毒多の戯れ言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ほんとうの言葉、ほんとうのこと」…例えワタシ自身が弱い人間でも

<<   作成日時 : 2008/03/18 09:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 13 / コメント 22

たとえば、ワタシが言葉を綴る。
主張をするための言葉ではない。
政治のための言葉ではない。
運動のための言葉ではない。
ただ、ほんとうのことを思索して、あふれた言葉。
誰かがワタシの言う言葉に耳を傾けてくれる。
誰かがワタシの言う言葉に共鳴してくれる。
誰かが言葉を受け止めてくれる。

それはワタシに共鳴してくれたのかい?
ワタシの言葉に共鳴してくれたのかい?
それとも、言葉そのものに共鳴してくれたのかい?
いや、言葉のむこうにあるほんとうのことを感じたのではないかい?

その言葉がほんとうのことであれば、
たまたま発したワタシそのものから飛び立ち、
言葉そのものが駆けめぐる。
ワタシを置き去りにして、
ほんとうのこととして、
人から人へと伝わっていく。
もうそこにワタシはいない。

たとえば、ワタシが嫌な野郎だったとする。
ワタシが信じられない過ちを犯したとする。
ワタシが弱い人間だったとする。
ワタシが躓いたとする。
ワタシが言葉を裏切ったとする。
いや、だったとするではない。
実際にワタシはこれまでにいくつもの過ちをおかし、
いくつもの失敗をし、多くの人を傷つけ、
そして、とても弱い人間なのだ。

では、そんなワタシが発した言葉は「嘘」なのかい?
こんなワタシが発した言葉は、偽りなのかい?
こんなワタシは共鳴を裏切ったのかい?
こんなワタシが発した言葉だから意味がないのかい?

ほんとうのこと、ほんとうの言葉、
それは、ワタシがどんな人間であっても、ゆるがない。
ほんとうのことが、ワタシ個人によって左右されるわけがない。
たとえワタシが酷いヤツでも、
ほんとうのことに共鳴したあなたが落ち込むことはない。
ほんとうのことはほんとうのことでしかないのだから。
ほんとうの言葉を感じたあなたは揺るがない。
あなたはワタシではなく、言葉を感じたのだから。

繰り返して言おう。
ワタシなど、あなたの信用にたえる人間ではない。
それでも、たまたまあなたがワタシの発した言葉に何かを感じたら、
それはワタシではなく、言葉そのものを感じたのだ。
ほんとうのことを感じたのだ
あなたはワタシを信じたのでなく、言葉を信じたのだ
言葉によって語られたほんとうのことを信じたのだ。

ワタシがどんなヤツでも、
ほんとうの言葉は、揺らがないのだ。
ほんとうのことは、絶対に揺らがないのだ。
忘れずにいてほしい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(13件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
集会はレジャー、デモはお祭り 
デモ隊と警官が小競り合い「渋谷は戦場でした」の声も ...続きを見る
みんななかよく
2008/03/18 12:41
週刊金曜日3/14号あとがきに「水騒動」が!(追々記あり)
今週号の週刊金曜日、裏表紙をペラッとめくった「金曜日から」のページに、年明けの水伝騒動のことが書かれていた。 ...続きを見る
keep changing !
2008/03/18 14:00
菊池誠版、陰謀論の罠
9.11の問題については、kikulogという面白いブログを見つけた このブログ主は大阪大学物理学教授菊池誠という人物で、専門外の陰謀論説退治に情熱を傾けている。ついでに、ここのブログ主は、反原発本に対して批判的・懐疑的な言辞を残しています。 http://www.cp.cmc.osaka-u.ac.jp/~kikuchi/weblog/ ...続きを見る
逝きし世の面影
2008/03/18 14:02
天保の共生、大原幽学
今となっては、羊頭狗肉の虚偽でしかなかった 「改革ファシズムを止めるブロガー同盟」であるが。その創成期の頃からの ブログ仲間「とりあえず」じゃなかった、今は「A Tree at ease」が最近、 ディスカバー・江戸ジャパンを説いている。 ...続きを見る
BLOG BLUES
2008/03/18 14:21
男女の非対称性 障害者の性をめぐって
? 反米嫌日戦線 のコメント欄に投稿しようとて、何度もエラーになったから、エントリーをあげます。    もとのコメントは引っ張ってこないので、元のエントリーへ読みにいってください。   http://anarchist.seesaa.net/article/87881236.html ...続きを見る
みんななかよく
2008/03/18 14:22
横浜事件判決−忘却を強いる免訴という手続き。
サパテロ政権の過去にむきあう姿勢と日本を見比べて、「歴史の記憶」についてとりあげた(参照)。スペインの「歴史の記憶法」制定にみられるような行為は、過去を遡り、過去の出来事を私たちの脳裏に刻み込み記憶として保存することによって、将来の社会のありようにいかそうという強い意思の表れを示していると思う。このスペインに比して、日本のその意思がいかに乏しいのかを先のエントリーでふれた。横浜事件(*1)の再審上告審判決が14日あった。裁判長は、元被告側の上告を棄却。治安維持法の廃止と大赦を理由に、有罪無罪の... ...続きを見る
花・髪切と思考の浮游空間
2008/03/18 19:50
「道州制」は新自由主義の隠れ蓑
 日本経団連が18日付で「道州制の導入に向けた第2次提言 −中間とりまとめ−」を公表した。昨年の第1次提言に続くもので、政府が策定を進めている「道州制ビジョン」を先取りしたものと言えよう。  「道州制」については「地方分権」を具現化するものとして、何となくプラスのイメージをもって語られることが多く、新自由主義の「構造改革」路線に批判的な人や福祉国家派でも支持する場合が多い。しかし、今回の提言を読む限り、「道州制」も「地方分権」も弱肉強食の新自由主義の隠れ蓑にすぎないと言わざるをえない。 ...続きを見る
世界の片隅でニュースを読む
2008/03/18 21:23
陰謀論の罠の罠『空白部分を埋める脳』
『創作する脳』 ...続きを見る
逝きし世の面影
2008/03/19 10:38
伯爵さまのコメントへお答えします
昨日の自爆エントリのこちらへ http://teagon.seesaa.net/ 伯爵さまよりコメントをいただきました ここであらためてお礼申し上げます 伯爵さま、どうも有り難う御座いました それで、さっそく 伯爵さまのお言葉を拝見し、つらつらと考えてみたわけで御座いますが もちろんこ.. ...続きを見る
そいつは帽子だ!
2008/03/19 12:39
日銀総裁が学者出身で何がおかしい?
日銀総裁、戦後初の空席確定 田波氏案を参院否決(朝日新聞) - goo ニュースについて. ...続きを見る
Die Weblogtagesschau...
2008/03/19 20:49
60年じゃ足りないか、足りないよね
こちらにコメントくださったみなさん http://teagon.seesaa.net/article/89840879.html 返事が遅れてしまい申し訳ありませんでした みなさまのお言葉に刺激されて あれこれとあふれ出てくる思いの丈を つらつらと 以下に書きしたためたいと思います コメントくださったみな.. ...続きを見る
そいつは帽子だ!
2008/03/20 10:42
あの角を左に曲がれば
「娘さんは風邪をひかなかったですか」 と、おはようの挨拶代わりに 同僚のYさんから 声をかけられた 昨日雨の降る中、2才の娘を抱えて もう片方の腕では傘を差して…… 立っていた それで右腕がちょっと痛い 「いや、それはなかったですが、こっちが筋肉痛になったみた.. ...続きを見る
そいつは帽子だ!
2008/03/24 23:49
主体的日本とは何か
欧米社会でのパーティ・ジョークで何度となく聞かされた定番の話がある。 ...続きを見る
逝きし世の面影
2008/03/25 15:44

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(22件)

内 容 ニックネーム/日時
dr stoneflyさん
いろいろとありがとうございます。
過ちを犯しても、その人がそれまで積み上げた数々のことがなくなってしまうわけではないと思います。なのであの方にもいつか戻ってきて欲しい。日本の社会全体に少々の過ちも許さん!という雰囲気が、昔からあるのですが、最近だんだんと大きくなっているように思います
さめ
2008/03/18 11:11
さめさん、一晩眠れませんでした。落胆と怒り、混沌、不安……。
でも、ではワタシはどうなんだ、と考えました。いやワタシだけでなく、誰もが過ちを犯し間違いを行なう。人間の業かもしれない。運動も政治もそんな人間がジタバタやっているものかな。
でもそうした人間の弱さに「ほんとうのこと」は左右されない。
そしてワタシたちはそんな人間の弱さに振り回されることなく、「ほんとうのこと」を追求しなければならない。こんな思いです。
dr.stonefly
2008/03/18 14:04
dr.stoneflyさんのブロブの言葉に共感します。本当のことを本当の言葉で言って行動して、、、責めるべきは自分たちだろう、とも思いました。そしてとても悲しかったです。なんだか言葉になりません。ただこうやって気もちが共有できてありがとうごうございます。
非戦
2008/03/18 17:55
非戦さん、ワタシは過去運動のなかで随分失敗を繰り返し、過ちを繰り返してきました。そこを離れたのもワタシ自身の過ちで、随分長い間そんな自分に苦しみました。でもその苦しみはワタシのもので、運動の本質とは関係がなかった。ワタシがどうであろうと、ほんとうのことは左右されることなくそこにあります。 「戦争などなくならなければならない」
「武力、暴力で平和にはならない」
ほんとうのことです。
dr.stonefly
2008/03/18 18:43
コメントありがとうございました。 なんか。、お取り込みのようで…。 いづれあらためて
kuroneko
2008/03/18 18:43
自立、自主独立の精神ということですね。そんなテーマの詩だと理解しました。運動上の団結問題で絶えず実感することです。信頼する人が言うし、やっているから「ついていく」という態度です。これは自立不全です。本当の言葉、本当の態度を認識して運動する自主独立性がない。子育てでも言えると思います。両親が子供に「勉強しいや」と言う。本当の言葉だ。しかし、自立不全の子供は「お父さんも勉強してないし、高卒やん。説得力がない」と逃げる。運動も同じですね。みんなが運動していないし、みんなが立ち上げるまで多数派についておこう。これです。まったく自主性がない。本当の言葉、本当の態度。生き方。金魚の糞はいらない。戦争がなくなるまで、貧困がなくなるまで、裏切られても裏切られても運動する。努力しても努力しても成績が上がらない。でも、成績があがるまで貫く。こんな態度、生き方が本物だと思います。
東西南北
2008/03/18 22:33
取り込み中ごめんなさい

成績が上がることに何の意味があるの?

金魚の糞で何が悪いの?

勉強してどんなトクがあるの?

俺には親がいないんだけど
誰が俺に教えてくれるの?

答えたことありますか
考えたことありますか
そこに寄り添って
そういうふうに生きたことありますか
道端に座り込んでいる子どもたち
そういう子は
人間が道を歩くようになったときから
存在したはずだ
そんな子どもたちに
勉強しなさい
成績が上がるまで
努力しなさい
そういうことに
何の意味があるの

東西南北さん

本当の生き方って何ですか?

人は生まれて
そして死ぬ
それ以外に本当の生き方があるのですか
いや、尋ねているのではない
それ以外の生き方はないだろ
と言いたい

生き方を押し付けるなよ、勝手に

といいたいです

いわないけど
ごん
2008/03/18 23:12
ごんさん。まったくの正論です。東西は言い返す言葉がありません。どんな悪人でもただ生きること、生かすことは正論です。正しい生き方です。殺すこと、死なすことを押し付けるのは暴力ですね。

「人は生まれて、そして死ぬ。それ以外に本当の生き方があるのですか。いや、尋ねているのではない。それ以外の生き方はないだろ。と言いたい」

 はい。無いですね。正論です。ただ、この記事の内容は「ヒト受精卵は単に生まれてきて、ただ生きる。それだけ」という次元ではなく、言葉の次元をメインにした記事だと思いました。すみません。ごんさんのおっしゃる通りです。金魚の糞という言葉は撤回します。

 例えば、戦争がなくなるまで、貧困がなくなるまで、裏切られても裏切られても運動する。これは本当の生き方だと断言せねばならない道徳だと思います。戦争を遂行する。黙ってみている。貧困を強制する。黙ってみている。偽者の生き方だと断言する必要があります。
東西南北
2008/03/18 23:40
ごんさん。まったくの正論です。東西は言い返す言葉がありません。どんな悪人でもただ生きること、生かすことは正論です。正しい生き方です。殺すこと、死なすこと、を押し付けるのは暴力ですね。もちろん、死にかかっている人を冷めた目で放置することも正しくない。

「人は生まれて、そして死ぬ。それ以外に本当の生き方があるのですか。いや、尋ねているのではない。それ以外の生き方はないだろ。と言いたい」

 はい。無いですね。正論です。ただ、この記事の内容は「ヒト受精卵は単に生まれてきて、ただ生きる。それだけ」という次元ではなく、言葉の次元をメインにした記事だと思いました。すみません。ごんさんのおっしゃる通りです。金魚の糞という言葉は撤回します。

 例えば、戦争がなくなるまで、貧困がなくなるまで、裏切られても裏切られても運動する。これは本当の生き方だと断言せねばならない道徳だと思います。戦争を遂行する。黙ってみている。貧困を強制する。黙ってみている。偽者の生き方だと断言する必要があります。
東西南北
2008/03/18 23:42
dr.stoneflyさんもいろいろ辛いことがあったんですね。
でも
> 「戦争などなくならなければならない」
「武力、暴力で平和にはならない」
ほんとうのことです。

もちろん!本当のことです。気持ちはいつも一緒だったし、これからもそうだと信じています。わたしも眠れず、ずーと考えていましたが、そう確信が持てた気が今します。
非戦
2008/03/18 23:44
ごんさん。まったくの正論です。東西は言い返す言葉がありません。どんな悪人でもただ生きること、生かすことは正論です。正しい生き方です。殺すこと、死なすことを押し付けるのは暴力ですね。

「人は生まれて、そして死ぬ。それ以外に本当の生き方があるのですか。いや、尋ねているのではない。それ以外の生き方はないだろ。と言いたい」

 はい。無いですね。正論です。ただ、この記事の内容は「ヒト受精卵は単に生まれてきて、ただ生きる。それだけ」という次元ではなく、言葉の次元をメインにした記事だと思いました。すみません。ごんさんのおっしゃる通りです。金魚の糞という言葉は撤回します。

 例えば、戦争がなくなるまで、貧困がなくなるまで、裏切られても裏切られても運動する。これは本当の生き方だと断言せねばならない道徳だと思います。戦争を遂行する。黙ってみている。貧困を強制する。黙ってみている。偽者の生き方だと断言する必要があります。
東西南北
2008/03/18 23:45
ごんさん。まったくの正論です。東西は言い返す言葉がありません。どんな悪人でもただ生きること、生かすことは正論です。正しい生き方です。殺すこと、死なすこと、を押し付けるのは暴力ですね。もちろん、死にかかっている人を冷めた目で放置することも正しくない。生かすことを押し付けることも正しくない。しかし、ただ生かすことは正しい。例えば、本人の意思が確認できない延命治療の場合、ただ生かすことが正しい。

「人は生まれて、そして死ぬ。それ以外に本当の生き方があるのですか。いや、尋ねているのではない。それ以外の生き方はないだろ。と言いたい」

 はい。無いですね。正論です。ただ、この記事の内容は「ヒト受精卵は単に生まれてきて、ただ生きる。それだけ」という次元ではなく、言葉の次元をメインにした記事だと思いました。すみません。ごんさんのおっしゃる通りです。金魚の糞という言葉は撤回します。

 
東西南北
2008/03/18 23:47
dr.stoneflyさん。
私もとても弱いので本当はいつも自分よりしっかりした信頼のおける誰かに頼りたいと思っています。なので今回の件はとても痛く、自立しているつもりの自分が今、大きな不安に陥っているのを感じます。また、私についてきてくれるメンバーにほんとうのことが見えているのかどうかも不安。眠れぬ日々を過ごしています。いつか基地がなくなった平和な沖縄でみんなで呑みたいです
さめ
2008/03/19 01:46
東西南北さん、なんだかウエブリのコメント記入の調子がおかしいようで迷惑をかけて申し訳ありません。ダブったコメントを削除しようと思ったんですが、どうも微妙に内容が違うようなので、残してあります。

ワタシもごん師範代と同じような違和感を感じました。ただ、ワタシがまだ運動のまっただ中にいて、正しいことをやっている自分に間違いはない、と信じていた頃、東西南北さんと同じようなことを思っていました(勉強どうのこのという後半でなく前半の部分)。
ごん師範代の言葉を東西南北さんが納得して、振り返ったのはいい感じです(笑)。
でも、東西南北さんのその答えに、ひっかかるのは「正論」と繰り返すことです。
「正論」がほんとうに、「ほんとのことかな?」というひっかかりは常にワタシのなかにあります。
>偽者の生き方だと断言する必要があります
この「断言」もしていいものだか、どうだか……。
「正」、「偽」を論ずるほど、ほんとのことが解っているのか? と自問する日々です。
dr.stonefly
2008/03/19 09:34
ごん師範代、kuroneko兄さん、なんとなく察して頂きありがとう。これが数人の「取り込み中」で、いいものか、どうか? 大した問題でもないのか? 信頼している兄さん方になら相談するような問題か? 正直にわかりません。 「そいつは帽子だ」「みんななかよく」に鍵コメか、師範代、兄さんあてのメールなんかがあったらいいのですが……。

>人は生まれて そして死ぬ
それがどういうことか、を死ぬ程考えたいと思ってます(笑)。
dr.stonefly
2008/03/19 09:36
非戦さん、さめさん、ワタシは人間の弱さ、自分の弱さ、を自覚している人が好きです。信頼できます。仲間をつくれます。今、過ちを犯した人も勘違いをしている人も、いつか気づくと信じています。

>平和な沖縄でみんなで呑みたいです
いいな、その時は呼んでください。って言えるかな? 言えるように、やれることはやらないといけないな。
dr.stonefly
2008/03/19 09:37
こんにちは。管理人を中心に、何かみなさん、溺れていませんか。自己愛に。『非戦さん、さめさん、ワタシは人間の弱さ、自分の弱さ、を自覚している人が好きです。信頼できます。仲間をつくれます。今、過ちを犯した人も勘違いをしている人も、いつか気づくと信じています。』弱さを自覚していない人間なんているのかしらん。多分、いないんじゃないかなあ。これは、筆がスベッタね。他者を舐めた文章ですぞ。大方は、僕もその一人ですが、自分の弱さを好しとしているってゆうかあきらめてる。いばるほどのこっちゃない。或は、糊塗する人も少なからずいる。ゴクローさんだが、この手合いは、好きくないね。でも中には、弱さを乗り越えようとする人も僅かだが、いる。僕は、自分を讃える気にはなれない。そうゆう人を讃えたいと思うよ。
BLOG BLUES
2008/03/19 16:48
>溺れていませんか。自己愛に。
ガハハハハ、兄貴にあっちゃかなわないなぁ。まあ、こんなおセンでウエットな気分の時もあるってことですわ。
あーあ、よく考えてみたら枝葉で些細でちっぽけな問題でした。
みなさん、パリッと気を入れ替えていきましょか!! って、一番はオレか(爆)

>弱さを乗り越えようとする人も僅かだが、いる
これよ、これ、この僅かになってやろうじゃないの!!

兄貴、カツいれてくれてありがとよ。シャキっといきますわ。
ガッツだぜ!! イェイ!!
dr.stonefly
2008/03/19 17:27
dr.stoneflyさん、こんばんは。周回遅れですけど、コメントを失礼させていただきます。

私、実はこのエントリーのdr.stoneflyさんの“お言葉”を、私の好きな音楽に置き換えて考えてみたんです。ベートーヴェンとかモーツァルトとか。

ベートーヴェンもモーツァルトもすばらしい音楽を残しました。私、若かりし頃からどれほど彼らに勇気付けられてきたかわかりません。私にとって彼らは人生の指針でしたし、今もそうです。

彼らはとうの昔に亡くなった人たちですが、では、生きていた頃の彼らはすばらしい、彼らの音楽を体現したような人間だったのか? 残念ながら、そんなことないですね。彼らは現実の世界を生きていく上では、できそこない、といっても差支えがないような人間でした。

愚樵
2008/03/22 20:54
でも、できそこないの人間だったことは彼らの音楽の値打ちをわずかばかりも下げることはありません。作った人間ができそこないでも、出来上がったものは「ほんとうのもの」ですから。少なくとも今日では。私は音楽好きだから音楽をあげましたが、こんな例はいくらもあるはず。そして、「こんな例」にdr.stoneflyさんの“お言葉”も入るんじゃないですか? 私はそう思いますけど。

断っておきますが、私はdr.stoneflyさんとベートーヴェンとを比較したわけではないですよ。比較には比べる基準がいるかもしれませんが、そうではなく、ただ置き換えただけ。で、だれをどのように置き換えるかは私の勝手。

dr.stoneflyさんの“お言葉”と、「弱さ」を嘆くdr.stoneflyと名乗る実在人物とのギャップ? そんなの私の関知するところではありません。いくら私がdr.stoneflyさんの「弱さ」に共感しようとも、それは“お言葉”の上での話。それ以上は、私は関知したくでも出来ないネット空間の向こう側の話。だからこそ、私は私でかってにベートーヴェンとdr.stoneflyさんを置き換えることができる。
愚樵
2008/03/22 20:57

じゃあ、もし、実際のdr.stoneflyさんと知り合いになって“お言葉”とのギャップを実感したら? そのときは、dr.stoneflyさんは、私にとっては他の誰とも置き換えることが出来ない者になるだけのこと。それまで感じていたギャップは、置き換えていたから感じていただけのこと。それが埋まるだけの話。ネット上の知り合いからリアルな知り合いになるという、もともと人間同士が抱えているギャップと比較すると、ほんの小さなギャップが埋まるだけのこと。

ごめんなさい。3連投になってしまいましたね。
愚樵
2008/03/22 21:02
愚樵さん、「言葉」だけじゃなく、「音楽」も、「絵画」も、「ダンス」でも……、人間が何かに託さぜずにいられないその人の生の表現…、不思議ですね。
誰かにその表現の向こうにあるものが届くとき、もう表現を発した者はどうでもよくなっている。
ベートーベンもモーツアルトも、もうどうでもいい。
ピカソもゴッホもどうでもいい。
……、そういえばこのブログの最初の頃、和田義彦という人の盗作問題が発覚して「そんなもんどうでもいいじゃない」というエントリーを挙げ、随分反感をかい言い訳をしてしまいましたが、今、考えるとやっぱりどうでもいい。
非常につまらなく、くだらない問題です。
盗作だ、なんて騒ぐヤツラも「分かってない」というしかないと確信しています。

このブログは今日でちょうどまる2年です。
せっかくブログという凄い媒体を手にいれたので、もう少し考えてみます。

ウェブリの字数制限で迷惑をかけてすみません。
dr.stonefly
2008/03/23 11:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
「ほんとうの言葉、ほんとうのこと」…例えワタシ自身が弱い人間でも 毒多の戯れ言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる