毒多の戯れ言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「雨宮処凛トークライブ」(番外)…彼女についての違和感

<<   作成日時 : 2007/12/09 10:59   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 11 / コメント 6

 雨宮処凛のトークライブで感じた微妙な違和感をやっぱり呟いてみる。
 ホントはスルーしようかと思ったのだが、いまだにトークライブで感じた違和感がひっかかってたり、その後エントリーを書きながら感じたことを愚樵さんとこにコメントしてしまったり、S君のところで胡散臭さを感じているフリーター当該のコメントをみたり、かとおもったら、前の記事に>ネット上で彼女に共感している若者をみたことがない、なんてコピペのコメントが残されたりしたものだからスルーする気分じゃなくなってきた。
 ワタシが愚樵さんのとこに思わず書いてしまったコメントは、もともとワープアだった雨宮処凛がワープアネタで安定層になったことについて、自己矛盾を感じないのだろうか? という疑問だった。ワープアネタでメシを食うということは、ワープアが解決したらまたメシが食えなくなるという矛盾。さらにいうならワープアの状況が悪くなれば悪くなる程、彼女の安定度は増すのではないか?なんてイジワルな考えが浮かんだが、よく考えてみればジャーナリズムの否定につながりかねない。というよりも、ワタシ自身、書くことが仕事になれば書くことだけに没頭できる、もともとそんな仕事をしたかったのではないか?などと淡い夢をみていたことを思い出し、彼女が書いて食ってることへの「ヤッカミ」かもしれないと思ったわけだ。と、この辺りが(仮)安定層のワタシのスルーしようと思えばスルーできる違和感。

 現ワープア層にとってみて、彼女に対する面白くない気持ちは容易に想像できる。脱ワープアした彼女は突出した存在。しかも自分たちが苦しんでいるワープアネタで食っているなんて、許しがたいものがある。しかも現安定層の彼女が自分たちの代表者のように物を言い物を書く。まったく面白くない。赤木君のように「安定層は仮想敵」という深層心理がどこかにあれば、安定層とつるんで偉そうにものをいう裏切り者と思われるかもしれない。
 ふと、昔していた活動のある場面が甦る。ワタシたちはあまりに分断された青カン(ホームレス)に連帯を呼び掛ける。集会やらデモやらを企画する。最初はワタシたちのような集会を企画した「支援」がマイクを握り情宣をする。でもね、やっぱり白々しいのさ。ワタシたちは「支援」ではなく、青カンの問題もこの社会にいるワタシたちの問題であり、ワタシたちの運動でもあるのだ。なんて言ってみても、現実には帰る家があってその場だけの「仮当該」が呼び掛けたり訴えたりする姿が浮いたりしてね。でもそんな「仮当該」の呼び掛けにも応えてくれる「ほんまもんの」青カン当該がでてくる。勢いがあり弁のたつリーダーになる青カンだね。呼び掛けに呼応してくれたのは、ほんまもんの当該である。「仮当該」は嬉しくなる。といってもその青カンは、運動の構想や方針をもっているわけではない。支援(仮当該)活動のほうも「便利遣い」のように彼に方針やら方法やらを相談しつつ次の手を考えるようになる。でもね、じきにその青カン当該のリーダーは「優越感」をもつようになるのさ。もともと特別な存在である「仮当該」と運動の進め方などを練るうちに特別な存在になっていくわけだ。青カンリーダー自身も次第に勘違いしていき他の青カン多数に指示したり、威張ったりしてさ。そうでなくても多数にとって突出するヤツは面白くない。こんな感じで連帯をめざした活動が分断をよんだりする。でもね、おそらくそこを乗り越えないと次には進めないのだろうことも事実なんだよね。

 ところで、とりあえず今のところワープア当該でないワタシは何故雨宮処凛に違和感をもったのだろう。うえに書いた「ヤッカミ」が違和感の大きな原因でないことは、今の彼女の位置と替わりたいとは思わないからだ。
 実は、彼女の自信、断定的なもの言い、間違いのないという信念、運動が楽しい、その会議やデモや活動やイベントが楽しいという言葉、そんなものから醸し出す空気が昔のワタシ自身が発散させていた空気を臭わせた。なんの疑いもなく自分を貫き、そんな自分に酔い、生活の多くの時間を削って運動に埋没していた頃の自分、それこそ無知で思索のない通行人にさえ絡んでいた迷いのない自分、そんな自分を思い出したための違和感かもしれない。あれ、あれあれ、トークライブで感じた違和感は、つまり彼女、雨宮処凛への違和感ではなく、過去の自分への違和感ではないか?
 結局、なんちゃって哲学的思索に嵌まってしまい、「ホームレスじゃないと見えないものがあるのではないか」とか、「ダンボール村にこそ真理がある」なんて言ってしまう今のワタシが、単純一直線だった過去の自分への違和感だったのかもしれない。

 で、雨宮処凛なのだが、ワタシの感じた違和感が彼女に対してでないと解った今、彼女を応援しよう。「出る杭」として叩かれるかもしれないが、上でも書いたよう出る杭がなければ次へは進めないだろう。今後彼女がどうなるかは、彼女自身の問題でワタシが兎や角いうことではない。ただ、今、以降の彼女には、社会のせいではない、本当の意味での「自己責任」が問われるのかもしれない。
 


「雨宮処凛トークライブ」(番外)…彼女についての違和感
「雨宮処凛トークライブ」(3)…自己責任ってなんだ?
「雨宮処凛トークライブ」(2)…スラム化するのは渋谷と名古屋だ
「雨宮処凛トークライブ」(1)…やさしい右翼、難解な左翼
「雨宮処凛トークライブ」(0)…とりあえず赤木君の宣伝をば

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(11件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『電子投票制度』は選挙制度の“自殺装置” 【『IT利用独裁』への道】
国政選挙にも電子投票 自公民合意、今国会で法改正へ(朝日新聞) ...続きを見る
晴耕雨読
2007/12/09 18:12
9.11陰謀論の陥穽
 2001年9月11日のニューヨークテロについては,世の中に種々の『陰謀論』が存在している.その陰謀論とは,いくつかのバージョンがあるが,要するに9.11テロは何らかの形で『現ブッシュ政権』が関わっており,最もひどいバージョンではブッシュ政権の『自作自演』である,という『理論』である.その理論を根拠付けるための証拠がこれだけある,という形でインターネットを初めDVDやビデオなど各種のメディアを介して夥しい情報があふれている. 私もそういう話を見聞きするたび,半信半疑ながらもブッシュ政権を批判する... ...続きを見る
アルバイシンの丘
2007/12/09 18:55
続・9.11陰謀論の陥穽
 2.悪意のある伝播者がいる(ファシズムに抵抗できるか)  前回の記事では陰謀論の発信が「誤解か悪意の発信」としたが,実は発信は誤解ではなく悪意であった.証拠写真なども,実は陰謀論に都合のいいように,トリミングを施したり重要な箇所を省いたりした,確信的な悪意によって捏造された証拠が発信されたのである. そういう悪意のある発信源から,あっという間に陰謀論がはびこる,という現象は,もしそれがファシズムのための国威発揚であったら,それがロマンを掻き立てる幻想であったら,・・・検証することもなくそれを... ...続きを見る
アルバイシンの丘
2007/12/09 18:56
ジョン・レノンは上機嫌だ
明日12月8日は、ジョン・レノンの祥月命日。 20世紀後半の世に、彼が存在しなかったら、現在の僕も 存在しなかったろう。アイム・ロケンローラー。 ...続きを見る
BLOG BLUES
2007/12/10 19:23
【承前】ファシズムの前には経済的破綻があった
昨日の記事の最後には、今日は、弱者なのに自民党やレイシズム、右翼を支持する人々が何故いるかと言うことについての、社会心理学的分析を書くと述べた。 だが、その前に歴史を振り返っておきたい。また、昨日の記事のコメントに千年虫さんから寄せられたご意見があったが.. ...続きを見る
「猫の教室」 平和のために小さな声を集め...
2007/12/11 06:22
市民 市民団体 市民運動という呼び名
ど れ を 魚 拓 に と ろ う か な ...続きを見る
みんななかよく
2007/12/11 14:55
雨宮処凛と赤木智弘
 先日の士農工商の話ともちょっと絡むのですが、現代は空前のサムライ時代です。利害関係を計るよりも(彼らなりの)道義的な正しさにしがみつく方が好まれる、そういう傾向が強まりつつあるわけです。ですから、政治的にも自分達にとって利のある政策を掲げる政党よりも、イデオロギー面で共感できる政党の方が支持を集めやすくもなっている、それが自分達に不利益をもたらすとしても、イデオロギー的な「正しさ」が最優先される、そういう偏りがあるのではないでしょうか。 「雨宮処凛トークライブ」(番外)…彼女についての違和感... ...続きを見る
非国民通信
2007/12/11 23:31
商売
週刊新潮読者A  週刊誌で読んだんだけど、けっこう暴力団員が生活保護を受けているんだってさ。 ...続きを見る
みんななかよく
2007/12/12 16:13
笹島市民フォーラム2007、雨宮処凛さん(JANJANの記事)
笹島市民フォーラム2007、雨宮処凛さん(JANJAN) http://www.news.janjan.jp/area/0712/0712016520/1.php ...続きを見る
貧乏人集まれ・名古屋行動のページ
2007/12/13 16:42
雨宮処凛さん関連情報
雨宮処凛さんに関するウェブ情報を紹介します。 ...続きを見る
喜八ログ
2007/12/14 12:37
 雨宮処凛さんと宮崎絢子さんの対談 
 JCJホームページ に 雨宮処凛さん(作家)と宮崎絢子さん(JCJ代表委員) の対談を掲載しました。 ...続きを見る
JCJ機関紙部ブログ
2008/02/02 14:51

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
>以降の彼女には、本当の意味での「自己責任」が問われるのかもしれない。

根拠はありませんが、彼女は大丈夫だと思います。純粋一直線はその通りなんでしょうし、その通りならいろいろと壁にもぶつかるでしょうが、彼女は基本的に「連帯の人」でしょうから、どこからか何かの答えを見つけることができると思います。

不安なのはやはりA氏の方です。彼は「分断の人」ですから、やがて煮詰まってしまうでしょう。知性が高くいろいろなことに気がつけばつくほど、煮詰まっていく。

そう考えると、やっぱり可哀相な人かな。

危惧するのは、権力側に利用されないかどうか。拙ブログでは橋元徹氏と比較しましたが、もうひとり、似通ってくる可能性があるのは本村氏かもしれません。
愚樵
2007/12/10 07:20
雨宮処凛さんて、もともと「有名人」だと思っていたのですがね。知る人ぞ知るかな。8年前から映画で取り上げられて知られた存在ですし、個人情報保護法案反対運動の時、あったことがある。もともとはパンク右翼さんですね。

http://www.st.rim.or.jp/~yt_w-tv/home.htm

右翼から左方向に行くのは珍しい。裏切り者ということで、秘密結社「国賊死ね死ね団」団員が「左翼に使いまわされているのだ」みたいなコメントで情報操作しようとするのもありがちな話。
kuroneko
2007/12/10 11:00
愚樵さん、こんばんは。
A君が可哀想なのは、孤立することでマスコミ的存在意義があること。本村さんのようになれば非常に危険なのですが、どちらかというと亀田クンに近い気がしてます。頭のいい亀田クン。本村さんのように大多数に指示されているのではなく、亀田クンのように大多数にこき下ろされている。
しかもそれほどメジャーじゃない。あれメジャーじゃないってのは、ワタシの認識不足なんかな?
dr.stonefly
2007/12/10 18:41
kroneko兄さん、雨宮処凛は有名人だったんですか!? ワタシが知ったのはここ1年以内で、ワープアが取りざたされるようになって、一躍踊りでたのだとばかり思ってました。鳥肌実は知っていたんですが、雨宮処凛は知りませんでした。
情報の地方格差だ〜。
このブログのコメント欄に2ちゃんからコピペされたのも、「国賊死ね死ね団」団員によるものだったのかな?
ところでA君はメジャーなんですか? 知らない人が多い気がするんですけど……。
dr.stonefly
2007/12/10 18:42
dr.stoneflyさんが、雨宮さんに感じた違和感と次の内橋克人さんの文(「世界1月号」)が、わたしは重なって思えたので、転載します。

ーーーここから内橋さんのご意見を転載

私が一番恐れるのは、貧困・格差すら、今や商品として消費されてしまうこと。
現代社会の、所与の、既定の、もはや変えようのない社会構造ででもあるかのような装いをもって流通し、認知されてしまう。貧困の消費、風化が政治の求めるまま進んでいるのではないか、ということです。
---------
非戦
2007/12/18 10:22
非戦さん、そういう面もあります。
これは「全てが解決した世界で何をする」でも書いてみたり、「このブログはダブルスタンダードか」という記事でも書きました。
ワタシのなかでも解決できない問題です。
やはり雨宮処凛への違和感ではなく、自分自身への違和感なのでしょう。
dr.stonefly
2007/12/19 08:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
「雨宮処凛トークライブ」(番外)…彼女についての違和感 毒多の戯れ言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる