毒多の戯れ言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「全て解決した世界」…そこでワタシは何をする?

<<   作成日時 : 2007/11/12 18:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 8 / コメント 10

 最近、政治や社会問題を主題にしているブログを徘徊していて、ふと思ったことがある。みんな、結局、どうしたいのだろう?ってこと。いや、「みんな」なんて人ごとではない。ワタシ自身への問いである。政治はともかく、社会問題なんかを散々言ってきたワタシ自身こそ問われることなのだ。
 ホントはここのとこの社会問題ブログや政治ブログを読んでいて思ったのではなく、正確にはそうしたブログを読んでいたら以前考えていた事を思い出したのだ。これを考えていたのは随分昔のことで、当時のワタシにとっては重要な問題だった。もちろん今も重要であるけど、ついつい忘れてしまう。それを思い出したので記録しておこうと思う。というか、なんとなく無性に書いてみたくなった。

 昔まだ、ワタシが市民運動の活動のなかにいたころのことだ。そこには何人かの「熱烈な活動家」がいた。いやべつに活動家でないのかもしれないのだけど、兎に角一生懸命な人が何人かいた。その一人を仮にAさんとしよう。Aさんは特に力が入ってた。もちろん真剣にやるべき運動だったし、そうした意味では敬意を払っていた。でもAさんは、言動をみていると、まさにその運動こそが「生きがい」のように見えた。もし、その問題が解決しようもんならAさんは真っ白な灰になって死ぬんじゃないかと思った(笑)。
 根性の悪いワタシは酒を飲みながらAさんに言ってみた。
 青カン(ホームレス)の問題が解決したらAさんはどうすんの?ってね。
 生きがいがなくなり、死んだりして……、てさ。
 するとAさんは言う。
 この社会に存在しているのは青カンの問題だけじゃないんだ。
 ありとあらゆる問題が存在している。
 じゃあさ、全ての問題が解決したらどうすんのさ。
 ………
 もちろん全ての問題が解決することなどありえない。
 Aさんは今は青カンじゃない問題で走り回って喋りまくって怒りまくっている。

 また、同じく青カン支援の別のグループでBさんという教会の人がいた。Bさんは「炊き出し」を主宰していた。炊き出しの日には信徒さんとともに仕込みからー炊き出しー片づけまで、奉仕でしていた。弱き者とともにいるというキリストの愛の実践である。
 またまた一緒に飲んでいるBさんに言ってみた。
 青カンがいなくなって炊き出しをしなくてよくなったらどうすんのさ、って。
 はっきりいって困るよなぁ、とBさんは苦笑いしながら言っていた。

 社会問題は、どこの国の歴史のなかで全てが解決したことなどなかったし、これからも解決しないだろう。解決しなければならない社会問題は、社会が存在している限り解決しないというパラドックスなのかもしれない。
 それでもやはりAさんにしてもBさんにしても、ワタシたちにしても、今、政治や社会のことを語っているブロガーにしても、ある意味、右だろうが左だろうが問題を解決しようとしているわけだ。解決したいと思って居るわけだ。解決を目指してエントリーを挙げたり訴えたりしているわけだ。無理だとわかっていてもやはり解決されることを目的としているわけだ。
 でさ、解決しようとする行為は「プロセス」のわけだよね。「問題のない社会」を目指す過程なのだ。
 プロセスも大切だということは解るのだが、プロセス自体が目的化されるのはなにか違っている気がする。
 なんといっても目指しているのは結果であって、プロセスはあくまでも過程なのだから。
 では、目指す結果である「問題のない社会」実現したとしよう。一体そこで何がしたいの?
 「問題のない社会」で何かがしたいから、そこを目指したんだよね。
 まさか「問題のない社会」そのものだけを目指したわけじゃないよね。
 ……なんちゃってね。

 仮に、みんなの努力で「問題」をすべて解決し、みなの目的である「理想郷」になったとき、個々は何をするのだろう?? 何がしたくて「理想郷」を目指しているのだろう? ということを考えてしまうわけさ? 問題が全て解決した、例えば「誰もがお日様の下でのほほんと満たされて争いのない社会」で、何をしたいと思って、今声をあげたり行動したりしているのだろうか? 
 実は、みんな目の前にある問題を叩く事、これがエンドレスでつづくのだけど、そんな問題を解決することに夢中になり、ほんとうは何がしたいかなんて考えてなかったりして。いや社会や政治に問題があることをいいことに、それだけを声高に叫ぶことで、人生でほんとに何がしたいのか、何をすべきなのか、なんのために人生が存在するんだろう、なんてわけのわかんないことを考えることを放棄していたりして……。

 ワタシ自身は今のとこあまり問題もなく生活できているけど、ワタシは存在してなにをなすべき、何故存在しているのかという根源的な思索を放置して、なんとなく都合よく、社会問題やら政治やらを叩くことで自分が存在していることの根本を誤摩化していないだろうか?って自問自答してしまうよ。
 もちろん、いろいろな問題から目を背けることではないし、そこから見えてくる己もあるかもしれない。
 でもさ、そんなときに真摯に自分に問わなければって思っちゃうのさ。目のまえの「この世」的な煩雑なこと、問題や政治、そこを対峙してさえいれば己の存在価値があるのさ、と勘違いしないようにね。

 我ながら「難儀なやっちゃなぁ」と思ってしまうのだけど……(爆)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(8件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
嵐を呼ぶ民主共産大連立構想
政治ブロガーのみなさん、こにゃにゃちは。 わしは大連立を画策する、ブログ界のナベツネなのだ。レレレのレー。 みなさん、11月9日付毎日新聞の朝刊記事に注目なのだ。たたえよ民共合作! ...続きを見る
BLOG BLUES
2007/11/12 18:59
ナンダカンダ云って、こんなハナシしちゃうワケ
こんばんは。さて今夜は「Under the Sun」の話題です。 「Under the Sun」ってな、前の衆院選の後「コレじゃマズイんじゃなかろうかな……?」って思ったブロガァの集まりで、やってるコトと云えば、思い思いを記事にして寄せ集めて「こんなコトもあるんじゃないかい?こんな風に ...続きを見る
逍遥録 −衒学城奇譚−
2007/11/12 22:05
「現実的であれ、しかし不可能を求めよ。」
小沢氏が自民党側の誘いにのって大連立に走りそうになったことについてもっと直接的な記事を書くべきところだったかもしれませんが、そのような書き方をしなかった私です。(すべての事情が明らかではないという理由もあり& ...続きを見る
村野瀬玲奈の秘書課広報室
2007/11/12 23:43
相互信頼こそが、長期的に考えればもっとも安定的な生き残り戦略
過去、50年以上にわたり、長期にわたって生き残る戦略について、理論生物学者、数理生物学者、社会生物学者、進化生物学者、進化心理学者、理論経済学者、ゲーム理論学者、・・・・・・などなど ...続きを見る
晴耕雨読
2007/11/13 20:54
【日記】今日見たブログ(痴漢裁判、団藤さん、日本の青空、私も自問しよう)
今日は、有給で、風呂場のカビ掃除をしました(そのために有給とったんじゃないけど)。せっかくなので、ちょっと覗いたブログを2〜3個。 ...続きを見る
散策
2007/11/15 17:02
ファトヒ・クデイラートさん スピーキング・ツアー
 パレスチナ・ヨルダン川西岸地区で、イスラエルが建設続行している「隔離壁」に抵抗している団体「ストップ・ザ・ウォール」のスタッフであるファトヒ・クデイラートさんの来日が、来週に迫っている。 ...続きを見る
弱い文明
2007/11/17 01:51
フランスの「新規雇用契約」法制が国際労働機関(ILO)に否定される。
日本の報道では今のところ目立つところには見かけないし、日本の労働法制(政府与党による残業手当ゼロ法や労働の極端な短期化、不安定化、非正規化へのねらい)にとっても大切な意義があると思うフランス発の記事がありま& ...続きを見る
村野瀬玲奈の秘書課広報室
2007/11/17 16:55
アイヌ文化総合講座・第二回
なごや環境大学 共育講座アイヌ文化総合講座第二回「アイヌと和人語講座」10月20日(土)午後6時30分〜8時30分アイヌ語講座がひらかれました。アイヌ語での挨拶にはじまり、世界の中でのアイヌ語、日本の中のアイヌ語、アイヌ語の紙芝居など、とても幅広く面白い講義でした.... ...続きを見る
名古屋・アイヌ語に触れようの会
2007/11/26 18:18

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
ホント、難儀なお人です、dr.stoneflyさん(笑)。ま、でも、それが運動家の偽らざる本音というところでしょうか。
私の言葉だと「きれいごと」papillonさんなら「ロマン」というでしょうか?

目指すべきは問題のない社会。うん、でもこれは、問題が起こらない社会ということではないと思います。問題が起こっても、自然に上手く収めることができる社会ではないでしょうか。まるで私たちの身体のように。

私たちの身体は常に様々な外敵にされされ、外敵が引き起こす様々な問題と日々闘っています。健康であるということは、それが意識に登るような大きな問題とならないというだけ。そんな健康な身体のような社会が、私たちが目指すべき社会ではないでしょうか。

そんな社会では、現在の意味での活動家の役割はもはやないでしょう。でも、日々の小さな問題の解決からは解放されることはないはずです。

そうした小さな作業が、ちゃんと繋がっていると実感できる社会。私の中の健康な社会のイメージは、そうした社会です。
愚樵
2007/11/12 19:43
こにゃにゃちは。いやー「無葛藤理論」の葛藤というやつですな。昔、世界が社会主義から共産主義へ歴史的に発展して社会矛盾がなくなったら文学も死滅するという理論があったらしい。そうなると政治ブログばかりでなく文学ブログもなくなってしまうわけだが、社会矛盾が全てなくなっても、なくならない時でも世界に美しいものはいっぱいある。万物並びて相損なわざる世界を目指して、せーのっ、日本共産党を日本共生党に。(偽BLOG BLUES)
kuroneko
2007/11/13 09:47
愚樵先生、難儀といいながらコメントを頂けて感謝(笑)。
えっと、一つ他の方にも勘違いされるといけないので、断っておきますね。今のワタシは活動家でも運動家でもなく、ただの小市民ですよん。しかも負け犬(爆)。
「問題のない社会」でなく「問題を解決できる社会」ってのは、解りました。で、そうして到達した「問題を解決できる社会」で「ワタシは何をするのだろう」ってのがミソなんですよ。そんなもん個々で考えろよ、って言われればそれまでなんですが、それでは人間の存在理由は個々で答えが違うもので、普遍的な答えはないのだろうか? とかね。
あ〜、難儀、難儀、ホントに難儀ですみません。
でもね、人々(ブロガー)はそういうことにを考えずにどこを目指しているんかなぁ、それとも考えているのかぁ、と疑問に感じてしまったものですから。
dr.stonefly
2007/11/13 15:03
kuroneko Blues兄ちゃん
えっ、「ムカッと売りろんのカッっと」??なんだ、なんだ??
もちろんすべて解決しても世界には美しいものはいっぱいありますね。そうした外的要素はそれでいいのですけど、ワタシ自身の存在は……っ、そして、なぜワタシは存在しているんだぁぁ〜〜、もういっか(笑)。失礼いたしました。
dr.stonefly
2007/11/13 15:04
ああ、なるほど、そういうことですか。dr.stoneflyさん自身の存在理由への問いだったんですか。

それは仰るとおり、個々人で見つけるしかないでしょうね。いえ、もし仮に普遍的な回答があるとしても(私はあると“信じて”いますが)、おそらくそれは他人から教えられたのでは意味が無いというか、そのご本人は納得できないでしょうから。最終的には皆同じ回答に仮に至るとしても、それは自分で回答するしかない。数学の問題の答えと回答を暗記しても、数学を身に着けたことにならないのと同じでしょう。

「問題が解決する社会」においても、dr.stoneflyさんもそして私もきっと、問題を解決するために取り組んでいると思いますよ。だって「生きている」ということがすでに大問題ではないですか。そして余力があるなら自分以外のところで生じている問題にハナを突っ込む(笑)。そうせずにはいられないと思います。
愚樵
2007/11/13 17:01
 酸素を発見したラヴォアジェは,きれいな奥さんがいて,2人で楽しく科学実験をしていた.本職は税金取立て人で,民衆から恨まれていた.だからフランス革命がおこるとギロチンにかけられた.「楽しい人生だった.人はいつか死ぬものさ」と言って処刑台に立ったそうです.
 ちょっとハズしたかな?
Ladybird
2007/11/14 10:34
目的と手段がごちゃごちゃになり敵も味方も見分けられなくなる現象は辺野古のジュゴン系の団体の方などに多く見られるような・・。「ヒーローは俺だけでいい」とか「ジュゴンはうちが老舗なんだよっ」、「俺なんか施設局に毎日通ってるんだぞ(←それ目的か?)」とかいう聞いてて頭痛くなることを言う人がいます。基地がなくなったら困るのはその人の方かも・・・
私は人為的にサンゴがいるところを埋めるバカがいなくなってもちゃんとしたいことはあるのだ!
さめ
2007/11/14 10:52
愚樵先生、何か簡単に言われると妙に悔しいなぁ〜(笑)
別にドロドロしていたいわけじゃないんだけど……(爆)


Ladybirdさん、いやいやハズしてませんよぉ。
というか、何が当たりで何がハズれかも解りません。
でも、「楽しい人生だった.人はいつか死ぬものさ」という台詞をさらりと言える人は、存在のなんたるかを知っていたる気がします。アタシャまだまだです。


さめさ〜〜ん、こんにちは〜〜。
なんとなく、海に向かって呼んでみました(笑)。
紹介の件は、どこの市民運動でも例外なくおきる騒動ですね。権力争い、分派活動、なんなんだろうなぁ。大局をみようよね、みんな。分断して喜ぶのは権力だけなんだからさ、って言いたいです。
>私は人為的にサンゴがいるところを埋めるバカがいなくなってもちゃんとしたいことはあるのだ!
いいですね、運動(=プロセス)ばかりを追っていても、なんだかなぁ、と思ってしまいますね。
dr.stonefly
2007/11/14 16:25
あの〜、すいません。青カンって何ですか?
電燈行司
2007/11/20 20:44
こちらこそすみません。
このブログでは頻発する単語で、そのつどカッコ書きをしてきたんですが、たまに書き忘れることがあります。
青カンとは、世間一般では「ホームレス」と呼ばれている人のことです。個人的に「ホームレス」という言葉への違和感から「青カン」と表記しています。
詳しくは、左のカラムの「知ったかぶり用語辞典」の「寄せ場・ホームレス編」を読んで頂くと幸いです。
dr.stonefly
2007/11/21 08:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
「全て解決した世界」…そこでワタシは何をする? 毒多の戯れ言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる