毒多の戯れ言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「泣きたい夜の小咄」……とりあえず笑って下さい

<<   作成日時 : 2007/09/27 13:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 11

♪泣きたい夜にひとりはいけない、尚更に泣けてくる
   ……冗談じゃないわ、世の中誰も皆同じくらい悪い♪

 など古い歌を呟きながら、ウイスキーなどを舐めていた昨夜は「一人」を感じていた。
 ヤフーのネットアンケートのせいである。



 世間に期待していたわけじゃないが、あまりの数字に妙にblues
 ネットアンケートなど信憑性がない、と解っていてもblues
 ほんとうは一人ではなく、傷を舐め合える仲間がいることを解っていてもblues
 傷を舐め合うんじゃなくて、ともに思索できる仲間がいることが解っていてもblues
 それでもなんとなく一人を感じ、さらにblues
 もともと人間は一人だよね、なんて思ってしまって、またまたblues


 そういえば昔、青カンに「ひとり野宿せにゃならんのは、自分が悪いんだから仕方がない」と、しんみり言われたときもbluesだったなぁ。
 そうそう保育園時代もあったな。待遇改善の行政交渉だったけ?
 あんときも一人を感じてbluesだったけど、笑ってったっけ?
 あれ、確か、どっかにギャグとして書いたなぁ。「怪鳥通信」だったかな。
 全てを軽やかに笑い飛ばすために捜してみるか。
 まだブログには転載してなかったはずだよな。
 あった、あった、あった。



「トホホ区交渉」(ナレーション:キートン山田)

 前日は、ある保育士に「区交渉でてください。できれば『訴え』も」と言われた、「いや私が発言すると顰蹙を買うので…」と固持。帰宅後、携帯にはH運動部長から「区交渉で発言してもらえるんですか?」。子どもを迎えにいった連合いが「U保育士が北区交渉で発言お願いします、と言ってたよ」。クラス会ではM父が「区交渉で発言するらしいじゃん」。当日T保育士から「今日発言がんばってね」っておいおいいつ決定したんだ? 聞いてねーよ。しかも一言も訴えるなんていってないし。…すっかりびびってあまり行く気のなかった区交渉に向かっていた(意外とプレッシャーに弱いdr.sである)。
 会場に着くともう始まっている。いつものように子どもたちにとっての切実な訴えがつづく。おっ、R父も発言するのか…ん、なになに、ほー、いいこと言うじゃない(まだまだ余裕のあるdr.sであった)。で、民生課長の答弁は…私も母子家庭で保育園とは縁が深かった……なに、母子家庭で同情を買おうって手か、でもまあいいや気の毒だし(ほんとは怒りレベル1である)。
しかし、さらに民生課長の愚痴はつづく、……行政も金がないので、いろいろなことができません、私の給料も知らないうちに8000円も少なくなっていて、しかも基本給の部分で……あのな、おのれの泣き言聞くために忙しいなか来たんとちゃうぞ、やらなあかんことは、やらなあかんやろぉ!!(怒りのレベルがアップするとなぜか思考も関西弁になるdr.sである)……さっきも言ったように行政には金がありません。自分たちでできることは、自分たちでやり始めなさい……って、こらっー!こっちは交渉にきとんねん、なんでおまえにそんな説教されなあかんねん、ブチ!!(実際にブチという音をだしてキレるやつはいない)。って、そんな時にマイクを差し出されたから大変。発言する気がないという意志より先に手がマイクに伸びて奪取していた。「M、M、M、M保育園のおやでぇ…」いかん、怒りと興奮のあまり声が船 場太郎のギャグのように裏返っている(そんな時代錯誤な比喩、だれもわかるわけがないうえにM保育園の親でぇ!!という自己紹介は明らかにおかしい)。
 「この回答書だけど、こういうのを0回答ってゆーんですよ。毎年0回答じゃないですか!! 毎年0回答と解っててこれだけ人が集まってる辛い現状をまずわかってほしい。でねぇ、この名古屋市にお伝えしますってーの、どうやって伝えてるの。そ、そ、それでぇ、名古屋市からちゃんと回答がくるのかを、お答え願いたい!!」
 ……『最初にいったように、この会は懇談会で』(民生課長はあきらかに逆ギレしている)……え、うそっ、聞いてない(遅刻をしたdr.sである)……『一応要望書には回答欄とあるが、0回答などといわれるならこの会を来年からやめます』……え、なに、なにそれ、そんな子どもじみた答弁あり、でもこの課長ほんとにやりそう。来年からなくなったらひとりだけ悪者じゃん、打合せしてないし(狼狽えるdr.sである)
……『みなさまのご意見は名古屋市にしっかり伝えています』……だから伝えるだけじゃ意味ないんだって、と思考からも関西弁が消えて行く。
 「だからどうやって伝えていただいているのですか、名古屋市から回答はくるんですか?」(じょじょにトーンが弱くなっている)…『繰り返しになりますが、皆様の貴重な発言は文書にて伝えていて、現状は名古屋市の担当のものもわかっています』…うそつけーって…えっ、ちょっとまって、なにこの周囲の空気、みんな仲間じゃないの? うそっ……やがて、会場は暗くなり、和やかな懇談会を突き破る一人の馬鹿がスポットライトに照らされて宙に浮いていた。そういえば、さっき民生課長ののたりくらりした答弁にも拍手がでてたよな。(漫画だとグラデーションのひたいに縦線が墨で5〜6本書き込まれる描写である)…「権利のための闘争」だと思っていたのはオレだけだったんだ。…こ・こ・こんだんかい?…それが今夜の集まり?…ピエロ?悪者?邪魔者?思考がぐるぐる渦巻いている。暗い宙に浮いたおれを描く白い輪郭が、ひもの様にゆっくり解けてひらひらひらと地面へほどけ落ちていった(現実にはそんなことはありえない)。
 かーえろ、ぐすん(『懇談会』終了後、冬の寒く暗い空気の中へフェードアウトしたdr.sであった)。





 さあ、笑ってやってくれ!! ガハハハハハハハ

 
 
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
死刑制度に反対であれ、賛成であれ
鳩山さんの「乱数表殺人の勧め」発言にあきれかえってしまった理由をうまく説明できずに困っていたのだが 毎日新聞の社説が、そんなわしの気持ちを代弁をしてくれている。 ...続きを見る
かめ?
2007/09/27 16:45
ミャンマー軍事政権に対する抗議のアクション
日本でも報道されているとおり、「軍隊は国民を守らない」という事実を知らしめるような事態が、今のミャンマー軍事独裁政権下で行われています。 ...続きを見る
薫のハムニダ日記
2007/09/28 18:05
不思議だな,進化って
 人類の歴史の中で大きな影響を与えた人物や,事件,思想,書物などから,影響度の大きいもの(善悪を問わず)を10個選ぶとしたら,どんなものが挙げられるだろうか.それこそ人それぞれによって百花繚乱たる様相を呈することだろう.投票で集計したらとても面白いと常々思っている.私が真っ先に挙げるのはもちろん言語の獲得であるが,いつも言うようにこれにより人間が始まった,と解釈すれば別格であり,これは除いておこう.その上でざっと思いつくのは,コンピュータ,数学の発明,印刷技術,栽培技術,音楽,宗教・・・いやい... ...続きを見る
アルバイシンの丘
2007/09/29 09:18

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
blues呼んじゃいましたねー...。
賛成、多くても7時止まりぐらいかなと思っててたら、ぽちっと押した後に出てきた結果に愕然としましたね。たかがネットアンケートと言えども...こわいです。

さてところで、夏休みのあの花は結局何だったのですか?しつこく気になってます(笑)。
みなみ虫
2007/09/27 16:57
みなみ虫さんがgege師匠のとこでアンケート紹介していて知ったのですが、正直いってキツかったです。
世間のメンタリティなど、なんとなくは知っていたつもりだったんですが、ブログのなかにいて思索出来る人とお付き合いさせてもらっていると、世間に対しても「勘違い」する。
現実をまざまざと見せつけられましたね。
まあ、とりあえず笑って、また地道に語ることにします。

え、夏の宿題の花の答えは、大々的に記事をあげて発表しようと思っていたのですが、時期遅しですね。
それでは、ここで正解を発表します。
あれ「ほてい草」です。
ほら、よく金魚を泳がせている瓶に浮かばせている草あるでしょ。あれ花が咲くんですね。しかも割と大輪の綺麗な花が。びっくりしました。
dr.stonefly
2007/09/27 18:33
自動的死刑に賛成って、こんなのも多いなんて、ビルマみたいに、僧侶、市民がデモでつかまって、即死刑?(ビルマは拷問だといわれている、でも死んだら死刑と一緒ですよね)というのが、秘密裏でなく、できてしまう恐ろしさを感じます。
死刑制度より、この賛成した人の方が恐ろしいくらいです。
お邪魔するブログの常識と、このネット投票世界の常識のギャップの大きさにも、唖然として、ここは、虚構の世界ではないのかと感じます。

「ほてい草」にあんなきれいな花が咲くのですか。まったくあの花問題は、むずかしかったです。正解が分かり、ちょっとすっきりしました。
非戦
2007/09/27 19:40
これまた、稀に見る異常なネット投票の「常識」ですね。いやはや、賛成なんかしている連中は、この問題を自分の事として考えられないんだろうか。まかり間違えば、自分が「自動的に国家に殺される事になるかもしれないのに」

ビルマのラングーンで、日本のパスポートを持つ遺体が見つかったと、今・日本国営放送の臨時ニュースで言ってますが、「日本人」が巻き込まれると俄然扱いが大きくなるんですね。いつものことながら。本当の問題は窮乏と軍事政権の迫害の中で闘っているビルマ人民の窮状のはずなんですが。
私もひとり碧南に住んでいるビルマ人の知り合いがいますし・・事態の推移を注視しています。それにしても、軍隊に余計な力を持たせると、ロクな事がない・・改めて痛感させられます。
「防衛庁」を「防衛省」に勝手に昇格されて、「軍人」たちを増長されているどこぞの国も、他山の石としなければならないのでは。
そまん
2007/09/27 20:06
この際ですから、私が今なんと言っても一番怒っている事を簡単に書いておきます。これはぜひ多くの方々に知っておいていただきたい事です。

7月の始めにタイのバンコクで、WHOの「タバコ規制枠組み条約(FCTC)」の第2回締約国会議が開かれました。で、この会議ではこの条約8条の「受動喫煙の完全防止」問題が話し合われ、そのガイドラインが合意された訳ですが、最大の問題はこれに対する「日本政府」の対応があまりにひどかったのです!
この8条とガイドラインの最大の眼目は「2010年2月以降、職場・公共交通機関・飲食店など公共の場での受動喫煙の防止のため、実効性ある立法規制により、これら公共の場所を全面禁煙(分煙ではない)にする」という所にあったのですが・・・
なな・・何と、参加142ヶ国・20国際機関中、唯一日本政府代表団だけが、この案を骨抜きにしようと、姑息な反対をしたんです。勿論、それに対して他の全てからその時代錯誤の姿勢に激しい反論の嵐が起こり、結局、最後には日本もこの案に同意せざるを得なくなったのでした。
そまん
2007/09/27 20:25
しかし、これにより改めて「日本政府」というものの本質が国際的な重要な会議の場で暴露され、日本という国がまたまた世界に大恥を晒す事になった訳です。要は、この政府は国民を人間扱いしていない。。国民の生命・健康・生活など歯牙にもかけていない。国民よりも、タバコマフィアの利潤追求の方は遥かに大事だと本心では思っている事が、今更ながら白日の元に晒されたのです。
この政府代表団には、外務・財務省の官僚と共に、厚労省の官僚も入っていました。それでもこういうふざけた対応をしたのです。厚労省など何の役にも立たないって事がわかります。
今もって、この会議の結果について、厚労省のHPにも一言の言及もないのです!
更に、このような重要な会議について、やはりタバコマフィアと今もって癒着している日本のマスコミは完全に黙殺・無視しました。彼らの罪は限りなく大きいと言わねばなりません。

この会議には日本のタバコ関係のNGOの代表も何人も参加しました。その中には私の知り合いの方もおられるのですが
そまん
2007/09/27 20:42
「日本政府からは10名もの多数が「税金」で参加したが、これじゃ税金の無駄遣いでしかないじゃないか。私達も同じ日本からと言う事で、肩身が狭く、まことに恥ずかしい思いをさせられた」と憤慨していましたが、全くその通りだと思います。

例えば「朝鮮」や「ビルマ」のような名だたる「人権後進国」でさえ、この会議でのカイドライン案に反対しなかったのに、唯一「空気が読めず」執拗な反対をした「日本国」って一体何?って思わされます。日本がこれらの国より更に後進国って事?

ともあれ、日頃「国際貢献」とか「国際公約」「国連は大事」とかもっともらしく言っている日本政府は、こうした国際条約に基づく案が合意された以上、今までの様にサボタージュせずに、誠意を持って受動喫煙防止のための強力な施策を取らなければなりません。そのための法整備もやらねばなりません。骨抜きは許されないんですよ!
という事で私達も、政府がちゃんと義務を果たすか監視していかねば。全く手の焼ける政府です。。

短く書くつもりが、例によって長くなりました。何しろ、私達の生命に直接関わる重大な問題ですからお許しを。
そまん
2007/09/27 21:03
そうなんですね。(+_+) こんなに少数派なんですね。

あの某「Kのブログ」の8/29や9/25のエントリの影響じゃないですかね?
私も某ブログの読者ですし、同意できる主張も多いのですが、あのエントリには参りました。
文面から「殺せ!殺せ!」と聞こえてきそうでした。
でも「Kが言うならきっと死刑はあった方が良い!」と何千人が思ったことでしょう。(>_<)

私は「いかなる理由でも殺人は許されない」と考える1市民です。
その考えの結果、死刑制度を保持、死刑の行使、殺人組織である軍隊の保持、戦争行為など全てに私は反対です。

死刑の容認や推進をしている方々は、私のような考えの人に、こんな質問するのが好きですね。
「愛する家族や子供達を残酷に殺されても、それでも死刑に反対するのか?」と・・・
もしそんなことになったら、私は犯人を殺したいほど憎むでしょう。それは真実だと思います。
でももう一つ真実があります。多くの人もそうであると思いますが、どんなに憎んでも実際にその犯人を殺しに行くことは無いということです。
すぺーすのいど
2007/09/27 23:54
ところでこの手の質問は人を煽る時の定番ですよね。ちょっと変えると
「北朝鮮が攻めて来て、愛する家族や子供達を殺されても、それでも戦争(抵抗)に反対するのか?」となります。(@_@)

感情は人の心の中にありますから、法律なんぞに規制できないし、規制する必要もありません。
ですが感情のままに行動することが、良い事ばかりではありませんよね。
特に「憎しみ」「恨み」などの悪い感情は悪循環のきっかけです。「報復の往復」など冗談にもなりません。

大体、私が感情のままに行動していたら、この数年だけでも官邸や国会やWHや勤務先?等に何度ミサイルをぶち込んだ事でしょう。キャー!危ない発言だ!くわばらくわばら!本当はやりませんから!(^^ゞ
すぺーすのいど
2007/09/27 23:56
死刑、軍隊、戦争の何れか1個でも認めるということは「理由によっては殺人は許される」という考えを認めるということです。
重要なのはこの「理由」は誰が決めるのかって事です。かつて「ユダヤ人は生きる価値なし」と決めた為政者がいました。うちの為政者がそのうち「国家の為に働かない人間は生きる価値なし」と言わないと誰か断言できる人いますか?

死刑の容認や推進をしている方々は言います。
「こんな残虐な人殺しをしたんだから殺されてもしょうがない。」
私は「生きる価値の無い人、ある人」を振り分ける作業の方が、ある意味 より残虐だと思いますけどね。(^^ゞ

小咄、面白かったですよ。(^^♪
「ガハハッ!」とは笑いませんでしたが・・・「ククッ!」とね。
すぺーすのいど
2007/09/27 23:56
非戦さん、そまんさん、すぺーすのいど会長、コメントありがとうございます。
あのアンケートの結果をみて、「ハトヤマは空気の読めるヤツ」と書いてしまいましたが、結局は空気が読める読めないというのは本質的な部分では関係ないということが再認識しました。
そまんさんがタバコの会議のなかで「空気の読めない日本政府」と書かれてますが、「本質が解らない日本政府」ですね。(タバコの会議のことは知りませんでした。ご教授ありがとうございます)
また、35万アクセス/日という空気を作り出す力のある「きっこのブログ」の罪もあるでしょう。情報収集力はすごいのですが、相対的に彼女も感情をベースに書いています。つまりそこに人気の秘密があるのでしょう。またそうした理由による人気の高さは時事問題を扱っているだけに恐ろしさを感じます。

小咄のほうはククッと笑って頂けて嬉しいです。どうも今イチ「保育園」とか「学童」との運動面での違和感を感じています……いまだに(笑)
dr.stonefly
2007/09/28 08:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
「泣きたい夜の小咄」……とりあえず笑って下さい 毒多の戯れ言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる