毒多の戯れ言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「愛国心と有難い国」…今の空気と妙にシンクロする

<<   作成日時 : 2007/08/13 07:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 13 / コメント 10

 終戦の日にむけ真面目に書こうと思う。
 ワタシの属する半休眠中だった「某九条の会」が参院選前に何かをしなければならないと、突然集まったわけだが、メンバーが危機感を感じ集まったとこをみると、やはり某九条の会としては護憲を左右する参議院選だったと認識していたということになる。
 で、その某九条の会会議で護憲(を意識した投票)を人々に訴えるためどうすればよいか、という話になった。
 ワタシは、井上ひさしか高橋哲哉を呼んで講演会をやろう、と言ったのだが、参院選前日までに1ヶ月しかなくスルーされた(笑)。もちろん時間だけでなく、金がないという事情もある(爆)。
 かといって、討論会では人も呼べないよな、ということで悩んでいたのだが、地元の真宗大谷派の平和問題研究会という会の坊さんになら頼めるということになり、プチ講演会を開くことができた。

 いきなり話はそれるが、以前参加していた市民運動で「夜回り」というのがある。夜、ホームレスの寝込みを襲い話をきく、いやもとい、ホームレスを訪問し異常事態(ホームレス自体が異常事態という言い回しはほっておいて)がないか聞いて回るという活動なのだが、たまに坊さんの参加もあった。一度はある坊さんが袈裟を着て参加したことがあり、めちゃブラックユーモアが利いた「夜回り」になった。ほれ「夜回り」の目的のひとつは、一人の死者も出さないということで、死にそうなホームレスがいれば助けるためパトロールするということもあるのだ(笑)。いきなり葬式じゃあねぇ……(爆)。そんな風に参加する坊さんの多くが真宗大谷派だったりして、ワタシは長いあいだ真宗大谷派というのは社会的な問題に熱心な宗派だと思っていたのだが、実は同派内の平和問題研究会のメンバーが熱心で、宗派全体では、そうでもなかったことを今回知った。むしろ体制に近いと聞かされ少々おどろいた次第だ。

 今回の講演会は、真宗大谷派の平和問題研究会の坊さんの「自らが属する宗派がいかに戦争に加担したか」の大激白・告発講演になる。しかし、先の戦時中は仏教に限らずキリスト教も「イエスの教え」を曲解して戦争に加担したという事実がある。この辺がワタシが宗教に不信感をもつ原因のひとつにもなる。「宗教の戦争加担」を話題にしだすと長くなるのでしないが、先の戦争では宗教に限らず、何もかもが利用され戦時一色に塗り替えられたのが実際ではないのだろうか?
 この講演では真宗大谷派が如何に戦争に加担したかが激白されたのだが、ワタシは真宗大谷派という一宗教に限ったことではなく、国民、民衆、空気一般として聞いていた。

 曰く、どうせ死ねば仏の国へいくのだから、どんどん(敵を)殺しなさいとか、戦争の頃(S17)、坊さんになるための試験の説法のお題が「護国の英霊を弔う」「帝国憲法の特色を示しなさい」「報国の精神ついて述べなさい」だったとか、本家の東本願寺より「天牌」という天皇を象徴する「牌」が配られ、それを阿弥陀如来の横に置き拝んだとか、当時、男手が戦争にとられたうえに愛国婦人会やら工場動員やらで女手もとられたなかで寺が国家に協力できることとし寺による保育園の開設があったという話がされたわけだ。
 繰り返すが、ここで話されたのはたまたま仏教や真宗大谷派が「利用された」だけだが、当時はすべてのことが利用され国をあげて戦争に加担していたと思う。

 で、この講演では、寺につくられた保育園についても多く語られた。
 そのなかで、戦争加担の空気のなか、にわかに保育園をつくり、子どもにどんな話をしてよいか解らないにわか寺の園長向けに、東本願寺より「新年の挨拶」のひな形として配られた文書(テキスト)が紹介されたのだが、非常に印象に残ったので紹介しよう。
 これが凄いのだ。
 最近の愛国心やら、ネトウヨの言説、いやいや「改ざん教育基本法」のメンタリティを彷彿とさせて反吐が出る。
 もちろん、しゃべり手は寺の保育園の園長、聞き手は園児である。


「新年と仏の子ー立派な体」

皆さん元気で新しい年を迎えましたか?
みんな丈夫そうな顔をしてますね。先生は大変嬉しく思います。
しかし、体が丈夫で新年を迎えただけではいけません。
もうひとつ精神も元気でなければなりませんね。
体は怠けたり、不衛生をしたりすると病気にかかり、お医者に来てもらって苦いお薬を呑まなければならなくなります。
今、日本の国は支那と戦をしています。そればかりではありません。これから何処の国を相手に戦をやらなければならないか、解りません。非常に難しい時代になってきたのです。
皆さんのお兄さんやお父さんばかりが戦にでてくださって、戦が終わりになるかどうか解らないのです。
皆さんも大きくなって、戦に出てもらわなければならなくなるかもしれません。
だから皆さんは体を丈夫にして、立派な日本の国民になってください。
女も男も体を大切にしなければなりません。
立派な心。
体だけが立派になっても、それだけではまだ足りません。
皆さんの精神も体と同じ様に元気で丈夫でなければなりません。
体と同じ様に、心も怠けたり不注意していると病気にかかります。
心の病気はお医者様のお薬では決して直りません。
皆さん心の病気はなかなか直り難いのですから、かからないようによく気をつけて下さいね。
先生は、皆さんが心の病にかからぬよう、立派な心になるようお願いを申し上げます。

どうしたら立派な心になれるか教えてあげましょう。
「有難い」と思いなさい。
皆さんはお菓子が大変好きですね。お母さんがよくお手伝いをしたからご褒美にお菓子をあげましょう、と、言って美味しいお菓子を下さったら、ありがとうと御礼を申しますね。
何故有難いのですか? 美味しいからでしょう。
皆さんが食べたいと思っても、いつでも食べられないからでしょう。
お金がなければ買っても食べることができませんね。
お父さんが働いてお金を儲けて下さり、それをお母さんが貰って皆さんがお菓子を買ってもらったのですね。
そのお菓子の中にはお父さん、お母さんの温かい心が一杯はいってます。だから有難いのですね。
さあ、ご褒美にこれをあげましょうと、お母さんが庭の砂を下さったらどうでしょう。
なんだ、つまらないと言って怒るでしょう。砂はどこにでもたくさんあるからですね。
いくらでもあって、いつでも手に入るものは有難いものではありません。
滅多にないもの、それが有難いのですね。
日本に生まれた私たちは、日本の国の有難いことを知っていなければなりません。
日本が他所の国に負けたら日本の国がなくなってしまいます。
日本の国は世界にただひとつしかありません。
ただ一つしか無い国だから有難い国ですね。
このことを忘れたら心の病にかかっているのです。
なんでも、有難い有難い、と思っていたら心の中に病気は入ってこないのです。
お父様やお母様は有難い方だと思いなさい。
先生は有難い方だと思いなさい。
日本の国は有難い国だと思いなさい。
天子様は有難い方だと思いなさい。
これで心は気も丈夫。そして元気なのです。
これでこそ立派な天子をもった日本国民になれるのです。
(後略)



 幼児に対して戦のために丈夫の体になりましょうといい、精神も「病」にかからぬようにしましょうというわけだ。敢えていうが、この訓話によれば、このブログを読んでいるほとんどの方は、お医者様でも直せない「心の病」にかかっていることになる(笑)。
 で、その病にかからぬよう「有難い」方法だが、完璧に理論破綻している。理論以前にめちゃくちゃである。ただこのめちゃくちゃが、ずっと以前にNHKで紹介された現代の小学校の教師の「富士山は美しい」「日本は美しい」を無理強いする授業を思い出させるんだようなぁ……、
 そしてそこに続く科白……。

>立派な日本の国民になってください。
>日本の国は有難い国だと思いなさい。
>立派な天子をもった日本国民になれるのです。


こうしたフレーズが戦後レジームを脱却した後に園児にむけてされる話を予感させ、危惧するのだ。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(13件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
民主党は、テロ特措法延長反対を貫け。
(「猫の教室」は夏休み中です。 【宿題】は、http://heiwawomamorou.seesaa.net/article/51007672.html を ご覧ください。提出期限随時です。) (もう一つの【宿題】は、「http://www.dff.jp/」から、1クリック募金を毎日すること。) 政界も世間も夏休みモードで、ブ.. ...続きを見る
「猫の教室」 平和のために小さな声を集め...
2007/08/13 11:52
国内総生産(GDP)から国民総幸福(GNH)へ
 日本では,豊かさを計る指標として,    GNP;国民総生産(国民が新たに生産された財や付加価値の総計)    GDP;国内総生産(国内で産み出された付加価値の総額) を用いています。 ...続きを見る
津久井進の弁護士ノート
2007/08/14 08:54
焼き場に立つ少年〜ジョー・オドンネル氏の逝去
私があちこちで開催される9条の会に出掛けて配るレジュメには,この,   「焼き場に立つ少年」 の写真を,そっと載せておくようにしていました。 ...続きを見る
津久井進の弁護士ノート
2007/08/14 08:54
良いのか評価社会?
 どうも日本は間違った方向に進んでいると思う. 先日,朝日新聞の記事を見て,ことにそう思った.学校教師は10年ごとに評価を受けて,教員免状を更新せねばならないという例の制度である.で,今度はその更新のとき教師は大学などで講習を受ける.その講習を,受講した... ...続きを見る
高知に自然史博物館を
2007/08/14 18:29
「教育基本法」強行への抗議声明
 昨年の、新「教育基本法」強行について、浄土真宗本願寺派が「抗議声明」を出していたのを、1ヶ月たって知りました。 (首相の靖国参拝などで、いつも「真宗教団連合」から声明が出るのは有名ですが) 時期的に、「報恩講」(各派で日程がちがう)で忙しい中だし、1... ...続きを見る
ストップ !! 「第二迷信」
2007/08/14 20:19
佐藤正久発言に現れる日本帝国主義の政治目的 戦争と革命の基本問題 番外編
 元自衛である佐藤正久参議院議員が、憲法では認められていないばかりか現政権ですら ...続きを見る
アッテンボローの雑記帳
2007/08/14 23:24
「敗戦の日」に、不戦の誓いを新たに。
今日、8月15日は、かつて日本が、太平洋戦争に敗れて、ポツダム宣言を無条件に受諾するという形で降伏した、敗戦の日です。 一般には「終戦記念日」と呼ばれ、戦没者追悼の祈りが捧げられる日です。 しかし、私はこの日を、あえて「敗戦の日」と呼びます。 戦没者(.. ...続きを見る
「猫の教室」 平和のために小さな声を集め...
2007/08/15 04:37
終戦の日ではなくて
本日8月15日は終戦の日だ。&ldquo;タエガタキヲタエ、シノビガタキヲシノビ...&rdquo;という、あの玉音放送が62年前に流された、今日はそういう日だ。 私が多少ものを考えるようになってからいつも思うのだけれど& ...続きを見る
愚樵空論
2007/08/15 05:35
現実派が支持する憲法9条
 終戦記念日の昨日、NHKの目玉の特集である 「日本のこれから  〜考えてみませんか?憲法9条」 ...続きを見る
津久井進の弁護士ノート
2007/08/16 07:57
共産党、積極的に野党共闘へ
共産党の今後の国会対策と選挙方針などについて、穀田恵二氏が東京新聞のインタビューで答えています。重要と思われる部分を抜粋しておきます。 民主党との選挙協力を示唆するように読み取れる一方で、改憲阻止では「独自に努力」するとしています。 東京新聞 ねじれ時.. ...続きを見る
平和への結集第2ブログ
2007/08/16 08:23
2007参院選――結果分析
開票結果と各紙出口調査の結果などを載せておきます。分析は随時追加していきます。 ...続きを見る
平和への結集ブログ
2007/08/16 08:28
護憲勢力最強のライバル小沢一郎
テロ特措法延長にNOを明言した、イチローくんが評判だ。 さもありなん。イチローくんは、現政界において、きわめて稀な 道理を重んずる政治家であり、最良の保守党人であろう。当ブログでも 以前、「小沢一郎の道理」をエントリーUPしたほどだ。 ...続きを見る
BLOG BLUES
2007/08/16 15:09
自衛隊参議院議員、佐藤正久氏の発言は軍部独裁政治の前触れか?
(人気blogランキング参加中。応援クリックお願いします。) ...続きを見る
村野瀬玲奈の秘書課広報室
2007/08/16 23:05

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
東本願寺より「新年の挨拶」には、驚きました。まさに洗脳ですね。
>日本の国は世界にただひとつしかありません。
>ただ一つしか無い国だから有難い国ですね。
こんなことを言うなら、戦争の相手の国だって、同じじゃないですか。そう突っ込んだら、でも「日本は、神の国。皆さんはその神である天皇の子なので、特別なんですよ」と言いたいのでしょうが。
ああ、恐ろしい〜〜。
昨夜、城山三郎の番組があって、城山氏が、「一人一人が、手作りで生き方を見つける。いろいろな生き方が、そういう方向
(戦争への方向)に、いかない。大義というものはない。絶対というものはない」と言っていました。
そして、言論の自由がなくなる「個人情報保護法」に反対し、この法案を成立させようとしたコイズミを史上最悪内閣、国会議員を史上最凶議員を呼んで断罪しました。そして、私費で、彼等の名前を刻んだ「碑」を作り、(治安維持法の時代と同じ)こういう息苦しい時代を作った責任者を許さない、ということも言っていたそうです。
全力で、反対する城山氏。
非戦
2007/08/13 11:33
続き

それに対して、この法案に、仏教界、キリスト教界などの宗教界の方々は、真剣に反対したでしょうか?
宗教界で、大デモを、やってほしかったです。「デモは、選挙が間接民主主義に対して、直接民主主義だ、これを大いにやるべきだ。日本人は、選挙でだけ、意思表示をすればいいと考えているのか」というようなことを、小田実さんは書いています。私は、小田さんの意見に賛成です。

私も、園児から大人にまで、洗脳しようとしているアベ政権を、危惧し続けます。
アベがやめても、アベ的危険分子が、自民党内にはいっぱいいます。
非戦
2007/08/13 11:39
そもそも宗教の中に洗脳を欲する危険性が内包されています。だいたい「人をある一定方向に教え導く」ということ自体が洗脳に他なりません。仏への信仰が国家へ向いたのも、宗教の本質そのままにただ導く方向が変わってしまったに過ぎません。
では、人間の素朴は信仰は無意味かというと、それは違います。宗教は教義と信仰の2つの側面を持ちます。信仰の無い競技は無意味ですが、教義の無い信仰は大いに意味があります。
>一人一人が、手作りで生き方を見つける
ことへの信仰が今、求められているのだと思います。
愚樵
2007/08/13 22:04
レジュームちゃうで.レジームだがや.
あげ足とり失礼
2007/08/14 18:20
坊さんイコール葬式、という発想が、
明治政府の廃仏毀釈の影響で、本来の坊さんの役目は「生きている人々を救うこと」にある。

浄土真宗の歴史が、親鸞の追放から始まる弾圧の歴史だったし、信長以降の権力者が、弾圧する替わりに利用したらどうだ、という発想で、本願寺も分裂させていったこともある。

その中での戦争協力を、反省するか、「自虐はやめろ」というかの違い。

真宗教団連合は、けっこう「アピール」を出しています。とくに、「靖国」など
×第二迷信
2007/08/14 20:27
非戦さん、おはようございます。
いろいろ教えて頂き感謝です。
>一人一人が、手作りで生き方を見つける。
いいですねぇ。温かい言葉だなぁ。


愚樵さん、貴ブログでコメントをしたくても難しくて、出来ないでいます(笑)。
今回はたまたま坊さんのお話ということで、当時の空気として一般的だったものとして話をすすめました。宗教をテーマにする程勉強してませんが、ワタシが宗教に大して疑問をもっているのは、選民思想と排他主義、単一性(洗脳)、かなぁ。

>一人一人が、手作りで生き方を見つける
ことへの信仰…
ですが、これって「信仰」と言えるのかなぁ?ちょっと疑問。


レジームですね。直しときます(笑)


×第二迷信さん、コメントありがとうございます。
>坊さんイコール葬式
書きながら思っていたのですが、やっぱり突っ込まれました。でも、正直、全く仏教を知らないワタシの思い込みとしては「坊主=葬式」です。
真宗教団連合の「靖国」に対するアピールは興味あります。捜してみます。
dr.stonefly
2007/08/15 09:21
光復節を祝賀します!!
って毎年お約束の一言をまず・・
もし今日韓国にいれば、獨立記念館での式典をテレビで見られるんですが。
今年もノムヒョン大統領がなかなか意味深な演説をしたらしいです。
で、翻って我が日本国では、明仁夫妻もお出ましになって、相変わらずの「全国」戦没者追悼式が開かれたようですが。。まあ「君が代」なる曲を皆で歌うって事自体、この式典の意義に疑問を感じますが、私が何より違和感を感じるのは、戦没者を追悼する範囲が「全国」でしかないって事ですね。即ち日本人310万人だけに限られてるみたいなんです。
おいおい!それは違うだろう!あの戦争で日本人が加害者となって殺した2000万にも及ぶアジアの民衆のためになぜ祈れないのよ。追悼できないのよ!本来だったらまず彼らのことを第一に追悼すべきでしょう!なんつう心の狭い連中だろうかって、毎年同じ事を考えるんですが。やはり「日本だけが有り難い国」だと今でも思いこんでるから、そういう偏った行動しか出来ないのかもしれませんが、その閉鎖的な精神性を打破しない限り、国際社会で真に認められることはないでしょう。この自称有り難い国は。

そまん
2007/08/15 20:30
あれ〜キリスト教会の戦争協力について、長文のコメントを書いたのですが消えてしまいました!!もう一度書く気力がありませんので、今回はやめておきます。恐らく御心ではなかったのでしょう。それではまたの機会に。
そまん
2007/08/15 20:57
やっぱり「国家」のもつケツの穴の小ささかな。
「国家」の枠を越える事が出来ない「国家」が「国家」たるゆえん。

本文のほうを書きながら、そまんさんをはじめクリスチャンの方の反応を気にしてました。
オーマイガッ、長文読んでみたかった。まあ御心なら仕方ありませんね(笑)
dr.stonefly
2007/08/16 03:46
教団連合の「靖国参拝」にたいする要請、抗議。
http://www.shin.gr.jp/kyodan/yosei/yindex190807.html
左の年表をみるとわかりますが、小泉内閣以来、ペースがかなり上ってます。
それだけ危険な動きが多いということなんでしょう。

※私は結婚式をお寺でしました。
ちなみに、葬式を神社でする人もいます。(宗教者としては当然あるが、明治以後の「国家神道」は、ケガレはすべて「寺」にもっていく傾向がある。)
×第二迷信
2007/08/18 06:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
「愛国心と有難い国」…今の空気と妙にシンクロする 毒多の戯れ言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる