毒多の戯れ言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「大きな目標のために」……分断を恐れて敗北を恐れず

<<   作成日時 : 2007/03/22 04:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 16 / コメント 6

 既に何度も書いているが、このブログは負けだらけの人生で「いい加減同盟」のヘタレが、肌感覚で戯れ言を漏らすブログである。たいした知識もなく、いい加減なブログ主が肌感覚で漏らす戯れ言にどれだけの意味があるかなど解らない。
 よくお邪魔する知識に裏付けされた見識の高いブログや表現力豊かなブログを拝見して恐れおののくことは多いが、ただ、いまさら何に負けても恐れることも恥じることもない(爆のち涙…グスン)。開きなおりである。このブログは、やけのやんぱち、肌感覚だけで爆走するのである。
 以前にも書いたが、その肌感覚というが10年足らずではあるが、とある市民運動をしていた頃に身に付いた部分が大きい。
 と、今宵はそのころの思い出話をひとつ。
 所詮は戯れ言なので、サラリと読み流していただければ幸いである。


 市民運動とは意志をもった同志が集まり、ひとつの目標に向かっていくものである。まとまって進んでいるうちは楽しくいいものなのだが、多くの場合は壁は高く道程も厳しい。そんななか、ときに方針や方法論やその他諸々で運動体内部で対立することがある。
 営利目的という単純な目的を達成しようとする会社ではなく、社会を構成する者としその社会の膿みや矛盾に対し、個々が理想を掲げ意志の実現のために集う運動体であるので、それぞれの思いがぶつかり合い、対立がおきるのは当然だろう。意見の相違や対立自体は悪いものではなく、議論し運動体の意志がさらに高まればいい。ところがワタシが参加していた運動体は分断してしまったのである。断っておくがセクトなどではなく、ただの市民運動体である。
 そこに参加する市民は間違いなくひとつの目標に向かっているはずなのに分断したのだ。そして分断の原因の片隅にワタシもいたのだ。
 分断に至るまで、運動自体はどれだけ懸命に動こうとも大きな声をあげようとも何も変わらず、状況はむしろ後退していく。体制と対峙することに疲弊するうえに「一般的な」市民の理解も得られずに疲れ切っていく。そんななか、運動を進める方針の相違などをきっかけに、運動内グループ同士で分断し、終いにはそのグループ内でも分断した。個々の思いが深いということの証拠なのかもしれないが、人間ゆえの感情的な部分もあっただろう。分断が体制の思う壷だと解っていても、それぞれが真剣に考え、思いが深いだけに対立する相手が許せないものである。当時ワタシもほんとうは同志であるはずの対立相手が許せず、相手を否定し激しく攻撃した。それぞれが頑なに主張し、ついに分断した。
 「ひとりでも仲間を増やし声と意志を繋げ連帯していこう!!」
などと普段から声を掛け合っていた事も忘れて……。ほんとにちっぽけな運動体が分断したのである。
 そしてワタシはそこを去った。
 ふりかえると、分断の原因は、その時はその運動体にとっては大きく重要なことだったかもしれないが、本当に到達すべき大きな目標にとっては些細なことだった気がする。
 今だから内心を吐露しよう。そこを去ったあとの運動に対する空虚感は激しかった。しばらくの間は悪夢にうなされ何度も目覚めた。何もかもがどうでもよくなった。なるようになれ、しったこっちゃない。何も思考しない市民としてただ生活しようと思った。
 ところが結局は社会に居て居ぬ振りなど出来ずにまた思考し声をあげはじめている。
 時間が経った今ならわかるのである。運動体の分断などと書いたが、ほんとうはワタシのなかの意志の分断、気持ちの分断、感情の分断だったのかもしれない、と。

 そろそろブログを初めて1年になろうとしている。
 このグログは所謂政治ブログではないが、運動的視点で…、しかも底辺に追いやられている者の視点で書こうと心がけている。ブログを通しての、なんとなくすがるような繋がりだが同志ができていくことにワタシは喜びを感じていた。ところがここにきて厭な空気が肌に突き刺さる。なんだろう、この感覚は……、
 もっとも運動を離れて10年もたっていて肌も鈍化しているのかもしれない。杞憂であると信じよう。


    些細な障害を乗り越えるのに

    意見の相違や対立があるのは当然、

    でもそれを

    連帯のための意思確認のステップとしよう。

    大きな目標のために些細な敗北を恐れず。

    私たちが真に恐れなければならいのは分断ではなのか。

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(16件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
都知事選・首長選−問われるオール与党政治
いよいよ22日、東京都知事選をふくむ13知事選がたたかわれます。今回の知事選は、オール与党の自民党政治をあらため、住民本位の自治体をとりもどすのかどうかを争う重要な選挙です。自民党政治とは、端的にいえば、大型開発を優先させ、一方で住民の健康や福祉、教育が軽視されるような税金のつかいみちをすすめる政治で、これを共産党や一部会派をのぞく政党・会派の賛成のもとすすめてきたのです。今回の知事選は、これに明確な審判を下すことができるかどうかが問われる選挙です。 東京都知事選もむろんこの例外ではありません... ...続きを見る
花・髪切と思考の浮游空間
2007/03/22 09:07
東京都知事選:石原都政を変えたいと思う人たちにぜひ読んでいただきたい論文
 告示前ではありますが、石原都政を変えたいと思う人たちにぜひ読んでいただきたい論... ...続きを見る
M. H. Square.
2007/03/22 12:13
国民投票法案は「超極悪法」
気づけばブログをはじめて早3ヶ月。るかっちの「奇跡」と書いて「3ヶ月もつづいたよー」と読むブログへようこそ。 有権者の20%ぽっちで憲法を破壊できちゃう、とっても危険な国民投票法案が、皆様とーっくにご存じの通り、 ...続きを見る
言ノ葉工房
2007/03/22 12:36
政治の情報はインターネットで! 【口コミキーワード】
今日は中学校の同窓会だ。 今回は行く気は無かったのだが、数人の幹事から何度も催促されては断るのも気の毒になって行くことにした。中学時代は人気者だったからね(笑)過去の栄光は永遠に続く・・。w だからこの記事は今日の午前 ...続きを見る
らんきーブログ
2007/03/22 15:56
書を捨てよ町へ出ようAGAIN
名画座で、学園祭で、何度も観た。1970年代前半のことだ。 寺山修司の長編映画処女作「書を捨てよ町へ出よう」。それが、CSの 日本映画専門チャンネルのシリーズ企画「ATGアーカイヴ」で放映され、 30数年ぶりの再見と相成ったのだ。 ...続きを見る
BLOG BLUES
2007/03/22 17:31
「ゲートキーパー法案」(密告義務法)「民主党」賛成で成立
保坂展人のどこどこ日記=「民主党は本気で密告義務法に賛成なのか」を読むと「ゲートキーパー法案」(密告義務法)が、明日の採決で民主党が賛成し、与党は今週内にも衆院を通過させ、来週中に参院で成立させる構えだそうだ。 こんな危険な法案を十分な審議もせず、通してし.. ...続きを見る
競艇場から見た風景
2007/03/22 19:54
福祉は恩恵で与えられるものではなく権利。
♪立派な人たちは 立派な人たちだ  大活躍するのを待っている         by okuda tamio るかっちのどこどこ立派な人なブログへようこそ。 こんなニホンはBOO! ...続きを見る
言ノ葉工房
2007/03/22 23:07
「ゆとり教育」
 三浦朱門氏はゆとり教育について、斎藤貴男氏の取材に対し、こう答えています。 ...続きを見る
晴耕雨読
2007/03/23 20:12
喧嘩をやめて〜♪
二人を止めてー 私のために争わないで もう これ以上〜♪ ...続きを見る
かめ?
2007/03/23 22:44
心の中で「浅野さん、がんばれ」と強く叫ぶ
 さっき、岩国から帰って来たのですが、いただいたTBからアサノと勝とう! 女性勝手連のことを知りました。すごいですね〜。おもしろそうですね〜。喜八さん!  みどりの一期一会さんのところ経由で、ミンナのチカラに行ってみると、[質問] 自宅で浅野さんの応援をするにはどうしたらいいですか?(お知らせ)という投稿があり、遠く山口からでも応援できそうなことが書いてあって、感動したので引用してみます。1.心の中で「浅野さん、がんばれ」と強く叫ぶ ←一番大事デス  岩国では、平岡議員とご一緒しましたが... ...続きを見る
とくらBlog
2007/03/24 00:56
私は「市民」ではなく「大衆」である(……ような気がする)
〈私は……「市民」だろうか?〉  市民、という言葉がある。これに違和感を持つのはおかしいかも知れないが……昔から私の感覚の何処かに、「う〜ん。あたしゃ、そういうちゃんとした存在じゃないんだよなあ」という気持ちがあったりするのだ。  随分前のことだが、ブロガー仲間の愚樵さんが「庶民vs市民」という記事を書かれ、それを読んでからますます気になり続けていた。(そう言えば愚樵さんとは随分ご無沙汰している。元気でやっておられるかなあ)  愚樵さんは、庶民を「自立的でない集団」(場の倫理によって思考... ...続きを見る
華氏451度
2007/03/24 02:39
たとえ半歩ずつでも前進したい
 一昨日の夜、出張から戻ってきたばかりなのに、今日からまた2泊の予定で出張。働けど働けど楽にならない我が暮らし。老後が不安だなあ……。  ……なんて話はどうでもよいのである。久しぶりにゆっくりインターネット上をうろうろしたついでに、本日のメモ――。  私は20歳になってから数年間、1度も選挙権を行使したことがなかった。いや、投票所に足を運んだことはあるが、その時は白紙投票していたのだ。日本の議会制民主主義はギマンだの何だのとくっちゃべり、斜に構えて気取っていたのである。思い出すと実に恥ず... ...続きを見る
華氏451度
2007/03/24 02:40
「スパイ義務法」あっさりと衆院通過
自民・公明・民主の賛成が圧倒的多数を占めあっさりと可決されちゃいました。 悲しいというより・・・アホらしくなって笑っちゃいますわ。&amp;#63895; &amp;#63896; &amp;#63894; &amp;#63893; もう「民主党」を「野党」と呼ばないこと!(肝に銘じましょう) 社民党・共産.. ...続きを見る
競艇場から見た風景
2007/03/24 13:55
悪魔のゲートキーパー
悪魔の居城の番犬 ケルベロスは三つの頭を持っている 右と左に対の属性の極みを配し 真ん中の口がうなりを上げて領域を侵すものを威嚇する 攻め手が右へ回れば右の首が牙をむき 左を衝こうとすれば左の頭が睨みをきかせてくる 体には蛇の半身が無数に生えていて よく見るとそ.. ...続きを見る
そいつは帽子だ!
2007/03/25 11:40
他人の痛みをわかろうとしない者たち
@21日、イスラエルのベツレヘム付近の村で、イスラエルの軍用犬がパレスチナ人女性を襲った。 ...続きを見る
薫のハムニダ日記
2007/03/25 23:33
アサノ勝手連 てのがあります
画像貼り付けのおけいこ。 わが諜報機関が入手した(酔狂なダチ公がいたともいう)都知事選挙、アサノ勝手連の選挙カー応援風景です。 アップ過ぎるから、選挙カーとわからないでしょうが。 人物は、キャプションがついてなかったからわからない。 わたしの鑑定では、 ...続きを見る
みんななかよく
2007/04/07 11:13

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
はぁーい、私も負けることはちっとも怖くない、というかもう慣れちゃったヘタレです。私も分断を経験したことがあります……。それも1回だけでなく(汗)。stoneflyさんみたいに、長いことはやってなかったですけどもネ(すぐ逃げたというのがいかにもヘタレらしいところ)。小さな意見の相違のはずなのに、いつのまにかどんどん亀裂が深まって、ほとんど憎悪し合う感じになるのですよね……。目指すものは同じ。むろん100%同じではないかも知れないけれども(100%なんてあり得ないですよね)、方向は同じ。それならば広く連帯していきたいと私は思っています。
華氏451度
2007/03/23 01:07
華氏さん、おはようございます。
なんとなく今の雰囲気がね、昔を思い出させまして……、たかだか石○ごときの取るに足らない小悪人のために、よもや分断なんかしないよね、という願いをこめて書いてみたんですが、なんだかなぁ、引かれてますかね。
そんななかのコメント心底嬉しいです。さすが「ヘタレ同盟」・同志の愛を感じます(笑)。
ところで、以前貴ブログで、このままニポンが安倍の構想のように退化し、戦前のようになったら「日本を脱出する」というようなことを言われていたような気がするのですが、そう言わずに日本に居続けましょうよ。それこそがヘタレの神髄とは思いませんか? ヘタレ道を極めましょう(爆)。

dr.stonefly
2007/03/23 08:24
さめ@沖縄、はじめまして
私も昨年、7年間も続けていた市民団体から足抜けしてしまい、新たな団体(http://reefcheck.net)を作りました。分かれるときも同じ目標のために活動しているのに、しかも今までの実績を捨てる形でまでなぜ?と思っていたのですがその理由は後から分かりました。都会の会員はなぜか政治に目を向けることは汚いものに目を向けることと捉えていたのですが、沖縄にいると目なんかそむけていられない。我々の場合は「都会:田舎」という考え方の相違でした。

石○が当選しないよう、都会の人達こそ平和ぼけした活動なんかしていないでしっかり政治を見つめて欲しいのですが・・・

http://shark.ti-da.net/
さめ
2007/03/24 16:50
さめさんはじめまして。リーフチェックというんですね。こうした活動の存在は初めて知りました。こうした美しい自然を対象にしたとき「都会:田舎」という対立構造ができてしまうことが、何となくですが想像できます。「都会:田舎」というよりも視点の違いで考えれば「地元:趣味」。さらに政治として突き詰めれば「沖縄:本州」といった感じでしょうか。地球規模による原因のリーフ破壊という意味では「自然:経済」という感じになるのですか? また訪問させていただき勉強させていただきます。
>平和ボケした活動なんかしてないで……
は、耳が痛い。どうしても本土在住の差別者の位置から、脱出できないワタシはジタバタもがいています。またよろしくお願いします。
dr.stonefly
2007/03/26 12:37
「地元:趣味」、「沖縄:本州」まさにご指摘の通りなんです。都会の人達はサンゴ礁保護を遊びでやっているので政治と切り離して考えられる、そして他人事のですよね。でも大浦湾の調査の翌々日にそこでパラシュート降下訓練が行われたりする島に住んでいる我々は無関心ではいられません。というか自分の命も危ない。

いやー。夏芽さんの言葉がちゃんとこころに響くdr.stoneflyさんは心強いですよ。私、夏芽さんの講演DVDを持っているのでかつての都会の仲間達に見せたことがあるのですが、反応は「いやあね、こういう平和運動とかしている人達って。すぐこういう精神論を言う」というものでした・・・。そりゃ、生じゃないし、会ったことない人だから実感がわきずらいのはわかりますが同じ人間としてそりゃないだろーって思いましたね。こちらこそよろしくお願い致します
さめ
2007/03/26 19:52
さめさん、こんにちは。
さめさんの感じた違和感は、予想したものに近かったようですね。なんとなくお察しします。
それでも記事に書いた様に、やはり自ら「分断」していくことは権力にとって望むとこでしょう。困難かも知れませんが、「都会人」も目を向けさせないとならない。
もし機会があれば平良夏芽と「分断と連帯」みたいな話をされては如何ですか? 結構おもしろ話を語るかもしれませんよ。
dr.stonefly
2007/03/27 15:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
「大きな目標のために」……分断を恐れて敗北を恐れず 毒多の戯れ言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる