毒多の戯れ言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「THE FACTSのすぎやま君」…あのさぁ、事実って何よ?

<<   作成日時 : 2007/06/29 18:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 10 / コメント 11

♪君とよくこの店にきたものさ
  わけもなく聞いていた、ボブディラン♪


 きっとボブディランも風に吹かれて泣いているに違いないぞよ、すぎやま君。と、言ってあげたいのだが、しまったぁ!! 喫茶店のすぎやま君は「作曲」のほうで「作詞」は別の人だった(爆)。
 ゲームのBGM作曲家のすぎやまこういち君が、俺たちは悪くない〜!!と叫びながら「THE FACTS」という広告をワシントン辺りのポストに刷り込んだ。その反動で下火だったアメリカ議会の「従軍慰安婦、対日謝罪要求決議案」が再熱して、下院で可決されたらしい。あららららら、「THE FACTS」って早く可決させるための作戦? ってのはよくある分析。でも「事実」はそうじゃなくて、すぎやまこういち君は至って真面目だったらしい。

「報道ワイド日本 クリティーク」という番組?で、すぎやまこういち君と、あと男1、女1が吠えています。
http://www.youtube.com/watch?v=pm-Tk-AMvlE

 このYouTubeを見て頂ければわかるのだが、戦時中の性犯罪について、すぎやま君は、「事実が大事だ」「事実、悪い事はしてない」「日本を非難している根拠は嘘ばっかり、事実と異なる」「沖縄の手段自決も事実じゃないことで非難されている」「事実とちがう」、「事実は性奴隷じゃない」、「事実じゃないから無実なのだ」「学校でも事実を教えなければならない」、「(性奴隷がなかった事実は)コペルニクスの地動説と同じ」「事実を判断する態度を教える」「事実を即して正しい事を教えなければならないのが、日教組というのは「都合の悪い」事実を無視して嘘をもとにした思想を教えようとするわけですよ、子どもがたまらんですよ。」……、事実、事実、事実なんだぁぁ!!!! と執拗に「事実」ってのを繰り返す。しかもいうに事欠いて、コ、コ、コペルニクスってね、あんたさ(爆)。
 で、すぎやま君によると、事実にもとづき性奴隷はなかったとするのが「民主主義」で、性奴隷により人々を苦しめたことを反省しようとするのは、嘘でかためられた「全体主義」らしい。
 ひぇー、ついに、全体主義者にされちまった(爆)。
 しかもワタシは 「子どもたちに『都合の悪い』事実を無視して嘘をもとにした思想を教えようとするわけですよ、子どもがたまらんですよ」という存在らしい。おいおいおいおい、知らないうちにすごいことになってるよ。アンタののたまうその言葉、合わせ鏡に映してあんた自身を挟んでやるよ。ね、すぎやま君。

 で、すぎやま君さぁ、あんたのいう「事実」ってのはなによ? 性奴隷じゃなくて職業娼婦だったってこと? 強制の資料がないってこと? よく知らないが、そういう「事実」もあったかもしれない。でもね、あんたさ、地球の地動説という物理的(化学的)な事実と違って、こうした戦時中の性犯罪の「事実」は何十万もあるんだよ。それを「一つの事実」として括って語れるのかよ。「性奴隷」として、「慰安婦」として、「娼婦」として、「強姦された人」、「強制された人」、「自ら進んでの人」……、何十万という人の数だけ事実があるのさ。しかも、あんたが言う様に自ら進んで娼婦になった人がいたとして、その人の生活背景、葛藤、苦悩、諦め、そんな個々の深い苦悩があるってことの想像もできないのかなぁ。
 さらにね、ひとつの事実にしても、強姦された人、強姦した人、強姦を命じた人、強姦を黙認した人、強姦された人の家族、友人、他人、さらに時を隔てて話を聞いた者、それを知り反省する者、なかったことにしようとする者、それぞれにとっての「事実」がある訳だろうが。あんた主張する主観的事実が客観的事実じゃないんってことが解らんのかね。
 繰り返すが、あんたは「事実、事実」って叫ぶが、人間の歴史に関する事実なんぞ関わった人間の立場、都合でいくらでも解釈される。伝聞するのが人間である以上その人間の主観が伴って伝わるわけだから、客観的事実なんてもうあり得なくなるんじゃないのか? まさに一つの側面だけを取り上げて「事実」「事実」と騒いでいるのは、あんたが批判する全体主義者の態度だぜ。
 しかも、あんたの「俺は悪くないんだ〜」という稚拙な感情にとって「都合の良い」事実だけ取り上げて、やっぱり悪くなかったんだ!! と叫ぶのは70歳というお年にしては余りにも情けなくないかい? そういう態度をクソガキの態度っていうんだぜ。
 大切なのは、多くあるそれぞれの事実を聞いて、おのおのが真摯に「思索する態度」だろうが。しかも体験した人が既に死んでいる古い歴史ではなく、今回の性犯罪の事例は、実際に被害をうけ苦しんでいる人がまだ多数生存していて、訴えているわけだ。そうした声を無視して己の都合だけに当てはまる事実だけを主張するのは、あまりにもガキんちょではないのかい。
 まず、今、生きていて声を出す当時者がいる。ちゃんと耳を傾け、思索する。そして、反省すべきは反省するってのが大人の態度ってことを、70の老人をつかまえて改めて書くのも恥ずかしいぜ!!
 大切なのは、それぞれの都合で主張される「事実」ではなく、思索する大人の態度のはずだ。

 ワタシは、生で、ビデオで、性奴隷を強いられた老婆の絞り出される声を聞いた。ちゃんと真摯に聞いた。その声の奥にある苦しみや悲しみ、悔しさをじっくり聞いた。そして考えた。そのうえで反省し、謝罪したい。
  



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(10件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
あなたは誰にお詫びします?
慰安婦決議案が米下院外交委員会で可決されました。現内閣には地位にふさわしい知恵というものが欠けており、相手から思いのまま弄ばれた感があります。「こんな事で日米関係は揺るがない」と言う人もいますが、もっともです。揺らぐのは日本の右翼勢力だけで十分なので。 ...続きを見る
戦争を語るブログ
2007/06/29 19:36
日系人を「日本人」扱いしない,野蛮な「日本人」
自治会がブラジル人転入阻止 「人権侵犯」と法務局通知(朝日新聞) - goo ニュースについて. ...続きを見る
Die Weblogtagesschau...
2007/06/29 20:02
問題は、供給ではない。需要だ?!
供給が有り余っている中で供給=需要、供給が上がれば自動的に需要が増えるという話は妄言にしか聞こえない。 ...続きを見る
晴耕雨読
2007/06/29 21:19
「悲劇の定義」;安倍晋三氏の場合
沖縄の全議会が「集団自決」をめぐる教科書検定意見撤回を求める意見書を可決しました。県議会および41市町村議会が可決、すべての自治体が意見書を採択したことは、「集団自決」に軍の強制・関与があったことが真実として動かしがたいもの、という沖縄県民の意思を明確に示したものだといえるでしょう。画期的なことです。「集団自決」検定意見 全議会が撤回要求(琉球新報6・28)来年度から使用される高校歴史教科書から沖縄戦の「集団自決」への日本軍の強制に関する表記が文部科学省の教科書検定で修正・削除された問題で、検定... ...続きを見る
花・髪切と思考の浮游空間
2007/06/30 05:36
「客観的で自由な歴史研究への要請」という言い訳をかかげた『日本文化人』によるフランス発の南京事件否定...
(人気blogランキング参加中。応援クリックお願いします。) ...続きを見る
村野瀬玲奈の秘書課広報室
2007/06/30 18:03
久間章生防衛大臣が不適格者である理由
 久間章生(きゅうまふみお)防衛大臣が,今日の講演で,原爆使用について,◆長崎に落とされ悲惨な目に遭ったが、あれで戦争が終わったんだという頭の整理で、しょうがないなと思っている ...続きを見る
津久井進の弁護士ノート
2007/06/30 19:03
あぁ〜ぁ、ついにオランダまで・・・
怒っちゃったよ、やっぱり。 ...続きを見る
かめ?
2007/06/30 20:47
悲しき「ドラえもん」
「ドラえもんが何とかしてくれる」母子殺害公判で元少年(朝日新聞) - goo ニュース ...続きを見る
Die Weblogtagesschau...
2007/06/30 22:44
沖縄から緊急メッセージ!
沖縄での基地建設阻止行動を分断するかのように東村高江ヘリパッドの建設が始まろうとしています。 支援の呼びかけメッセージを「辺野古より緊急情報」 より転載させていただきます。 ...続きを見る
ディヴェルティメント 
2007/07/01 00:33
集団的自営権容認の陥穽
他の方のブログで、憲法改悪反対の意見を書かれているところに、主にネット右翼から、国防について異論が入ることがある。ネット右翼でなくても、国防のために自衛軍の保持を容認し、憲法を改めるべきだと言う意見をよく見かける。 専守防衛に徹した自衛軍の保持については.. ...続きを見る
平和のために小さな声を集めよう
2007/07/01 05:19

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
 最近は「河野談話を白紙撤回せよ!」という声が、ネット界で特に強く叫ばれてますね。
 個人的には、一時の面子に任せるこのような行為って、本当の「国益」になるのか?と危惧さえしています・・・。

http://blog.livedoor.jp/isharejp/archives/51203051.html
 ↑
で、こういう所が声高に「日本の心」というのも、本当に薄ら寒く感じます。

あと、かつて超有名RPGに熱中してた自分として、今回のすぎやま氏の言動に幻滅しましたわ・・・
ボンネビルレコード
2007/06/29 23:19
どういう風に、慰安婦の証言を聞いたり、本を読んだりしたら、すぎやま君のように叫べるか、私には、理解不能です。
慰安婦に連れて行かれる娘を救おうとして、日本兵に首を切られた父親がいるのに。その娘が、自ら慰安婦になったと言う人の頭を疑います。その元慰安婦の人は、個人の尊厳を踏みにじられましたが、父親が愛しくれた記憶から、「自分が悪かったのではない」と思うことができたそうで、それは救われますが、被害者なのに、
自己嫌悪で自殺した人やトラウマに苦しむ人など数知れないのに、このすぎやま君をはじめ、信じられない言動をする人たち。人間のお面をかぶったゾンビですね。
非戦
2007/06/30 09:07
一つ事実を申し上げましょう。
私はすぎやまこういちくんを、天動説と地動説の区別もつかない非科学的な人だと思っております。私がそう思っているという事実はここに否定しがたく存在しています。爆
村野瀬玲奈
2007/06/30 15:41
おっひっさー
おぼえてる?石蝿先生。
よく分らんけど、なんとなく応援してるよ。
この、なんとなく、・・っつうのが
これからの世界にヒジョウーに大事さ。
大脳を超えて、自律神経にまかせろ
って事だよね。
のりちゃん by 一人一流
2007/07/01 01:46
ボンネビルレコードさん、はじめまして。
もうなんだか「一時の面子」なんてものよりは、ただの稚拙さを感じてあきれてます。リンク先のブログも読みましたが、すぎやま君と同じメンタリティですね。タメイキです。
ゲームの世界ではすぎやま君は有名なのでしょうか? わたしは何十年かぶり……「学生街の喫茶店」以来はじめて名まえをみました。
dr.stonefly
2007/07/01 02:26
非戦さん、こんばんは。
彼ら彼女らのメンタリティは、ワタシにも理解不能です。すぎやま君たちは実際の被害者の声を聞いたことがあるのでしょうか? もし非戦さんが教えてくれたような「事実」も含めてTHE FACTS、YouTubeのようなことが言えるのなら、まともな人間とは思えませんね。鬼畜です。そして、こういうまともでない人間が戦争をおっぱじめようとするのは安易に想像がつきます。
dr.stonefly
2007/07/01 02:27
玲奈さ〜ん、まだfc2にTB通らないよ〜(鬱)
で、すぎやま君が非科学的かつ非論理的という「事実」は、かなりの確立で「客観的事実」と思われます。……う、しまった。自らのエントリーを否定するようなコメントをしてしまったぁぁぁぁ(爆)
dr.stonefly
2007/07/01 02:27
のりちゃ〜〜ん、ひさしぶりだよん。コメント嬉しいよ。
なんとなくの応援ありがとう。そうそう、ワタシは大脳を超えることを「肌感覚」とよんでいるけど、この感覚っていつも磨いてないと錆び付いてくるみたいだよ。今の世の中、ほんと錆び付いた人おおいからねぇ。
エントリーを読んでいてもうらうと解るかもしれないけど、ワタシ自身も肌感覚が鈍ることがよくあるわけで、是非のりちゃんの応援が必要なんだ。
「鈍い」と感じたら指摘してね(笑)
dr.stonefly
2007/07/01 02:28
私はこのすぎやま君とかいう駄ッ子のような心を持った年寄りの特異な精神構造に興味があります。どなたか専門家の方に精神鑑定してもらって、過去にどういう人生を送ると、こういう精神構造を持った妖怪のような人間が発生するのか専門的に解明してもらいたいですよ。いやこれは皮肉じゃなくて、本当にそう思います。
過去になんか、心をすごく歪めてしまうすごいトラウマでもあったのかな。

ある人の本に書いてあったんですが、韓国・中国人などはどんどん信仰を持って救われ、これらの国ではリバイバルが起こっているのに、日本ではそうならない。それは何故なのかと言うと、韓国・中国人は原理(真理)・原則を大事にし、それが正しいと信じると、まわりの人間に何と思われようとそれに従う、しかし日本人は原則よりも「世間体」「面子」を重視する、たとえ価値あるものであっても世間の(それも自分のまわりの狭い世界の)人間関係が悪くなるのを恐れてそれを受け入れようとしない・・
すぎやま君達のような頑なな人達は、そういう日本人の悪しき特性を象徴的に表しているんじゃないかと。
そまん
2007/07/02 13:13
1939年8月31日の朝鮮の新聞である東亜日報に、ちょうど皆さんの誤解を解く記事があります。
そこには
本人の意思に反して強制的に女性を慰安婦にした業者が、当時日本の統治下にあった朝鮮の警察に処罰されたと報じられています。

どこにでも悪人はいますから、強要された女性がいたのでしょう。ひどいはなしです。

しかし日本はそれを罰していた。
それはつまり、慰安婦を強制することはできなかったということです。

それがみんな強制であったとされていることを、すぎやまさんらは訂正したいのではないでしょうか。
aio
2009/12/18 04:55
「従軍慰安婦」という言葉について、まずはじっくり調べてみたほうがよいと思いますよ。
放射線医学最大のスキャンダル
2012/02/07 21:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
「THE FACTSのすぎやま君」…あのさぁ、事実って何よ? 毒多の戯れ言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる