毒多の戯れ言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「怒りを共感できるか」…机上の言論とならないために

<<   作成日時 : 2008/07/10 17:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 10 / コメント 86

 今回はちょいと他所様のブログから考えたことを「自戒」として、書きたいと思う。
  反日嫌米戦線「狼」というブログである。upされたエントリーには、別のブログのエントリーを引用して意見が書いてある。
 その引用が

 私も、うまくいかないことを環境のせいとか相手のせいにしがちだけれど、「じぶんの努力『も』たりないせいだ」と考えなくてはいけないのだ、と、自戒。

 という文章である。

 上の文章にたいしブログ主の「死ぬのはやつらだ」さん(以下やつらださん)は、自らも格差社会によって疎外されている一人として以下の批判をかいている。

 格差社会で、実際に命が奪われているのは事実だ。
 自殺する者、路上での死、そして信じられないが現実に餓死した人もいる。
 んなことを前提とすれば、貧困の当事者を、餓死寸前の当事者を、自殺寸前の当事者を「黙らせる」口実となってしまう。
 おまけに「甘ったれるな」という尾ひれがついて、自殺したものに追い討ちをかけるのがこのクニの傾向だ。
 こんなジェンダーバカの言うことなんぞ真に受けるな。
 生きろ!
「生きさせろ! 生きてるだけで金とるな! 銀行は金を配れ! 税金は金持ちから取れ! 万国の労働者よ、休め! 麻生は生コンを打て! 奥田はライン労働をしろ! 」(5/3自由と生存のメーデー08)


 さて、ここまで読んで、読んだ人が「どう感じるか」に本質があると考える。

 と、そのまえに、実はやつらださんは「水」からの「騒動」をひきづり、引用先のブロガーを嫌っている。よって「ジェンダーバカ」というような要らぬ修辞がついている。これは拙い。やつらださんには、くだらない修辞で本質を見えにくくするな、と言いたい。こういう大切なエントリーはツマラヌ詮索をはさむ余地のないエントリーに仕上げるべきだったと思う。
 本質は、仕掛けられた格差社会のなかで、仕掛けたヤツラによって「自己責任」がいわれているなか、引用先の文章を「問題と感じるか?感じないか?」だ。またやつらださんが批判的に取り挙げたことに「問題と感じるか?感じないか?」だ。ここで挙げる問題は、「ジェンダー」も「好き嫌い」も「水」もまるで関係ない。この本質よりも先に「ジェンダー」や「好き嫌い」や「水」が優先して見えてしまったコメントは違うのではないかと言いたい。(この点はSIVAさんやLightさんには聞いてみたい気がする。)

 おそらく多くの人が引用先の文章に違和感をもたないだろう。別になんの問題もないのかもしれないな。いや現実に問題ないのかもしれない。それが一般的なブログならばなにも問題ないだろう。ただこのブログや周辺ブログ、またやつらださん周辺にも「ワープア」や「格差社会」や「自己責任論」を言及しているブログが多く、読者もそうした記事を読む方が多いのだ。だから敢えて言及しようと思う
 さて、少なくともワタシは引用先の新自由主義政治家がいいそうな「自己責任」言論に違和感をもち、当該であるやつらださんの訴えが響いた。「ジェンダー」や「好き嫌い」や「水」に関係なく、当該であるやつらださんの本質的な怒りが聞こえて来たのだ。
 引用先のブロガーは一般的な位置にいて、「ワープア」や「格差社会」や「自己責任発言」などに意識のないブロガーなのかもしれない。そうであれば何故、こんな問題のない文章で取り上げられ批判されるのか解らないだろう。だから引用先のブロガーには言及しない。が、疎外された人々の路上の死を多少なりともみているワタシには、引用の様なコイズミかアベの口からでそうな言葉は書けそうもない、とは言っておこう。(もっともコイズミもアベも自戒はしないだろうけど)
 
 ワタシはたまたま、まだぎりぎりだが格差社会によって疎外されない位置にいる。この位置がどういう位置なのか、何を犠牲にして立っている位置なのかを意識して考えようと思っている。それでも「ワープア」や「格差社会」や「自己責任論」について書くにあたり、現在疎外された位置で苦しんでいる人のことが心底実感できない自分を意識して書いている。またそうしたことから、ブログ上で語られる多くの「ワープア」や「格差社会」や「自己責任論」なんかの記事、自分の記事もふくめ、どこかしら薄っぺらさを感じてしまって、机上の言論って気がしている。
 別に実際にワープアにならなければ「格差社会の批判」を書けないとは思わないし、実感がなければ書くべきじゃないとも思わない。それぞれの位置で書くべきだろう。ただ、せめて、たとえば、実際に格差社会に疎外されているやつらださんが、引用のように問題がなさそうな文章に怒りを感じることを考え、その共感から言葉を絞り出したい、と、自戒。
  
 
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(10件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
くだらない記事とくだらないコメント
http://anarchist.seesaa.net/article/101785725.html これは、日本を爆撃し、原爆まで投下したB29です。 B52はベトナム戦争ですね。 タンポポからの回答無き場合はB52を出撃させましょうかねぇ。             Posted by 死ぬのはやつらだ at 2008年06 ...続きを見る
PledgeCrewの日記
2008/07/10 21:54
画面の向こうに対して働かすべき想像力
ずいぶん昔の話になるが、ある障害者団体と付き合いがあった頃のこと。 戦時下に生れて、当時すでに40歳を過ぎていた人だったが、少年時代から過ごしてきたあちこちの施設での体験を話してくれたことがあった。 淡々とした口調ではあったが、若い頃にもっとも悩んだのが、異 ...続きを見る
PledgeCrewの日記
2008/07/10 21:54
不本意ながら、死ぬのはやつらださんへの返信。
不本意ながら、たんぽぽさんのブログに以下のコメントをアップした。 ...続きを見る
HERIKUTSUなる日々(by jab...
2008/07/11 08:28
僕も言わなければ。。。
奇縁だ。と思う。 僕は、死ぬのはやつらださんのところは、以前からずっとROMはしていた。 鈴木邦男さんに敬意を払っているところは一致かな。 けど、あんまりにも発言が過激に思われたので、おっかなくってコメントを入れることもためらわれていた。 (^_^;) ...続きを見る
光るナス
2008/07/11 09:18
鈴木弘樹「よしわら」に震える
2001年の芥川賞候補作品。いつか選評を読んだ覚えがある。 それが頭の片隅に残っていて、図書館の書架にあったのを目に止め、 借り出した。雨の日の午後から読み始め、夕刻には読了していた。 研がれていない刃物のような無気味な一編。 ...続きを見る
BLOG BLUES
2008/07/11 17:07
物語
意地悪な少年が 魔法で小さくされて 鵞鳥の背中に乗って旅をする 「ニルスのふしぎな旅」 毎週火曜日の夕飯時 わたしにとって、とても仕合わせな時間だった この日々は永遠に続くのだ 〈 疑いもなく、わたしは、そう思っていた 〉 物語の 最後の場面 ニルスの夢の中.. ...続きを見る
そいつは帽子だ!
2008/07/11 18:53
信頼が信用に解体される(3) −人間が変わったのではないか?
ここのところ、ブログの更新をサボっております(汗)。ブログの更新どころかいただいたコメントへのお返事すら怠っております(大汗)。に&... ...続きを見る
愚樵空論
2008/07/11 21:34
“感情的な反応”ですか?
岩国在日兵のレイプ事件に関しては、水葉さんをはじめとして アマゾネスのお姉様方、お兄様方がすでに いろいろ書いているし、小耳にはさん&... ...続きを見る
ひねもすのたのた
2008/07/12 14:44
共生
あんなあ、シマウマっておるやろ しっとるよな その鬣の色、しっとるか? ひげ、ちゃうぞ、たてがみやぞ まあ、間違わんよな 口に出してゆうとんやさかい どや、思い浮かべてみ、シマウマの、たてがみ、 どやった? ・・・なあ、いちいち白黒はっきりさせんでもええ .. ...続きを見る
そいつは帽子だ!
2008/07/13 16:09
夏がくれば思いだす戦争と平和
 戦争に関わる番組の放送予定や映画上映日程などが、MLで送られてきました。「転送歓迎・重複ご容赦」とあるので紹介。 ...続きを見る
みんななかよく
2008/07/16 11:24

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(86件)

内 容 ニックネーム/日時
TBありがとうございます。

>引用先の新自由主義政治家がいいそうな「自己責任」言論に違和感をもち、当該であるやつらださんの訴えが響いた。

うーん、引用元のエントリは他者に自己責任を強いる言論ではないと思いますが...。あるいは彼の”自戒”がすでに新自由主義者を利する行為だとdr.stoneflyさんはおっしゃってるのでしょうか。わたしには死ぬのはやつらださんは私怨を公憤に置き換えて正当化しているようにしか見えません。

なおTBいただくのはありがたいのですが、出来れば関連のあるエントリにTBいただきたく存じます。
SIVA
URL
2008/07/10 19:41
ご無沙汰してます。

>私も、うまくいかないことを環境のせいとか相手のせいにしがちだけれど、「じぶんの努力『も』たりないせいだ」と考えなくてはいけないのだ、と、自戒。

「公然」とするには、あまりにも軽率な言葉ですね。批判されて当然です。今、コイズミが言ったら、総攻撃を食らったでしょう。

そのことを自戒できなければ、言ってること自体、自分自身で否定することになります。
ごん
2008/07/10 20:21
なんどもすみません。

引用元のエントリに批判されるべきところがあるかどうか再度読み返してみました。

>ときとして、私も、うまくいかないことを環境のせいとか相手のせいにしがちだけれど

先に私がここに書いたコメントもなんだか馬鹿馬鹿しくなってきました。

Jabber氏の書いた「うまくいかないこと」。

これがなんで「ワープア」や「格差社会」や「自己責任論」に結びつくのでしょう。「異性をデートに誘ってうまくいかなかった」「仕事の段取りがうまくいかなかった」かも知れないのに。牽強付会もいいところです。

B29の爆撃風景を自らの行動になぞらえて平気なひとが他者の批判に格差社会における死者を持ち出してこられても説得力などありません。
SIVA
2008/07/10 21:05
>説得力などありません。

そんなことを問題にしているわけではないのだと思いますよ、このエントリは。dr.stoneflyさま、すみませんね、勝手に。

この方々がなんで、「説得力」などというものにこだわるのか、全く理解できないんですよ、わたしには。

B29って、あれとこれとは、別の話でしょ、って言ってるのに、しち面倒な方々だ。

人生にうまくいってない、と感じる人の話をしてる(のかも知れない)のに。説得力って。なんでそれ以外のこと「だけ」を考えるのさ。

コイズミが自己責任だって言ってるのを、多くの人が納得してたじゃん。で、今批判してたじゃん。変なの。
ごん
2008/07/10 21:37
話を長くすると肝心な部分を読み飛ばされちゃうから、短く。

説得力なんてつまんないお題目をありがたく頂いてるからコイズミみたいのにやられるんだよ。

少しは説得力がなくて困ってる人の話も聞けよ。っていうか聞いてくれたら、どうですか。
ごん
2008/07/10 21:45
コメントありがとう。

確かに、俺の記事の題名は脊髄反応的なものにするべきではなかったと思います。

そして、俺の脊髄反応に気づかない成功者たちの????という何で怒ってるの、という反応が垣間見えたしだいです、と自戒。
死ぬのはやつらだ
2008/07/10 22:07
B29の爆撃風景は、戯画だとおもいますよ。それをリアルな都市爆撃にイメージを置き換えることこそ牽強付会。
純情オサヨの痛いところかな。
バーニカ
2008/07/10 22:56
「目の前のあなた」との恋愛に関してだけは自己責任だと日々自己に言い聞かせております。
わたくしの場合一家離散もしくは心中一歩手前でなんとか引き返すことができたのですが今こうしていられるのは運のみだったと思っています。
♪がんばったーけーどダーメだったよー
っていう大槻ケンヂの歌も聞こえてきますが、Dr.stoneflyさんのおっしゃるようにのど元すぎればもはや「心底実感できない」のも確かなんでしょう。
でもおれにはやつらださんの叫びの何十分かの一は届きました。
だから、以下はごんさんのところに書いたコメントとおなじ。
なめぴょん
2008/07/10 22:58
バーニカさん
B29の爆撃写真を使ったやつらだ氏の行為が「おふざけ」だということぐらいは誰でも分かっています。
問題は、まさにそのような現実の空爆写真を、おのれの「おふざけ」のために使うという彼の行為とその心性にあるのではないですか。
あなたは、その腹から投下されている爆弾の下でなにが起きているのか想像しましたか。
「純情オサヨ」などとなにやら人を揶揄されているつもりのようですが、するとあなたは「すれっからしオサヨ」なのでしょうか。
かつ
URL
2008/07/10 23:08
都市爆撃であろうとなかろうと、爆撃機が人っ子一人いない、なんの目標物もないところへ、なんの意味もなく大量の爆弾をただ無駄に落とすわけはないですよね。
かつ
URL
2008/07/10 23:15
かつさんはご自分のとこで議論を続けたらいかがですか?

http://d.hatena.ne.jp/PledgeCrew/20080706

911テロを見て快哉を叫んだり、喝采を上げたりしたお友だちと一緒に。
ごん
2008/07/10 23:36
dr-stoneflyさん、またまたご無沙汰してしまっております。
>「ジェンダー」や「好き嫌い」や「水」に関係なく、当該であるやつらださんの本質的な怒りが聞こえて来たのだ。
・・・・・・・・・
現在疎外された位置で苦しんでいる人のことが心底実感できない自分を意識して書いている。
<
激しく同意、です。
本質的な(と僕が感じている)ところを焦点に抽出してくださったdr-stoneflyさんに感謝です。m(_ _)m
アキラ
URL
2008/07/10 23:44
アキラさん

>わたしには死ぬのはやつらださんは私怨を公憤に置き換えて正当化しているようにしか見えません。

私はこのSIVAさんの意見を支持します。
かつ
URL
2008/07/10 23:47
「私怨を公憤に置き換えて正当化」するという行為は、その「公憤」が正当であればあるほど、唾棄すべき偽善なのではないでしょうか。
かつ
URL
2008/07/10 23:51
はじめまして。
ジャバさんはアキラさんの所の議論を踏まえた上で、死ぬのはやつらださんを挑発した確信犯だと思ってます。
私が死ぬのはやつらださんに共感するのは、自分は言葉狩りをしながら表現の自由を訴えたり、突飛な論を繰り出して自分だけ貧困から一抜けを狙っているような、机上の空論を操る人達とは違うと思うからです。日に日に拡がる格差や貧困という酷い現実を変えていく努力、これが今最優先の課題だと思います。
akiko
2008/07/10 23:57
>バーニカさん
>B29の爆撃風景は、戯画だとおもいますよ。

ではあなたは重慶爆撃やドレスデン爆撃、あるいはファルージャ爆撃の写真を貼り付けても戯画として片付けることが出来るのですね。
SIVA
2008/07/11 00:34
こんばんは。おじゃまいたします。

う〜〜む・・・やはり何回読んでも、私はjabberwockさんのこの文章を格差社会問題に結びつけることができません。
私も格差社会問題やロストジェネレーション問題はもっと共有されるべきと思っているのですが・・・やはりこれはうまくない切り口のような気がしてなりません。

以前、dr.stoneflyさんは、ブログの死を人の死になぞらえたことで、ひでさんとご意見を異にしていたと思います。
私はそのとき、大いにdr.stoneflyさんに同感でした。
個人の述懐として書かれたものは、安易に批判材料にせず、まずは自分自身との共通項をじっくり探してみる、という姿勢でいたいと思う私です。

そこから「格差社会」や他の問題意識にたどりつくかもしれない、あるいはたどりつかないかもしれない。
しかし「自分でたどりつく」からこそ、社会を動かす力となるのではないかと思うのです。
Light
2008/07/11 01:47
>かつさん、SIVAさん

古典的過ぎて、ピンとこないね。
バーニカ
2008/07/11 07:44
努力するのは、悪いことですか?
もちろん、この後に「だからおまえも努力しろ」というのは悪いことだと思いますが、自分が努力する、そのこと自体も悪いことですか?
gegenga
URL
2008/07/11 08:16
バーニカさん
あなたの本性丸出しですね。
では思いっきり、罵倒させてもらいます。

てめえのように、象の皮膚のように鈍感な感性を持ち、おまけに言葉のすぐ裏から、臭い匂いがぷんぷんするような居直るしか能がない下劣なやつは糞食って死んじまえ!
かつ
URL
2008/07/11 08:37
>古典的過ぎて、ピンとこないね。

古典的過ぎるだと。
きさま、なにさまのつもりだ。
ピンとこないってのはな、お前が箸にも棒にもかからない、ただのすれっからしだってことの証拠なんだよ。
かつ
URL
2008/07/11 08:45
SIVAさん、コメントありがとうございます。
スレ違いのTBは迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。はっきり申しましてこのエントリーは、反日嫌米戦線「狼」にSIVAさんがコメントを残されたことで、書きました。もちろん読んで頂ける方に解ってほしいという期待はしていますが。TBは、SIVAさんにはどうしても読んで頂きたくしたもので、すでに目的は達せられましたので削除して頂いて結構です。お手数をかけて申し訳ありません。
dr.stonefly
2008/07/11 09:09
引用元を何度も読み返していただいて申し訳ないのですが、引用先のエントリーに違和感を感じるひとは少ないと思います(ワタシは路上で死んで行く人をみながら、「自己責任」という政治家の言葉を聞いて来たので過敏に反応してしまいますが…)。問題は一見なんでもなさそうなエントリーを、ワタシたち形成している格差社会において、疎外されている当該であるやつらださんが、「んなことを前提とすれば、貧困の当事者を、餓死寸前の当事者を、自殺寸前の当事者を「黙らせる」口実となってしまう。」と言ったエントリーにおいて、なぜSIVAさんが、あのようなコメントを残したのかを知りたかったのです。
他の人のコメントであれば、このエントリーを挙げたかどうかわかりません。ワタシのなかの「聡明なSIVAさん像」が、あのエントリーの本質とやつらださんの叫びを解る方だと勝手につくりあげていたのかもしれません。
このエントリーを読んで、引用元を再確認されるとは思いませんでした。
ワタシのなかの謎は解決しました。ありがとうございました。
手間をとらせてすみませんでした。
dr.stonefly
2008/07/11 09:10
ごんさん、ワタシなりに一生懸命書いたつもりですが、ワープアの「そこ」沖縄の「そこ」に気づこうとすることはこれほど困難なのでしょうか? 多くのそこを踏みにじって今の位置にいる自分に気づくことはこれほど困難なのでしょうか? SIVAさんほど聡明な方に気づいてもらえないのは正直ショックです。
dr.stonefly
2008/07/11 09:10

やつらださん、今回の貴殿のエントリーおよびコメント欄の本質的な部分には考えさせられました。ありがとう。
ところで、ワタシはときに「金がなんぼのもんじゃい!!」と、叫びますが、やつらださんがどう思うかも意識して書いてます。今のところ、生きて行くだけの金はとりあえずあるプチブルを批判するときは遠慮なく批判してください。


なめぴょんさん、
>やつらださんの叫びの何十分かの一は届きました。
この、どれだけ解ろうとしても「何十分かの一」ではないか? という謙虚さが好きです。あなたは信頼できます。
それと、細かなことですが、Dr.の「D」は小文字の「d」にしてください(笑)。ちっぽけなこだわりです。



バーニカさん、はじめまして。今回は件のエントリーの本質的な部分を語ったので、「B29の爆撃風景」は関係ありませんよね。
dr.stonefly
2008/07/11 09:10


かつさん、お久しぶりです。
以前ちらっと、のぞかせて頂いたのですが、TBいただいたブログで展開されている井戸端会議は、ワタシにとっては市民運動のころのセクト崩れの先輩方の伸展性のない愚痴のような既視感で、とてもお伺いすることができません。せっかくTB頂いたのですが申し訳ないです。


アキラさん、ほんとお久しぶりです。
ちゃんと解っていただける方には、解っていただけるんだ、とホッとしています。アキラさんにこうしたコメントを頂けると、いつも読んで頂いている読者の方々も「きっと気づいてもらえるだろう」という希望がもてて、嬉しく思います。ほんと、ありがとう。

dr.stonefly
2008/07/11 09:11
Lightさん、おはようございます。
もともと「水」ゆえにブログをはじめられたLightさんが、やつらださんのとこに、あの勇気を振り絞ったコメントを残すことには違和感はありませんでしたが、
>私も格差社会問題やロストジェネレーション問題はもっと共有されるべき
と、言われているので、書くことにします。
上でも書きましたが、引用元のエントリーに違和感を感じる方は稀でしょう。ただ、それに違和感を感じたやつらださんのエントリーに「この叫びはなんなんだ」と意識できないことが問題だと思っているのです。さらに言うなら「この叫びは何なんだ」よりも先に、「好き嫌い」や「水」がきてしまう感性が問題だと思っています。
>「自分でたどりつく」からこそ、社会を動かす力となるのではないかと思うのです。
まったくそうですね。でもね、あのエントリーの本質が見えないワープアでもないプチブルが、どうやって「自分でたどりつく」っていうんだ!!、と言いたいのですがやめときます。
「自分でたどりついて」みてくださいね。

dr.stonefly
2008/07/11 09:11
dr.stoneflyさん
「伸展性のない愚痴」ですか。
そんなことは関係ないでしょう。
今ここで問題なのは、あなた自身の主体的な意見ではないのですか。
ここで「運動論」を持ち出すのは、ごまかしではないのですか。
本質であろうとなかろうと、人は一つ一つの行為について責任が問われるのではないのですか。
かつ
URL
2008/07/11 09:28
dr.stoneflyさんに背中を押されて、僕も自分の想いを記事にしました。
TBさせていただきます。
よろしくお願いいたします&ありがとうございました。m(_ _)m
アキラ
URL
2008/07/11 09:29
>かつさん

確かに私怨が絡んでいると思いますし、それがあるからこそある特定の人物に憤りが向かっている、と思います。
しかし僕には、「無自覚だ」と人を打ち据える「正義」を意気揚々と発揮する人間の「無自覚さ」に、彼の憤りは向けられているであろうと感じられるのです。
それが「公憤」と言えるものなのか、僕にはよく分かりません。
アキラ
URL
2008/07/11 09:33
akikoさん、はじめまして。
>日に日に拡がる格差や貧困という酷い現実を変えていく努力、これが今最優先の課題だと思います。
ほんとうにそうですね。そこへ現状貧困とは言えないワタシがどのようなリアリティをもって、何をするのか、ここを考えて行かなければならないと思っています。
dr.stonefly
2008/07/11 11:58
おお、gegeさん来て下さったのですね。嬉しいです。
>努力するのは、悪いことですか?
悪い訳ないじゃないですか。だからjabberwock氏のエントリーも悪い分けない。(ただ、もしもね、gegeさんが同じことを書けば、少なからず「ワープア」や「格差」のエントリーをシェアしてきたっと思っている仲間としてワタシは何かちょっと言ったかもしれません。jabberwock氏には何か言えるほど読んでいませんし、そも件のエントリーは知りませんでした。)
話を戻します。jabberwock氏のエントリーは悪くありません。よって謝る必要もないでしょう。何度も書きますが、問題の本質は、jabberwock氏のエントリーを怒りをもって批判したやつらださんのエントリーを読んだ人がどう感じるか、ということです。
dr.stonefly
2008/07/11 11:58
ただね、jabberwock氏とgegeさんは、やつらださんに酷い言葉で激しく罵られていますね。今、件のエントリーから冷静に本質を読み取るのはあまりにも酷だと思います。
つまらぬ枝葉で、本質が見えにくくなっているのが残念です。
jabberwock氏に頂いたTBで、苦労なさり、また努力なさった過去を知りました。今更ですが、お疲れさまでした。
dr.stonefly
2008/07/11 11:59
アキラさん、TBありがとうございます。またまた考えさせられました。

>「無自覚だ」と人を打ち据える「正義」を意気揚々と発揮する人間の「無自覚さ」に、彼の憤りは向けられている

これは、本当にワタシ自身が自戒しなければならない、と感じています。
dr.stonefly
2008/07/11 11:59
「異性をデートに誘ってうまくいかなかった」も格差問題につながるんですよ。
というかこの前「彼女をつくろうとしてうまくいかなかった」ハケンがアキバに突っ込んだばかりじゃないですか。
個人的な問題はすべて社会的な問題へと芋づる式に繋がっています。
トカトン
2008/07/11 12:15
こんにちは。大変真摯な思索で、読み応えがありました。『おそらく多くの人が引用先の文章に違和感をもたないだろう。』でも、あなたは、違和感を抱いた。だから、同じく違和感を抱いた「死ぬのはやつらだ」が爆発させた怒りに共感した。問題はなぜ、多くの人が違和感を抱かないのか、だと思います。与えられた価値体系でしかないものを、自明のものとして諒としてるからなんだ。学歴社会。サクセス社会。トーゼン、そこから零れ落ち、恨みつらみに身を焦がす人間もいる。ほとんどの怒りは、私怨私憤なんだ。貴ブログには、幾度となくTBしている拙エントリーですが、引用先の文章に違和感をもたないだろう多くの人に読んでいただきたく、「よしわらに震える」をお送りします。
BLOG BLUES
URL
2008/07/11 17:05
dr.stoneflyさん、
>ただ、それに違和感を感じたやつらださんのエントリーに「この叫びはなんなんだ」と意識できないことが問題だと思っているのです。

・・・私にもやつらださんの問題意識のありかは察知できます。
だからこそ、その叫びを届けることに重点を置くなら、タイミングも題材も最悪ではないかと思うのです。

格差問題は何とでも結びつけることができます。
たとえば私は今日は一日中ピアノを弾いていましたが、「ピアノに興じていられるなんていいご身分だ」と言うこともできます。
また、「今日は疲れたから外食にした。」という日記にしても、「外食できない人のことを考えたことがあるのか」という突っ込みもできます。
しかしそこにどんな意味があるのでしょうか。

同じ「結びつけ」でも、たとえば親しい人から「考えてみたらピアノ三昧でいられるって幸せなことだよね・・・」としみじみ言われるほうが、よほど格差社会に「自分で気づく」きっかけになるのではありませんか。

そういう意味で、あの一連の流れの中で格差社会を取り上げることには、メリットを見いだせない私です。
Light
2008/07/11 17:13
連投すみません。
横ですがかつさん、
>「私怨を公憤に置き換えて正当化」するという行為は、その「公憤」が正当であればあるほど、唾棄すべき偽善なのではないでしょうか。

・・・私も同感なのですが、私は違う方を連想してしまいました。
Light
2008/07/11 17:17
>>「私怨を公憤に置き換えて正当化」するという行為は、その「公憤」が正当であればあるほど、唾棄すべき偽善なのではないでしょうか。

これって犯罪被害者の会とか拉致家族会
とかにもあてはまるのでしょうか。よくわからないな。
かつさん、説明して。
sonoko
2008/07/11 17:33
>「私怨を公憤に置き換えて正当化」するという行為は、その「公憤」が正当であればあるほど、唾棄すべき偽善なのではないでしょうか。

Lightさんが言っているのは私闘宣言した人には思いっきりブーメランだって事ですね。
akiko
2008/07/11 19:38
>かつさん

おもいっきり罵倒してくれましたね(笑

まぁ、それはそれでいいんですけど。
私は単にブログ主さんが正しく指摘してくれたとおり、それって本当のテーマじゃないんじゃないですか、ってことだけなんですけど・・ね。。。

恥ずかしかったんですか???
バーニカ
2008/07/11 20:23
「あなたの努力が足りないからうまくいかないんだ」と言っているわけじゃないですよね。「努力だけじゃなく、環境や相手も関わっている」と語っている様ですけど。少なくとも「自己責任論」など展開されてはいませんね。しかも「自戒」をなさっているわけですから、「真に受ける」とか受けないとかの話じゃありませんよね。
nobu
2008/07/11 20:37
疲れるよね。

兄さんもだんだんわかってきたでしょ。

この人たちは自分の喋ったことの責任をとることを拒否するんだよ。

「お前はそう思うか、おれは違うと思うぞ」

とか、

「あ、こりゃあ軽率だった、あいすまぬ」

これが言えないの。何でだろ?誰も取って食ったりしないよ。ただもう、強弁すればするほど、もう少し程度の低い「自己責任論」が、論「敵」から出てきたときに、撞着しちゃうよ、って、思うんだけど。

ごん
2008/07/11 22:37
でも、この方々の質の悪さは半端じゃない。都合のつかないことは、たとえ自分の言ったことでも全部忘れちゃう。まるでカードゲームをやってるみたいに、自分の持ち札を並べて相手を説き伏せようとしてくるの。それで、使ったカードは、なかったかのごとく山の中に押し込んでおくのね。あたしが今回の件で学んだのは、ここだけ。

この人たちの「駒」になっちゃいけない、ということ。付き合ってらんないよ。

ごん
2008/07/11 22:37
そこにいらっしゃるかつさんなんか、ご自分「ら」の裏ブログでdr.stoneflyさんのことについて、もそもそお喋りしてらしたこと忘れちゃってるみたいだし。

・・・これは告げ口じゃないよ。みんな見てるんだから、礼儀ってもんがあるだろうがよ。「友好的」を気取るなら。一言詫びをいれるなり、注釈つけるなり。

いけしゃあしゃあと恥ずかしくないのか。って、思う。
ごん
2008/07/11 22:44
トンカンさん、
> 個人的な問題はすべて社会的な問題へと芋づる式に繋がっています
すべて、、、、うーん、どうなでしょう?
dr.stonefly
2008/07/12 04:18

BLUESの兄貴どうも。これね、解る人には解るんだよね。また解ろうとする人には解るんだと思う。

>問題はなぜ、多くの人が違和感を抱かないのか、だと思います。

ここまで言ってしまうと、解ってもらうのにはハードルが高すぎます。せめて、何故やつらださんが、あのジャバさんのエントリーに対し、理不尽(に見える)怒りを露にしているだろう、ぐらいは考えられないのだろうか? ぐらいは思っちまいます。

TBありがとう。また読んでしまいました。読むの何回目かな(笑)
dr.stonefly
2008/07/12 04:18

Lightさん、
SIVAさんにも言いましたが、今回のエントリーはSIVAさんやLightさんのやつらださんのとこへのカキコみがあったから、挙げたのだと思います。

>私にもやつらださんの問題意識のありかは察知できます。

ですか? ワタシには問題意識とは読み取れませんでした。ただの「怒り」であり「叫び」だと感じました。
「タイミング」とか「題材」とか「メリット」とか言われますが、それがワタシに対してならお伺いします。ただね、社会に疎外されている人間にとって「タイミング」とか「題材」とか「メリット」とか「説得力」なんて関係ないのです。そんのこと言ってることが「薄っぺらな机上の言論」なんだって思えます。「怒り」であり「叫び」に対して、まずそんなことを考えてしまう、その感性がまずいんじゃねえのか、って言ってるのです。
dr.stonefly
2008/07/12 04:19

こういう言い方をしては身もふたもないかもしれないのだけど、この辺りのことは感性であり経験であり、どれだけ説明しても解らない人には解らない、解る人には解る。身体のなかにストンとおちるんだよね。
おそらくこのまま日本が堕ちていき、誰も彼もが路上に放りだされるようになったら、そうあなた自身が放りだされたときには敏感になれると思う。そうなる前に敏感になれるといいと思うんだけど。

ワタシには私憤、公憤、ってのはよくわからない。でもね、TBもらった記事でジャバさんは不本意ながら謝っているんだぜ。ジャバさんが書いたエントリーはどう考えても謝るような記事ではないのに。おそらく苦労されたジャバさんには、その労働者としての「怒り」の部分は解るんだと勝手に解釈する。ジャバさんのことだから、それは違うっていうのかもしれないけどね。

dr.stonefly
2008/07/12 04:19
sonokoさん、akikoさん、バーニカさん、
やたらださんのあのエントリーにおいて、「私怨を公憤」よりも「労働者としての怒り」に目がいくかどうかが本質ということで。
(もちろん、「私怨を公憤」について言及していただくのはかまわないのですが……)
dr.stonefly
2008/07/12 04:21

nobuさん、うん、ジャバさんのエントリーは問題ないんだよね。そうです。でもね、その問題のないエントリーに対しても出る「怒り」に対し、ワタシは真に受けます。

dr.stonefly
2008/07/12 04:22

ごんさん、裏でワタシが何を言われているか知りません。何かを言われているとしても、言いたい様に言って頂ければ結構です。でね、きっと裏を持ち出すと、裏の方々が現れて、どんどん「本質」ではない、あらぬ方向へ行ってしまうと思うの。だからね、裏で何を言われていても不問。

それと、裏でジャバさんも何か言っているのかもしれないのだけど(言ってないかもしれないけど)、TBされたエントリーでジャバさんは「不本意ながら」でも謝っているのね。ワタシはこれは認めたいと思う。
dr.stonefly
2008/07/12 04:22
本質はカードゲームさ。

歌を忘れたカナリヤは、後ろの山に捨てられた
よそ見しててはアブナイよね、そんな物騒な世の中さ♪

労働者も使い捨て
泡瀬の干潟も使い捨て
詩も使い捨て

全部カード、そう思ってる人たちが世の中にはいらっしゃるみたいです。
ごん
2008/07/12 07:59
dr.stoneflyさん

>ジャバさんが書いたエントリーはどう考えても謝るような記事ではないのに。おそらく苦労されたジャバさんには、その労働者としての「怒り」の部分は解るんだと勝手に解釈する。
<
深く同意です。
jabberwockさんもあっぱれです。
潔い決着がついてよかったと思っています。
アキラ
URL
2008/07/12 08:45
ごんさん、
> 全部カード、そう思ってる人たちが世の中にはいらっしゃるみたいです。
特に沖縄に住んでいるとカードゲームで大切なものが踏みにじられていくことにリアリティを感じるだろうとお察します。
でも、だからこそ泥臭かろうと不細工だろうと本質を語って行かなければならないと思ってます。
dr.stonefly
2008/07/12 09:44

アキラさん、
やつらださんの、新しいエントリー、コメント欄まで含めて食い入るように読みました。私憤、公憤といっている人も是非よんでもらいたい、と思います。
ワタシがどれだけ言葉を重ねるよりも、ジャバさんのコメントのほうが説得力がある。やはり解る人には解るんだと確信しました。

http://anarchist.seesaa.net/article/102666653.html
dr.stonefly
2008/07/12 09:44
ブログ主さんの意図に反するコメントをしてしまってすみません。
恥ずかしい…

akiko
2008/07/12 09:57
akikoさん、
多分、ずっと上の方で「私憤、公憤」とコメントされたことに反応したのだと思いますが、「本質」がなにかに「気づく」ことが大切だと思います。気づいていただけて嬉しいです。別にあやまることないですよ。
「私憤、公憤」が本質ではないことを、謝罪したジャバさんによって確認することができましたね。ジャバさんも本質を見抜く事ができる方だと思います。そのうえ、あのやり取りから謝罪ができるのは凄い。また真摯に受け入れるやつらださんも凄いと思います。
 ジャバさんが謝罪したことでこのエントリーが生かされたと思ってます。本当はジャバさんに、この件にかんしては、直に礼をいいたいのですが、まったくの筋違いと蹴られるのが目に見えますので、ここから小さな声でいっときます。ありがと。
dr.stonefly
2008/07/12 11:13
>dr.stoneflyさま、そして皆様。

やはり、「純情オサヨ」の表現はまずかった。反省してます。自己批判します。
そしてこの言葉を「講壇左翼」に改めます。
みなさま申し訳ありませんでした。
バーニカ
2008/07/12 12:25
私のあの記事に対する最初の反応は、きっと私もjabberwockさんと同じことをしているに違いない、というものでした。自分に関連していることには過剰に反応するくせにやっぱり他者の苦しみを実感として感じていないのでしょう…。自戒をこめてトラックバックしてみます。
えあしゃ
2008/07/12 14:50
誤解されるとまずいので。jabberwockさんがあやまる必要のあることを書いたとは私も思いません。でもdr.stoneflyさんと同じようにあそこで謝罪ができるのはやはりすごいと思っています。
えあしゃ
2008/07/12 15:07
↑変な文章
(もひとつ、あそこでああ発言できるLightさんもやっぱりすごいと私は思います)連投ごめんなさい。
えあしゃ
2008/07/12 15:14
えあしゃさん、
うん、あれねジャバさんに謝罪されると、ワタシも謝罪しなければいけないエントリーがわんさかでてくると思います。でも、仕方が無い。理不尽と思うときほど考え抜いて、みずから納得し、謝罪します。


Lightさん
すみません、かなり感情的に書いていますね。
仰るように、解って頂ける書き方を考えて書くべきだった反省します。
dr.stonefly
2008/07/12 23:08
こちらこそすみません。私も少々肩に力が入っていました。
私は、やつらださんの「失うものは何もない」的な「覚悟の言論姿勢」を理解していませんでした。
なのに(・・・しかも私が口を出しても事態が好転しないのはわかっていながら)余計な口を挟んでしまいましたことをお詫びさせてください。申し訳ありませんでした。
Light
2008/07/14 01:08
dr.stoneflyさん、おはようございます。

当エントリーと寄せられたコメント、およびTBのいくつかを読んでみて...

浮かび上がってきた感情は、哀しさ。怒りは共有できません。怒りの元となる飢餓感に察しはつくつもりですが。

余裕がない人に余裕を持てなんていうのも無責任だと思いながらも、やっぱりささくれた心から出る文章を読むと哀しい。

暮らしていくのに余裕がないことは自己責任だとは言い切れませんが、心に余裕がないことまで他人の所為にしていたのでは、ささくれだっていくだけです。
愚樵
2008/07/14 06:13
Lightさん、
偉そうに言いまして申し訳ありませんでした。
Lightさんは、やつらださんのとこで謝られてますね。この潔さに好感がもてます。また、ワタシが見くびった言い方をしていたことを恥じ入ります。
ごんさんの言うところの
>「お前はそう思うか、おれは違うと思うぞ」 とか、 「あ、こりゃあ軽率だった、あいすまぬ」
かな。ワタシもできてませんでした。すみません。

ワタシが今思っているのは、周囲の人によるコメントとかエントリーとかに関係なく、ジャバさんは謝罪し、やつらださん受け入れた、んだろうということ。二人は、「お前ら何騒いでるの」と思っているかもしれませんね。
このエントリーに関しては、勝手に騒がせていただき、勉強させてもらいました、って言っとこうかな。
dr.stonefly
2008/07/14 09:03
愚礁さん、
そろそろこのエントリーから離れようかな、と思っているとき、なんとも愚礁さんらしいコメント。また考えさせられます。

「哀しさ」……、なんとなくですが、多くの人が心の底で感じながら、口に出してはいけないと、理由もわからず自制している言葉のような気がします。それを簡単に口にするところが愚礁さん。それは「ほんとのこと」ですかね。
「哀しい」……、やつらださんのエントリーだけですか? ささくれ立っているのは。ささくれだたせてしまう、人間関係、社会、それをつくっているのは、ワタシ自身でもあるのだから、口に出さずに、自分に対して逃げているのかもしれません。

でも、やはり、ちゃんと向き合わないといけないのかな。
このエントリーはワタシのなかの「運動的視点」で書いてますね。「哲学的視点」で書いていたら、主題が違っていたかもしれません。「哀しさ」を含むエントリーになっていたかな?
今回のやつらださんのエントリーは、ワタシに「運動的視点」で読ませ、エントリーを書いたワタシがいた、ということです。

わけのわからぬかもしれぬ、レスですみません。
dr.stonefly
2008/07/14 09:06
かつさん、ご返事いただけないようですが、勝手に想像いたしますと・・

>>「私怨を公憤に置き換えて正当化」するという行為は、その「公憤」が正当であればあるほど、唾棄すべき偽善なのではないでしょうか。

>これって犯罪被害者の会とか拉致家族会とかにもあてはまるのでしょうか。

人の上澄みの善の感情に働きかけて、世間そのものに彼ら特有の主張を押し付ける。権力はそれを見て政治的に狡猾に彼らを利用し自らの目的を達成する。

こんなシナリオで政治ゲームを踊らされるなんてバカみたいですね。まさかピュアな左翼はそんなことしないと思いますけど。

sonoko
2008/07/14 12:54
哀しさに打ちのめされぬよう、精一杯突っ張るのも、野卑に振舞うのも、わたしには強い生命力の表れ、あるいは個人の実存の根源的な反発(叫び)と感じます。
いまここに、熱い血を通わせて自分が生きていることの確かな証明(あかし)…。
まっすぐに立とうとする強い意志の表れでもあります。
わたしは奴らださんのことはよく知りません。でも、彼のブログには、そんな‘熱さ’を期待させる何かを、ちょこっと感じました。
勝手な誤解かもしれませんが…。

以下は、ここでのエントリーとコメント欄を読んで、わたしの胸にわいてきた、行く当てのない勝手な思いです。
「人間一匹、世間相手に生きていたら、ささくれ立つときもある。」
「はた迷惑で、ごめんね。人様に迷惑かけないで、スマートに生きていけるほどご立派な人間じゃないから。」
「付き合いきれなかったら、こんな最低の奴どうぞ見捨ててくださいな。なにも期待しちゃいないから。」
「いや、愛情乞食でわるいね。」

やくざな台詞ほど、時には深く胸に沁みることも多いんじゃないかな。
愚樵さんの言葉、「飢餓感」は言いえて妙です。
naoko
2008/07/15 05:59
dr.stoneflyさん、おはようございます。

>「哀しい」……、やつらださんのエントリーだけですか?

もちろん、そうではありません。やつらださんと敵対関係(?)にあった、やつらださんの引用先も含めて、その言い争いが不毛に感じられて哀しいと思ったのです(敵対関係は、今は解消されたようですね? なによりです)。

今、私たちの周りには心をささくれだたせてしまうことばかりです。その影響から完全に脱することは難しいでしょう。けれど、ささくれだってしまう自分の心のありようだけは、基本的には自己責任ではないのかと思うのです。もちろん自己責任の許容範囲を超えることもしばしばありますが、基本的な姿勢は自己責任でなければならない。その姿勢があってこそ、心のありようが自己責任の許容範囲を超えてささくれだってしまうときに、「哀しい」と感じるのだと思います。
愚樵
2008/07/15 06:12
dr.stoneflyさん。
「ジャバさんのエントリーは問題ないんだよね。」
問題のない記事にでる「怒り」を許容できる姿勢(むしろ共感?)が怖いと思いました。やくざに絡まれたり、不条理なクレームに悩まされる状況に近いと感じたのです。いえ勝手に「怒る」のは構わないんです。でもねそれを支持する姿勢はとても怖い。突き詰めるとそれは、いわれの無い暴力、場合によっては殺人でさえ許容しかねないと思うのです。
nobu
2008/07/15 09:09
sonokoさん、
もしどうしても、かつさんの意見を聞きたいならば、かつさんの裏ブログでこのエントリーについて言及しているエントリーがありますので、そちらで聞いてみてもいいかもしれませんね。(PledgeCrewの日記、当エントリーにTB頂いてますのでそちらから7/12に辿り着いてみてください)

それとは別の話なのですが、バーニカさんのいう「純情オサヨ」もsonokoさんがいう「ピュアな左翼」も文脈から揶揄されているように読み取れるのですが、もし仮に、ワタシが言われたとしたら結構嬉しいかもしれません(爆)。

dr.stonefly
2008/07/15 10:05

naokoさん、
難解なコメントの多いnaokoさんが、ワタシのレベルにあわせてくれて嬉しいな。
>個人の実存の根源的な反発(叫び)
いいですねぇ。でも後ろの「 」の各センテンスのほうがいいなぁ、ワタシレベルでとても響きますぇ、深く胸に沁み居ますよ。え、響くってことは、ワタシは「ヤクザな台詞」好きってことですか? もしやワタシはヤクザな野郎だったのか?(爆) 
 ワタシは、「 」の各センテンスの後ろにね、(こんな小っ恥ずかしいこと声に出して言えねぇけどよぉ、こんな俺でもアンタと『共』に『生』きてぇとおもってんだぜ)って言葉が、聞こえてきませんか? そうじゃなきゃ、絡んだり、言い争ったり、解ってもらおうとしたり、なんてしませんもんね。(運動的視点)
dr.stonefly
2008/07/15 10:06
愚礁さん、
きたなぁ、愚礁節(笑)。
格差社会によって疎外されている、なんて言ってるけど、そんなもん所詮「金銭的に」疎外されているだけで、オノレが如何に在るかとは関係ない、だろ。と、聞こえます。
これ、ずっとテーマですね。例の内田樹の(ずっと前の)記事のときも、ワタシや愚礁さんは違和感がなかったのだけど、違和感を感じたり反発するブロガーは多かった。この周辺は「社会」や「政治」に焦点を併せているブログが多いのだから当然でしよう。今回は明らかに内田樹に違和感を感じる視点で書いている。
ころころ視点が変わっていい加減ですね。
でもね、いいですか、ワタシはね、あるお方から「どっちつかずのフラフラ蝙蝠糞ブロガー野郎」(うろ覚えのため印象)の称号を頂いているのです。コロコロ視点を変える野郎なんです。参りましたか、ガハハハハハ。開き直ってやる(爆)。
まあいいや、またエントリーたててみよ。

ただね、愚礁さんのコメントのなかで「自己責任」という言葉を使うと変に誤解を呼ぶような気がするんだけどなぁ。愚礁さんのことだから、わざとかもしれないけど。
dr.stonefly
2008/07/15 10:12

そうそう、格差社会によって(金銭的に)疎外されているけれど、「哀しい」じゃなくて「喜び」を与えてくれるのは、ルンペン放浪記の田中さんね。(哲学的視点)

dr.stonefly
2008/07/15 10:13

nobuさん、
コメントありがとう。nobuさんの言わんとすることは解ります。その上でなんですが、まず、問題のないエントリーに対する「怒り」を「無制限」に許容したり共感したりはしません。もちろん、
>やくざに絡まれたり、不条理なクレーム
を許容したりしようとも思いません。でも「今回」は共感し怒りを共にしました。「今回は」という限定のなかに、「いわれのない暴力」ではなく、「理由のある叫び」…しかも、「個人的な叫びではない」ことを感じ取ったからです。
怒りも、問題のないエントリー(ジャバさん)に対してでなく、そこから触発された社会に向けた怒りです。(本エントリー(本文)では多少、誤解を呼ぶ表現をして申し訳ありません)
もちろん、ジャバさんにとっては「いわれのない暴力」ですね。でもね、当のジャバさんが怒りを共感したのだから、「今回」、怒りを共有することはよかったのではないのでしょうか。

「今回は」ってのを連発しましたが、ここが「感性」で、鍛えるべき部分ではないのかな、と思っています。

dr.stonefly
2008/07/15 10:15
dr.stoneflyさん

ご案内のところに行ってまいりました。あり地獄みたいなところでですね。うかつに入り込めないものを感じましたので遠慮いたしました。この界隈では、ネタをまいて自分の領地に引きずり込む、という手法がはやっているのですか?ふつう、言論は発せられたところで議論するのがノーマルだと思っていましたので、すこしビックリです。

(つづく)
sonoko
2008/07/15 14:11
なので、あそこで見て、これは違うな、と思ったことをひとつ。それはブログ上での議論のことですけど、それをひとつのプライベート会話に対するパブリック言論と規定すると、パブリック言論は、「徹底的に理屈のみでやる」場だけではないとおもいますよ。たとへウチとソトの使い分け、正しい人より弱い人に味方、言論より人という日本的な側面を排除したら、即パブリックな言論が現れるというわけじゃないんですね。パブリックの一番の重要な点は、お互いの人格と権利を尊重しあい、公正に意見を戦わせ、交流するということです。つまり彼には「公正に意見を戦わせ」るという経験と能力、そして一番大切な人間同士の「交流」という理想を追求する情熱が欠如している、と最後に批判しておきたいとおもいます。有難うございました。
sonoko
2008/07/15 14:12
>今回は明らかに内田樹に違和感を感じる視点で書いている。
>ころころ視点が変わっていい加減ですね。

そうとも思いませんが。dr.stoneflyさんはちゃ〜んと、「運動的視点」と書いておられる。その視点からいくと、内田流が精神論にしか見えないのも致し方のないところでしょう。だって、現実を変革しようとするのが「運動」なんでしょう? カネがないという貧困は現実に間違いなく存在するのですから。

でも、私は最近、dr.stoneflyさんのいう「哲学的視点」の必要性が高まっていると感じます。“希望が見出せない”という声をよく聞くのでね。

そりゃそうだろうと、思います。希望ってのは自由な心から生まれてくるものですからね。“希望がない”という人は、現実の暮らしだけじゃなくて、心までカネに縛られているように私には見えます。
愚樵
2008/07/15 19:51
続きです。

確かに現実の経済世界では、多くの人が自由を抑圧されています。でも、そのことと心の自由とは別問題でしょう? いえいえ、本当のところは、なかなか簡単に別問題だと割り切れるものではないですよ。でも、その姿勢なくして何を語れるというのでしょう? 他者とオノレとを引き比べて、オレの方がツライ、いや、オレの方だ、と論争したって、そんなのが何を生み出すというのでしょう?

そんな論争を見ていても、哀しくなってしまうだけです。
愚樵
2008/07/15 19:52
dr.stoneflyさん、記事と関係ないコメントですいません。トラブちゃいまして、ブログを閉鎖してましたが、この度コッソリ再開しました。遅くなりましたが、ご挨拶に伺いました。
また宜しく。


ZUNDERE
URL
2008/07/15 22:51
こんな俺でも…。
図星ですよ、stoneflyさん。
やっぱり通じましたね。
それが通じない相手とは、コミュニケーション苦労しますよね。
やっぱり、経験の差かなあ…。
「なんでわかんねえんだ?イラつくぜ!」
naoko
2008/07/16 03:26
哀しい論争…。
徹底して通じないから哀しいのだと思います。
通じているのか、いないのか、わからないのも哀しい…。
愚樵さんのこころも、stoneflyさんのぼやきも、わたしは痛く感じます。
「哲学的視点」も「動的視点」も、どちらも生きていく上で大切なものだから。
naoko
2008/07/16 03:52
dr.stoneflyさん。
了解しました。今回は当事者間で解決しているようなので、前回のコメントは送るのに迷いました。

ここからは余談。
自分もいい加減貧困状況が続いているわけです。(明日の食事に困るほどではないけど、家庭にネットを引き込んでブログの運営なんてする余裕が無い程度には貧しい)貧乏人なら個人のコメント(しかも問題が無い)に噛み付いて怒りを発信することが許されると思われかねない今回の記事は、貧乏人である自分(及び家族)を貶める行為だと感じた、個人的な「怒り」が今回コメントするきっかけになったのです。(貧困の程度が違うわ!は無しよ)
nobu
2008/07/16 09:27

sonokoさん、
安易に紹介してすみませんでした。先方で、聞く聞かないはsonokoさんが判断されるだろうと考えてました。しなかった選択を理解します。
>お互いの人格と権利を尊重しあい、公正に意見を戦わせ、交流するということです。
ここのとこのブログのやり取りをみてますと「哀しく」なりつつ、ほんとうに、こうありたいものだと感じています。
こちらこそ、大切なことを確認させていただき有難うございました。


ZUNDEREさん、
またお伺いさせていただきます。連絡ありがとうございます。
dr.stonefly
2008/07/16 11:41

nobuさん、
>貧乏人である自分(及び家族)を貶める行為だと感じた
すみませんでした。配慮が足りませんでした。ただ、これからも全ての可能性に配慮して記事を書くことはできないと思います。その都度指摘していただけたらと思います。
よろしくお願いします。


愚礁さん、naokoさん、
新しいエントリーを立ててしまいました。お答えにはなってないかもしれませんが……。

dr.stonefly
2008/07/16 11:42

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「怒りを共感できるか」…机上の言論とならないために 毒多の戯れ言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる