毒多の戯れ言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「幸福の科学の新党」…3大連立カルトに牛耳られる日

<<   作成日時 : 2009/05/27 17:25   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 3 / コメント 19

 「幸福の科学」という宗教法人がある。
 ワタシはこの「幸福の科学」という宗教の教義や教典を知らないが、このネーミングが非常に眉唾に感じている。宗教というからには「幸福」になろうとしているのだろうが、観念的な幸福を科学によって得ようとしている感じが怪しすぎる。これはみんなが大好きな似非科学である。似非科学を表題とする宗教はもちろん似非宗教だろう。ということでカルト宗教と断定する。というか、宗教の名を騙った大川詐欺商法ってのは周知。
 で、このカルト宗教が政治進出すると聞く。
 その名も「幸福実現党」だとさ。大笑い。
 ギャグではなくはなはだ真面目らしい。

ちなみに「幸福実現党」の綱領の冒頭は、以下らしい。 (飯大蔵さんのことから頂きました)

その反面、植民地憲法の下、宗教が社会的に排除され、唯物論や無神論が浸透する中、政治や教育、家庭において善悪の価値観や正義が失われ、いじめや自殺、犯罪等が増大しています。さらに、アジア情勢が緊迫する中、国防においては主権国家としての手足が縛られ、国民の生命・財産・安全が危機にさらされています。

 唯物論や無神論を否定する科学、、(笑)。……っていうか、ウヨそのままだ。しかも、どこか安倍「壺」っぽい。っていうかそのまま「壺」をトレースしている。

 「幸福の科学」は従来、自民党の票田だったらしい、というのは、自民の選対の誰かが、幸福の科学新党設立について、少なからず票が減ると喋っていた。一方の幸福の科学側は「マンガ首相を応援するのも限界」と言っていた。そ、それは正論なんだけどさ。カルトがいうなよ。
 自民党の議席が減るのはいいが、その分「幸福実現党」が議席をとれば、選挙後再編され、自民公明幸福連立与党が成立する可能性もある。
 おお、なんともカルト連立与党でないか、オカルトニポンの誕生だっっ、爆。
 
 え? 公明、幸福がカルト宗教ってのはわかるけど、自民のどこがカルト「宗教」かって? 安倍「壺」を忘れまい? 自民なんて勝共連合の巣窟である。
 統一協会、幸福の科学、創価学会、3大カルトに牛耳られる日は近い。

 http://www.asahi-net.or.jp/〜AM6K-KZHR/wgendai.htm
 ここに勝共連合推進議員名簿があります。懐かしいなぁ。

 ふーむ、なに何?

 町村、、そうだな、
 きたー、中川昭一。
 鈴木宗男もか、けけけけ。
 武部もか、ありなん。

 え、え、なんだって?
 あれれ、ええええ、でた〜

 鳩山由紀夫〜〜、爆!! 

 民主が自民にとって変わっても〜〜〜カルト支配がは、じ、ま、る、、、のかぁ、鬱。
 


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
宗教法人が政治団体を結成するって
 北朝鮮が核実験をしたとか韓国の元大統領が自殺したとかインフルエンザの流行が進展しているのか収まっているのか混沌としているなどニュースは沢山あるのだが、とりあえずパス。 ...続きを見る
飯大蔵の言いたい事
2009/05/27 21:40
裕次郎さん 二十三回忌「法要」 イベント?
 石原裕次郎の23回忌。なんと「国立競技場」を借り切って、「臨時本堂」まで作るとか。(2009/5/22デイリースポーツ) 【…当日は、同寺の本尊「釈迦如来像」を1日だけ借り受ける。また読経も、同寺の僧侶160人が駆け付け行う。国立でファンを集めての法要も... ...続きを見る
ストップ !! 「第二迷信」
2009/05/28 21:15
共和制なんてもんじゃなく、サヴォラローナだね、こりゃ
 幸福実現党の政策について、このコメント欄で教えてもらったのでサイトを見に行きました。 ...続きを見る
みんななかよく
2009/07/07 15:41

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(19件)

内 容 ニックネーム/日時
日本の最大勢力は「みんながやるから教」ですからねえ。
カルトをばかにしつつ、「目くそ鼻くそ」でたいしたレベルの違いはなかったり・・。
×第二迷信
2009/05/28 21:14
こんばんは

ギャグとして笑いたいところですが、ちょっとそうもいかないようです(泣)

スピリチュアル?だかなんだかをありがたがっている人達なんかちょっと危ない気がします・・・

>3大連立カルトに牛耳られる日
リアルすぎて・・・
困った事になりました。

えちごっぺ
2009/05/28 23:24

×第二迷信さん
「みんながやるから教」の教祖様はマスコミっていうか、テレビのバラエテェ番組ですね。こちとら、とりあえず疑え、って癖がついてしまいました。完璧にマイノリティです。これがいいものなのか、悪いのか……笑
dr.stonefly
2009/05/29 08:08

えちごっぺさん
うん、エントリーのプロットもギャグのつもりだったんですけど、、笑えませんね。このエントリー、なんとなく「ドン引き」されているような気がしています。
悠久の歴史のなかでは、政治がスピリチャアル?って時代もあったようですが、そこまで戻りますか(爆)

ああああ、マジ、ギャグにならない。
dr.stonefly
2009/05/29 08:12
幸福の科学が自民支持を強く打ち出したのは、安倍政権の時、中川幹事長が働きかけたことが大きいようです。
基本的に機関紙『リバティ』での論調は、自己責任意識の喚起・経済的成功の処方箋・9条改正論(自国防衛の自己責任論)・キリスト教、イスラムの一神教批判(仏教的立場から?)・中国脅威論などです。
さらに、書かれていないこととして、国内外の貧困への無理解・無関心が目立ちます。
富裕層のお坊ちゃま、おじょうちゃまをターゲットとしている面が強く、目指すところは『宗教のブランド化』ではないかと思います。
従来の宗教の視点であった、「下から目線」が皆無で、むしろ「上から目線」。「そうでなければ今の日本では‘売れない’」という総裁の判断(先見の明?)が、団体としての方向性を決定付けています。
要するに、‘世間に売れる宗教’を目指しているのです。事業としては、大変良い目の付け所だと思います。
だから、わたしはつねづね宗教団体から法人税を取らないのは間違っていると感じているのですね。
naoko
2009/05/30 05:42
naokoさん、お久しぶり、こんにちは。
>富裕層のお坊ちゃま、おじょうちゃまをターゲット
まさに「金」なんですよ。
貧乏人からは巻き上げる金がないけど、金持ちゆえに甘い、おボッちゃまおジョウちゃまを客とする「商売」は筋が通ってますね。
法人税云々もそうですが、そも詐欺商法で犯罪のような気もします。「道義上」と「法律違反」は違うのでしょうが、法律に違反してなければ何をやってもいい、という世界ではね……。
ましてや、そういう輩が国家を牛耳ることになればほんと終わりです。
dr.stonefly
2009/05/30 14:25
「宗教活動」への課税は、結局「思想統制」につながるので、良識ある人々は反対しなくちゃならないんですが、
「良識ある人々」と、「良識ある宗教人」のあいだに、カルトやら、霊感商法やら「みんなやるから教」やらが入ると、
権力者がわに都合がいい。

「友引」や「仏滅」を佛教用語だと思ってる「自称仏教徒」が、「葬式仏教」やら「ハゲタカ産業」に踊らされているうちは安泰だ…。

 ただ、貧乏人から、なけなしの金をまきあげるための「宗教法人」って、多いんですよ。
(生活保護をうけてる独居バアサンに「高校生新聞」なんか買わせるなよ…)

×第二迷信
2009/05/30 21:04
>鳩山由紀夫

うひゃ〜、そうだったんですね。まぁそりゃそうか、”鳩山家の出”ですもんね。
しかし日本はいよいよヤバイっすねぇ。このままだとルネサンス以前まで遡っちゃう???
ベースケ
URL
2009/05/31 21:35
「幸福の科学」を支持するにはまず“霊的な存在”を受け入れなければならない。
まずもって不可能です。
ロケットの夏
2009/05/31 22:22

×第二迷信さん
権力に都合のいい宗教は、もうその時点で似非宗教ですね。というか、金がかかる宗教は駄目です。宗教とはそんなもんじゃないでしょ、むしろ金のような現世的なものから解放されなければならない。
つまり、課税されるほど収支のある宗教は、宗教法人と認めるのをやめましょう(笑)
dr.stonefly
2009/06/01 15:37

ペースケさん
うひゃ〜、そうだったんですよ。ワタシも久しぶりに思い出しました。日本もいよいよヤバい、っていうか、既に今の総理が「水晶玉」を覗いて、ものいってるみたいな気もしますから、あまり変わらないかも……、なんて言ってるばやいじゃありませんね、爆!!
dr.stonefly
2009/06/01 15:40
ロケットの夏さん、お久しぶりです。
>“霊的な存在”を受け入れなければならない。
コメント欄の上のほうでもでましたが、スピリチャルな番組がやたら視聴率高いようですから、多くの日本国民には霊的な素地は十分あります。
dr.stonefly
2009/06/01 15:42
>課税されるほど収支のある宗教

牧師にしても、坊主にしても、「法人」のサラリーマンですから、課税されています。
「宗教活動」と「事業活動」は別で、事業収入に対しては、今でも課税されてます。

学童連協が、積み立てに課税されたら、活動制限です。
(最低課税額って、じつはかなり低いです。一方でトヨタみたいに堂々と減税をうける企業はありますが)

T一協会はじめ、カルト対策にいちばん熱心なのが宗教関係者なんですよ。じつは。
(同じ扱いされる被害者でもある)

×第二迷信
2009/06/01 23:55

×第二迷信さん
我ながらこの世離れなコメントをしたのなぁ、と苦笑しています。宗教ってんでつい、金銭的にはド貧民のキリストや釈迦がよぎってしまいました。

>T一協会はじめ、カルト対策にいちばん熱心なのが宗教関係者なんですよ。じつは。

そうですね。ワタシも統一原理に捕まった子の救出していたことがあったりして、力を尽くしている牧師を何人かしっています。
dr.stonefly
2009/06/02 08:14
難しい問題ですが、わたしは旧来の伝統宗教も含めて、『はたして現行の宗教団体が、本当に人の心(魂?)を救いえているのか?』という強い懐疑を抱いております。
もっと言えば『あらゆる宗教団体に、何らかの対抗勢力としての価値ではなく、真の普遍的な存在価値はあるのか?』という疑問です。

これは唯物論的視点から言っているのではありません。
そうではなくて、社会における平和と相互理解を阻む最大の障害は‘宗教’なのではないか、という想いからです。
naoko
2009/06/03 05:45

naokoさん
>難しい問題ですが
本当に難しい問題ですね。

>社会における平和と相互理解を阻む最大の障害は‘宗教’なのではないか
これ、ワタシもずっと思ってます。
聖戦とか、神のご加護によって人殺し。

>真の普遍的な存在価値はあるのか?
おお、まさに根源的な宗教の存在価値。
あると思います。
でもそれは、「金」でも「勢力」でも「数」でも「力」でも、もちろん「争い」でも「排他」でもないと思います。
つまり宗教団体といって名乗った時点でそれは宗教ではない。ってのはどうでしょう?

dr.stonefly
2009/06/03 13:11
そうですね。
宗教団体に入ってしまった個人には、なぜか言葉が届かなくなります。

思うに、イエスや釈迦の中に、あるいはソクラテスや…、いえ、もっともっと多くの人々の内に宗教は生きてきたのだと思うのです。
しかし、そうした宗教はその個人の死とともに、この世から消え去ってしまう。
それを手繰り寄せ、この世によみがえらせるのも、またそれぞれの個人が、誰とも重なることのない個別の生を‘生きぬく上での課題’なのではないかと。
そう思います。
naoko
2009/06/04 03:41
世襲制限しないと、カルトまで世襲されますね〜。幸福の科学、うさんくさいです。何年か前、幸福の科学の本(本屋で売っているのと一緒)を、近所にただで配布してあるく男性がいました。ただならいいか、と思ってもらってしまいました。結局読まずに、ゴミ(廃品回収?)行きになり、あちらの目算ははずれたことになりますが、1000軒に1人くらいは引っかかった人がいるかもしれませんね。幸福の科学はどっからお金が入ってくるのでしょうね。やはり洗脳した信者からのお布施や寄付かなぁ。とにかく、政教分離が憲法の明記されているんだから、幸福の科学は党を作るのは間違っているのじゃないでしょうか。創価学会=公明党を許してから、もうどーにでもなる、という感じなんだろうか。
非戦
2009/06/07 18:31

非戦さん、おはようございます。
今問題になっている世襲は血族でしょ?
宗教の場合は血族じゃなくても、その団体が「家」であり信者が「家族」ですから、いわゆる世襲制限ではなんともならない気がします(笑)
宗教の収入源は信者のお布施でしょう。
今回公明党が言い出した給付金なんか、学会の信者はそのままお布施として学会に上納したと考えられますから、税金のゲットを目指していると考えられますね。

dr.stonefly
2009/06/08 08:29

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「幸福の科学の新党」…3大連立カルトに牛耳られる日 毒多の戯れ言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる