毒多の戯れ言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「若ノ鵬の告発」…ホントかウソかが問題でしょ

<<   作成日時 : 2008/09/30 13:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 3

 実は「水伝」(2)を書かなければと思って考えてはいはいるのだが、煮詰まっている。どのぐらい煮詰まっているかというと、脳みその水分がほぼ蒸発しきってしまい頭蓋骨の内面が焦げ付きそうである。
 こういうときに限り「水伝」の他に書きたいことを、いろいろと浮かぶ。「逃避」である。
 普段使っていない脳のなかのなかのほうまで火が入って活性化するのかもしれない。
 とはいっても、書きたいことのほうもあまりにも素材然としていて、料理の方法が決まってなかったり、スパイスを選択してなかったり、添え物が考えてなかったり、皿を選んでなかったりで直ぐにお出しできない。
 で、どうする?
 とりあえず逃げることにする。
 昼食に逃げたら、お昼のワイドショーをやっていて目を見張ってしまった。
 
 それで、あまり料理しなくてもよさそうな瑣末なエントリーでお茶を濁す。

 どうやら若ノ鵬という関取が八百長について「日本相撲協会」を告発したらしい。で、この若ノ鵬ってのは、麻薬所持で相撲部屋をクビになった力士で復帰も許されなかったなかでの告発だった。
 何やら、若ノ鵬本人が幕内にあがった頃に「無理やりにアンフェアな取組を強いられ、お金を渡されました。それを断ったりすると「かわいがりをするぞ」と言われたそうだ。
 講談社の八百長疑惑という記事を巡って起こされている裁判で証言するようだ。

 で、そのワイドショーにコメントを寄せた4人は、
 「そういうことを言うのがおかしい」とか
 「小金を稼ぎたいのだろう」とか
 「捨て身の行為」とか
 「不利になるだけなのに」とか
 「裁判のなかでは重要な発言にならない」とか
 言うだけで、八百長のことを全く追及することなく、八百長などなかったかのように若ノ鵬を責める。
 その4人とはコメントの主は二宮とか杉山とか、、、、そして、やくみつるもいた事を取り敢えず言っておこう。

 一番の問題なのは、若ノ鵬が言ったことがホントかウソか、ではないのか?
 つまり八百長があったか、なかったか!!
 もちろんホントであっても若ノ鵬が救われることはない。自身が八百長を許容し自ら行ったのだから。しかもこんなことにならなかったら八百長を告発することもなく向こう側(協会側)に染まっていたのだろうから。
 まあ、自分も悪いことを認めて、自分の発言が通れば自分も罰の対象であることを認めた上での告発かどうかは怪しいが、捨て身だからこそホントにことを言えるとも思える。
 確かに、それまで命乞いをしていた若ノ鵬が、打って変わったように告発するのは格好わるい。往生際が悪い。日本男児らしくない(爆)。
 でもそんなことは何の問題でもなく、今重要なのは、その発言がホントかウソかなのだろう。

 八百長の有無を追及せずに、有無を無視して相撲協会の肩をもつような発言をするマスコミ及びコメンテーターが相撲協会を堕落させているのではないかい?
 というか、グルになって必死で隠しているような気がするぞ。
 これでは、相撲協会の更正は無理だな。

 そういえば、やくみつるって解ってないやつが、日本相撲協会の再発防止委員会って立場で偉そうにものを言っているが、これだけ不祥事が『再発』されるなかでやくみつるの責任を追及されないのだろうか!!
 これは声を大にしていいたい。って、結局言いたかったのはこれか(爆)

 …………なんちゃってね(笑)……ほんとは、どうでもいいんだけどさ。


 どうでもいいようなことに逃げずに、「水伝」(2)を考えろ、ってお叱りを受けそうだな(爆)。
 
  

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ロシア人2力士・・・ もし、「不当解雇だ」と訴えたら?
 ロシア人2力士は解雇(2008/9/8 中日新聞) 【・・理事会に先立って行われた再発防止検討委員会は露鵬と白露山を個別に呼び、大麻成分の濃度が基準値を大きく超えた精密検査結果を説明。理事会には厳しい処分を求めた。これを受けて理事会は両力士を解雇、露鵬の師匠... ...続きを見る
ストップ !! 「第二迷信」
2008/09/30 20:46
ダメな弁護士
橋下知事「判決が不当とは思わないが…」控訴の意向(朝日新聞)  山口県光市の母子殺害事件をめぐり、橋下徹・大阪府知事が知事就任前の07年5月、テレビで繰り広げた発言で2日、知事敗訴の判決が出た。  橋下知事は「原告の皆さん、光市母子殺害事件の弁護団の皆さん、大変ご迷惑をおかけして申し訳ありません」と頭を下げた。「私の法令解釈、表現の自由に対する考え方が間違っていたとの判断を重く受け止めます。判決が不当とは思わないが、三審制ということもあり、一度、高裁にご意見をうかがいたい」と述べ、控訴... ...続きを見る
非国民通信
2008/10/02 23:09

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
「八百長事件」そのものは、すでに週刊誌と協会が裁判で戦ってる問題だから、
何をわざわざ記者会見?

というのが、担当弁護士も「聞いてない」とびっくりするところなんでしょう。

八百長が犯罪になるのかどうか?という疑問はあるけど、
「露鵬」は刑法上の「犯罪」でないし、このへんで何を基準にするのか、という協会の姿勢も問われるところです。

×第二迷信
2008/09/30 20:51
八百長は昔からの慣習ですから。ただ、そんなあからさまなやり方はしてない筈。いいんじゃないの?
おろち
2008/10/01 00:32
あんまり、吟味せずに料理すると突っ込まれるなぁ(笑)
ワタシも「八百長」は結構どうでもいい。ただ、真剣勝負だと認識して相撲を見ている人には裏切り行為だとは思う。で、それが「犯罪」かどうかも知らないけれど、角界も現代もコメンテーターも「八百長はダメ」という前提で話を進めているいるような気がしていて、そこに乗っかったエントリー。

一番、言いたかったのは、「やくの責任」。
ちっぽけなことだけどね(爆)。
dr.stonefly
2008/10/01 08:25

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「若ノ鵬の告発」…ホントかウソかが問題でしょ 毒多の戯れ言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる