毒多の戯れ言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「基地移転反対の理由」…基地だからの反対理由

<<   作成日時 : 2010/04/19 16:20   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 6 / コメント 7

 徳之島で米軍基地移設反対の大集会が行われた。
 ワタシはこの反対運動は当然だっと思っている。徳之島どころか全国どこに移転の話が振られても反対運動で突き上げられて、かと言って普天間に戻るわけにもいかず、ついには行き場のなくなった嫌われ者(基地)は宙に浮き、、、あ、そうだ、文字通り宙に浮くという方法が残されているんだけど、これはこれで日照権の問題とか、落下物の問題とかでやっぱり反対運動が起きるに違いない。
 日本全国から突き上げられた基地は宙に浮くこともできず、撤廃って筋書きでロクンロール、ィエィ。
 だいたい今回のけんもほろろの訪米伝書鳩をみても、米にとって日本は名実ともにどうでもいい国になってきてるわけで、今、米がラブコールを送っているのが中国。進展して米中同盟が結ばれれば日本側にとっての米軍基地の「机上の」(日本を守るって)存在理由さえなくなるわけだ。アメリカがイラクやアフガンを侵略するための最前線基地とかその訓練のための存在って表だった存在理由はないわけだし、この辺が決心のしどころだね。鳩も優柔不断なんて言われっぱなしになってるんじゃなくて、5月末までにバチっと言ってやりゃいいだよ。基地はイラネーから持って帰れよ、ベイバイキーン(米黴菌)ってさ。

 
 しかしなぁ、この徳之島の反対運動の記事を眺めていて、人それぞれ切実に感じていることが違うんだよなぁ、と感じている。
 新聞記事に書かれた理由を抜粋列挙してみる。

 「長寿、子宝、癒やしの島に米軍基地はいらない」
 「米軍基地の移設で島の自然がなくなるのはいや、と友達ともよく話し合う」
 「子どもがのびのび育つ島に基地はいらない」
 「基地は決して造らせてはなりません。わたしたちの徳之島の未来を壊さないでください」
 「農業立島のため、毎日土と汗にまみれて頑張っている。命の源の農地に基地はいらない。大事な牛にヘリの騒音は必要ない」
 「未来の子、孫を守るためにも基地はいらない」
 「私は島を一時期離れたが、豊かな自然が恋しくて戻ってきた。自分と同じ思いで帰ってきたいと思っている後輩には米軍基地のある島を残したくない」
 「人情豊かなシマンチュの心を大事にし、かけがえのない自然を守ろう」

 ちょっと考えているんだけど、例えば「理由が自然保護」だった人は、自然保護が100%保障されれば基地を引き受けてもいいこになるのかなぁ? もしくは都市部なんかの既に自然が破壊されている場所であれば、基地が移設してもいいってこと? 治安が心配な人は治安が100%守られるなら、騒音が嫌な人は騒音が100%カットされるなら、子どもがのびのび育つことを100%補償されるなら、基地を引き受けてもいい、ってことになるのかなぁ? もちろん100%保証されることはなく、オキナワから見える通り間違いなく悪い影響を与える基地はいらない、ってことになるのだろうけど、その理由は「基地」だからかぁ?ってのを考えてしまう。三里塚・・・といってもマンガ(「ぼくの村の話」を久し振りに読み直した)でしか知らないんだけど空港反対の登場人物はやっぱり上と同じような理由を語っていたな。・・・思えば日本はずっとこうしたものの犠牲のうえで開拓が進められてきたんだよな。自然を壊して便利な生活を得るために、治安は悪くなるけど?便利な生活のために、喧騒に悩まされるけれど便利な生活のために、子どもがのびのびとは育たないけど便利な生活を、、あるいは金のため、産業振興のため、、、なんてね。
 なんとなく上の列挙した反対理由をみていると、徳之島が便利な都市になるための開発でも同じ理由で反対する気がしているのだけど、どうかな? とするとこの反対理由は「基地」だから、、じゃないよね。「基地」も「便利な生活(都市化)」も失われるもの(奪われるもの)は同じで、同じ理由で反対される。
 でも「基地」と「便利な生活(都市化)」は違うレイヤーで考えられなければいけないと思っている。それぞれに問題があり、反対する理由が表面的には同じだったとしても、ワタシは「基地」は「基地」としての「便利な生活(都市化)」とは違う絶対に許されないというレイヤーでの反対理由を考えることが必要だと思っている。それは、
 
 「米軍基地は、美しい自然と島人の『結いの心』を消し去る。徳之島の移転は軍縮という世界平和の流れに逆行するものだ」

 こちらの理由に近いかもしれない。
 いつだったか沖縄の声も聞いた。自分の住む町から戦闘機が飛び立ちイラクでアフガンで人を、子どもを殺して戻ってくる。その人殺しに加担している。それが耐えられない。
 自分の住む町から、、、、自分の住む国から、人を殺すために戦闘機が飛び立つ。
 「われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免がれ、平和のうちに生存する」崇高な理想と目的を達することを誓った国民として、米軍基地は要らないという理由は是非言いたいとこだな。

 と、言いながら上の反対理由を再度見直すと、
 癒しの島、子どもがのびのび、命の源の農地、子孫を守るため、人情豊かな、、、、あれれ、そこはかとなく根底で崇高な理想と繋がっているような気もしなくも・・・?
 
 結局は自分たちの生活を真に大切にすることが「崇高な理想」に結びつくのかもしれないな。
 



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
名北福祉会9条の会 講演会
2010年4月25日(日) 午前10時00分(9時30分開場) 北区医療生協 わかばの里 4階ホール 名古屋市北区城東町5-114 (地下鉄名城線志賀本通駅) 講師 小林 武氏 あいち9条の会代表 愛知大学法科大学院教授 5 月に国民投票法が施行され、7 月には参議院選挙も行われま.. ...続きを見る
名北福祉会9条の会
2010/04/19 17:09
鳩山政権は「日本」政府ですよ!
 徳之島に米軍基地が移転してくる案に反対する集会が開かれ、1万5千人が集まったという。 地元の了解困難、広がる悲観論=首相窮地に−普天間移設 ...続きを見る
ちょっと一言
2010/04/19 17:14
オマエならできる!20,000%出来る!!!
「政府から正式に話があれば」とか ...続きを見る
迎春閣之風波
2010/04/19 18:38
越後の春は寒し・・・
今日の新潟市はまあまあの天気でしたが、桜も満開というのに肌寒い一日でした・・・ ...続きを見る
えちごっぺのヘタレ日記
2010/04/20 23:22
ヒア・アンド・ゼア■米軍基地なんかいらな...
普天間飛行場の移設先の候補があがる度に反対の声があがり、「鳩山政権窮地」とか「鳩山迷走」とは言われる。では、鳩山政権は本当に窮地に陥って、鳩山首相は迷走しているのであろ... ...続きを見る
映画と出会う・世界が変わる
2010/04/21 08:50
基地の無い場所に住む ヒキョーもん(卑怯者)は、
こう祈ってる。海外移転に決まりますように。 結局、利己的に、なる。ちろ自身は、沖縄から現居住地に基地が来ても反対はしない。今まで沖縄が我慢して来た事を、今度は自分が我慢する番だ。って、素直に思ってるから。けど、現居住地、群馬は・・・そういったこと、出来るとは・・・思えない・・・。歴代首相を輩出して、ニホンにメイワク掛け続けてきたんだから、そんくらいのツミホロボシ、したっていいだろうが・・・(怒)! ...続きを見る
ちろの はねっかえりブログ
2010/04/26 19:24

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
まあ、「日本のゼネコンに仕事がいって、
アメリカのワーキングプアの就職先が確保できたら、
人殺しに参加させんでもいいから、新基地つくって・・」

ってな、「基地建設論」 もあるかもしれないですよ。

(べつに沖縄の海兵隊がなくたって、弱小国イジメはできる…はず。)
 
×第二迷信
2010/04/19 20:48
×第二迷信さん、おはようございます。
そういう「基地建設論」は以前よりありますね、特に軍産系で。そういう論に乗せられるのもくだらないのですが、何よりも「出来たもの」は使うでしょ。基地の場合は人殺しのために使われる。そこに加担しないことと、「真に」生活を護るといことが繋がっているのだろう、、ということで。(産業、ワープア問題を基地と結びつけることは「真」とはならない)
毒多
2010/04/20 08:20
沖縄や原発の問題を見ると「自然保護」と「平和・人権問題」を分離できると思っている人の方が脳内お花畑に見えますね・・・。人が幸せに暮らそうと思えば豊かな自然と人間らしい暮らしが必要というのは当然のこと。これらは密接に関係しています。この「自然保護(or環境保全)=いわゆるエコ」にハマっている人には「私はエコをやってるんだから平和運動なんか関係ないです」って人が多いです。私にはこれは都会の産物に見えます。すでに人間らしさを失っているから頭デッカチのエコ活動のみにハマれるんじゃないかと思っています。最もストラテジーとして科学者は科学的方法、法律家は法律に基づく方法に徹し、より説得力のある方法を確立するというのはありだと思います。私もその一人(科学者)であるわけではありますが、平和や人権について忘れたことはありません。
さめ
2010/04/28 00:55
そしてこれは都会ならどうなっても良いという意味でもないのです。都会の片隅でミツバチを育てたり、木を植えたりする活動も十分に評価できると思います。しかしながら優先順位として「昔からある自然を壊さないことが日本国民として一番大事ですよね。」という認識を多くの人に持ってもらいたいのです。そうすれば沖縄までてフェイク沖縄(人工リゾート)なんかで満足する人も少なくなる・・・・・ことを祈っていますがうまくいきません。時間が必要です。
さめ
2010/04/28 01:00
さめさん、おはよ
なんだか政府はまだ徳之島だとか、辺野古桟橋だとか言ってるようでトホホですね。撤廃がベストの選択なのに。

>エコに嵌っている人
に厳しいね(笑)。エコを売り物にした商売とマスコミに嵌められているのかもね。都会に多いってはそうかもしれない。消費したおしてエコもないもんだ。
ただ、こういう人々が「敵」なのかってのは、難しいとこだな。「自然保護と平和人権問題」の関係とかもちゃんと解るようにお話すると、意外と簡単に納得されたりしちゃったりして……。根が単純そうだからさ。
それとも、キング牧師のいうように、「一番厄介なのは自然保護を理解しているつもりでいるエコ人かもしれません」ってなこともあるのかな?

毒多
2010/04/29 08:26
「もっとも悲劇的であるのは、悪人たちの辛辣な言葉や暴力ではなく、善人たちの恐ろしいまでの沈黙と無関心である」(マーティン・ルーサー・キング・ジュニア) という言葉もあるし。エコ活動にはまった善人のリアルの問題に対する無関心さはおそろしいものがあります。。。エコに関心あるならちょっとは近い?ということもなく、却って遠いように思います。何も知らない人に対する方が話しやすいかな。
さめ
2010/05/01 03:35

昔まだ市民運動にいたころ「無知は差別に加担している」と、年齢がいったものが無知であることも攻撃していましたが、さすがに今はそこまで言いません。やはり解っていると勘違いしてことに気づかない人にも、地道にこつこつと接することが大切なんじゃないか、と思っています。ってめちゃ上から目線だな(笑)

毒多
2010/05/01 09:11

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「基地移転反対の理由」…基地だからの反対理由 毒多の戯れ言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる