毒多の戯れ言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「斉藤貴男は予言した」(1)…人民スレイブ化計画

<<   作成日時 : 2006/11/11 06:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 12 / コメント 10

 政府という仮面を被ったエセ権力者で利権(金)の傀儡である奴らが、教育基本法を捏造してまでやりたいことは、国家という偶像を利用した支配と権力に従順なスレイブの排出であることはもう周知だろう。「愛国心」という名の忠誠心をはかるバロメーターとしての「日の丸・君が代」は、今迄以上に有無を言わせずに強制され、「踏み絵」化するに違いない。
 これまで東京都立の学校で、「公務員」という理由で「教師」に対し数々の処分をされていたが、すでに「親」にまで圧力が及んでいることを斉藤貴男は語った。

 04年4月、東京都中野区「モモゾノ第2小学校」のPTA会長が辞めさせられた。これは、入学式のこのPTA会長の挨拶が「日の丸/君が代」にふれ、「強制され、教職員が処分されるのはおかしいので、本校ではそのようなことがないようにする」と発言したことに始まる。その後PTAの他の役員から「発言撤回」の総攻撃を受けるが、話し合いがなされPTAの集まりのなかで理解しあい、今後も共にやっていく、という結論になった。ところが学校評議委員会でこのPTA会長が呼ばれ校長・教頭より辞任するよう責められる。他のPTAの役員が「一緒にやれない」というなら「辞めるのか」と詰め寄られる。このPTA会長は他の役員と一定理解し合えたと思っていたので「その条件」で念書を書くことになる。別室に呼ばれたいた他役員が皆そろって「辞めてほしい」といい、やめさせられた。他のPTA役員が校長・教頭から「圧力」をかけられたのは言うまでもない。これは東京において石原慎太郎のもとで「日の丸/君が代」による思想統制が凄まじい勢いですすんでいる実態で、「生徒が立たなかったら担任(教職員)を処分する」ところから「処分」が「保護者」にまで及んでいるのである。

 現、教育基本法のもとでこのザマなのだ。同法捏造後のニポンでは、堂々と「処分」に走るに違いない。なんといってもあの歌と旗は「愛国心」の象徴なのだから。やがて学校は「家庭での教育」に指示を出す様になる。「はるのかんたんふ」さんが危惧している、トイレで君が代を歌ったら「不謹慎です」と指導を受けるかもしれない、と。「不敬罪」を安易に想像させる。
 もちろん、「学校」「家庭」だけにとどまることはない。PTAはもとより町内会、子ども会など生活のあちこちでスレイブ化したショッカーの監視がはじまる。こうなると、起立しないや歌ってないどころではない。「日の丸を掲げてない」とか「朝の歌声(君が代)が聞こえない」などヒステリックに人の家まで覗き込みあれやこれや言うスレイブがでてくるのは、ブログでのネトウヨと呼ばれるスレイブや「ニホンをでていけば〜」と宣うスレイブのコメントで経験済みである。
 やがて「日の丸」「君が代」だけではなく国家に従属しない全ての行為を「道徳」違反として監視されることになる。ここでも監視するのは権力ばかりでなく、近所のスレイブ化した「普通の人」であることを斉藤貴男は語った。

 全国各地の地域で犯罪対策として「マナー条例」「モラル条例」ができてますが、これが過剰運用されています。ラーメン屋の歩道にだされていた看板が町内のマナー条例にひっかかるとしてマナー条例見回りの「普通の人」によって、店内に投げ入れられ客が怪我をしたり、学童の指導員が子どもと物を作るためカッターナイフ所持していたら逮捕されるということが実際に起きているんです。「このように生きなければならないとう枠組みを決め、それに外れるものは逮捕する」ということです。

 もちろん「マナー条例」「モラル条例」が、捏造教育基本法の「道徳心」の明文化によって、どうどうと街を闊歩するのである。捏造教育基本法が強行採決されれば、やがて「普通の人」の面を被ったスレイブが「キィキィ」と言う街に住まわなければならない。もちろん「条例」ではなく法律としての「道徳心」であるので、全国どこに住んでいても同じである。子どもがいる家庭への圧力は強烈だが、もちろん子どもがいなくても同じなのだ。

 八戸タウンミーティングをはじめとする、やらせ問題でもわかるように、既に市民の皮を被った「スレイブ」がウヨウヨと出現している。

「斉藤貴男は予言した」(0)…“捏造後の予言と思考”の予告
「斉藤貴男は予言した」(2)…エリート選民という底流思想
「斎藤貴男は予言した」(3)…軍隊が先か企業が先か...


 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(12件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
さらに「やらせ質問」発覚 −教育基本法改定する資格あるか
青森県八戸市で開かれた「教育改革タウンミーティング」で、教育基本法改悪法案に賛成するよう政府・文部科学省が「やらせ」をおこなった問題で、内閣府は青森をふくめ8回のタウンミーティング(TM)のうち5回、「やらせ」があったと調査結果を発表した。新た判明したのは岐阜市、松山市、和歌山市、大分県別府市の4カ所。このうち岐阜県教育委員会は9日、03年12月に岐阜市で開かれた「教育改革タウンミーティング」でも、文部科学省から同様の質問依頼を受けたことを明らかにした。県教委職員2人が知人の教員5人に依頼し、う... ...続きを見る
花・髪切と思考の浮游空間
2006/11/11 07:32
教育基本法「改正」−国家が国民に「愛国心」を涵養させるための教育を行うのはホンマに「当然なこと」なの...
『?育ニ關スル勅語 ...続きを見る
ある国際人権派の雑食系ブログ。(仮)
2006/11/11 08:25
教育基本法改悪採決、正念場
教育基本法の改悪について、当初は、民主党も「諦める」ような形で、15日に採決と言う方向で進んでいました。 しかし、青森県のタウン・ミーティングにおける、やらせ質問問題が、表面化し、内閣府も正式に認めて陳謝する事態になりました。 その後の情報を追うと、小泉.. ...続きを見る
平和のために小さな声を集めよう
2006/11/11 14:29
暗く、不安定なエネルギーの将来
国際エネルギー機関(IEA)が7日、無制限の経済成長を助長する従来の立場を変え、諸国政府にエネルギー政策の劇的転換を要請する報告書・”World Energy Outlook 2006(WEO-2006)”を発表した。これは、グレンイーグルス(スコットランド)及びサンクト・ぺテルブルク(ロシア)における二つのG8サミットの要請に応え、各国がどうすれば化石燃料への依存を減らすことができるかを検討したものだ。 ...続きを見る
晴耕雨読
2006/11/11 18:17
円安と景気回復・経済成長は誰のため?(上)
 9月3日付け記事「なぜユーロ高」で、市場は世界の経済実態を反映しているものではなく、誰かが意図的に誘導しているのではないか、という視点から書いた。  しかし、新聞・テレビ・雑誌・銀行・証券会社等のメディアでは、アメリカやヨーロッパに比べて日本の円の金利が安いからだ、と主張している。 ...続きを見る
関係性
2006/11/11 23:25
一度変えたら戻せない! 教育基本法改正「反対」
自民党の二階俊博国対委員長は10日夜、那覇市で講演し、「教育基本法を60年ぶりに改定しようとしている。それに比べたらやらせがあったなんてつまらないことだ」と語り、教育基本法改正案の強行採決も辞さない考えを示しました。 ...続きを見る
あんち・アンチエイジング・メロディ
2006/11/12 00:16
米中間選挙の結果、日本と中国は?
しつこいですが、アメリカの中間選挙ネタです。こちらはハンギョレ新聞の11月9日の記事です。この選挙結果によって日本と中国がどのような影響を受けたのかという記事をそれぞれの特派員が記事を書いています。 ...続きを見る
薫のハムニダ日記
2006/11/12 01:48
教育基本法をイジる前に「外国人・民族的マイノリティ人権基本法」「人種差別撤廃法」の制定を!
2006.11.12.01:00ころ 多くの方々がすでにお気づきのように、 安倍 ...続きを見る
多文化・多民族・多国籍社会で「人として」
2006/11/12 02:31
『虚像に囚われた政治家小沢一郎の真実』
長年にわたり「自他ともに認める、小沢一郎の「側近」、あるいは「参謀」」を務めてきた平野貞夫(評論家・元参議院議員)による小沢一郎論です。 ...続きを見る
喜八ログ
2006/11/12 20:50
100時間以内
「私が議長になったら、100時間以内に最低賃金を7.25ドル(860円)に引き上 ...続きを見る
はるのかんたんふ
2006/11/13 11:45
No349 津波/強行採決の傷跡/いじめ問題について/今日の仕事
 今晩は。伊東です。まず本題に入る前に。 津波注意報&警報が出ている地域の皆さん。避難を勧める警報が出されています。また、予報よりも早く、あるいは地形の関係で予想水位が高くなることもあります。一刻も早い避難をお勧めします。 今日は「教育基本法の『強行採... ...続きを見る
伊東勉の「言いたい事、伝えたい事。」
2006/11/16 00:35
姜尚中『愛国の作法』から
「きまぐれな日々」のkojitakenさんをして以下のように語らしめた05年総選挙の結果に、平然としていることができたのはそれほど多くはなかったろう。周到に準備されたマスメディア戦略とそのもとでの世論操作によって自民党は大勝した。その後、多くのマスコミでは、自民党のこの大勝をささえた要因について議論の花がさいた。たとえば若者がそれを支えたということを、メディアは報じた。 ...続きを見る
花・髪切と思考の浮游空間
2006/12/01 21:06

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
家庭や学校の中で、また地域や職場で、お互いに愛国心の確かめあいと処分なんて、ぞっとしますね。どっかの国みたい。
もうそんな国に、上のPTA会長の事件からわかるように、日本はなっているのですよね。
その上、基本法が改正されたら、国中、良心の囚人でいっぱいになるか、皆口をつぐんで能面のような顔のロボットになるか。
あ〜あ、それなのに何の危機感ももっていない市民を見ると、それも恐ろしい〜。だってそういう人たちが、私達抵抗者を『非国民、反日分子』とか言って非難してくるんですよ。毎朝、『茶色の朝』なんて、嫌です。dr.stoneflyさんのブログには、いつも同感!これからも、頑張って書いてね。
非戦
2006/11/11 08:18
非戦さん、いつもコメントありがとう。
ワタシ自身は「非国民」で「反日分子」でかまわないと思っていて、放置しておいてほしいと思ってるんです。でもね、きっとスレイブ化した人民はそっとしておいてくれない。そんな日常が待ってると思うんです。ほんと茶色の朝ですね。なんとか阻止せねば。
それと励ましありがとう。TBやコメントを頂ける限り、書き続けたいと思ってます。
dr.stonefly
2006/11/11 18:33
「はるのかんたんふ」読んでくださってありがとうございます。
PTA会長まで処分されるようになってしまったとは!
「ブッシュ、NO」で路線を変更しようとするアメリカ。かたや判断を誤っても訂正も謝罪もせず、世論にも耳を傾けない日本の政府。情けなく思いますが、あきらめず一市民としてできることはやりたいと思います。次の世代のためにも。
さくら子
2006/11/12 12:03
こんにちは。
私、子どもがとある作文で賞もらったときの表彰式d、PTA会長殿が、壇上で恭しく日の丸に頭下げているのをみて、PTA脱会しました。でも、脱会は公表されていません。みんな一緒です。PTAそのものも危険だと思っています。親子共々「危ない」毎日が続きます。虐めの土壌が学校や地域に満ちています。「いいこと」やろうって人が沢山います。自分の足下をみなければといつも思っています。親がいつの間にか、会社や組織で大きなものに巻き込まれてしまっています。私は、せめて「拒否」という意思表示ぐらいはしたいと思っています。
ダメオヤジ
2006/11/13 16:16
さくら子さん、こんにちは「はるのかんたんふ」読んでますよ。
判断を謝ってどころか、戦後から脈々と反省せずに狙ってますね。岸信介から3代にわたっての気の遠くなるような「怨念」を感じます。なんとしても頭の悪い3代目で「怨念」を断ち切らなければ……。
dr.stonefly
2006/11/13 18:03
ダメオヤジさん、なんとなく気づいてもらえたと思いますが、この記事を書くにあたり、相当ダメオヤジさんを意識しました。
ワタシはまだ、正面きってスレイブと闘っていません。表面的にも関わらずにすめば、関わらずにいたほうが楽だ、と逃げています。まだ愚息が入学して日が浅いということもあるかもしれません。ただ今後、国全体が右傾化するにつれ近所の人々が記事のようなスレイブ、ショッカー化することは安易に想像出来ます。
それほど時間がたたないうちに「ダメオヤジさん的生活」にかわっていく気がします。…日々是対決。辛そ〜。
dr.stonefly
2006/11/13 18:16
こんにちは。もんもんとしつつ、自を励ますつもりでこの場をお借りしています。
子どもたちの虐めや自殺、虐待が続きます。本当に悲しいことだと思います。子も親も、本当にやりたくないことは、無理してまでやる必要はないことを、もっと知ってほしいと思っています。食べるためにという理由は「誘惑の罠」だと思っていますが、洗脳されているのか、されたがったいるのか?
日常生活の中で、私たち夫婦を取り囲む「正義」「いいこと」攻撃は、少し集団から少し距離を置かないと見えにくいように思います。特段何かをするのではなく、普段当たり前にやってしまっていることを、疑問に思ったら一度「拒否」「ストップ」してみることが大切だと思っています。案外誰でもできることなんだけど、何かを怖れているように思います。それが「国家」や「地域」など共同体に対する「みんな」の幻想なんだと思っています。私たち夫婦が孤立することで、虐めの対象になることもあるけれど、共同体の中で孤立して暮らすことも可能だってメッセージも出せると私は思っています。そんなことを多くの人が日常生活でやれば、この国ももっと自由になれるように思いますが・・・・・・。
ダメオヤジ
2006/11/14 11:57
ダメオヤジさん、いらっしゃいませ、いつもお待ちしておりますよ。おっしゃることは、全く其の通りで、すーとなんの抵抗もなく沁み入ります。
ワタシの過去の、例の10年間が、抵抗の日々でした。ヤツラの罠を見抜き、感覚を研ぎすまし、実生活のなかでも理にかなわぬこと本質でないことは、すべて噛み付いて生きてました。そのころは周囲から「変わったやつ」という評価を受けてました。
ある事がきっかけで「バースト」して、それからは今の体たらくです。ただ最初は疎外アパートに住んでいて「関わらずにすんだ」という環境もありましたが、子どもができてからは、徐々に洗脳ショッカーに囲まれていることを実感しつつあります。
小学校に入学してから、今後は急速に襲われる予感がします。
さて、これからどうなることでしょう、きっと腹をくくることになると思います。いや周囲から離れていくかな、ははは……。
dr.stonefly
2006/11/14 17:25
はじめまして。私も愛知県の県民です。人民のスレイブ化計画、嫌な国になってきましたね。そのことから考えると明日の選挙では神田氏には投票しないようにと思いますが、野党が勝てますかね。とても気になります。
松本清張
2007/02/03 18:50
松本清張さん、はじめまして。
うーん、負けてしまいましたね。ちょっと新しいエントリーをたてて、言い訳をいいたいと思います(笑)。
dr.stonefly
2007/02/05 07:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
「斉藤貴男は予言した」(1)…人民スレイブ化計画 毒多の戯れ言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる