毒多の戯れ言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「一流アスリートの表敬訪問」…大輔とか白鵬とかピクシーとか

<<   作成日時 : 2008/02/28 17:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

 別にどうでもいいのだけど、妙にガックリするのがスポーツ選手が政治家のとこに出向く「表敬訪問」みたいなやつ。今朝も明るい話題として報道されていたんだけどさ。結構スポーツ観戦が好きなワタシとしては、なんだかなぁ、って感じなのだ。
 今朝のニュース。ローカルなとこからいくと、サッカーのグランパス新監督、ピクシーことストイコビッチがニホン代表楢崎を従えてタアケの名古屋市長を表敬訪問し、全国区でいくと横綱白鳳が大阪のアホ、ドン橋下を訪問し取組みの真似事をして、海外では松阪大輔や岡島が戦争犯罪人ブッシュを訪問してにこやかに握手などしていた。
 政治家の意図は、有名アスリートを利用して売名行為とか人気にあやかろうとしてんだけど、ピクシー、楢崎にしても白鵬にしても大輔や岡島にしても何考えてんだろうねぇ? 政治やら社会のことなんか、きっとなんも考えてないんだろうなぁ。
 幼少の頃より競技のことで頭が一杯で周辺をみる余裕なんかなかったのかもしれないな。ほんと競技の世界のなかだけで生きているのかもね。元ユーゴ代表キャプテンのピクシーなんかは祖国が大変で政治に無関心でいられなかったと思うんだけど、ただただサッカーに打ち込んだのかもしれないな。祖国のために、なんて政治活動していたらあんな選手にはなれなかっただろうし。そうそうだから笑って政治家に会えちゃうんだろうけど。
 でもね、声を大にして言っとくけど、ワタシみたいにガッカリしている人間もいるんだよ。もちろん君達のスポーツ選手としての魅力は認めていて、「表敬訪問」なんざ、競技とは別の部分ではあるのだけど、でもさ、ほれ、君達が意識がなくてもさ、知らず知らずのうちに悪政や戦争に手を貸しているってことがあったり、子ども達はヒーローである君達の行動に影響うけやすいんだから、ちょっとは意識してもらうと嬉しいんだけどね。
 だいたいスポーツに政治がからんできたらロクな事はない。本来のスポーツそのものを荒廃させるね。間違いないだろ。だからわざわざ政治家に会う必要なんてないんだよ。むしろ意識して会わないようにしないとさ。
 とはいっても相撲なんてスポーツなんだか伝統芸能なんだか解らない部分もあるなぁ。それにプロスポーツは金がらみなんだから政治がからんで当然、政治と企業は密接に蜜月だからね。勝負の沙汰も金次第ってなもんかも。あああつまんないの。ほんと、現実の「表敬訪問」にはオーナーやら組織やらのしがらみとかもあるんだろうね。選手がイヤイヤ行っているなら仕方ないかもしれないなぁ。折り合いをつけるって意味ではね。

 最近では書いてないんだけど、このブログでは初期のころ「反体制アスリートの出現を望む」ってギャグを何本か書いた。
 その線で一本逝ってみようかと思ったけど、なんともギャグが浮かんで来ない。『白鵬が橋下との模擬取り組みで「条件反射」で、張り手&上手投げ』ってのもなぁ芸がないな、大輔が満面の笑みで握手をしながらブッシュに「この人殺し利権ヤローが!!くたばれ!!」って日本語で言う、ってのも芸がないうえに捻りもないなぁ。
 ああ、浮かんで来るのも、なんとも哀しい子供のケンカみたいな「反体制」だな。不調だ(爆) というか、スポーツに政治を絡ませたらロクなことない、って言ったのはアタシ自身じゃないか。ほんとダメだな。ボロボロだ。

 まあ現実的にはアスリート自身が、「日の丸を背負って世界で闘う」とか、「日本の名誉のため」とか、「日本国民の代表」とか言ってるわけで、政治家と会うのも抵抗ないんだろうし、ある意味当然の行動だと思ってるのかもしれない。無意識かもしれないけどメチャ国粋主義者なわけだから「反体制」になんてなりようがないわな。アタシャ、君らに国なんぞ託してないから、「日の丸」も背をってもらわなくてもいいし、「国の名誉」なんて感じないし、別に「国民の代表」ともおもっちゃねぇから、そんなとこに意義感じなくてもいいぜ。

 そんなことよりワクワクするような面白いプレーを魅せてくれよ。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【日記】9.11に関する勉強会、ライスさんとオルメルトさん会談、三浦和義氏再逮捕
今週は、ライスさんとオルメルトさんの会談が東京であると拝見していたので少しブルーでした。 前週に民主党藤田幸久議員はじめ11人の国会議員の呼びかけによる9.11に関する勉強会があったばかりと拝見していたので(1、2、3、4)、何だかタイミングがやだなあ、と思ってました。 どちらも、無事行われたようで良かったです。 ...続きを見る
散策
2008/02/29 16:08

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
初めましてikeと申します。よろしくおねがいします

で・・・、メキシコだかミュンヘンだかのオリンピックの時にアメリカ黒人の陸上選手が自身の金メダルの表彰台上で国旗掲揚・国歌斉奏に際し頭を下げ握り拳を突き上げ拒絶の意を表明したことがありましたね
(確かアメリカで「ブラックパワー」全盛の頃かと)
その選手のその後の人生については知りませんが、苦労したであろうことは容易に想像できますね
同じことを日本人の選手がすればどうなるんでしょうかね
まぁ、所謂「体育会系」の方は間違ってもそんなこと絶対しないでしょうけど
ike
2008/02/29 12:11
ikeさん、はじめまして。かめ道場でお名前を拝見しました。こちらこそよろしくお願いします。

以前、スケートで優勝した日本人選手が表彰台まで脚を前に上げるちょいとお下品なスパイラルで滑っていき、表彰台での国歌演奏でイナバウワーをきめてくれないかなぁ、などとギャグを考えていたのですが、実際にいたとは驚きです。調べてみよっと。

このブログでは取り敢えず、モハメッドアリに「反体制アスリート」の栄誉を与えてます(笑)
dr.stonefly
2008/02/29 15:48
ウィキペディアにありました。メキシコにおけるトミー・スミス選手とジョン・カルロス選手でした
彼らのその後の人生に関してはよくわかりませんね
色々賞は受けているようですが
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%9F%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%9F%E3%82%B9
ike
2008/02/29 16:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
「一流アスリートの表敬訪問」…大輔とか白鵬とかピクシーとか 毒多の戯れ言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる