毒多の戯れ言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「知識を血肉化する」…料理って食って消化して

<<   作成日時 : 2008/11/21 10:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 6

 だいぶ前だけど、ちょいと驚いたことがある。
 ネットを通してだけど、すごい人々と付き合っていたことが発覚した。
 それぞれ、小学校のときに百科事典を読破したとか、16才でカントを解しちゃったりとか、おったまげた勢いで左右の眼球が飛び出し視神経がゴムのように伸び縮みし夜店の屋台で売ってる水風船のように前後にバウンドしている。自慢じゃないが、オイラなんか小学校のときには青ッパナ垂らして半分口を開けたままふらふら歩き回っていた見るからに頭の悪そうな小僧で、活字なんぞ見向きもせず、ソソソクラテスかプラトンか、ニニニーチェかサルトルかみんな悩んで大きくなった、おれもおまえも大物だ、大きいわ、大物よ、などと歌いながらソクラテスの何も大きくなるのかな、とマジで考えていたり、16才でやっと活字の虜になったと思ったら筒井康隆だったりと、近所でも評判の馬鹿だったわけだ。まあ、それでも、どういうわけか漢字の読みは強く「未曾有」も「怪我」も小学校のときに読めたと思う。あと「流石」ってのも小学生のときに読めた。麻生はきっと「りゅうせき」って読むと思う。おっと、麻生が登場したとこで横道にそれるが、次に麻生がやらかしてくれる漢字を予想してみよう。
 「慚愧」(ぜんがい)、「壊滅」(ぜんめつ)、「風邪」(かぜじゃ)、「捻出」(ねんで)、「境内」(きょううち、もしかしたら、かがみうち)、「出納簿」(しゅつのうぼ)「風説」(ふうぜい)…のうちのどれか、と大胆に予想してみたりする。ガハハハハッハ、馬鹿丸出し。もっとも「境内」がでてくる会見はなさそうかな。あと天照大神を「てんてるだいじん」って読めばそれなりに認めるんだけど、そんな古典技もしらなさそうだし(笑)
 風説といえば、漫画ばかり読んでいると馬鹿になりますよ、って昔よく聞いたけど麻生をみているとあながち嘘じゃないかな、と思ってしまうな。まあ、オイラも漫画ばかり読んでて馬鹿になったんだけどさ、でも、麻生ほどじゃないぞ。

 と、まあこんなことをダラダラと書くエントリーなんてホンマモンの馬鹿なので、そろそろ本題にいこうと思うが、実はとくに本題がないまま書きはじめてしまったので、やはりダラダラ行くしかない。
 で、とりあえず冒頭の話題に戻るが、紹介したのは絹雲さんのエントリーで、百科事典読破はとみんぐさんで、16才でカントは人生アウト君。ちなみに百科事典じゃなくて広辞苑程度ってのがkuronekoのアニさん、…アニさんの「程度」ってのが味噌だね。エントリーの趣意の一つとして、「知識」とは他人を貶めるために使うものではない、てなことが書いてあって、「やたら知識を引け散らかす人もいるけど、なんだかねぇ」なんて思ったりして、「温暖化のH保育士」なんかを思い出したわけだけど、はたしてありゃ「知識」なのか「情報」なのかどちらなの?なんて疑問をもちながら、情報と知識の違いをかんがえながら、百科事典やカントや広辞苑程度ってこんな人たちが、「やたら知識を引け散らかす人もいるけど、なんだかねぇ」なんて言われても(アレ? 言ってないか、爆!!)、無知なオイラは説得力ないじゃん、って思ってしまうわけで、自暴自棄になる。知識〜くれくれ、知識くれ〜、と涎を垂らしてしまう。もっともお三方とも、こんなおバカとも付き合ってくれたりするから嬉しいんだけどね。でさ、とみんぐさんが書いてたんだけど、

>「知識」を血肉化し自らの体内に取り込むのは、そんなに簡単なことではない。

 ん、知識の血肉化? こりゃどういうことだ? って思ったわけ。
 いやね、言ってることは解るような気がするんだけど。ほれ、やっぱりオイラはおバカだろ。このセンテンスもなかなかすんなり血肉化されないわけで、多分、知識は食わないと血肉化されないってことだろうなぁ、とかさ。まあ、どうせ食うなら料理しなけれりゃならないよな、とかいうインスピレーション。
 はは〜ん、さては知識をそのままひけらかすことが馬鹿っぽい(だからそんなこと言ってないって)ってのは、食材をそのまま見せておいて「これはほうれん草です」とか「これは牛肉です」って言ってるみたいなものってことか? せめて料理ぐらいしろよ、ってことかもしれないな。しかもこっちの知識とあっちの知識をボールで合えてついでにマヨネーズと塩をぶっかけて掛け回したり、そうじゃなかったらみじん切りにして胡椒を利かせて捏ねて握って焼いたりと、テメエの手で料理るわけだ。煮るか焼くか漬けるか、そうそう盛りつけまで考えなくてはね。
 ほらね、こんな風に料理れました。って、いやいや、できたのが「知識の構造的盛り合わせ」とか「知識のホイール焼きポストモダン風味」とか「デカルトのベーコン巻き」って、そんな料理を見せびらかして、すごいだろ、って自慢するのはどうなんだろうね。そんなもん見せびらかしてないで、よく噛んで飲み込んで消化して血肉化しなけりゃならないだろ、ってさ。
 血肉化して体内に取り込むのは簡単じゃないってことは、例え煮たり焼いたりして料理っても、結構消化が悪いってことか? まあいいや。でも血肉化しなければ生きてけない、ってことは言えそうだな。血肉がなけりゃ動いたり喋ったりするっこともできないもんね。おぉ、ちょっと待てよ。料理って食って消化して血肉化して動いたり喋ったりされるものってのは、既に知識じゃないじゃないか!?? それはもしや生存??? おお、グレート。
 うーむ、血肉化されなければ、動いたり喋ったりできない、つまり食材である知識がないと生存できないってこともいえるぞ。んんん、生存するためには、知識が必要で、消化され血肉化されたものは知識じゃない、ってことか? おお、いろいろ繋がりそうだ。
 知識って食材が消化され血肉化され動いたり喋ったりすることは本人にとっては知識でなくても、他者にとっては知識つまり材料になるかもしれないな。その新たな材料をそのまま、「こんな食材があることを言ってみても、それは他人が血肉化して吐き出した生存なんで、それを知ってるって威張ってみても仕方ない」ってことの確認は出来そうだ。(だから〜)
 そうそう単に知識といっても、身体を生存させる生活のための知識ってのもあるんだけど、きっと、上のセンテンスで言うとこの、血肉化されずにそのまま知識を披露して威張っててはダメポってのは(だから絹雲さんはそんなこと書いてないっちゅうのぉ!!)、もうちょっと違う生存のことかもしれないな。つまり心(精神)のこととか、本質的な「生」のこと。生きる為に知識の血肉化は必要だろうけど、そも、存在してるってどういうことかって考えると……。あぁ、きたきたきたぁ〜〜、またクドい方向に向かってるよ。このブログじゃ仕方ないんだけどさ。毎度まいどのお話しになりそうだし、あまりにも長くなったから、この辺にしとこかな。

 でも、まあ、無知なオイラにとっちゃ知識を素材のまま引け散らかしているブログも(だから〜)勉強になるんで全然かまいやしないし、料理してあればただただ感心する。もちろん血肉化され言動にジワジワ滲み出ている人に出会ったら痺れちまうんだけどね。ブロガーでも何人かはいるんだよね。ジワジワと沁み出ていて痺れさせてくれる人がさ。
 お、素材のまま露呈して威張ってる人がいてもいいじゃん、なんて、こんな言い方なんてしてないのに、あんまり元のエントリーを歪曲して料理って食って消化すると、とみんぐさんに叱られるかなぁ。なんせ(麻生ほどじゃないけど)おバカなんだから、許してくれよ、見捨てないでおくれよぉぉぉぉぉぉっ。(完)
 




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
麻生さん、こんなにいじられキャラだったの?
 定額給付金のドタバタから、「地方交付金」と「地方交付税」をめぐるゴタスタ、おまけに「医者って社会常識がないよね」発言と、麻生総理が軽率に発言してはものごとを混乱させて、自民党内からマスメディアまで、それをぼろくそにいう事態になっています。  まあ、本人の責任 ...続きを見る
みんななかよく
2008/11/21 11:37
【日記】11月17日、保坂展人さんの国政報告に行ってきた
司会は、すぎなみミラクル☆ 保坂のぶと大集会(10/9/08)と同じく、杉並区議すぐろ奈緒さんでした。 http://suguronao.seesaa.net/ ...続きを見る
散策
2008/11/22 22:40
姿を表に現した露骨な攻撃始まる
麻生邸への見学ツアーでの逮捕について、多くの方が警察の横暴を指摘しておられるが、威力を有する組織というものは、その組織の上部の命令に従って動いている。したがって上部が下す命令について、民主国家では主体である国民が影響力を有しなければ、民主国家とはいえないはずである。はたしてこの国ではどうなのだろうか? ...続きを見る
バロメータ
2008/11/24 01:43

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
えぇと…
ごしょうかい ありがとうございます。
「読み終えた」とは書いたけど「理解した」とは書いておりませんので、その点ご了解くださりたく(^^ゞ。
ねんのため おことわりもうしあげます(笑)。

というより、あの短い文からこれだけの思索を広げていただけるとは望外の幸いでございます。
>血肉化され言動にジワジワ滲み出ている人
いらっしゃるんですよねぇ、そういう人。
そういう人の生き方(知識の消化の仕方)は、横から見ていて「凄味」も感じさせるんです。
とみんぐ
URL
2008/11/22 22:31
すみません、すみません、すみません。謝るぐらいなやらなきゃいいのに、やっちまいました。思索ではなく、妄想です。創作です。せっかくのとみんぐさんのエントリーをぶち壊すようなバカエントリーです。スイッチが入ると、こういうバカが止められない。病気です。念のためにおとこわりです。

そうそう「凄味」ね。ほんとすごいなぁ、って感心しちゃいますもんね。
dr.stonefly
2008/11/23 06:25
こ、これは、
強烈なカワニクですね。
ですよね?

いや人生は馬鹿を自認していた方が
生きやすいと思ってますので・・・。

これは本心です。皮肉(カワニク)ではありません!(爆)

またきます〜〜〜^^
ニケ
2008/11/24 12:54
エントリー拝見していて、とあるアラビア人の学者を思い出してました。といって、名前も何も思い出せないんだけど。

その人は、司馬遼太郎と井筒俊彦の対談に登場してました。戦中だったと記憶してますが、その学者が井筒氏のところにやってきたとき、部屋のおいてある大量の書物を見て、言ったそうです。

「君は学者なのか? この大量の書物は学問のためか?」

井筒氏がそうだと答えると、

「では、もしこれらの書物が焼けてしまったら、君はどうやって研究するのだ?」
「もう研究できません」
「それでも君は学者といえるのか? 学者であるなら、ここにある書物は全部頭の中に入ってなければダメだ。そうでなければ研究などできないではないか」

確かこんな内容で、井筒氏は絶句したそうですが、そのアラビア人学者は、言うだけのことはあって、一度本を読むと全て暗記できてしまったそうな。千を超える書物が頭の中に入っていた、らしいです。
愚樵
2008/11/24 16:43
ニケさん
>こ、これは、
強烈なカワニクですね。
ですよね?

え、どういうこと? カワニクってなんですか?
「可愛さ余って憎さ100倍」ってことかな。
わかんな〜い。だってバカなんだもん、爆!!
dr.stonefly
2008/11/25 11:55
愚樵さん
すごいなぁ、アラビアの学者さん。
1000の書物が頭にはいっている「感じ」ってどんなんでしょうね。
もし、ワタシの頭に入っていたら、奈落の混乱に陥りそうです。爆
dr.stonefly
2008/11/25 11:59

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「知識を血肉化する」…料理って食って消化して 毒多の戯れ言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる