毒多の戯れ言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「辺野古へのリアリティ」…実感できない私について

<<   作成日時 : 2007/05/22 06:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 8 / コメント 23

5.20日曜日のこと。
何かしらシュールな午後だった。
やはり遥か南の島に飛ぶことができずに平静な部屋からでる。
太陽が黄色い。目が眩む。なんだか妙にアンニュイだ。
突然きこえる子どもたちの声。
「元気をだ、し、て、わっしょい」とダレた声を合わせ歩く子どもたちである。
この日、ワタシの住む町では町の鎮守の祭りが行われていた。
この下町のこんな祭りなど町内会の習慣をこなすという意味と
古株の自己欺瞞以外のなにものでもない。
子どもが被る小さな獅子舞が3匹、ダラダラと行き過ぎた。
神様にも失礼だろ、なんてことは言わない。
言いたいのは、今、沖縄でなにが起きてるのか解っているのか? ということである。
恐らく朝から集まってただビールを飲んでる町内会の人々は辺野古という地名さえ知らないのだろう。

穏やかな気候の休日、自転車を漕ぎ集会へむかう。
街の中心にある集会場に近づくにつれ、人が多くなる。
人が多くなると言っても、集会場にむかう人々じゃないよな。
着飾り、買い物袋をかかえ、笑顔で行き交う雑踏である。
老若男女、あらゆる人種、紐に縛られた犬までも行き交う。
このなかの何人が辺野古で市民が軍隊と対峙していることを知っているというのだ。
そんな幸せそうな人々の隙間を縫う様に走り抜け古びた建物に入った。

まだはやいのかパラパラとしか人がいない。
本名で署名をして前から3つめの席に座る。
ワタシはただぼんやりと座っていた。
司会のYさんによって開会される。
最初に金城祐治さんが亡くなったことが告げられた。
辺野古で先頭にたって基地建設に反対されてきた、
金城祐治さんという方が昨日亡くなり今日が葬式だというのだ。
1分間の黙祷をする。
目を瞑るとにぎやかな街の音、エレキをかき鳴らす音とドラムの音が鈍く響いている。
大音響で訴える路上パフォーマンスってやつだ。
何を訴えているのだろう?……わからない。
でも会場のすすり泣く声に気づき、ロックの音がワタシの耳からフェードアウトした。
黙祷をやめ周りを見回すと目頭を押さえすすり泣く人がいる。
全く悲しくない自分を自覚し狼狽える。
ワタシは金城さんを知らないのだ。
金城さんどころか、そこで話しをしてくださる安次富さんも知らない。
よく考えればワタシは平良夏芽の言葉とブログの情報でしか辺野古の闘いを知らないではないか。
確かに辺野古の市民に自国の軍隊がむけられ、怒りにまかせてこのブログも書きまくった。
はたして、この怒りは辺野古に対してだったのだろうか? 
ちがう、……気がする。
遥か昔の記憶、俺たちが警官隊に引きづりだされ排除されたあの朝の記憶によるのだ。
辺野古で抵抗するダイバーが殴られ、珊瑚が破壊されることの怒りはこのワタシの記憶によるのだ。
これがこの国のやり方だ、と刻み込まれた嗚咽のリフレインのみによってリアリティがもてるのだ。
でも、それはただワタシの記憶によるワタシの思いなのかもしれない。
会場から溢れるすすり泣く声はワタシに実は辺野古の闘いが全く血肉化されていないことを知らしめる。
辺野古はワタシにとって私の観念の世界だったことに気づかせる。
いや、薄々はきづいていたが、認めたくなかったのかもしれない。
ジュゴンも珊瑚も青い海も空も……
海兵も基地もステルスもPAC3もワタシにとっては想像の世界。
もちろん戦争には反対だし、だから基地建設も反対だ。
戦争も基地も爆音もテロも現実の向こう、意識の壁の向こうの世界。
それらは確かに現実のはずなのに、リアリティがないのだ。
ブログも書いたし、署名も、抗議もした。カンパもしたし、集会にも、デモ行進も参加した。
でも何かが足りないのだ。
大切なものを奪われる、汚れたものに支配される、という実感がないのだ。
金城さんが死んでもワタシは悲しくない。
これがワタシの罪悪感の大元なのかもしれないな。

平面なスクリーンに今の辺野古を紹介するビデオが流れ、
朴訥な安次富さんの話しが始まる。
無二の親友である金城さんの葬儀にでず、金城さんの遺志として名古屋へきてくれた。
話しが終わり、質疑がおわる。
「沖縄・辺野古に人殺しの基地はいらない 5.20集会アピール」が採択され、
デモ行進がはじまる。

拡声器から辺野古の現状が訴えられる。
デモ隊の人数より遥かに多い人々が歩道を行き交う。
ほとんどの人が呆気にとられた表情だ。
路上のロックパフォーマーは
「デモよりも俺たちに注目しろ!!」と叫んでいる。
ワタシたちは確かに訴えているはずなのに……
息が詰まるほど歩道に溢れた人々は、訴えの内容よりもデモそのものに驚いている。
進行を遮られた車の人々はデモそのものに怒っている。
辺野古で今おきていることより、
今自分の運転する車の進行がデモに邪魔されること、
こちらのほうが遥かにリアルであり、重大な問題なのだ。
何十、何百、何千の人々が、平和への訴えよりも
デモそのものをちょっと振り返るだけなのだろうか?
珍しいものを見たと思うだけなのだろうか?

では、辺野古にリアリティをもてないワタシとどこが違うというのだ。
朝から集まりビールを飲む町内会の人々
街中を行き交う雑踏を構成する人々
何かを表現する路上のロックパフォーマー
デモに進行を邪魔され、怒るドライバーたち
ちょっとデモを振り返る何千という人々
しかし、ワタシはワタシが多くの人々となんら変わらないことを知っている。
たまたま辺野古で闘う平良を知っていて、
そしてゴン師範代というブロガーと知り合うことができた。
それだけのことかもしれないことを。
遠い昔、権力と対峙した記憶と沖縄のふたりを知っているというリアリティ
ただそれだけの理由がワタシを辺野古に向けさせているのかもしれない。
逆にいえば、誰しもちょっとした理由で辺野古に目が向くのかもしれないな。
このデモで辺野古の現実を知ったという人もいるだろう。
このブログで国家の本性を知った人もいるに違いない。
そう信じて歩いていこう。

さて、問題は辺野古だけじゃない。
憲法は、九条は、平和は、戦争は、テロは……
それらにリアリティが持てるのか!?
いや、リアリティを持ててからでは遅いのかもしれない。
リアリティが持てたとき、それは破滅のとき……。
そんなことを考えながら自転車を漕ぎ家に帰った。
平静な部屋に戻りMacを起動させる。
「辺野古からの緊急情報」をみて愕然とする。力が抜ける。
平良夏芽からのメッセージである。
「施設局の作業は終了してしまったようです。保安庁の船も作業船もいなくなりました。止めることができませんでした。申し訳ありません。平良夏芽」
こらぁ、平良夏芽!! 謝るなよ。謝られたワタシたちは一体どうしろっていうんだ。
おまえに謝られたワタシはどこまでも惨めではないかっ!! 

憲法を、九条を、平和を………守れなかったとき、
誰が、誰に向かって謝るというのだ。
謝ることに意味があるのか?




散文失礼。
非戦さんからリクエストがあった安次富さんの話しは近日中にまとめてupしたいと思います。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(8件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
灰色のベンチから というブログ
総合人気ブログランキングも240位程度まで上がり、政治部門でも21位と健闘中!!毎日ちょっとずつ読者を増やしつつ、順位も気がつけばちょっとずつ上がってました。 人気blogランキングへ (←ここをポチっとm(_ _)m) &nbsp; さて、お玉は最近まで「灰色ベンチから」とい... ...続きを見る
お玉おばさんでもわかる政治のお話
2007/05/22 06:36
その7:金融業の錬金術詐欺は他国を収奪することでしか穴埋できないという結論に至るのでしょうか?
bakaさん:  せいがくサンへのレス【補足】「信用創造」の問題を興味深く読ませて頂きました。 ...続きを見る
晴耕雨読
2007/05/22 10:29
「戦後レジームからの脱却」を引っかき回す
ごんさんのところで、↓こんなお題が出された。 ...続きを見る
かめ?
2007/05/22 21:28
すごいの来ました
昨日自棄気味で出したエントリーが 思わぬ反響を呼んだようです お楽しみください ...続きを見る
そいつは帽子だ!
2007/05/23 02:21
裏のとれてない情報を隔たって流すな
昨日はか弱い女性ブロガー方(gegengaさま、碧猫さま、水葉さま)と盛上がって、右派読者をどん引きさせてしまったお玉です〜〜(*^_^*) お玉の人気ブログランキングが上位のうちにできるだけたくさんのブロガーを紹介したいと思ってます。 ##どうせ今だけだもん・・どん.... ...続きを見る
お玉おばさんでもわかる政治のお話
2007/05/23 11:45
加藤紘一VS前原誠司ならどーする!?
アタマ抱えちゃいますよね。抱えねえよ。その二人は、衆院議員で 参院議員じゃねえ、第一、選挙区が違う。なんてアホなクレームはなしね。 これは、事の本質を明らかにするためのシンボリズムってゆう表現技法なんすから。 ...続きを見る
BLOG BLUES
2007/05/23 17:20
辺野古関連。
  辺野古関連まとめていきます ...続きを見る
パンと恋と本と・・・。
2007/05/28 23:13
沖縄と瀬長亀次郎
瀬長亀次郎(せなが・かめじろう) ...続きを見る
津久井進の弁護士ノート
2007/08/02 21:15

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(23件)

内 容 ニックネーム/日時
お玉たちは・・知らない事の罪を自覚しながら書き続けるしかできません。辺野古の人たちの頑張りを応援しつつおもった・・・この国の国民はいつ「怒りの沸点」に達するのだろう・・と。頑張ってる方々にごめんなさいなんて言わせてはいけないのに・・役に立てないお玉の方こそゴメンなさいなのに・・
お玉おばさん
2007/05/22 06:28
dr.stoneflyさん
私だって、平良さん以外の人には、一人もお会いしたことがありません。辺野古に行ったこともないけれど、共感しているつもり。でも、最初は冷静に話されていた安次富さんもだんだん感極まり、涙声のようになっていくのと、外では脳天気で、辺野古の「へ」の字も聞いたことがない人が歩いているのを想像していたら、私もなんとも表現できない気持ちになりました。全国の5万の支援者の中に入る資格があるのかって。私は、デモで「辺野古から軍艦は帰れ」を言った言葉に、通行人は、「えっ」と位は思ってくれた、と信じています。私は、dr.stoneflyさんが、わかってしまいましたよ。そうだろうな、と思った人が、今日のブログを見て確信に変わりました。だって自転車を引いてデモに参加されていたもの。みなさん、dr・stoneflyさんは、とっても素敵な人でした。
非戦
2007/05/22 10:44
ご無沙汰しております。と言っても覚えていらっしゃるか分かりませんが、最近の辺野古に関するエントリーに感動し、涙し、その後に怒りが込み上げてきました。この国は、いったいどうなってしまうのか?
赤白だすき改めMuucan
2007/05/22 11:22
話は変わりますが、私の町に「九条に会」ができまして、「なんかせんと」と思っていた私も参加させていただき、それがなんとHP作成をおおせつかったのです(まったくの素人)。そして、そのHPがきのうできあがりまして、dr-stoneflyさんとこにリンクさせていただきました。事後承諾ですいません。URLは、
http://space.geocities.jp/misakinine/
です。本当に申し訳ございません。
赤白だすき改めMuucan
2007/05/22 11:23
お玉さん、自分のふがいなさや弱さを散々吐露しておいてなんなんですが、謝るのはやめましょうね。なんていいながら、実はずっと平良に電話をしようと思っていて、できないワタシがいます。
ワタシなんぞが電話をしたとこで何の力にもならない。などと思っていてそれが現実だと解ってますが、本当のことをいうと喋るのが怖い。何をいっていいのかわかりません。ただただ謝ってしまいそうです。ブルース。
dr.stonefly
2007/05/22 11:58
非戦さん、またやってしまいましたね。はやとちり。
確かに自転車を引いて参加していた方が見えましたね。
非戦さんに「素敵な人」と言われた自転車をひいた人が羨ましい(笑)。
ワタシは自転車は集会場あたりに放置してデモに参加してました。

このエントリーは非戦さんはじめ、沖縄の闘いに共感できる人に対しての問いではありません。自問自答です。ワタシはたまにこうした暗いエントリーをupしようがどうしようか悩みながら挙げますが、本質的に内向的で暗い、昔でいうとこのネグラなのかもしれません(爆×10)。
dr.stonefly
2007/05/22 12:04
Muucanさん、「赤白だすき」という印象的なハンドルは覚えてます。が、どんな会話がされたのかは忘れてしまいました。ごめんなさい。
今こそ、そしてこれからの3年、9条の会が連帯して声をあげる時でしょうね。発足おめでとうございます。護憲一市民として、なんだかとても嬉しいです。
リンクありがとうございます。でも、非常に不安です。
確かにワタシは護憲派で、平和主義で、戦争が嫌いで、自然が好きで、……なんですが、ご存知の様に「毒多」で「おふざけが過ぎる」「ブラックなギャグ多発」「意味不明なエントリを挙げる」ことが多々あります。9条好きな護憲派の方々であっても真面目な方には毛嫌いされる可能性もあり、こんなふざけたブログをリンクしたばかりに貴9条の会の品に傷がつかないか不安です。
よくお考えになってくださいね。
こりゃ駄目だと思われたら、即リンクを外してください。

dr.stonefly
2007/05/22 12:13
Muucanさん、コメント投稿で「スパム扱いして」迷惑をかけてしまいましたね。すみませんでした。
dr.stonefly
2007/05/22 13:13
こにゃにゃちは。僕は「可哀想だは惚れたってことよ」で通しています。そこから、さらに、実際に行動に移られた、たとえば、イラクの高遠氏や辺野古の平良氏は、めっちゃ偉い。とても真似できない。で、それで、自分を佳しとしています。可哀想とさえ感じない、鈍感力の人よりかは幾分マシだろうと。貴兄は、僕よりも、さらにマシです。いい線行ってます。大したもんです。こんちこの、ニクイよ、ってなもんです。


BLOG BLUES
2007/05/22 17:20
dr.stoneflyさんは、時々このテの記事をお書きになるので、信用してます、人間として。
 ただ、私はdr.stoneflyさんが「自戒」するのが適切だと思っているわけではなくて、むしろ逆です。「自戒しないほうがいいと思う」と言った方がいいかもしれません。
 
 多分、関連した記事を書くつもりですので、TBしますネ♪
kobanto
2007/05/22 18:54
私も平良さんの「申し訳ありません」を読み、泣きました。
それでも普通の日常を生きる言い訳に、せめて泣いた自分を忘れないようにしようと思いました。

気分転換に、バカエントリーをトラックバックしましたー。
gegenga
2007/05/22 21:56
記事を立ち上げようと思い
思いとどまってはため息をついて
何にもできず
何にもせず
じりじりと
焦燥にのたうつ日々を送っておりました
せめてもの罪滅ぼしに
お色気エントリー送らせていただきます
怒らないでください
ごん
2007/05/23 02:20
BLUESの兄貴、>いい線いってます。なんて言っていただけありがとうございます。ワタシは、ここ何度か「辺野古へ行きたい」などと書いてますが、行ったら、行ったでウダウダと悩んでいる自分が見えるんです。そういえば昔、市民運動に挫折したころ、たとえば高遠さんや平良のようには出来ないが、自分に出来ることをすると自分に言い聞かせたことを思い出しました。



kobanto嬢、ありがとう。
この一連の辺野古の記事で読者をもちあげておいて、落とす、みたいな記事を挙げることに非常に抵抗があるのですが、どうしてももう一人の自分がささやきます。どちらも自分なんですけどね。この辺が「活動家」にはなれない原因かもしれません。まあ「活動家」にはなりたくもないのですが……、記事楽しみにしてますよ。
dr.stonefly
2007/05/23 05:35
gege師匠、ありがとう。弟子が迷っているとさり気なく声をかけてくれる。この師匠の愛。おおあなたは、師匠だ〜。って、そのままだな。平良には「謝るなぁ〜」と再び会うことがあったら言っておきます。生きてるあいだに会うことがあるのかなぁ??



ごん師範代、ほんとにごめんね、と、ヤマトとして謝りたい気分です。師範代の心中を察すると、正直にこんなエントリーを書くしかなくなりました。でも、こんなときだからこそ明るく生かなければ駄目ですね。よっしゃオイラもアベ撲滅コピーにエントリーするぞ。って、いきなり落ち込みました。「イカしてくれないまま、終わっちゃうの?」……ガクッ、立ち直れない。
dr.stonefly
2007/05/23 05:35
また、私の勘違いなのかな〜!?(笑)
前から3番目で、テープに録音していた人がいたけど。

>(平良さんに)生きてるあいだに会うことがあるのかなぁ??
絶対、会ってね。そして、電話ができなくても、メールして上げて。でも、dr.stoneflyさんは、ご自分の気もちをきちんと伝えられないと思ったら、そういうことをするのは嫌なのでしょうね。簡単に言えるようなことではないし。わたしも、去年の講演後の感想をメールして以来、平良さんにメールができていません。全国からの励ましがうれしいのに、とおっしゃっていたのに。沖縄の現状が酷になるばかりで、どう書いて(表現して)いいか、わからないといったところです。私も、謝りたい気持ちです。いざというときに、私は自分が役立たず!ってね。
非戦
2007/05/23 07:48
あれあれあれ〜、確かに前から3番目に座ってICレコーダーを回していたのは、ワタシです。でも、自転車を引いてデモには参加しなかったしなぁ。
デモで自転車を引いていた人も前から3番目に座ってテープを回していたのだろうか? うーん、ミステリアス。
dr.stonefly
2007/05/23 08:47
MuucanじゃなくてMuuchanでした。自分の名前(ハンドルと言うのか?)を間違えるとは、情けない。
私もdr.stoneflyさん程ではありませんが、いろいろ挫折の経験がありまして、運動(今のところ「九条の会」)は、あんまり気張らんとのんびり自分のできる範囲で、していかないと続かないと思っとります。確かに、護憲派と言われている人達はまじめな人が多いように感じますが、そこは大阪お笑い大好き人間が多いですから大丈夫です。
ご迷惑でしょうが、リンクは外しません。
MuucanじゃなくてMuuchan
2007/05/23 09:55
おお、Muucahnさんでしたか(笑)。
迷惑じゃないですよ。大阪の笑いにマッチすればいいのだけど。
リンクありがとうございます。
いつ外していただいても絶対に文句は言いません。
覚えていてください(笑)。
dr.stonefly
2007/05/23 13:44
>うーん、ミステリアス。

窓際で、パソコンで講演の速記をしていた女性のところは別にして、右から2列目の前から3番目の人、ミステリアスだったけどな。自転車の件は、勘違いしたかも。

いずれにしても、あの会場にいた人みんなのことを、私は勝手に仲間だと思っていますよ。
非戦
2007/05/23 17:39
うーん、正解だ。それはワタシです。
いつか何処かで見かけたら、恥ずかしがりやにつき、“そっと”声をかけてください(笑)。

dr.stonefly
2007/05/23 17:58
やっぱり!
私の勘違いは、さえまくり!に、変わりましたね!
当たったけれど、どんなにかっこいい人だったかは、個人情報につき、書きませんね。(笑)
特に、誰かに似ている、なんて書いたら、他の人にわかってしまうから。今度会ったら、そっと声をかけます。
非戦
2007/05/23 20:15
はじめまして
「平良さん」の検索にてお邪魔しました
このページしか拝見していませんが
リアリティについて共感してしまったので
自分の日記に載せさせていただきました

ご迷惑でしたらおっしゃってください
パ恋本
2007/05/25 21:45
パ恋本さん、はじめまして来訪ありがとう。
パ恋本さんの日記への記載感謝です。迷惑だなんてとんでもありません。
ワタシはときに、自分を振り返り思索の迷路に迷い込むことがあります。
今回もそんな感じでした。
これを記事として書くべきか、どうかは、いつも悩んでしまうのですが…
dr.stonefly
2007/05/26 07:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
「辺野古へのリアリティ」…実感できない私について 毒多の戯れ言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる