毒多の戯れ言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「オバマの似非スピーチ」…これは情念だ、文句あっか!!

<<   作成日時 : 2009/12/11 16:45   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 4 / コメント 11

おい、こら、オバマ!!

何が、ノーベル平和賞ってんだい。

なにが受賞スピーチってんだ。

おめぇよ、偉そうに、武器のない世界だ、キングだ、ガンジーだ、

偉そうにぬかすわりには、

基地一つの撤廃もできんのか、わ、っれぇ〜!

いってる事とやってることが、180度ちゃうやんけ

オノレこそ「思想が上滑り」なんだよ。

「情念のかけら」も見えやしねぇ。

オノレは、口先だけか、こらっ!!

なんだと、ごら、違うちゅうんだったら、

とりあえず基地の4っつや5つ閉鎖してみろってんだ。

世界には「悪」があるだと、まずオノレのなかの「悪」を自覚しろってんだ。

それに鳩山と岡田!!

偉そうなこと抜かすオバマにツッコミいれたらんかい!!

今がチャンスやないかい。

単純なことや。偉そうに言った事は実行しろ、ゆうたらええやんけ。

日本には米軍基地などいらへんでぇ〜!! ゆうたれや。

オバマもあんだけ偉そうに言うてたさかい、ひかれへんやろ。

ツッコンで、突っ込んで突っ込み倒さんかいぃ、われ〜!!

ああ、むかつく。

ほんま、むかつく。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
なぜ赦してしまえるのか
明日12月12日の土曜日、午後11:10から、NHK−BS1・世界のドキュメンタリーで 『&ldquo;償い&rdquo;と&ldquo;赦し&rdquo;の家造り 〜ルワンダ・&... ...続きを見る
愚樵空論
2009/12/11 20:40
社会保障政策の本質
貨幣に支配される奴隷 のつづきです。 ...続きを見る
晴耕雨読
2009/12/17 16:03
「岩国に吹いた風」−岩国の経験を通して名護市民に伝えたいこと
「岩国に吹いた風」−岩国の経験を通して名護市民に伝えたいこと ...続きを見る
JCJ神奈川支部ブログ
2010/01/06 23:41
亀井咆哮! 亀井炸裂! 
やー、面白いですね。 ひとのことはいいんだよさん  がチェックしておいてくれた記事 。 そこで取り上げられているのは亀井静香大臣の記者会見内容 。 ...続きを見る
みんななかよく
2010/01/08 13:07

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
http://eunheui.cocolog-nifty.com/blog/2009/12/post-8eab.html

そこでそれ、オバマに「ツイ言ったー」ですよ。
kuroneko
2009/12/12 01:15
おはようございます!

オバマは「アフガン戦争」は正しい戦争?(そんなニュアンス)と言ったそうですが、戦争に正しいとか正しくないとかあるんですかね?
私の貧弱な脳みそではよく分かりません・・・
えちごっぺ
2009/12/12 10:12
戦争を止める為に『必ずオバマ(アメリカ)は増派する』と言い続けてきたので、今回のオスロ演説は予定どうりですが、自分の悪い予想がこれ程予定どうりだと何とも複雑な心境です。
今回の演説に対して共和党や宗教右派(ペイリンなどの原理主義勢力)は大歓迎で、ワシントンポストやニューヨークタイムズなどは批判的で、何ともアメリカ的な風景です。
アメリカでは(多分他の国でも)戦争が日本のように自動的に悪とは思われていない。
オバマの強調していた良い戦争と悪い戦争の根本的な違いですが、何か観念的な道徳的な基準を日本人では考え勝ちですが事実は全く違う。
話はもっとシビアで実は、『良い戦争』とは『勝った戦争』の事で、『悪い戦争』とはその反対の『負けた戦争』『勝てなっかた戦争』の事なのです。
アメリカ史上最も不人気な大統領はトルーマンですが彼は初めてアメリカが勝てなかった朝鮮戦争を戦時大統領として指揮していた。
二番目が辞職したニクソンですが、彼は10年以上続いていたベトナム戦争を終わらしたが、ウオーターゲートは口実でベトナム戦争の敗戦責任を執らされたのですよ。
議会で嘘を言った政治家はニクソンが初めてではないが、初めてアメリカ軍の敗北を認めた政治家がニクソンです。
ベトナム撤兵のためにニクソンは常識とは逆に北爆の強化とか米軍増派で『ベトナム戦争に勝ったことにする』戦術でアメリカ史上初めての敗戦を誤魔化した。あのアポロ11号の不思議な映像もこの偽装工作の中で出てきます。
アメリカでは『負けたから』とか『勝てないから』の理由で撤兵する事は出来ないのです。
オバマも歴代大統領の教訓どうり戦争を激化させて『勝ったので戦争を止める』話にする心算なのでしょうが、はた迷惑な本当に困った人達です。
逝きし世の面影
URL
2009/12/12 14:07
軍需産業あってこその大アメリカ帝国ですから、
世界中、どこかで安定的に戦争が起こってないと困る。
 なければ作る…。

学術用のロケットエンジンはそうそう飛ばせないから予算は削っても、
軍事用のロケットエンジンは、一日に何十機も使い捨てするから、儲けは大きい。

ってもんでしょうな。
×第二迷信
2009/12/12 19:25
kuronekoさん

>ツイッター

この制度(商品?)をよく知らないので、また勉強しなくちゃいけないな。
ネットの世界に取り残され気味です。
dr.stonefly
2009/12/14 10:25

えちごっぺさん
実をいいますと、オバマのスピーチの全貌を聴かずに、一部だけを流したニュースに過剰反応して勢いでupしてしまいました。爆!!
その後、もうちょっと詳しいバージョンのスピーチを聞き、正しい戦争のくだりを聞きました。さらに腹が立ったのですが、自嘲しました。

>正しい戦争

オバマの頭のなかの戦争の正しさは見えません。
ただ、非常に深い問題かもしれないのが、本当の意味での「自衛」のための闘いです。大国のエゴによって理不尽にも攻められ小国の闘い、、、権力、大会社のエゴによって理不尽にも攻められた労働者の闘い、、、それでも非暴力と言いたいのだけど、、、ね。
dr.stonefly
2009/12/14 10:25

逝きし世の面影さん

いつもいつもご教授ありがとうございます。
ワタシにとってオバマのスピーチは、「開き直り」とも感じられますが、ありゃ「開き直り」でもなんでもなく、マジなんでしょうね。この根本的な感覚がヤバイ。
オノレを善だと思っている、っていうか、信じて疑わない。
さすが「良い戦争=勝った戦争」のアメリカのトップといったとこでしょうか。ほんとはた迷惑です。っていうか、戦争の根源をつくっているのは「はた迷惑」どこの騒ぎじゃないですね。

でも、アポロの真偽は興味がないのでここでは堪忍し下さいね(笑)。

dr.stonefly
2009/12/14 10:26

×第二迷信さん

>軍需産業あってこその大アメリカ帝国

ずっと言われているんですが、実際、真理にそって戦争をなくし軍需産業がまったくいらなくなったら、世界の経済はどうなるんでしょうね。一旦破滅するのだろうか??? 
それで街には失業者があふれる、ということになったら、人間ってのは本当におかしな社会・経済を作り上げ、その上で生活しているんだ、と言わざる得ません。そうした自覚を持たなければならないでしょう。

それにしても実際にはどうなんでしょうねぇ?
この前、講演で、9条をもつ日本以外の世界の技術系工業系産業の多くが軍需産業に関係していると言ってましたが……。

dr.stonefly
2009/12/14 10:26
dr.stoneflyさん、『軍需産業がまったくいらなくなったら』
別にそれ程の変化は無いと思いますよ。実際問題徴兵制のあったベトナム戦争当時の昔のアメリカ軍は300万人近い巨大兵力だったが志願制の現在は140万人台で半減している。
特に冷戦終結後には第三次世界大戦用の戦略原潜は今では無用の長物でほとんど作られなくなった。
アメリカの軍産複合体とは、日本の大型箱物造りの無駄に大きい公共事業と同じ性格のもので、
もともと資本主義とは生産力が膨大であるが、(民主主義が名目だけで、市民が本当の実権を握っていないので)消費がそれに追いつかず決定的に需要と供給とのバランスが崩れてその結果、定期的に恐慌が起こる仕組み(弱点)があり、必ず起こる需給バランスの齟齬から起こる景気後退(恐慌)の解決方法なのです。
ケインズ学説の意味も無く道路に穴を掘って、穴を埋めても、それで金が回れば十分意味がある。

それにしても今度のオスロ演説ですが、読めば読むほど、その内容がただただ恐ろしい。
オバマはヒットラーを引き合いに出して60年間のアメリカの軍事行動の正当性を主張しているのですが、この論理の立て方ファシズムであり正しくムッソリーニ演説そっくりですよ。
今年始めに元外務省分析官の佐藤優が『オバマは1920年代のムッソリーニに似ている』
『オバマ大統領の下で、米国は巨大なファッショ国家に変貌する』危険性を指摘する物騒な発言をしていますが、今回のオバマ演説を読んでみると、殆んど具体的な事を何も言わずに国家、国民の団結を主張している部分は、確かに似ています。
大統領選挙時、興奮する観衆(支持者)に向かって片手(左利きなので左手)を高々と掲げて見せる仕草も、何となく似ている。
絶大な国民の支持で当選したムッソリーニとオバマ氏の演説を比べてみると、ほとんどそっくりなのですよ。
逝きし世の面影
URL
2009/12/14 14:50
>真理にそって戦争をなくし軍需産業がまったくいらなくなったら

そんなことにならないように、マッチを持ってポンプを求めてるんでしょう。

本当に軍事費が要らなくなれば、科学のために使うロケットエンジンひとつの開発をケチる必要はない。
ワーキングプアの兵士みたいなことで「雇用」確保する必要もないはずですが、

それでは「儲け」に繋がらない。

金日成みたいな独裁者の国はともかく、
いまの時代、「トップ」は傀儡で、動かしているのは「傀儡師」。

×第二迷信
2009/12/14 22:31
>軍需産業がまったくいらなくなったら

最近きいた講演の内容が残っていたものですから、ふと考えてしまいました。もちろん仮に軍需産業が経済全体の根幹となっていたとしても、ワタシは否定します。以前のnaokoさんのコメントと重ねて考える部分だと思いますが、どう考えても軍需・基地・戦争をベースとしなければ生活できないという経済体制は脱却しなければならないでしょう。
ここの強い決意をもたなくては、マッチポンプを批判できない。

オバマの演説読みました。長いうえにクドい。言い訳オンパレードですか? ムッソリーニの演説は知りませんが、なんだかネット上でよくみかけるウヨ系コメントを読んでいるようでイライラしました。「自衛のための戦争」がきいて呆れます。

dr.stonefly
2009/12/15 10:01

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「オバマの似非スピーチ」…これは情念だ、文句あっか!! 毒多の戯れ言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる