこれでもかというほど、叩きのめされている人がいることを知っているかどうかってことによりますけど。知りません、わかりません、と言われればそれで終わっちゃいます。
エントリーとしてはこうした属性ではなく、君が代そのものはどうだ、ってことですが、ここでは「象徴」ってのがテーマになったので敢えて、書いてみました。
毒多
2010/07/06 17:27
後半のアイルランドのラグビーの話ですが、美談のようですがラグビー好きのワタシとしては、そもなんでラグビーが「国家」の事情に巻き込まれなあかんねん、腹立つ。これだから「国家」ってやつは、、、と思ってしまいます。一体感が嫌いってわけじゃないんですよ。完全に犠牲になっているラグビーって部分にふたをして美談のように語られるってのが、ちょっとね、ラグビーを楽しむのにに国家の事情やら国旗や国歌で煩わされるのは筋ちがいもいいとこ、、、。喧嘩を売ってるわけじゃないんです。素直なとこなんです。ごめんね。気を悪くしないでね。あくまでオイラみたいな考えがマイノリティで、特殊なんだからね。


毒多
2010/07/06 17:27

えまのんさん
はじめまして、でしょうか? コメントありがとうございます。

そも「国家」に疑問をもっているワタシはそも「国旗、国歌」も否定的、ってのは論外なんでしょうね。さらには心にもない「敬意をはらてみせる」(敬意の払い方)ってのは失礼かなと考えたり、、、
とはいえ、現実には「公け」の場では「敬意を払ってみせる」ってのは丸くいくって部分はあるでしょうね。分かります。ということで息子の卒業式の国歌斉唱で着席はしないようにします。・・・たぶん。あ、ご教授いただいたプロトコール問題ってやつは、「国際的」マナーだから国内の主張はいいのかなぁ? 

それにしても問題はスポーツ観戦の応援スタンドが「公けの場」かどうか?ってのは考えますが、対戦相手に敬意をはらうって面では、公けかもしれないね。でね、スポーツ観戦のスタンドに「国旗、国歌」が登場して、そこに敬意を払うことで、相手チームに敬意を払っている、と規定されることは嫌ですね。なんで「国旗、国歌」なんかが出張ってくるの? ワタシのスポーツ観戦には何も関係ないのに、、ってね。好きな人や気にならない人はいいんですよ。でもせっかく「スポーツ観戦」を楽しもうとしてるのに、頭から嫌なものさらされるワタシはつまんない。「チーム旗」と「チーム歌」にすればいいのに。まあそれも属性ですが、、、
ということで、「国旗、国歌」強要されるスタンドへ観戦はいかないし、セレモニーがおわり、ゲームが始まるまでテレビもつけない、ってことになってしまいます。でも良いゲームを観たあとは相手チームに拍手をおくりますよ、テレビの前ですが、、、(笑)。



毒多
2010/07/06 17:27
続けようかと思いつつ…違う話でお茶濁す予定のsv400s_dracinです
 おおぉ〜ラグビー好きですか?よかった…何がいいのか、わかりませんが…私はラグビーが観戦するには、もっとも面白いと思ってます…サッカーと違って、ラグビーは授業以外では、したことがないですけど…(マイナーな話題で申し訳ないですが)瑞穂には、よく観戦に行ってました…学生の東西戦とか、トヨタの試合とか…お正月には、大学選手権の一つ下のクラスの地区対抗選手権とかにもいってました…今年は、花園にも行くつもりです…グランパスが長居や万博に来た時も行きます…
 で、アイルランドの話は実に微妙なので出しづらかったんですけど…というか、なんでサッカーと違って、ラグビーは統一なんだという疑問が昔からあって、やっぱり、アイルランドってラグビー母国を意味する「ホームネイション」の中でも、差別されてるんやろか とは思ってます…毒多さんのいうとおり、国は関係ないだろって正論ですが、やっぱり一体感には独特なものがあるので、引き合いに出してみました…では
sv400s_dracin
2010/07/06 17:51
わたくしはDoXさんのおっしゃる「讃美歌への逡巡」と毒多さんのおっしゃる「属性」に反応してしまいます。
なぜって、そう「ゴスペル」。
ゴスペルがちょっと宗教色強すぎるっていうならブルーズ。
ロッケンロールとかソウルの帰る場所。
キリスト教徒じゃないワタシ、黒人じゃないワタシがどれだけのリアリティをもって聞くことができるのか。どれだけ「わかる」ことができるのか。
わたくしは属性を超えて届く表現、属性を超えた一個人、そういうものに至上の価値を置いてきました。いや現に今でも置いてます。
でもたとえば最近読んだ、世界で一番美しい声を持つ歌手の一人、アーロン・ネヴィルのいるネヴィル・ブラザーズの自伝。
淡々と、しかし何度も何度も繰り返し語られる差別と犯罪とドラッグの歴史は、確かにあの美しくてかっこいい音楽と切り離せないものなのです。おれは今まで何を聴いてきたのだろう。
たぶんこういう問いかけの繰り返ししか、近づく道はないんでしょう。
なめぴょん
URL
2010/07/06 22:07
>例えば、こどもを殺された感情に共感をして、あの殺人犯を殺してしまえ

おっと。いきなり核心をついてこられましたね。その手の話は「強者」を語るに避けて通れない話ですよね。

私は、そうした共感もアリだと思っています。抑えがたいでしょう、その感情は。理でねじ伏せるのはダメだと思う。

共感したなら行動すればよい。加害者が憎いのなら殺せばよい。自分自身の手で。国家になど頼らずに。それがこそが「強者」。自分の感覚に全幅の信頼を置くならそうなるはずなんです。

でも、ほとんどは「強者」にはなれません。共感から死刑にせよ! と叫ぶだけ。こんなの「弱者」です。「理」に頼って自分の感覚に「正しい」という衣装を着せる。その衣装で強がっているだけ。酷いのになると「正しい衣装」に陶酔したりしてね。弱いだけじゃなくて卑劣です。

...いささか過激なコメントになってしまいました。ひとつの極論だと理解してくださいね。
愚樵
URL
2010/07/07 04:30
またまたまたまた失礼しますよー。
えーと、最初に言っておかなければいけなかった気がしますが自分は君が代も日の丸も好きな右翼です。特に日の丸は・・を連想させられて・・えふんえふん(以下自粛
だから、自分が歌うことに抵抗のない君が代でなく、賛美歌を引き合いに出して左翼の人の心情を想像してみました。

自分に君が代が憎いという感情はないんですが、「その感情を持ちうる背景を持った人たちの行動に対して、自分がどういう感情を抱くべきか」というのは多様な民族が住まう自由主義国歌日本を愛するマジョリティ日本民族の保守主義者としては、「自戒」を込めて「測っていいのか」と心に留めているつもりです。礼儀とか応援を表す行動も人や風習によってそれぞれだと思いますし、国歌が流れるときは厳粛に目を閉じて口をつぐむのだ、それが礼儀だという人がいたら、それを見て「口を大きくあけて国歌を歌わないとはけしからん」といった感情を持つことは「驕り」ではないのかなーと。

自分も昔はスポーツの応援にしていながら、おんぶバッタの如く重なっているバカップルにムカついていたクチですが、最近では「想像力」を働かせて、「あれは英霊の生まれ変わりで、前世で謳歌できなかった性を満たそうとしているのに違いない、南無阿弥陀仏」と寛容になれました。一生懸命歌うにせよ無視するにせよ、そうしない人の行動が気になってしまう皆様方もレッツトライ。(それは想像じゃなくて妄想)
DoX
2010/07/07 08:21
イタリアのムッソリーニには逆さ 磔で、ドイツのヒットラーの死体は跡形無く焼き払われたのに、
何が悲しゅうて日本だけ『千代に八千代に』とうたわにゃならん。
これじゃあ問答無用で負け戦に動員され大元帥ヒロヒトに殺された350万人の日本人の尊厳は何処にあるというのか。
日本中が焼け野原になり8000万人が家も着るものとて無く飢えているのに一つも責任をとらないヒロヒトの死に様を見届けてからで、無いと死んでもしに切れん。
と大分昔に死んだ父親が何時も激高しながら言ってていたのを一連コメントを読みながら思い出しました。
飢えに苦しみながら文字どうり死ぬほど天皇の名前で殴り殺されそうになったら誰で『君が代』など歌う気にはなりませんよ。
左翼の君が代嫌いは当たり前なのですが、外国では上海万博で日の丸を掲揚するかどうかの議論が出ている。
70年前に上海事変で日の丸を押し立てた日本軍が大量の中国人を殺しているのですよ。
だから日の丸に対する怒り(恐れ)は今でも中国人の間には消えていないが、日本とは正反対で不思議な事に『君が代』に対する嫌悪感は少ないのです。
護憲左派が今でも日の丸ではなく『君が代』に抵抗しているのとは大分事情が違うようです。
これは実は当たり前の話で日本兵が日の丸を掲げて悪逆非道な行為をおこなった例は数知れないが、『君が代』を歌いながら捕虜の中国人の首を切り落としたなんて話は一つも無いからですね。
どんな国粋主義者であれ心が萎える『君が代』を歌いながら日本刀は振り下ろせない。
水木しげるの自伝的作品『総員玉砕背よ』で死地に向かって行軍する兵士が歌うのは『君が代』ではなく『私は♪何でこのような♪ 辛い務めをせにゃならぬ♪ 』と女郎の歌を兵士みんなで歌いながらジャングルを進むのです。
逝き世の面影
URL
2010/07/07 10:10
寺田創一の『Kimigayo』というハウスミュージックが面白くてですね。
全ヴァージョン・ノンヴォーカルなんだけど、玉音放送や昭和天皇の「あ、そう」等がサンプリングされていて、原曲のダウナーさにキッチュな味わいが加味されてます。
で、このCDに貼ってあるステッカーの文言が「取扱注意」。
この「取扱注意」てのが、国旗・国歌の煩わしさですね。

ゲンズブールがレゲエにアレンジした「ラ・マルセイエーズ」をライヴで歌おうとしたら右翼が激怒し、演奏中に空挺部隊が会場に降下するという噂が流れて、ゲンズブールは小便ちびりそうなくらい震え上がったそうですよ。
黒い時計の旅
2010/07/07 12:40
誰が定めなくてもシンボルというものは生まれて来てしまうもので、人間の脳の機能ですからいいんです。

「前科」を問うなら、例えばBMWやベンツのマークだって飛行機(軍用機)のプロペラがモチーフでしょ。

厄介なのは国家のシンボルが単なる実利的・便宜的な役割を超えて「サブライム」なものと位置付けられがちなことです。
国家が卑俗なものでなく、神聖なものであるという錯誤から導かれる概念なんでしょうが。

サヨクが日の丸・君が代を嫌うのも、それらを神聖視する視点から逃れ切っていないからではという気もします。

単なる便所紙程度のものと認識していれば、「歌え」「あーハイハイ」で済みそうなものですよね。
黒い時計の旅
2010/07/07 13:02



sv400s_dancinさん
>続けようかと思いつつ
と書かれているのでちょっとだけ。ラグビーにはdeepな思い出があって(厳しさに耐え切れず部活をやめたってだけなんですけど・・・笑)、語ると長くなります。

実は、「本体」「属性」などと簡単にわけてしまいましたが、、微妙なとこもありそうですね。




なめぴょんさん、おひさ。
ということで、
>差別と犯罪とドラッグの歴史は、確かにあの美しくてかっこいい音楽と切り離せないもの
これがあるんですよね。「属性」が属性にとどまらず主体のベースになっていることがある。その歌から醸しだされる魂は背景なしでは感じられないってやつですね。
これは「主体」と「属性」ってことを書きながら引っかかっていました。
でもやっぱり、それと同じようにスポーツ(主体)に国家(属性)にはならず、多々いる「日本のために頑張りました」というスポーツ選手を観るたびにガッカリさせられています。

「属性によって醸しだされた本体」ってのと、「本体にあとから付けられた属性」って分け方はありかな? 君が代の場合は、君が代という歌がもともとあって、その歌を象徴として苦痛があるという属性だから後者って区分け。




毒多
2010/07/07 17:36



愚樵さん
どうも、そっかぁ〜と立ち止まってしまいます。肌感覚でえた共感(殺人犯を殺せ)が、肌感覚で肯定しきれない。どうしても理で考察してしまうとこに、情主体の在り方の困難さがありそうです。
いずれにしても、いずれじっくりということで。





DoXチン
>自分が歌うことに抵抗のない君が代でなく、賛美歌を引き合いに出して左翼の人の心情を想像してみました。
こういう検証のしかたは有りですね。
ということで、ワタシも君が代日の丸が好きな人に喧嘩を売るつもりはないんですよ。でもさ、国家はワタシに喧嘩を売ってくるからさ・・・グスン。

うーん、おんぶバッタはウフフ。
それはきっとおんぶが主体で、スポーツのほうが属性っ!! だからしかたないんじゃね(笑)。



毒多
2010/07/07 17:37




逝きし世の面影さん
興味深い話をありがとうございます。
>大分昔に死んだ父親が何時も激高しながら言ってていた
「君が代」本体からしたら「属性」かもしれませんが、こうしたリアルで具体的な話(属性)を聞くとやはり素直に「君が代」を歌うことが阻まれますね。
歌とちがって旗ってのは、ただの柄の入った布って以上に「象徴」ですから「属性」ではなく「主体」そのものを指しているのかもしれません。
しかも布っていうお手軽さゆえに、意思表示の対象にしやすい。
振るだの、破るだの、燃やすだの・・・
ただの布なのに、燃やされて怒りだすとこをみると、旗(国旗)は本体(国家)そのものという共通理解があるのでしょう。
ああ、やっぱスポーツで国旗振るのもウゲウゲウゲです。

水木しげるの本おもしろそうですね。読んでみようかな。





黒い時計の旅さん、お久しぶりです。
>寺田創一の『Kimigayo』
こういうサブカル系の香がするものには、とっても惹かれるのですが、ググッてもでてこないなぁ。
上のほうの遠近両用さんへのレスで、ワタシは音楽センス抜群です、、なんて書いてしまった手前、「君が代」をブルースで歌ってyoutubeにupしようかなと思ったんですが、事務所に空挺部隊が降ってきたら敵わんのでやめときます。

>サヨクが日の丸・君が代を嫌うのも、それらを神聖視する視点から逃れ切っていない

うん、この意識の仕方はそうとう「気にしてますね」。嫌い嫌いも好きのうち、って言われるかもしれません。ほんと、あーそれそれ、で流しときゃいいんだとは思うんですが。・・・・まぁ、それだ国家ってのは認めざるえない存在ってことでしょうかね。




毒多
2010/07/07 17:37

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「君が代とか、W杯とか」…嫌いな理由は? 毒多の戯れ言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる