毒多の戯れ言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ボランティアって厭な響き」…ってオイラだけかな?

<<   作成日時 : 2008/05/24 09:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 12

 どうも「ボランティア」ときくと条件反射的に「それは違う!!」と反応してしまうパブロフ体質。いつからだろう?と記憶を辿ると、やはり昔のこと、青カンと遊んでいた頃だ。
 最初は、上品そうな教会婦人に「ボランティアして人助けしているの、偉いわね」と声をかけられ、えっ? ボランティア? 人助け? 誰が? 偉い? 何が? と感じたこと。「ボランティア」という言葉も、「偉い」という言葉も不意にかけられ呆気に取られていた。好きで青カンと遊んでいるのは「ボランティア」で「偉い」????? その後、幾度もその手の言葉をかけられることになる。言うほうは「褒めている」という自己本位な好意なのだろうが、もともとの違和感が、度重なるほどに嫌悪感に変わり、最後には「ボランティア」ってなんですか?と逆ギレする始末。褒めている方にしてみれば、なんで褒めてるのに突然ムっとされなきゃ解らないわけで、逆逆キレする人もいた。若かった日々。
 また、よく青カンと遊んでいる場面とは関係ないツレに言われた。
 「なんで、ボランティアなんか、やってんの?(アホとちゃうの)」(アホとちゃうの)は、前後の会話からのニュアンス。こっちの方は、「無償」で「奉仕」なんかやるのは「偽善」だ、と言うわけだ。ただ働きするなんて信じられない。そんなことは偽善者のすることだ。って言いたい普通のツレは普通の新自由主義的メンタリティ。哀しいヤツと蔑んで見てあげるんだけど、そのツレの方もオイラのことを蔑んだ目で見てるから、ダルマさん状態。
 ♪ダルマさん、ダルマさん、睨めっこしましょ、認めちゃだめよ、アっぷっぷぅ♪
 だからさ、「奉仕」じゃないんだって、楽しいの。好きでやってるの。だいたい「善」って何よ? ぜんぜん善じゃないんだから、「偽善」にもなりやしない。

 では、いわゆる「ボランティア」と呼ばれる行為をやっている人が同じように言われたらどう思うのだろう?
 たとえば大震災で救援に、思わず駆けつけてしまった人、駆けつけずにいられなかった人。
 「ボランティアしているのね、偉いわね」とか「なんで、ボランティアなんかやっての?」なんて言われたらどう思うのだろう。そういう救援はやったことがないので、この辺は想像なんどけど、そこで救援している人に所謂「ボランティア」って意識はあるのだろうか? つまり「ボランティア」って言葉に含まれる(と、オイラは埋め込まれてしまった)、「奉仕」「人助け」「偉い」「無償」「偽善」なんて思いもしないで、というよりそんな発想さえなく、気付いたら「動いていた」「動かずにいられなかった」からそこで救援なりをしているんじゃないのだろうか?
 「ボランティア」ってのは政府や行政が「緊急ボランティア募集」なんて呼び掛けに便利づかいする言葉か、何かやらずにはいられない」行為を行なっている人々に対して、その本質をみようとしない周辺の人々が評価するときつかう言葉のように感じてしまうわけさ。「ボランティアしているのね、偉いわね」なんて言われたら、偉そうに「何がわかってて偉いなんて言ってんだ?」って感じてしまう。 ひねくれすぎか(笑)

 これね、最近学校のカリキュラムにボランティアを強制的にやらせる、ってのがあるでしょ。これさ、絶対に「やらずにいられなかった」とか「気がついたら動いていた」って経験がないヤツの発想だね。「奉仕」「人助け」「偉い」「無償」「偽善」……、なんて打算……、おっと打算はマズいかな? じゃ、そういう前提からボランティアってのを規定してやらせようとしているのが見え見えだね。実に下らない。
 あっ、それともやっぱり、ボランティアを餌に、お国のために「無償」で「奉仕」させる訓練のつもりかな。

 と、まあ、こんな事を書いているのは、最近たんたん♪さんにコメントもらったから。

 > 私もボランティアに興味があるけど、なかなか踏み切れません。

 たんたん♪さんに「ボランティアなんて形があって、そこに参加するもんじゃなくて、知らず知らずのうちに何かをやっていて、気付いたら周囲が『ボランティア』と呼んでいた、ってもんだと思う。別に無理してやらなくてもいいんじゃないんかな〜。やってるときにはやってるし、やってなくてもまあいいんじゃないの」というレスを書こうと思っているうちにメラメラ思い出した追憶。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【日記】気になったエントリだけリンクして寝る
土日は、ゆっくり休みたいので、パソコン離れしようと思う。気になったブログだけリンクして終わり。 ...続きを見る
散策
2008/05/24 16:14
【政治】早川議員の呼びかけに応えるべきか、ボーっと考え中=>私にできるのは、この程度です
自民党早川忠孝議員のブログに「まだ、やるべきことがある/児童ポルノ所持禁止法の新たな展開」というエントリがあがった。http://ameblo.jp/gusya-h/entry-10099570746.html 月曜日までに、私のブログへのアクセス件数が10倍、20倍に急増し、コメントを寄せる人が何万人にもなれば、ひょっとして奇跡が起こせるかも知れない。 一部の議論にとどまっていた児童ポルノ禁止法の改正問題への国民の関心が急速に広がり、国民的な課題に変貌するかも知れないではないか。 ... ...続きを見る
散策
2008/05/24 16:14
改竄
なんかさ ひどく誤解されてるようだから言っとく (別に誤解されてもいいんだけど、 そのことによってあたしの論がデタラメだと思われるのイヤだから) そもそも最初から あたしの言いたいことは一貫してる それはこういうことなんだけど 某国の人だとか、某党の支持者だ.. ...続きを見る
そいつは帽子だ!
2008/05/25 11:52
悲しい方の顔
前に私に「お前の顔は笑顔と悲しそうな顔の2種類しかないな」と言った先輩から、「最近、悲しい方の顔しか見てない」と言われた。沖縄島に長年住むその人は「そっか、お前にはきついことばかり続いているもんな」と続けた。先週の土曜日、4か月ぶりに泡瀬干潟で潜ってきた ...続きを見る
リーフチェッカー’さめ’の日記
2008/05/30 22:27
「公共のため」なんて糞喰らえ
■[荒らし対策]高樹沙耶さんのブログが荒らされた件:厨房の珍ボランティア論(CLick for Anti War)  リンク先は女優の高樹沙耶氏がボランティアを募集したら、荒らしが押しかけてきましたよ、という話。詳細はリンク先をお読みいただければと思いますが、高樹氏のブログに脅迫・セクハラ・いやがらせコメントをした人々の珍ロジックを取り上げたものです。そしてこの超理論の根幹にあるのが以下の思いこみであるとclaw氏は指摘します。 ...続きを見る
非国民通信
2008/07/02 20:32

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
dr.stoneflyさんは「ボランティアをやっているのですか?偉いですね。」と言われて切れたことがあるのですか。(笑)う〜ん 私はそういうことを言われたことがないですが 切れないと思うけれど。無償で強制されずにやっていることをボランティアというのなら たしかにボランティアをやっているのだな と思うことがありますが 好きでやっているのだから 趣味か生きがいか遊びみたいなものだと思っています。あとは政治家などへの意思表示です。しないよりしたほうが 自分にとって心地良いことなので、人からの評価は関係ないです。そういう意味で、dr.stoneflyさんが他の人から「偉いですね」と言われて 反発する気もちは少しはわかります。私は とくに家族が理解してくれたり協力してくれたりするわけではないので 好きでなかったら続いていないなと思うくらいかな。
非戦
2008/05/24 12:43
 「ボランティア」という言葉の響きとかはとりあえずおいといて、そういう好意にdr.様が「偉い」と持ち上げたり「偽善だ」と斜に構えたりする人達って、そういう行為を「やらずにいられない」気持ちを経験していない自分を無意識に正当化しているのではないでしょうか。うまく表現できないのですが。
tomoko
2008/05/24 13:53
 すみません、上記コメントの「にdr.様が」の部分を削除して「を」一文字に置き換えてください。書き直した部分の消し忘れです。大変失礼しました。(冷汗)
tomoko
2008/05/24 13:57
あー、あれでしょ?
『敗者の上から目線』ってヤツ。

『そんなことする暇があるなんていいですね〜。私は忙しいんでできないケド』みたいな。
『立派なこと』してる人をなんとなく下に見る。みたいな。
まあ、好きでこういう活動してる人たちは『別に立派なことしてるわけじゃねーよ』って考えてるわけだから、これはそもそも皮肉にすらならないわけで。
たぶん、『この種の人たち』も、そのことくらいはわかってる(はずな)わけで。
つまりこれは、一種の自慰行為だったんだよ! 偉いですねと言うことで、その『偉いこと』をできない自分に言い訳を用意する、これは非常に高度な方法で自己の精神的安定を得ようとする……邪推しすぎ?
sutehun
URL
2008/05/24 17:43
私も前に経験があるのでその状況の中での想像なのですが、例えば身体障害者と言われる人の身近で身の回りのことをヘルプをしているような場合、「私ってボランティアしてるっ!」って思いながらやってる人もいれば、そこにその人がいるから普通の感覚で手伝っているだけ、と思っているって言うか、何にも特別なことしてると思わずにやっている人もいて、前者の人は第3者から「偉いですね!」って言われれば悪い気はしないけど、後者の人はきっと「へ?」って思うんでしょうねぇ・・・
すぺーすのいど
2008/05/24 18:25
私が一番むかつくのは「楽しい」という言葉で表現されることでしょうか。私はこの活動を楽しいからやっているわけではなく(ましてや他者からどう見られるかなんてことはどうでもいいわけで)、やらなければいけないからやっているのです。
「辺野古の調査を10年続けてきて楽しかったことを書いてください。基地とか難しいことはどうでもいいんで」と言われてまじギレしたことがあります。1つ1つの調査等を終えての達成感はあるけど、でも、その裏に存在し続ける重苦しい事実がある限り、楽しい、なんて言葉では表現できない。

確かに、「ボランティアをしている偉い私」という姿に酔って活動している人も多いですね。CSRとかカーボンオフセットとかエコとかいう言葉を盲信している人に多そうな。
さめ
URL
2008/05/24 22:31
むかし、ボランティアという日本語が広まってないとき、志願兵・義勇兵という意味で英単語を習ったと思う。

義を見てせざるは勇なきなり、って語感の言葉だよね。

dr.stonefly兄さんには、「いやー、ボランティアって、もともと英語では“おっちょこちょい”って意味らしですよ」とか 適当なことをいって、相手の反応を楽しむのをおすすめします。
kuorneko
URL
2008/05/24 23:14
すみません、「興味がある」という言い方が間違っていましたね。(^_^;)ゞ
福祉に関することで私に何かお手伝い出来たらいいな、と思っているんです。
けど、なかなか実行できません。
たんたん♪
2008/05/25 04:06
非戦さん、
正直に申しまして「>キレたこと」、はないです。でも、相当ムッとしていた記憶があるなぁ。きっと、「>人からの評価は関係ない」、ここなんですよね。
「ボランティアをやっているのですか?偉いですね。」
これに、薄っぺらさを感じ取っていたのでしょう。
いずれにしてもワタシのほうも若かった。軽く流しておけばいいのにね(笑)。


tomokoさん、いらっしゃいませ。
>自分を無意識に正当化
うーん、そうかもしれません。どうだろう? そういう部分もあるかもしれませんね。無意識に正当化している自分に気づけばいいのですが、特に後者の方、新自由主義的メンタリティに毒されている人は、無意識に正当化よりずっと未熟なレベル」のような気もしなくもない。毒されている自分を振り返るのは困難だろうなぁ。
dr.stonefly
2008/05/25 06:42
sutehunさん
>邪推しすぎ?
いやいや、とっても心理学。妙に納得しながらよまさせて頂きました(笑)。
逆に若かったワタシの方の深層心理も考えてみると、本文のほうは格好つけすぎで、「何も変わらない状況にイライラしているとこに、『偉い』なんて言われたから、ムカっとした」っていうのもあったかもしれないなぁ(遠い目)



すぺーすのいど会長
>「私ってボランティアしてるっ!」
やっぱりこういう人もいるんだ。自己満足のためにやるってのも否定はしないけど、ちょっともったいない気もするなぁ。ボランティアのような行為は、「他人のためになることより、自分のためになること」の方が圧倒的に多いと思っていて、「私ってボランティアしてるっ!」って人は、得られるものを見過ごしている気がするね。
dr.stonefly
2008/05/25 06:42
さめさん
> 私が一番むかつくのは「楽しい」という言葉で表現されること
ひゃー、ドキドキっとして本文を読みなしたらありましたがな、「楽しい」。すんません。って自分で言う分にはいいでしょ。実際に楽しいこともあったし。でも他人には言われたくないな。苦しい事の方もやっぱり多かったからね。
>「辺野古の調査を10年続けてきて楽しかったことを書いてください。基地とか難しいことはどうでもいいんで」
これは酷い。おそらく昔のワタシが横で聞いていたら何も言わずに(言葉の)マシンガンが飛んでいたでしょう。今はだめだよ、非暴力に転向したんだから。
ごんさんのとこのコメント読みました。同意します。


kuronekoアニさん
もう、世間からボランティアと呼ばれるようなことは何もしてないので、「いやー、ボランティアって、もともと英語では“おっちょこちょい”って意味らしですよ」って言うチャンスもないかな。
若く、純粋だったあの頃には、そんな気の利いたこと言う余裕はなかったなぁ
dr.stonefly
2008/05/25 06:45
たんたん♪さん
勝手に引用してすみません。たんたん♪さんのコメントで、思わず昔の風景が蘇ったので書いてみました。
コメントいただいたみなさんも「ボランティアをやっている」というメンタリティに疑問を持っている方が多そうですね。
でも、きっかけがなければ、「知らないうちに身体が動いていた」ってこともない訳で、とりあえず、ちょっと時間をつくって、「ボランティア」が動いている風景を遠目に見てみたら如何ですか? そこで、やらなくちゃ、と思うかもしれませんね。思わなければ、やらなくてもいいんじゃないかな。
そうそう、ここにコメント頂いている『tomokoさんのブログ』は、お薦めですよ。
dr.stonefly
2008/05/25 06:46

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「ボランティアって厭な響き」…ってオイラだけかな? 毒多の戯れ言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる