毒多の戯れ言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「斎藤貴男は予言した」(3)…軍隊が先か企業が先か、この先は…

<<   作成日時 : 2006/11/14 12:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 11

 こう見えても結構アクセス数を気にしていて、最近ちょっと来訪者が増えてきてなんだか嬉しい。記事が記事だけにこんなことを言ってる場合ではないのだが、やはり嬉しい気持ちが励みで書き続けている。
 で、たまにgoogleやyahooなどで自分の記事の検索をかけてみる。昨日「斉藤貴男」とyahooで検索したら、この「斉藤貴男シリーズ」が2番目と4番目に入っていてたまげた。いくらなんでも書き始めてすぐにそんな上位にあるなんて、と考え、総記事数を見ると24300件でやけに少ないのだ。今をときめく斉藤貴男が24300件で「dr.stonefly」より少ないわけがない。と、目を凝らしてよくみると本当は「『斎』藤貴男」だった。誤字検索でしたから、ザンネーン!! ……じゃなくて、斎藤貴男さんごめんなさい。
 2005年2月27日の斎藤貴男講演会のメモを見ながら、「教育基本法捏造阻止」としてのエントリー(0)〜(2)を書き始めたが、教育基本法関連のネタはほぼ紹介できたと思う。ついでという訳ではないが「九条」関連の話題をもうひとつだけ紹介して「斎藤貴男」シリーズを終わりたいと思う。

 法的に戦争のできる軍隊をこの国のヤツラはなぜ持ちたがっているか、という話だ。
 知ってる人は知ってることなのだろうが、斎藤貴男が語ったということで紹介する。
 だいたいにおいて、ブログなどでも九条とか自衛隊の話になると「じゃあ、北朝鮮がせめて来たらどうする」みたいな議論になるのだが、やはりヤツラが軍隊を持ちたいという本音を知っているのと知らないのでは、大きく議論の軸が変わってくるだろう。洗脳されスレイブ・ショッカー化したネトウヨの言説を鵜呑みにしないように、まだ自分で思考できるワタシたちは、常に考察しなければならない。
 じゃあ、戦争をしたい本音はなんなんだ、と問われたら、やはり「権力」のため、「企業」のため、「裕福層」のため、つまりは「金」のため、ということになるのだ。
 斎藤貴男は語った。

 なぜ戦争をしたいのか。それは「経済のグローバリゼーション」によってである。バブル崩壊後、企業は工場の海外移転をし、安い労働力でものを作って売るため大儲けしてます。今は不景気(※2005.2.27時点)といわれてますが、それは労働者にとっての不景気で、企業にとっては景気がいい。トヨタは10兆円の純利益をあげている。しかし、こうした人件費が安い国は政情が不安定なとこが多く、リスクも多くがある。そうしたカントリーリスクは以前は自社(個々の企業)でリスクを負っていたが、今は国家にリスク負担をしてもらっている。いざとなったら自衛隊を出してくれ、ということになる。軍事力拡大にあたって、朝鮮のテポドンとかアメリカに守ってもらうためとかいろいろ言われているが、海外展開している企業の権益を守るための武力行使というのが最大の理由なのである。
 アメリカは侵略戦争によってずっとこうしてきた。昔は帝国日本が侵略してから企業が進出しぼろ儲けしたが、今は逆。企業が進出してから危なくなると軍隊がでるというだけでなんら変わりはない。基本的にこれが戦争のメカニズムなんです。グローバリゼーションが軍事大国化をすすめ、アメリカと同様に「差別社会」にしていく。
 権力による監視は「住基ネット」「監視カメラ」「生活安全条例・マナー条例」などによってどんどん酷くなっていく。しかし、実際に、テロや犯罪は、監視してないからおこるわけでない。はたからみていれば理不尽かもしれないが、原因があるから起きるのである。無差別の殺人なんかは背景に差別や貧困という原因が、横たわっている。差別を貧困をなくす努力をするのではなく、こうしたことに目をつぶるどころか、さらにひどくしようとして、一方で監視強化をする。侵略もアメリカと組んでさらにやりますよ。


 つまりニポンは企業の海外工場における警備員として軍隊を設置すること、その法整備をしたくて仕方ないのである。何が「後進」なのか無思考のまま「後進国」と呼ばれる海外の国々において、低賃金で労働力を搾取し、規制がないままの公害のまき散らし、金を儲けられるだけ儲けまくる。現地では貧困のまま労働させられ、いつまでも貧困が続き、おかしいと気づいた当該国家の抗議や攻撃、労働者の抗議やテロから企業権益を守るための軍隊なのである、ということだな。
 以前は侵略戦争によって他国を制圧してから企業が進出してボロ儲けしたが、今はボロ儲けしてから防衛戦争をするという、順番を変えただけで「戦争メカニズム」は何も変わってないというわけだ。自衛隊のイラク派兵もアメリカ権益の番犬としての位置づけであることを気づかなければならない。
 アメリカが、テロ、テロというが、テロの原因である差別や貧困をつくりだすシステムを強化しておいて、表面的におきるテロだけを問題にするような腐った態度にのせられて(のせられたふりをして)、そんなアホな国と組んで世界中に侵略をすすめることを「良し」としていていいのだろうか?……と、ここまで普通の論調だなぁ、と思いながら、書いていて今気づいたのだが、はたしてこれって海外の問題かぁ? ということである。
 ワタシもグログで記事にしている、「ワーキングプア」「偽装請負」「日雇い派遣」など、貧困のまま搾取され貧困を脱出できない人々を造るシステムは、海外から逆輸入され、国内の問題になっているではないか。すでに「従順な企業スレイブ」がつくり出されているわけだ。つまり、なにが言いたいかというと、今後の自衛隊の役割として海外の企業を護衛するのと同様に、国内の企業を護衛するために強化されているのではないのだろうか……。国内でもこのシステムに気づき、「従順」であることをやめ、暴動がおきても機動隊ではなく、より強固な自衛隊によって護られるヤツラがいるのだ。
 これからは自衛隊の「自」がワタシたちのような一般市民のことではなくなっていくのである。

 そういえば知る人ぞ知る「俗物図鑑」の俗物たちも「自衛隊」に殲滅させられたような記憶が……


「斉藤貴男は予言した」(0)…“捏造後の予言と思考...
「斉藤貴男は予言した」(1)…人民スレイブ化計画
「斉藤貴男は予言した」(2)…エリート選民という底流思想


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
多様な生き方ができる社会を
今日のハンギョレ新聞の国際面>日本の記事に大阪府議会議員の尾辻かな子さんのことが取り上げられていました。この記事にあるように、日本で初めて自らがレズビアンであることをカミングアウトした政治家です。 ...続きを見る
薫のハムニダ日記
2006/11/14 12:49
戦後民主主義の逆襲を!
戦後民主主義とは何かと訊かれたら、僕の答えは、コレだ。 ...続きを見る
BLOG BLUES
2006/11/14 20:48
臓器売買事件が投げかけるもの、秘匿されていること
臓器売買事件が投げかけるもの、秘匿されていること 小松美彦氏に緊急インタビュー 図書新聞Web  2006年11月4日付図書新聞Web(No.2796)は「緊急インタビュー 宇和島での事件を機に、小松美彦氏に聞く」を掲載した。以下は主要部分の要約。 ...続きを見る
晴耕雨読
2006/11/15 01:52
[転載]本日の転載歓迎?:ヒューマン・チェーン第2弾:教育基本法改正&強行採決反対!!!
第二回目のヒューマンチェーンについて。強行採決がもしあったとしても二回目を一回目以上に成功させないと意味がない。ここをみると、一回目には海外の記者の取材もあったのがわかる。「やらせで強行採決」なんてまさに「世界の笑いもの」だ(これ保守系知識人の常套句だな ...続きを見る
「や」は夫婦善哉の哉
2006/11/15 18:08
「改憲を望むメンタリティ」(2)…ある商社マンの場合
 ひきつづき「『9条を語れ 憲法は今』 クローズアップ現代」(NHK 5.7放映)からである。まだ観てない人は、大津留公彦さんのブログ2にYouTubeがupしてあるので、是非みて欲しい。  さて、ある商社マンがニューヨークに赴任中、1991年の湾岸戦争のときアメリカ人から「なぜ日本は軍隊をださないのか」と詰問されたらしい。  この商社マンは「一番多いのは間違いなく日本向けのタンカーで、そのタンカーを守るために我々(アメリカ)は軍隊をだしているのに、あなた方(日本)は何故(軍隊を出して... ...続きを見る
dr.stoneflyの戯れ言
2007/05/16 17:07

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
さすが、斉藤貴男さんとdr.stoneflyさん。あ、斎藤貴男が正確なんですね。これも今気がつきました。わたしは、この春、ある経済学者の人の「格差社会」という講演を聞きに行きました。そしたら、斎藤さんと同じこと、つまり、「海外展開している企業の権益を守るための武力行使というのが最大の理由なのである。」といわれたんです。ぶったまげました。だって、経済音痴の私は、講演を聞くまで、格差社会と憲法の関係がよく分からなかったんです。まあ、職がない若者が軍隊に行くことになるので、それは困る、駄目だ、というところまでは、考えられたのですが、金儲けのためとはね。お金のために、外国で人殺しまでしてくるのですか、企業を責めたいです。そして、それは、自分たちの給料や安く物を買う、ということで、私達とは無関係ではないのですものね。そこが、恐ろしくてゾ〜としました。
非戦
2006/11/14 12:28
いやいや、斎藤貴男さんはさすがですが、ワタシなんぞハハハ。
そうですか、「格差社会」の講演会でもねえ。やはり戦争の理由はそこにあるわけですね。もちろん許し難い行為で「九条」も堅守ということになりますが、非戦さんも触れられているように、ワタシたちも私達自身の生活をもう一度検証しなければならなさそうですね。
しかし一方で、どんな犠牲よりも「金」に固執して戦争をするヤツラがワタシ達に責任を押し付けることにはならないとも思います。もちろんワタシたちが安い買い物をするために「海外の犠牲」…いや「国内の犠牲」も併せて「仕方ない」ということには絶対になりませんよね。
dr.stonefly
2006/11/14 17:38
軍事力・軍隊による資本の利潤の擁護・社会支配の典型例として、私はフィリピンことに
その最南部に位置するミンダナオ島の状況を思い起こすんです。今から10年ほど前に2度にわたってあるNGOのボランティアでこの島に行ったんです。それでその時いろいろ関連の本を読んで勉強したり、現地でも興味深い経験をしました。
この国の政権はごく一部の特権的富裕層が握っていて、国軍はその富裕層の権益を守るために存在しているんです。政権の権力者たちは国内外の独占的大企業と結びついて、ミンダナオなどで大規模な開発をいろいろ進めるわけですが、その際にはそこに居住している貧しい庶民層の土地や漁場等を取り上げたりしなければならない。そうした際に、あるいは資本の圧迫に抵抗する住民の闘いが起こった場合は、やはり国軍がそれを弾圧するわけなんです。住民運動のリーダーが軍や関連の暴力団のような連中に惨殺されたなんて事件はそれこそ山のようにあるんです。
そまん
2006/11/14 21:01
ミンダナオでの新人民軍やモロ解放戦線と国軍との長年の闘いも、結局はその延長線上にあるんだと思います。そして、国軍の背後には自国の権益を守りたい米軍の影が見え隠れします。近年はこの地域での「テロとの闘い」を名目に政府・国軍と米軍の連携がまた強まっているようです。
この島・地域には日本企業も相当数進出しています。経済的にはもう日本の侵略はとうに始まっているわけですが、やはり「日本軍」をこうした地域に出して、現在国軍・米軍がしているのと同じような事をやらせたいというのが、日本の右翼政権の狙いなんでしょうね。勿論、そんな事を許してはなりません。
ミンダナオには友人や知人が何人もいます。
皆経済的には苦しくて、ぎりぎりの所で生きています。我が国の「軍隊」が彼らを一層苦しめる事に加担するのを許すわけにはいかないのです。
そまん
2006/11/14 21:15
そまんさんの経験を興味深く読ませていただきました。やっぱり軍隊というのは、いつどこであっても庶民の味方ではないということですね。金持ちや権力をにぎったものの暴力団、憲兵のようなものでしょう。そういえば、自衛隊と米軍が日本国民が暴動(本当は反対運動でしょう)を起こしたときに鎮圧する訓練をしている、ということがウィニーというPCのデーターがもれた時にその情報ももれた、と斎藤貴男さんが、どこかで書いていらっしったと思います。つまり、自国民にも銃を向けるということ。なんだか、教育基本法改正が成立したら、そまんさんのお話しも日本で近い将来のことにも思え、本当に恐ろしいですね。15日に改正案を強行採決ですって!もう日本には独裁者がいすに座っているようですよ。抗議しましょう。
非戦
2006/11/14 21:21
 おはようございます。眠り猫です。
 私なりの反安倍政権のための、新しい活動を始めるべくTBさせていただきました。ご覧いただいた上ご意見などあれば、お寄せください。
 よろしくお願いします。
眠り猫
2006/11/15 07:44
初めまして。最近読者になった者です。訪問のきっかけは、保育園民営化です。娘の園の民営化が急に決まり、納得のいかない毎日です。こちらのブログを拝見して、とても励まされ、民営化に反対するのは保護者のエゴなんかではなく、行政が間違ってるんじゃないか?自信をもって反対していこうという気持ちを支えてもらっています。ありがとうございます。保育園問題も含め、弱者を平気で切り捨てる日本社会、いざなぎ超えと言いながら、その恩恵を一部の層で囲い込んでいるような社会は、私もおかしいと思います。いろんなことが底流としてつながっているんですね。ひきつづき明晰な分析をよろしくお願いします。勉強になります!
かぼす
2006/11/15 09:46
そまんさん、貴重なお話ありがとう。
コメント欄を見ない方もおられるようなので、新たなエントリーを立てて紹介させていただきます。

非戦さんの情報も知りませんでした。
併せて紹介させていただきますので、よろしくお願い致します。
dr.stonefly
2006/11/15 17:32
眠り猫さん、自分の立ち位置と意志と貴提案をもう少し考えてみたいので少し時間を下さい。
dr.stonefly
2006/11/15 17:33
かぼすさん、始めまして、コメントありがとうございます。
読者になって頂きありがとうございます。嬉しいです。
そうですか、娘さんの保育園が民営化の対象になりましたか。できることなら、潰れないように抵抗していきましょうね。
まず同志である同じ保育園の親に「公的な保育を保証することは国の義務であって、金を子どものために使いたくないという理由で、保育園を売り飛ばすというのは言語道断である。民営化では子どもへの実害も報告されており、反対するのは親として当然の権利でありさらに言うなら義務」であることを確認できるといいですね。
これからは、市民が捨てられて行くことが「実感」させられていきます。子ども、障害者、老齢者などは既に現実の問題となってます。やっぱりワタシたち親は「子ども」のために頑張らないとね。しんどくても頑張っていきましょう。
また、ブログへも訪問してください。
dr.stonefly
2006/11/15 17:46
斉藤氏は被害妄想的なところがありますから(笑)
監視カメラ恐怖症をなんとかするべきでしょうね。
自分は監視カメラついたマンション住んでるんでしょ?
肉体オルグ姫
2007/06/09 11:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
「斎藤貴男は予言した」(3)…軍隊が先か企業が先か、この先は… 毒多の戯れ言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる