毒多の戯れ言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「コルテオ(流行のサーカス)」…この空虚感は何だ?

<<   作成日時 : 2009/06/29 18:17   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 8

コルテオ・ドゥ・ソレイユ……
いま流行のサーカス
計算されつくされた演出
鍛え抜かれた肉体
これでもか、というほどのパフォーマンス
人間離れした技、人間離れした舞。
神技。神の舞?
凄いかよ?
驚きか?
賞賛すべきか?
小人が、巨人が、ピエロが、天使が……
中空を歩く・・・
中空を跳ぶ
夢か? 
現実か?
スリルか?

ふぅ、拍手できないよ、、、
哀しくなるばかりだ、、、

なんだこの空疎感は?
やめてく。
もう、やめてくれよ。
何をしてるんだ?
哀しいんだ。
華やかに繰り広げられるほど、
より優雅に演じられるほど、
人間離れした技であればあるほど、
空しく哀しくなる。

何をしたい?
何を訴えたい?
人間の限界かい?
無限の可能性かい?
生命力かい?
感動かい?

そんなことしなくても
今、ここにいること
そこに不思議を感じないか?
存在の不思議!!
生きていることを神秘と思わないか?
なぜ、そんなことをしなければ感動できないんだ?
なぜ存在の不思議を追求できない。
生命の不思議
いまここにいる不思議

それを忘れ、目の前に広がるショーに感動できるものか
どれだけ演じても存在の不思議に勝てない。
いや完璧に演じれば、演じる程、哀しくなる。
ただ、空しくなる。
何をやってのさ、一体。
限界に挑戦?
だから、それで何?
泣きたいほど空しい。
神に近づくことなの?
神に近づかなくても、人間は人間であることを追求できるさ。
派手に舞わなくても今ここに居ることを思索できるさ。

コルテオ、流行のサーカス。
人間の技の空虚さを確認するための表現なら、
最高のパフォーマンス。






2週間ほどまえにツレアイに連れられて「コルテオ」という流行のサーカスを見てきました。満員の感動の拍手に囲まれて、ただただ哀しく、空しかった……、、、そのメモ。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
いつごろか忘れたけど、嫁さんがこの”コルテオ”のチケットの斡旋案内をもらってきて、「流行ってるらしいよ〜面白いらしいよ〜」と子どもと私を誘っていましたが、誰も興味を示さなかったので、結局行くことにはなりませんでした。

わかんないけど、もし見に行ったら、私もdr.stoneflyさんと同じように感じたかもしれない気がしました。
すぺーすのいど
2009/06/30 21:45
こんばんは!

すみません、コルテオ・ドゥ・ソレイユってどういうものかよく分からんです。
サーカスっぽい、演劇ですか?(逆か?)
文化的なものに縁がなく、お恥ずかしい次第でなんとも言えませんが、根っからの天邪鬼なんで世間で評判が高いものは疑っちゃうんですよね〜。
その意味で観てみたいです(笑)
えちごっぺ
2009/06/30 22:29
すぺーすのいどさん
民主的な嫁さんですねぇ(笑)。うちの場合は、話されたときは決定で次の瞬間チケットが買ってありました。
でね、実際は9割9分の人は楽しかったんじゃないかなぁ。エンディングではスタンディングオベーションとかおきてたし。
ワタシも最初は面白がっていたんですよ。
だけどね、だんだん、こう、なんだろう。とっても空しくなってね。
本文にも書いたけど、「それが狙い」だったら、凄いショーです。
dr.stonefly
2009/07/01 08:05
えちごっぺさん、おはようございます。
コレデオでググってみると、ちょっとっだけ雰囲気は解るかもしれません。感想としては演劇の要素をいれたサーカスかな。
あれは「文化的」ってのとちょっと違うかもしれないなぁ。エンターテーメントっていうのかな?

サーカスってのは、もともと何だったのだろう? ってのを調べると「空しさ」の正体が解るかもしれないなぁ、と、今、思いました。

dr.stonefly
2009/07/01 08:10
空虚感...予定調和された世界
かりそめ?うたかた?

昔読んだ光瀬龍さんの「百億の昼と千億の夜」を思い出しました。なんだか気が遠くなってきて...そして僕は真理を!!、な訳ないですが(笑)

まんがですが、萩尾望都さんの「スターレッド」もそんな感じですかね。まんがついでに、初期の「アタゴオル物語」や「ねこじる」にもサーカス団の話しがあり、虚無の世界、独特な調和に包まれていて、なんともいえないジットリとしたやるせなさに息を飲んでいました。

実はそのサーカスは知らないのですが、dr.さんの話しを聞いて、なんだかそんな感覚を思い出したのです。
夢うつつな...。
おしだき
2009/07/01 11:18

おしだきさん
ご紹介の本やマンガは未読なので、そこで描かれる空虚感と同質かどうかはわかりませんが、最初は、腹が立ってきて、じきに空しくなったって感じです。
心地よい夢うつつだったりいいんですが、やっぱり、哀しい虚無感だったなぁ。
もう観に行かないです。

dr.stonefly
2009/07/01 15:31
エヘ^^私はpierrot_789 でもエキサイトIDを取っています。

なんだか知らないがピエロって好きなんだなあ〜。
人を笑わせるのが役割なのか、笑われるのが好きなのか。
でもいろんなピエロの中には泣いているような目をしたものも多い。

ピエロの顔を見ているだけでいろんな想いが湧き出てきて・・・
その所為かあんまり小説などは読まない。

ん?何が言いたかったのか忘れてしまった。

また来ます。では〜〜〜^^
ニケ
2009/07/01 21:35

ニケさん
ピエロね。最近ではクラウンって言うらしいけど、やっぱピエロとう語感のほうがピンとくるね。日本語では道化師。これだとさらにワタシ向きだ。このブログはピエロみたいなもんです。笑われてなんぼ。バカなオイラを笑ってください。って感じかな。

それにしても

> ん?何が言いたかったのか忘れてしまった。

って、・・・・・(笑)

dr.stonefly
2009/07/02 11:23

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「コルテオ(流行のサーカス)」…この空虚感は何だ? 毒多の戯れ言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる