毒多の戯れ言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「キャッチ&リリース」…ワンステップ上の余裕

<<   作成日時 : 2008/08/14 09:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 12

 愚礁さんのエントリーのコメントに考えさせられたので、突然のキャッチアンドリリースである。
 なんのこっちゃ、という方に多少の説明をする。釣り用語で、「釣り」そのものを楽しみ、釣った魚を食うための獲物ではなく、「楽しみそのもの」の道具としてみなす。楽しむための「道具」が生物なので、食ったりして死んでしまうと「道具」が減っていくわけだ。道具がへらないようにキャッチ(釣り上げ)そしてリリース(生きたまま放流)するという道楽である。
 この言葉を使いだしたのが、多分、外来魚であるブラックバスという魚を道具と見なすバスフィッシングである。
 このブラックバスという魚は、元々日本にいなかった魚でバサー(バスフィッシングを楽しむ釣り人)が手軽に「楽しみ」を得られるように全国の池、沼、湖に移植した。このブラックバスってのはどんな環境にもつよいうえに大食漢ときていて、元々の住人である在来魚なんかを食い尽くしてしまう。それで生態系を破壊する悪者としてクローズアップされているわけだ。

 という前提で取り上げられそうな問題が二つある。

1.生態系を破壊するブラックバスを楽しみのためにリリースしていいのか?
2.人間の楽しみのために生命を弄んでいいのか?

 この1と2を混同して考えるとややこしいので、今回は2のみを問題にするが、バサーでない多くの人は、「人間の楽しみのために生命を弄んでいいわけない」と瞬間的に考えるかもしれない。例えば、愚礁さんが「食うため」に鹿を捕まえた。これは人間という生物が他の生物の生命の犠牲のうえになりたつので仕方がないのだが、バサーが楽しみのために生命を弄ぶのはけしからん、というわけだな。
 一見、正しい意見に思える。いや、正しいかもしれない。でもね、これを貫き通すのはなかなか勇気がいる。もう一度読んでみよう。

 人間の楽しみのために生命を弄んでいいのか?

 バスフィッシングでなくても、食うためでなく他の生命を弄んでいることは、多々あるだろう。釣った魚を食う普通の魚釣りにしても、確かに最後には食うかもしれないが、釣る「楽しみ」そのものを得ようとしているのも事実だろう。では、子ども(大人でもいいのだけど)の昆虫採集はどうだろう? はたまた魚取りも「鑑賞」のために取る人も多くいる。 さらにはペットを飼うことはどうなんだ? こうして考えていくと、バスフィッシングだけを責めることもできない気がするぞ。

 人間というのは因果な生き物だな。
 まえのエントリーで「余裕をもって生きたい」などと書いてしまったが、この「楽しみ」ってのも「余裕」のなかから生まれるのだろう。「余裕」がなければキャッチアンドリリースなんてしやしない。楽しみもないだろう。必死に釣り、釣れれば食う。
 
 単純に「余裕」などと書いてしまったが、もうワンステップ上の「余裕」が必要なのかもしれないな。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
キャッチアンドリリースに対する嫌悪感を反省してみる
久し振りに、愚樵さんのブログを見て、こちらのエントリー「キャッチ&リリース」…ワンステップ上の余裕 を知りました。 (そこで、 dr.stonefl... ...続きを見る
Dendrodium
2008/08/18 16:41

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
ガキのころは、ザリガニやらウシガエルやら、さんざん被害に遭わせました。

(「2B弾」というガキの武器が…)
×第二迷信
2008/08/14 21:12
ワタシも子どもの頃は、非道の限りをつくしました。人間のDNAには、「食」に関係なく、「虐待」する「欲」も書き込まれているのですかね? それとも社会によって生後獲得されるものなんでしょうか? 
深いですね。
dr.stonefly
2008/08/15 05:18
もてあそぶ快感は勝手に芽生え、育つ上、他人がそれを教えるのも容易な気がします。
一番簡単な方法は、目の前で弄んで傷つけてみせることかな。

でも、そのことへの罪悪感は、当の本人が、それなりの志向性を持って追求しないと育たないのかもしれない。
他人が意図して教えるのは無理があるし…。

肝心なことは、自分が弄ばれたとき、心が折れないことかな。
それもやっぱり、危機にあたって支えとなる、精神的バックボーンの厚さによるか。

弄ばれて折れてしまった心を癒すのは、魂の治療ということでしょうか。
敗者復活戦のない世の中では、難しいことですね。
naoko
2008/08/16 04:25
 なんとなく最近のブログ周辺の「何ものか」を臭わせるコメントですね(笑)
 そこにも通じるのかもしれませんが、人間の原罪的な意味においてどうなんだろう?と思いました。
 たとえば、あまり「しがらみのない」子どもが虫やかめを虐めたりする、のは、DNAに書き込まれた何かなのかな? とか、個人的体験だと虐めると同時に罪悪感も感じた。これもDNAに書き込まれたものかな? それとも「虐め」も「罪悪感」も生後、獲得したものなのかな? という疑問です。
 ある程度、成長してからの対人間における「虐め」や「虐めない」や「罪悪感」は、社会的要因や学習によるものが大きいと思いますが……。
dr.stonefly
2008/08/16 08:04
人が生まれながらにしてもっている冷酷さや残虐性を、幼い子どもほど、無邪気にストレートに表現するのかもしれません。それは一種の好奇心と欲望の発露です。
そして、後になって良心の痛みを感じるのも自然な心の動きでしょう。
年をとっても、そうした心の働きはほとんど変わらない気がします。そして、その変わらないということに、『原罪』を感じざるを得ないのです。
進歩とか、人格の研磨とか、大人になることとか、それって何?どこにあるの?という感じです。

しかし、たとえばクリスチャン的に言うと、原罪はすでにあがなわれています。『いさおなきわれを血をもてあがない…』とあるように、父なる神が自らの血をもってあがなってくださったのだから。

浄土真宗的に言うと、『善人なおもて往生す。いわんや悪人をや』でしょうか。
こちらの場合は、観音菩薩と阿弥陀如来の慈悲が、悪人を見捨てません。

いずれにしても、‘ゆるしの愛・慈悲’への感謝が、ある種の信仰の根幹にあります。
naoko
2008/08/18 03:27

naokoさん

繰り返しになりますが、どうも本当に人間は「冷酷さ」や「残虐性」生まれながらにしてもっている、という前提にも疑問を感じています。生まれながら持っている気もするけど持っていない気もする。
日本でも全ての子どもが残虐な行為をしないだろうし、世界中の全ての地域の子どもが残虐かどうかも解らない。年齢が低くても社会で植え付けられたという部分があるのではないか? 年齢が高くなれば社会が全てではないか? とさえ思わせる。

「原罪」ってのもよく解らないのですが、存在=原罪なのか? 原罪があるとして悪いことなのか? 宗教は言い訳なのか? 不勉強なワタシには全くわかりません。ただ、勉強すれば解るのかどうかも「?」なのですけど……。存在はわからないことだらけ(爆)

dr.stonefly
2008/08/18 08:22
 リリースなんてダメだ.捕まえた以上は食べてやれ,と主張する漁師さん(プロの)は多いですね.
 男の子社会には独特の価値観があって,「残虐であること」と「方言でしゃべること」は男らしいこと,カッコ良いこと,だったように思います.私は残虐なことは嫌いでしたが,小さな生き物を捕まえてきては飼っていて,結果たぶん残虐な男の子たちよりも多くの生命を奪ったと思います.
Ladybird
URL
2008/08/18 09:40

やはり漁師さんは、もともと娯楽じゃなくて食うための漁なのでここで言う「余裕」とか「欺瞞」とかと違うかもしれません。

ワタシは虐待をしたうえに、小動物を捕まえて来ては飼って死なせてしまった。後悔せずに今もつづいています。死ぬ前にリリースってのがちよっと違うかな。 

dr.stonefly
2008/08/18 12:00
生まれたての赤ちゃんは、どう見ても無垢です。無垢ゆえにこわい存在でもありますが…。
「残虐・冷酷」は、どこで生まれるのでしょうね?
DNAに刷り込まれているものが、成長過程で発露するのか?
それとも後天的なものなのか?
わたしもさっぱりわかりません。

ただ、「原罪」となると、キリスト教では「知恵の実を食べたこと」ですよね。つまり、知恵を身につけたことが原罪。
ところが、聖書には「この世の全てのものは神が用意されたもので、‘知恵’をもって用いなさい(食べなさい)」とあるわけです。だから食べていけないものなどない。自らの知恵を用いて判断しなさいと。
知恵って重いなあ…。
naoko
2008/08/19 03:11
実は、ワタシはなんとなく「後天的」なもののような感じがしていて、だから教育とか社会とか環境とかを問題にするのかな、と。

「原罪」の方は「知恵」なんですね。「知恵」を持たなければ「原罪」という認識もできなかった、なんて考えていくとまた面白いとは思うですが切りがないから、今回はこんなとこにします。
dr.stonefly
2008/08/19 13:41
 私は、釣り師ではありませんが、dr.stoneflyさんに近い意見を持っています。物事を考える時、その正誤を判断するのではなく、それ自体を考えるといった感じでしょうか。
 キャッチ&リリースに対して、賛成も反対もできない立場でいます。
shinshin
2008/12/10 19:47
shinshinさん、どうもコメありがとう。
ほんとはワタシは反対したい。でも、釣りの楽しさを知っている。どんどん考えていくと賛成、反対じゃなくて、人間ってなんだろう、ってことになっていく気がする。
こんな感じです。

いずれにしても、人間の勝手で自然をガラガラポンしているのは事実なんですけど……。
dr.stonefly
2008/12/11 09:49

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「キャッチ&リリース」…ワンステップ上の余裕 毒多の戯れ言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる